※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第七十四話
「伝国の玉璽」

荒廃した大都市に孫堅はいた。


程普「殿…、どうなされた?」

孫堅「程普…、俺は今まで漢なんて長江の向こうの別世界だと思っていた。」

程普「私もですよ。天子様も、洛陽も気にした事なんか無かった。」


孫堅「でも…、この流れる涙は何だろう…。」


程普「…私もですよ。」

孫堅軍からすすり泣く声が聞こえる。

思えば、遥か彼方の地の彼等が一番漢の事を考えていたのかも知れない。
孫堅「帰るか…、我らの地へ。ここには何もない…。」

韓当「はい…。」


黄蓋「殿!宮殿近辺のトイレからこれが!!」

急拵えの大きな紙袋にずっしりと重い何かが入っていた。


程普「……玉で作られた璽…?」


孫堅「伝国の玉璽だ…。」

韓当「皇帝に受け継がれていた…?」

黄蓋「時代が、殿を選んだのです!!」


泣いていた孫堅軍に涙はもうない。


一番手柄、孫堅。

呉へ帰還す。