第28年度 総評

リーグ5位
53勝90敗3分 勝率.371 最多連勝4 最多連敗9
打率.269 本塁打46 盗塁12 失策25 防御率3.92
前年順位 5位
シーズン回顧
今季はマシスのためにあったようなもの。チーム状態がもっと良いならば25勝はおろか、30勝さえできていたのかもしれない。
もっとも、野手もここ数期の間では最も良かった。来季すぐにとはいけないだろうが、将来に期待が持てる内容であった。&br() 第28年度選手成績一覧>http://highpena2.com/?mode=team&team_id=4&year=28?

野手成績

にゃんでれ薪浦は1番センターにほぼ定着。最後の怪我が来季に響かなければいいのだが。
月紀は3割に復帰。2塁打34はリーグ4位タイ、弾道2が活きてきたか?
桜井は3割は切るもののまずまずの出来、3番としては打点が少ないのが今後の課題か。
真島の兄さんは初の3割。打点は惜しくも3桁に達しなかったものの、長打率・圏打率ともに好成績を残した。
高山は最後のシーズン。守備でも打撃でも広島の中軸を担った。
キティホークは例年通りのさすがの守備。ただ打撃は可もなく不可もなくなのは、変わらず。そろそろ確変が見たい頃。
ハロは2年目のジンクスか。1年目の成績を越えられなかった。
黒虎は成績振るわず引退の道を選んだ。&br()
大砲不足は深刻だが、真島の兄さんは良く打ったし、巧打型はしっかりと打ってくれた。
若手も成長の兆しを見せてくれた。

投手成績

マシスはチーム勝利の4割をあげる活躍。最後の失速すらなければ最多勝も取れたかもしれない。
江夏はここ数年で最悪の結果。三振は多いが四球も多い安定しないピッチング。来季の復活を期待したい。
10年目を迎えたJTも二桁勝利をあげられず。20敗しないのがよかったといったところか。得能をそろえて、新人王の力を取り戻したい。
へいぽーの先発転向1年目は試練のシーズンであった。
宇宙は勝ち越し。安定さを見せてきたか。
編集長3の1年目は少し辛い結果。ただ今後の成長のために今は耐える時期と考え成長を望む。
茅薙カズサは少し成績を落としたか。そして残念なことに契約切れで引退。

今季はマシス。21勝で僅かにタイトルには届かなかったが、文句なしのエースである。まさにチームの鏡。
他は好・不調が分かれたがどちらかといえば不調が多かったが、これはたまたまだろう。
そこまで心配しないといけない状況ではない

新入団選手

選手 出身 ポジション 総評
&ref(http://highpena2.com/create/face/1389.gif)&br()編集長3>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1389?&br()(石川梨華之助) &br()鶴見大 &br()中継ぎ 編集長3代目。&br()パームを操る珍しき存在。
&ref(http://highpena2.com/create/face/default.gif)&br()元親>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1383?&br()(名無し) &br()北見柏陽高 &br()左翼手 ドラフト入団。&br()しかし携帯のため削除。