マクノシタ海

R団相撲大会でロンシャン山と決勝戦を戦ったマクノシタ
マクノシタ海は、そのしこ名
得意技の突っ張りと怒濤のがぶり寄りでロンシャン山を苦しめるが、土俵際で逆転のうっちゃりを打たれ、破れる。
掴んでいたロンシャン山のマワシが外れてしまったため、力が入らなくなったことが敗因と言われている。
やはり運も実力のうちなのか。


添付ファイル