【ここはマダツボミの塔の前】
KTナラを追いかけてきたイ♪たちがやってきました

イ♪ 「あいつここの中に入ったな…俺たちも中に入るぞ」
イ♪たちはマダツボミの塔の入口の扉を開けます

ギィィ…

イ♪ (…中は少し暗いな…)
??? 「ふっふっふ。待ちかね申した!」
ヤマメ♪ 「あ!あんたは」
イ♪ 「アマガサキ!」
アマガサキ 「では、お主ら、どなたからかかって来られるか?」
イ♪ 「子どもたちはどこだ!」
アマガサキ 「この塔のいずれかの部屋におる!!さあ来い!」
ヤマメ♪ 「こいつは、あたいが相手をする」
 「だからイ♪しとり♪は別の部屋の子どもたちを探して!」
イ♪ 「でも…」
アマガサキ 「ほう。お嬢さんがお相手か。しかし容赦はせん!!」
 「くらえ!!!だいもんじーーー!!!!」

ゴーーーーーーー!!!!

ヤマメ♪ 「きゃあ!」
イ♪ (…はずれた…)
ヤマメ♪ 「ちょっと!どこ狙ってるのよ!って、塔が燃えだしたじゃない!!」
アマガサキ (…しもうた…)
ヤマメ♪ 「イ♪しとり♪!ぐずぐずできなくなったわよ!」
 「早く子どもたちを探して!」
イ♪ 「わかった。ヤマメ♪ここは頼んだぞ!」
ヤマメ♪ 「あたいを誰だと思ってるんだい?あたいは土蜘蛛の谷ヤマメ♪だよ!」

 「さああんた引導渡してやっから、覚悟しな!」
アマガサキ 「片腹痛いわ!!参る!!!!!」

<<つづく>>