イセシの祈り

イセシ 「トリイマエ様!」
トリイマエ 「ぬしは誰か?」
イセシ 「イスズガワ様の側近のイセシと申します。」
トリイマエ 「大神官の側近であるか。余に何用じゃ?」
イセシ 「お力をお貸しください。邪神を封じていただきたいのです。」
トリイマエ 「邪神とな?おお、この淫欲の渦の源のことか。みしゃくじさまであるな。」
イセシ 「お願いします。トリイマエ様。」
トリイマエ 「断る。」
イセシ 「う゛ぇ。」
トリイマエ 「余は鳥居に辰砂の朱漆を塗るのにいそがしい。他を当たれ。」
イセシ 「しかし・・・・・。」
トリイマエ 「みしゃくじさまをなぜ余が「さま」付けで呼ぶかわかるか?」
イセシ 「いいえ。」
トリイマエ 「ぞんざいに扱うと祟るからじゃ。余はそのようなものに関わりあいたくはない。」
イセシ 「では、せめて他の神にお口添えいただけぬでしょうか?例えばホーザンジ様とか・・・。」
トリイマエ 「ホーザンジとな?ほほほほほ。やめておけい。商売繁盛させてどうなる。」
イセシ 「ではIKOMA様に。」
トリイマエ 「IKOMA神とな?ならばそこの焼け落ちたホウザン寺の前で祈ってみい。願い叶うやもしれぬぞ。」
イセシ 「ありがとうございます。」
トリイマエ 「ああいそがしい。いそがしい。」

<<イセシの祈り>>
(2010.8.30up byはるか♪)