人間失格2

ボコッ!ボコッ!ボコッ!ボコッ!

サムソン 「あ、あゆみさん!手が血だらけですよ!僕が代わります。」
あゆみ 「ううん。いいの。ロンシャンさまの心の痛みに比べたら、私の手の痛みなんてなんでもない。」
サムソン 「あゆみさん。なんて健気なんだ。」
クロフネ (・・・・あれは、あゆみの血じゃなくて、ロンシャンの鼻血だと思うんだが・・・・)

ボコッ!ボコッ!ボコッ!ボコッ!

女王 「くくくくく。誰でもいいけど、早くあいつ助けないと身も心もフルボッコにされちまうよ。くくくくく。」
さとり♪ 「女王様、精神転送の準備が整いましたですぅ。」
女王 「くくくく。そうかい。じゃあ、早速あいつの精神の中にあたしを転送してくれるかい?」
さとり♪ 「わかりましたですぅ。でも、女王様の意識をあいつの精神の中に転送した後、誰がこのヘリコプターを操縦するのですか?」
女王 「ホバリング状態で自動操縦に切り替えておくよ。じゃあ、頼んだよ。」
さとり♪ 「では、逝きますですぅ。3、2、1ハイ!」
女王 ガクッ。(-_-)zzzzz
さとり♪ 「うまく逝ったみたいですぅ。」
女王 「・・・・・・・・。うう、ううん。」
さとり♪ 「あれ?意識が離れてませんか?失敗したかもですぅ。」
女王 「うううん。あ~よく寝た・・・。おはよう。」\(^o^)/
さとり♪ 「?」
女王 「え?え?何ここ?ヘリコプターの中???」
さとり♪ 「え?女王様?何を言ってられるのですぅ?」
女王 「え?後ろに乗ってるのはさとり♪ちゃん?」
さとり♪ 「え?女王様は女王様じゃないのですか?あなた誰なんですぅ?」
女王 「私は、蟲の女王です。」
さとり♪ 「女王様、何言ってるですかぁ?訳わかんないですぅ。」
女王 「でも、あたし何でこんなとこ座ってるのですか?この装置はなんなの?このボタン押してみよ。」ポチッとな。

ガクン!
バラバラバラバラバラバラバラ!!

女王 「わーーーーー!!!急に上がりだしたあ~!!!」
さとり♪ 「女王様!!!!何してるんですか!!!」
女王 「わ~ん。何したかなんか、あたしにわかんないですわ!!!」
さとり♪ 「女王様!ちゃんと操縦するですぅ!!!」
女王 「わ~ん。あたしヘリコプターの操縦なんてできないですぅ!!!!」
さとり♪ 「きゃあーーーーー!!!助けてですぅ!!!」
女王 「きゃあーーーーーーー!!!!!」

サムソン 「あれ?攻撃ヘリが急に暴れだしましたよ。」
クロフネ 「おう、おう。ほんとだぜ。あれじゃ暴れ馬だな。」
ヒヒン 「ひひーん!」
あゆみ 「私には、関係ない。私は、ロンシャン様が目覚めるまで、ひたすら殴り続けるだけ。目を覚ましてロンシャン様!」

ボコッ!ボコッ!ボコッ!ボコッ!
ボコッ!ボコッ!ボコッ!ボコッ!

女王 「無事にこいつの意識の中に入り込めたようだね。」

ボコッ!ボコッ!ボコッ!ボコッ!

女王 「おお。外部から相当殴られているみたいだね。こいつの精神破壊する前に肉体的に再起不能になるかもね。」
 「ちょっくら、こいつの精神世界さぐってみるかね。しかし、殺伐とした精神だね。もう少し整理整頓しろよな。」
 「もう!布団ぐらいちゃんとたためよな!丸めたティッシュをそこらへんに投げ捨てて!ゴミ箱にちゃんと捨てろよな。うわ!なんだよ!ベットの下からエロ本みっけ!ほんと男はいやだね。」
 「えっと、何だこの箱は?なになに、これは僕のとっても大切なものですってか。ははん。面白そう。覗いてみよう。」
 「・・・・・・・・・・・。何これ?カード?あたしカードゲームしないから価値わかんないよ。なになに?ボルシャック・NEXシークレットVerだあ?何だこれ?端っこちょこっと折っといてやれ。」ペキッ!

ロンシャン 「う~ん。う~ん。」(-_-;)
サムソン 「あ!ロンシャンさんが苦しみだしたぞ!」
あゆみ 「ああ~ん。ロンシャン様!早く目を覚ましてください~。」

ボコッ!ボコッ!ボコッ!ボコッ!

女王 「しかし、こいつの心の闇も相当深いよね。こんな荒れ果てた精神世界だと、ひねくれちゃうのも分からなくもないね・・・。」
 「うわ!何これ?悪趣味~。変態チック。ついていけないね。何この雑誌。なになに薔薇族復刊号だって。知らんな。こんな雑誌。」

ロンシャン 「はる♪たんみっけ。」
女王 「お、本体登場ってか。よし、今からいっちょう精神的にいたぶってやるか。」
ロンシャン 「はる♪たんあしょぼ。」
女王 (・・・・完全に幼児退行してる。もうすぐ精神崩壊するな。こいつ・・・・)
ロンシャン 「はる♪たんあしょぼ。あしょぼ。」
女王 (・・・・適当に合わせてやるか・・・・)「ろんたんおにいたん、何ちてあしょぶ?」
ロンシャン 「ろんたんおにいたんね、はる♪たんと、おいちゃちゃん(お医者さん)ごっこちたい。」
女王 「う゛ぇ?」
ロンシャン 「ろんたんおにいたんがお医者さん。はる♪たんが患者さん。」
女王 「ちょっと!ちょっと!ちょっと!」
ロンシャン 「は~い。はる♪たん、ぽんぽん見せてくださいね。」
女王 「ちょっと、やめろよ。触るな!」
ロンシャン 「でへでへ。はる♪たんのおへそかわいいですね~。」
女王 「や、やめろ。この変態。あん。」
ロンシャン 「でへでへ。やっぱり男の方が力は強いんだよ。」
女王 「やめてよ。その手を離せよ!おい!お願い。」
ロンシャン 「でへでへ。覚悟しな。」
女王 「やめてーーーーーーーーー!!!!!」
(ここで女王の膝蹴りがロンシャンの顔面を捉えたのであった。)

女王 「はあ、はあ・・・・・。」
さとり♪ 「女王様~!お帰り~!そして助けて~!!!」
女王 「って、何だい?このヘリ墜落してんじゃん!!!!Emergency rizing!(緊急上昇)」

グイーーーーーーーーーーーン!!!

女王 「はあ、はあ。何とか立て直した・・・・。何で、Auto Pilot 解いたんだよ!」
さとり♪ 「私知りませんよぅ。女王様が自分でされたのですぅ。」
女王 「あ、そうなん?」
さとり♪ 「ソーナンス。」
女王 「ちぇっ!ここで何があったかわからないけど・・・・。しかし、あいつめ!」
さとり♪ 「あいつの精神世界の中で、何があったのですぅ?」
女王 「語るにもおぞましいことさ。思い出しただけで寒イボが立つ!ちくしょう!あいつだけは許さない!ぶっ殺してやる!」

ロンシャン 「う、う~ん。」
あゆみ 「あ!ロンシャンさま~!」
サムソン 「ロンシャンさんが目を覚ましたぞ!」
あゆみ 「ロンシャンさま~!」
ロンシャン 「また、あゆみが助けてくれたんだな。ん?」もぞもぞ
あゆみ 「どうしたの?」
ロンシャン ペッ!「ん?これは、歯だ・・・。そういえば、心なしか顔面中に激痛が・・・・。」
サムソン 「・・・・・・・・・・・・・・。」
ロンシャン 「あ、あゆみ、手が血だらけじゃないか!見せてみろ!ん?別にどこもケガはしてないようだな。」
あゆみ 「そ、それはともかく、長い間うなされていたけど、どんな夢みてたの?また悪夢?」
ロンシャン 「いや違う。」
あゆみ 「え?」
ロンシャン 「僕が初めて女王に勝った夢を見たよ。」
サムソン 「え?どんな夢ですか?」
ロンシャン 「内容は、目が覚めたとたんに忘れちゃったよ。」
あゆみ 「きっと正夢ですよ。」
ロンシャン 「ああ、そうだ。僕は今から女王の暴挙を止める!」

グラン♪ 「何かとてつもなくおぞましい悪寒がする。早く女王様の暴走を止めねば。」

<<人間失格2・完>>

(2009.11.11)