※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第十三話

何進「怪訝な表情をしているな…。何か意見でもあるのか?曹操よ…。」
曹操は身分の関係で末席にいた。

曹操「私はカン官を全滅させるなど、不可能だと考えます。奴らは400年の間、類い希なる処世術で大樹に巣くう寄生虫のように生きてきました。一時はうまくいったとしても、全滅などは…、それより私は…。」


何進「黙れ!黙れ!」

曹操が言い終わる前に怒鳴りつける何進。ここまで激昂するのは曹操の意見が的を得ているからである。

何進「ちぃ!貴様の意見は士気を下げる、出ていけぃ!」

曹操「……。」

曹操が席を離れようとすると、テレビから臨時ニュースが流れてきた。


『え、えー、予定を変更して臨時ニュースをお伝えします。えー、先程、霊帝が…。』



『崩御されました。』



何進「曹操以外、軍を集めよ、十常侍に遅れを取るな!!」



時代が変わりつつある。少しずつ。