++過去の栄光の勇者++

むう♪ 「ねえ、リーダー。やっぱり部屋のこと、少し心配なんじゃない?」
おイヒけ♪ 「ぜんぜん。」
むう♪ 「あーン。それじゃお話の方もぜんぜん進まないよ・・・。」
おイヒけ♪ 「知ったこっちゃねえよ。」
まりさ♪ 「ねえリーダー。何か望みはある?」
おイヒけ♪ 「え?何だよ、唐突に。」
まりさ♪ 「望みはあるかって聞いてるの。ひとつだけ叶えてあげるよ。」
おイヒけ♪ 「え?そうなのか?ならそうだな・・・。まず酒だ!次に女。そしてカネだな。」
まりさ♪ 「ひとつだけって言ってるでしょ!」
おイヒけ♪ (・・・そうだな。酒は飲んじまったらなくなっちまうし・・・)
 (・・・女って言えば、こいつが来そうだな・・・)
 (・・・見た目は悪くないが、腐女子はいらないね・・・ここはやっぱり・・・)
 「カネだ!」
まりさ♪ 「あいよ!」

チャリーン!

おイヒけ♪ 「おお?何だ?ひょっとして、これで終わりか?汚ねえな!こんな小銭で!」
まりさ♪ 「地獄の沙汰もカネ次第だよ!今度は、こっちのお願いを聞いてよ。」
おイヒけ♪ 「ちぇっ!ひとつだけだぞ!」(・・・この小銭はもらっておこう・・・)
まりさ♪ 「ふふ。じゃあむう♪リーダーに何かひとつお願いしなよ。」
むう♪ 「そうだなあ・・・。ええとー。」

【分岐】
おばけの部屋がどうなっているか知りたい。 → 【1】
リーダーの過去が知りたい。 → 【2】



【1】
むう♪ 「今おばけの部屋どうなってるんだろ。それが知りたいな。」
おイヒけ♪ 「そんなことなら朝飯前だぜ。あの部屋のおばけの残存思念を集中させて・・・。」
 「ほら、少し見えてきただろ?何か狐とウサギがいるようだな・・・。」




【2】
むう♪ 「ボク前から、リーダーの過去って知りたかったんだ。リーダーは、どんな人だったの?」
おイヒけ♪ 「生前のことなんかよく覚えてないぜ。むう♪たちだってそうだろ?」
むう♪ 「そうだけど・・・。」
おイヒけ♪ 「そういえば・・・俺は・・・『栄光の勇者』、そんな呼ばれ方をしていたような・・・」
むう♪ 「え?それってすごいじゃン!」
おイヒけ♪ 「・・・いや・・・『炎の魔人』だったかな・・・・」
まりさ♪ 「ぜんぜん違うじゃン!」
むう♪ 「それはそれですごいと思うンだけど・・・。」
おイヒけ♪ 「うぅ・・・『J・オイヒケ』・・・それが・・・俺が人間だったころの名前・・・」
むう♪ 「えっ!?じぇーおいひけ?」
おイヒけ♪ 「うぅぅぅ・・・。頭が!頭が痛てえ!!」
まりさ♪ 「あんた!ここで吐いたら殺すよ!」
むう♪ 「違うよ姉ちゃん!リーダーの様子が変だよ!」


(2009.9.7)