15年度成績


順位 勝利 敗戦 引分 勝率 打率 防御率
日本一 86 58 2 .597 .300 3.01

  • リーグV4達成、日本一も奪還
  • おちょきんしねまが沢村賞、他2タイトル獲得
  • 捕手とセンターが同時に抜けたもののチーム力でカバー

選手紹介

野手
ポジ 選手名 短評
1 みきすけ
(みっきー)
ピークを迎え、マーヴィンの後を継いだトップバッター。
今年は初の守備に挑戦する。
2 マーヴィン
(アルト)
毎年きっちり打率を残すリーディングヒッター。
今年は初の捕手に挑戦。
3 松井カズ
(やよ)
巨人軍の次代を担う若き巧打者。
ここぞという時に強く三番を任される。
4 ヨチノブ
(やんす)
長いこと2番に甘んじていたがここに来てチームの主砲に。
チームの行く末は彼の活躍次第だ。
5 DH 木戸ブッフバルト
(うに)
チーム一にして唯一の貴重なホームランバッター。
この主砲がいるから巨人打線のマシンガンも生きる。
6 舞妓はん
(おけいはん)
他を寄せ付けない圧倒的な技を持つ鉄壁の遊撃手。
その巧みなバッティングからも目が離せない。
7 岡部泰幸
(名無し)
選手募集中。
8 robomu2
(ろぼむ)
親の守っていた二塁手を引き継いだ守備職人。
今回は長打での活躍も目指す。
9 凪汰
(渚)
新規入団の外野手。
名門巨人での活躍を目指す。


投手
選手名 短評
5代目ミセリ
(ベイリー)
通算200勝を越え風格が出て来た巨人の大エース。
唯一の悩みは家族に恵まれないことだけ・・・
おちょきんしねま
(梨華殿)
ミセリと並び巨人を支え続ける先発の柱。
特殊変化球バラライカで相手打者も踊り出す?
永井瑞木
(たんたあ)
数々の特殊能力で打たせてとるタイプの技巧派投手。
球速はないが巧みな投球術で打者の打ち気をかわす。
うさちゃん
((U*・x・))
ストレート1本ながら毎年堅実な成績をあげるその秘訣は?
投手育成の常識を覆すその活躍に注目。
田村
(やらかし)
日ハムから移籍してきたエース。
今季途中から念願の先発を任される。
みじゅ2
(みじゅ)
言わずと知れたhigh pena界のトップアイドル。
残念ながら不調により先発落ちしたが、先発中継ぎの両方をこなせる彼女の存在は大きい。
ダルシムY
(ムー大陸)
社会人出身の即戦力投手再臨。フル回転が期待されるヨガ。
しかしまたしても成長期を過ぎており、来季には野手へヨガテレポートとの噂も?
nao.
(nao.)
今後が楽しみな新人本格派投手。
虎視眈々と先発の座を狙う。
ひなこ
(みねこ)
2代続いて抑えを務めるストッパー血筋。
変化球のキレはまだ甘くともきっちり実績を残すあたりはさすが。


選手移動状況

入団

選手名
(製作者名)
前歴
凪汰
(渚)
新規
nao.
(nao.)
新規
ダルシムY
(ムー大陸)
新規

退団

選手名
(製作者名)
後歴
ナンカレーズ
(カメック)
転生(→ヤクルト)
ジョセフ
(透明)
転生(→ヤクルト)
紅音ほたる
(紅音ほたる)
作り直し(→巨人)
ダルシム
(ムー大陸)
作り直し(→巨人)

タイトル獲得者

●タイトルホルダー
 日本シリーズ最優秀選手 ヨチノブ(2)
 交流戦最優秀選手 木戸ブッフバルト(3)
 最多安打 みきすけ(初) 223本
 沢村賞 おちょきんしねま(初)
 最優秀投手 おちょきんしねま(初)
 最多勝 おちょきんしねま(初) 23勝
●ベストナイン
 投手 おちょきんしねま(初)
 二塁手 robomu2(初)
 外野手 ヨチノブ(4)
●ゴールデングラブ
 二塁手 robomu2(初)