※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二十二話
「董卓、帰還。」

『こちら、皇宮前です!たった今、董卓将軍が憎き十常侍から天子様と劉協様を救い出しました!現場では、董卓将軍と天子様を讃える人々で溢れかえっておりますっ!』


曹操「憎き十常侍だと…、ついにマスコミにも手が届かなくなったか…。」

夏侯惇「ああ、何でも北ボウパーキングエリアで死体で発見されたらしい…。」

曹操「エン紹はどうでるかな…。」


ー皇居ー


少帝「母上~!」

何太后は今や天子となった我が子を抱きしめた。

何太后「よくやった、董卓…、褒美をつかわそう。」

董卓「褒美なぞ、いらぬ…、それより話がある…。後で尋ねるぞ。」


大臣「なっ…、太后様に対して無礼なるぞ!」

董卓が大臣を睨む。大臣はみるみる萎縮した。

何太后「まあ、よい。では太后殿まで来るがいい…。」

何太后「さあ、弁、いや、少帝、疲れたろう?ゆっくりお休み。」


十常侍が滅び、都には平和が戻った……。

しかし、これは嵐の前の静けさであった。