※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「ヒマだわ」
アスカ「ヒマね~」
ハルヒ「ヒマだからSOS団の支部でも作ろうかしら」
翠星石「しぶ?」
アスカ「ヒマだからってそれ理由になってないわよ!ていうか必要あるわけ?」
ハルヒ「当然でしょ!団員は多ければ多いほどいいのよ」
アスカ「今のSOS団があればいいじゃない。支部がなきゃできないことなんてあるの?」
ハルヒ「う~ん、支部というより第2SOS団の方がいいかしら?もちろんあたしが団長で」
アスカ「……人の話聞いてないでしょ?」
翠星石「翠星石は賛成ですぅ!翠星石もその第2SOS団に入ってやるですよ!」
ハルヒ「そう?じゃ、決まりね」
アスカ「ちょっとなんでいきなり乗り気なのよ、翠」
ハルヒ「乗り気になったらいけないわけ?わかるやつにはとっても魅力的な話なのよ」
アスカ「はぁ~!?」
ハルヒ「翠はアスカと違っていい子ね」
翠星石「そうですぅ!翠星石はアス姉と違って可愛いですよ?」
アスカ「……。可愛いなんて言われてないじゃない」
ハルヒ「他の団員も集めなきゃね!」
翠星石「翠星石にまかせろですぅ」
ハルヒ「うん。お願いね。あたしも色々あたってみるわ。まずはお隣のレイやルリちゃん……」
アスカ「あたしも!……あ、あたしが入ってあげても、いいわよ、別に……」
ハルヒ「え……」
翠星石「え……」
アスカ「ちょっ!なんであからさまに嫌な顔すんのよ!そ、そんなに入りたいってわけじゃないけど……」
翠星石「なら別に入らなくてもいいですよ」
アスカ「えっ!?いや、その……」
ハルヒ「しょうがないわね。じゃあアスカも入れたげるわ」
アスカ「~~~!……なーんか納得いかないわねぇ」
ハルヒ「ま、とにかく面白そうだから団員集めから始めましょ」
翠星石「第2SOS団の名前は『薔薇色翠星乙女団』にするですぅ!それならみんな勝手に集まっ」
ハルヒ「それは嫌」
アスカ「無理」