※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呂姫、毎日許楮の看病する
食事の仕度、傷の手当、話し相手など色々
そうしているうちに、2人は心が少しずつ通いはじめた

許楮「…この肉じゃがもうまいな~、さすが呂厳ちゃんだ。」
呂姫「…あ、ありがと…ほ、ほら、まだたくさんあるからいっぱい食べて早く良くなりなさい…。」
許楮「あ~、呂厳ちゃんが俺の嫁さんになってくれればいいな~。」
呂姫「…な、何を言うのよ…。…。…そ、曹操様がお嫁さんをくださるんでしょ?」
許楮「うん。ここいらにくればいるって言ってたんだけど…早く良くなって殿に聞こう。」
呂姫「…。」

1週間後
許楮、傷が癒え久しぶりに起き上がり散歩する

許楮「やっと起きれた~。早く怪我を治して殿の警護しなけりゃな~…ん?なんだ、あれ?」

許楮、何かを見つける

許楮「ん?斧か~。随分重いな。久しぶりに素振りでもしてみるか~。ふんっ、ふんっ…」

そこへ呂姫がくる

呂姫「…許楮はどこかな?…今日はカレーでも作ってあげようかしら…。…!、あの斧を軽々と素振りしているわ。…強いと聞いていたけどあれ程なんて…お父様にも負けないかも…」
許楮「どれ、この樹でも斬ってみようかな?…せ~の!」

『ガン!ガン!ガン!』
樹に斧を入れる許楮

『ガン!ガン!』

許楮「もう少しだ。そ~れっ…うおぁ」

『ぶわぁぁん…ぐわぁらがぁきぃぃぃ~ん!』
『バラララ…』

最後の一撃を入れようとした許楮、バランスを崩し転倒
振り下ろした斧は固い岩に当たる
そして斧は脆くも崩れ去る

許楮「アテテテ…久しぶりだからバランスを崩した~。…あ!呂厳ちゃん!」

許楮、様子を見ていた呂姫に気付く
良くみると呂姫は半ベソをかいていた

呂姫「…お父様の…斧…たった一つの…つながり…」
許楮「…?、どうしたの、呂厳ちゃん?…ああ、これ?壊れちゃった、ははは…。」
呂姫「(許楮を睨みつつ)………。」
許楮「?、どうしたの?怖い顔して…今日は何を作ってくれるのかな?」
呂姫「………許楮の馬鹿!」

走り去る呂姫

許楮「?、どうしたんだろう…?」

その後1週間、呂姫の姿を見る事は無かった