BlackSheep-LSL@Wiki llAvatarOnSitTarget
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llAvatarOnSitTarget

key llAvatarOnSitTarget()

オブジェクトの上に座っているアバターのUUIDを返す。
誰も座っていない場合はNULL_KEYを返す。
ただし、この関数はllSitTarget?関数を使ってsit位置を設定しているオブジェクトでしか機能しない。

この関数はしばしば「アバターがsitしたとき」のイベントを擬似的に実装する際に使われる。

default {
  state_entry() {
    llSitTarget(<0.0, 0.0, 0.1>, ZERO_ROTATION);
  }

  changed(integer change) { // something changed
    if (change & CHANGED_LINK) {
      llSleep(0.5);
      if (llAvatarOnSitTarget() != NULL_KEY) {
        llSay(0, "Somebody is sitting.");
      }else{
        llSay(0, "Nobody is sitting.");
      }
    }
  }
}

llSitTarget?関数の使用をお忘れなく。