マスターシリンダーストッパー付けた


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次のCAは、外装きれいだし、あちこち補強が入ってるし、CAの中では極上の車体でしょう。

とはいえ、やっぱりCAでCJとかCD5AとかNAランサーとかを倒すのは至難の業。
ていうか、NAランサーがラリー的には同じクラスってのは正直勝てる気がしないけれど、まぁ、やれることをやっとこうと思い、とりあえずマウントの強化に続きマスターシリンダーストッパーの取り付けを行いました。

このストッパーは1代目(1台目?)のCAについてきて、エボでも使っていた僕にとってはなじみ深いヤツです。
まぁ、エボはコイツ付けてから間もなく落っこちましたけれど。

きっと最初はきれいなブルーだったんでしょうけど(たぶんクスコ製)だいぶハゲてきちゃったし、サビが見えるので、防錆用にテキトーにクリアスプレーかけてから取り付けました。
マスターシリンダーストッパーつけた。.jpg
↑の写真で見ると、マスターシリンダーにボルトが触れていなくて、全然押さえられていないように見えますが、CA・CD・CE用のこのストッパーは2ピースでできていて、直接マスターシリンダーの尻を押さえるわけではないのでこれでOKです。

エンジンないと、ほんっと、作業楽っす。エンジンなんていらない。あんな重量物、ない方が速いに決まってます。

でも、4G92MIVECも好きです。

でも、もし、ようやく組みあがったエンジンを車に乗せたとき、動かなかったなら、きっと嫌いになると思います。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。