京浜急行、博麗霊夢、ラティアス、マルマイン、ドナルドの顔。共通点は? A.紅白。


キキョウシティのはるか東の海岸線。タンバジ、キシュージらが次々とR団を襲撃していた頃、同じ快速軍の紅一点「みえ」は、R団の集まりを探して、海沿いを飛び回っていた。

みえ「うーん、このあたりに絶対いるはずなんですけどねぇ。」

みえR団の集団がいるとされる座標が示された地図を見ながら、上空からR団を探すが、見つからない。

みえ「どこか、洞窟とか森の中に出るんですかねぇ。むー」

みえは飛びながら考え込んだ。考え込むのは無理も無かった。彼女はジョウトの中でも内陸の出身であるため、海沿いの地理にはあまり詳しくないのである。考え込む彼女の耳に、突如声が聞こえてきた。

暴走ドンカラス「クァーカカカカ、どけどけどけ!!」
みえ「ほぇ?」

みえの目に入ったのは1匹の暴れドンカラスだった。何と、ドンカラスみえの方に真っ先に向かってくるではないか。

暴れドンカラスみえの存在に気づいたのは、まさに衝突直前であった。

暴走ドンカラス「クァッ!?」
みえ「はひ・・・ひぃやああああああ!!!」
暴走ドンカラス「グエェェェッ!!」

暴走ドンカラスみえをかわすことができず、彼女と正面衝突。2匹とも真っ逆さまに墜落してしまった。

みえ「ほひゃぁぁぁ・・・」
暴走ドンカラス「グェェ・・・」

地面に墜落してから先に口を開いたのは、暴れドンカラスの方だった。自分からぶつかってきたはずの暴れドンカラスは、まるでみえが悪いかの如く、文句を言いつけてきた。

暴走ドンカラス「カーッ、この女! 飛ぶときゃ気をつけろぃ!!」
みえ「ぶつかってきたのはあなたですよ! わたしは考え事してただけです」
暴走ドンカラス「考え事だぁ? そんなこと地上に降りてやればいいだろうが!」
みえ「何であなたの都合でそんな事言われなきゃ・・・」
暴走ドンカラス「黙れぃ!!」
みえ「はひぃ・・・!?」

暴れドンカラスの一言で、みえは半泣きで凍りついてしまった。暴れドンカラスはさらにみえに暴言まがいの文句を言いつける。

暴走ドンカラス「久々に気持ちよく飛んでたのに邪魔しやがって、全く! 今度邪魔したら承知しないぞ! カーッ!」

暴れドンカラスは文句を言いながら、みえの元から飛び去っていった。

みえ「・・・もーう、自分勝手なドンカラスさんですねぇ。気を取り直してR団の人たちをさが・・・うひ!?」

みえは立ち上がった途端、背中の羽に痛みを感じた。暴れドンカラスにぶつかって墜落した際、翼を痛めてしまったようだ。

みえ「は・・・羽を怪我してしまったみたいです・・・これじゃ飛べません・・・とほほー」

飛行手段を失ったフライゴン、それはただのじめん・ドラゴンタイプのポケモンだった。仕方なく、みえは自分の足でとぼとぼと歩き始めた。しかし、フライゴンとは本来飛んで移動するポケモン。彼女にそれが耐えられるはずも無く、すぐに座り込んでしまった。

みえ「はぁぁ~。一体これからどうすればいいのでしょう・・・」

途方に暮れるみえ。そんな彼女に、誰かが声をかけた。

???「どうかしたんですか?」
みえ「ほえ?」

優しい声にみえが顔を上げると、そこには1匹の♂のフライゴンが立っていた。そのフライゴンはすぐにみえが翼を痛めていることに気がついた。

???「・・・翼を怪我してるじゃないですか!」
みえ「い、いえ、これはかすり傷ですから・・・」
???「こんなの、かすり傷じゃありませんよ。何かにぶつかられたんでしょう」
みえ「どうしてわかるんですかぁ?」

そう言われたフライゴンみえにくっきり残った傷を指差して述べた。

???「この傷跡! クチバシを持った鳥ポケモンに高速でぶつかられないと、つきませんよ。」
みえ「・・・当たりですぅ・・・」
???「やっぱり。最近暴れドンカラスがこの辺りを飛び回ってて、被害者が続出してるんです。」
みえ「わたしも、さっきやられましたぁ・・・」
???「そうですか・・・とりあえず応急処置ですがしておきますね」

♂のフライゴンはそう言うとキズぐすりを出し、みえの翼に手馴れた手つきでそれを吹きかけ始めた。通常、人間の道具の使い方がわからないはずのポケモンが、キズぐすりを使う。みえはすぐ気づいた。『彼は少なくとも野生のポケモンではない』と。

みえ「手馴れてますねぇ、キズぐすりが使えるなんて」
???「そういう訓練をしてきましたから・・・」
みえ「手つきでわかります。あなた、野生のポケモンじゃないですよねぇ」
???「はい。」

フライゴンは自分がトレーナーのポケモンであるということを、あっさりと肯定した。みえはさらに続ける。

みえ「トレーナーさんはキャンプボーイさんですか」
???「・・・いえ、1人じゃ何もできない、ただの人間ですよ。特別頭がいいわけじゃない、腕がいいわけでもない。でも、ボクらにとっては大切なトレーナーなんです」
みえ「『ら』ということは、他にもいるんですかー?」
???「はい、愉快な仲間がいっぱいいますよ!」
みえ「わたしも、仲間いっぱいですよぉ」
???「へぇ。応急処置が済みましたよ!」
みえ「・・・あー、痛みが引いてこれなら飛べそうです! ありがとうございますー」
???「無理はしないでくださいね。それじゃ!」

みえ「あー、あのー、あなたのお名前は・・・いっちゃいましたねぇ」

みえフライゴンの名前を聞こうとした途端、彼は名前も告げずに足早に飛び去ってしまった。少し顔を赤らめながら、小さくなっていくフライゴンの影を見つめるみえ。彼女の様子は明らかに異なっていた。そして、みえはこう口を開いた。

みえ「みえはどうやら・・・あの方が好きになってしまったようです。このわたしみえ、自分の恋心は決して裏切れません・・・」

そう、彼女はあのフライゴンの優しさに、一目ぼれをしてしまったのである。みえは一度欲しいと思ったものは手に入れるまで諦めない性格だった。そしてみえはある決断をした。

みえ「こうなったら・・・禁じ手『ストーキング』ですっ!」

一度へばりつくとなかなか諦められない性格のみえは目を光らせ、フライゴンを追いかけだした。これが、彼女の1つの戦いの幕開けだった。

<<作者は殲滅の英雄ハンニバルZにぐちゃぐちゃにされました>>