オシリア達、散歩中。時間軸的には錯綜する情報と同時期。

オシリア「・・・ねぇリプレ、私達今何してるのかな」
リプレ「アレでしょ、調査に出かけたはいいものの、当てがなくて実質散歩してるカンジ」
オシリア「あ、そっか・・・。『ウオッカ♪について調査して来い!』って言われても、コネも何にもないしね」
リプレルイズ達に会いに行く?」
オシリア「いいけど、今都合いいのかな?」
リプレ「わからない・・・、R団の状況が状況だし。もしかしたらウオッカ♪に何かされてるかも・・・心配だわ」
オシリア「確かに心配だね・・・無意味な戦いは止めて欲しいなぁ」
リプレオシリアは、平和主義者だものね・・・」

当てもなく散歩をするオシリアリプレ、その近くには同じく悩み事を抱えるニシノミヤがいた。

ニシノミヤHSウメダ様が言っていた、『何者かがR団を転覆させようとしている』とは、一体誰がそんなことをしようとしているのDA・・・。そしてウエロク様の隊長職更迭、突如アベノバシKTトバが倒される事件・・・さらには原因不明の食中毒、このR団に何が起きてるんだYO」

オシリアR団のポケモンに会えたらいいんだけどなー」
オシリアニシノミヤ「うーん・・・・。」
リプレ「あーっ、アレニシノミヤ!」
オシリア「えっ、どこどこ!?」
リプレ「ほら、あそこ!あそこで考える人みたいなポーズしてるバシャーモ!」
オシリア「えー・・・その前にニシノミヤって誰?」
リプレ「ずこー!!もーう、ニシノミヤっていうのはR団の上級メンバー!アイツならウオッカ♪のこと何か知ってるかも!」
オシリア「それなら早速行ってみよーう!」

オシリアは早速ニシノミヤの元へ。

オシリア「すいませーん」
ニシノミヤ「・・・Oh、かわいいgirl・・・少々すまないが、俺の悩みを聞いてくれないか」
オシリア「???」
リプレ「(・・・自分から話しかけてきた!?)・・・まさかオシリアに痴漢する気じゃないでしょうね」
ニシノミヤするかッ!!! ・・・実は、俺達の組織、R団っていうのが、最近何かおかしなことになってきてるんだ・・・」
オシリア「それは一応知ってますけど」
ニシノミヤ「Oh、それなら話は早い。」
リプレ「(相当悩んでるみたいね・・・)」
ニシノミヤウオッカ♪っていうポケモンがいるのを知っているかい?」
オシリア「名前くらいは・・・」
ニシノミヤ「そいつがR団の大幹部になってから、何かおかしなことが起こりだしたのSA」

レーゼ♪ルカリオ、ローブを被って姿が見えない)「奴がORIGINのメンバーか・・・奴を討ち取れば、はるか♪様に褒めてもらえる事は間違いない。あんなスパイ集団には消えてもらわなくてはならん」

オシリア「おかしなことって、何なんですか?」
ニシノミヤ「名将ウエロク様が突然更迭され、硬派だった神官ウジヤマダ様がタバコと女に溺れるようになり、ポリドリ様はウオッカ♪のために発言力を失い・・・。さらにはウジヤマダ様の嫁と称するまさこ♪が元ウエロク部隊、現ウオッカ♪の部隊の実権を握り始め・・・」
リプレ「(全部R団の幹部ばっかり・・・。やっぱりウオッカ♪って奴が何か関係しているのね)」
ニシノミヤ「・・・!伏せるんだ!」
オシリア「え?・・・」

突然、オシリアに向かって「しんくうは」が飛んできた!

オシリア「うわぁ!」
リプレ「きゃあ!」
ニシノミヤ「・・・何だ、何が起きた!?」
レーゼ♪「ちっ、外したか。」

ニシノミヤオシリアリプレをかばいながら言った。

ニシノミヤ「Hey、お前Queenのassassinか!?」
レーゼ♪「その通り。」
ニシノミヤ「ならば、何故俺ではなくこのかわいい娘達を狙った!?」
レーゼ♪「・・・、その女がORIGINのメンバーだからだ!」
ニシノミヤ「ORIGIN?聞いたことはあるZE、ポケモン世界の裏事情を調査する調査団体だろう?」
レーゼ♪「それは表向きでの話。ORIGINは我々にスパイを働いていたのだ。はるか♪様はこのことに薄々だが感づいておられた、お前達が我々とR団の衝突を止めるべく工作していると!お前達ORIGINを消せば、我々は悠々とR団との決着を付けられる!その手始めとして、お前を消しに来た」
オシリア「何で!?どうして同じポケモン同士で争わないといけないの!?戦争としての戦いなんて、そんなのすることじゃないよ!」
ニシノミヤ「その通りDA!俺達R団はお前達に戦争を挑んでるわけじゃない!日々精進するために、エンターテイメントとしての戦いを挑んでいるんだYO!」
レーゼ♪「屁理屈を叩くな!我々のポケモンを略奪したのはどこのどいつだ!?敵、邪魔者、危険因子は全て消す!!スパイは全て皆殺し!それは社会の常識だ!」
ニシノミヤ「邪魔者は全て消す!?それではヒトラーやスターリンと同じDA!本当の敵や邪魔者なんて、この世にはいないんだYO!」
レーゼ♪はるか♪様を野蛮な独裁者と一緒にするな、この略奪者集団め!!」
ニシノミヤ「言いたければ言うがいい、俺達が略奪者ならお前達は殺し屋DA!!!」
オシリア「やめてーーーー!!!」

ニシノミヤレーゼ♪の拳がぶつかり合う。

ニシノミヤ「ここは俺に任せて、かわい娘ちゃん達は急いで逃げてくれ!こいつの狙いは君達の命!死んでしまったら何にもならないからNA!」
オシリア「・・・・!!」
リプレオシリア!とにかく逃げましょう!!」
オシリア「う、うん!」

ついに、ニシノミヤと刺客レーゼ♪との戦いが始まってしまった。
一体どうなってしまうのか!?

<<逃げた後のオシリアのその後はドトウの知り合いに続く。この話の続きはその名、神滅隊へ。>>