※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第七十七話
「汚れたテーブルには」


司徒・王允は近頃、ため息ばかりついていた。

王允「士孫瑞よ…、何かよい策はないか…。この状況を覆すような…。」
士孫瑞「お悩みですな…、ですが言葉を選びなされよ、どこに耳目があるかわかりませぬぞ。」

王允「わかっておる…。うかうか話も出来んわ。」

王允は悩みきっていた。
その才能を董卓に見い出されたばっかりに、董卓の悪を憎みながらも、董卓の片腕となっていた。
兵も力も無く、ただ、憤りしかない。

王允は悩みきっていた。

士孫瑞「策はあると言えば、ありますが…。」

王允「言え…。」


士孫瑞「汚れたテーブルにはテーブルクロスをかぶして隠すのが普通でありましょう…。」

王允「!!」


王允「汚い(董)卓には(呂)布を被せる…。なるほど…。」

士孫瑞「それも西洋の布が適役でしょうな。」

王允「見事だ…、しかしどうやって…。」

士孫瑞「司徒様の娘様は飛将軍と仲がいいそうな…。」


王允「…よし、まだチャンスはある、あの娘がここで活きるとは。」