※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

谷口「ということでだ。」
ケンスケ「モテないメンズクラブ、略してMMKの作戦会議を始めるぞ。」
ジュン「ちょっ!急に人の家に上がってきて何言ってるんだ?」
谷口「けしからんな。どいつもこいつも」
ケンスケ「ごもっともです。先輩」
ジュン「聞いていない…だいたい、゙CLUB゙なんだから゙MMC゙だろ。ブツブツ…」
ケンスケ「ジュンよ。不満そうだな」
ジュン「当たり前だろ。僕は主人公だぞ!あんた達とは違うんだ!」
ケンスケ「ふん。確かにお前は主人公だ。俺ら脇役とは格の違う扱いを受けている」
ジュン「分かったなら早く出ていってくれ!」
谷口「しかし、お前はキョンやシンジとも違う種の人間なのだよ!」
ジュン「!?」
ケンスケ「フラグ…って分かるか?」
谷口「シンジはレイとアスカにミサトさん、キョンに至っては…言わなくても分かるな?」
ケンスケ「去年バレンタインのチョコ何個もらったんだ?」
ジュン「ぼ、僕だって真紅と翠星石と…それに…
って、その可哀相な物を見る目をやめろよ!」
谷口「つまり人間のは」
ケンスケ「ゼロだな」
ジュン「くっ…いや、ノリがいるぞ!ヒャハ!どうだ!恐れ入ったか!」
谷口「言うに事欠いでノリ゙呼ばわりですか…実の姉を」
ケンスケ「姉ちゃんプレイとか、それなんてエロゲ?まぁこれを読みなさい」
ジュン「これは…ヤンジャン?」
谷口「真実は時に辛いものだ」
ケンスケ「ノリさんみたいな真面目な子ほど社会に出てはじけるのだよ。お前は…」
ジュン「なん…だと?これが僕の未来?うわぁぁぁぁ!」
谷口「泣け。俺の胸でな」
ケンスケ「お前は俺達側の人間さ」
ジュン「うっうっ。先輩、僕どうしたら…」
谷口「当面の敵はリア充共だ。ヤツらに制裁を下すべく、我々は強くならねばならない」
ケンスケ「まずはそうだな、よし。ドールたちのアソコをこのカメラにおさめてこい」
谷口「人間と一緒なのかなぁフヒヒ!って言いながらな」
ジュン「かしこまりました。今に見てろ~MMCこそ正義だ。何がSOSだ!」
谷口「その意気だジュン!」
ピンポーン
巴「桜田君。これ今日のノート」
ジュン「ん?あぁいつもありがとう」
巴「いいよ、これくらい。じゃあまたね」
ジュン「じゃあな。

さて先輩。カメラを貸して下さい!行ってきますよへへ…ってあれ先輩?どこへ行くんです!?」