※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「そうよ! SOS団の結束は固いんだから! そうよね有希!(ギュ」
有希「……(コク」
アスカ「言わせてる感アリアリなんだけど」
ハルヒ「違うわよ! そうじゃなきゃこんな風にハグなんて出来ないわ!」
有希「そう……(ギュ」
ハルヒ「あっ……そ、そうよ、出来ないんだから……って有希、頭は撫でなくていいわよ!」
有希「……?」
アスカ「はいはい。女同士でいちゃついてんの見せつけられても困るんだけど。
     ま、アタシは死んでもファーストに抱きつくなんてやりたくないけどね」
レイ「……じゃあ死ねば(ボソ」
アスカ「何 か 言 っ た ?」
レイ「何も」
アスカ「目を見て言いなさいよ!」
レイ「じ ゃ あ 死 ね ば ?」
アスカ「……」
レイ「……」
アスカ「ケンカ売ってんのねアンタ! この口が! この口がぁ!(グイグイ」
レイ「ひゃめれ、ひっはらないれ。いらいわ」

ハルヒ「仲いいじゃない」
有希「(コクリ」

翠星石「……ど、どーやら翠星石たちも仲のよさをアピールしないといけないようです。
     す、翠星石はちっちゃいから、不本意ながらも抱っこされてやるでーすぅ」
ルリルリ「はぁ。んじゃ、遠慮なく(ヒョイ」
翠星石「あわわ、す、少しは遠慮ぐらいするですー」

アスカ「ふふふふふ、こうなったら関節技の一つでもかけてやろうかしら……こうやってこうやって……ひぃいっ!?」
レイ「……この前の身体測定の時より小さくなってる」
アスカ「ななな、どこ触ってんのよエロファースト! ていうか小さくなってないわよ! むしろよりグラマラスでセクシーなぐらいよ!!」
レイ「日本語でお願い」
アスカ「……ほんっとぶっ飛ばしてやろーかしら……」

ハルヒ「……なーんかアホらしくなってきたわね。宿題でもしようかしら」
有希「私も」

ルリ「私は晩御飯の買い物に行きます。翠ちゃんも行きますか?」
翠星石「ル、ルリルリが行くというなら翠星石もいかないわけにはいかねーですぅ」
ルリ「ま、この状態ですしね」
アスカ「あ、じゃああたしも行くわ! もちろん有希も行くわよね?」
有希「(コク」
翠星石「おーいそこの赤いのと青いの! せいぜい仲良くケンカするですぅ!」

アスカ「赤いの、ってアタシはポストか信号か!」
レイ「泣いた赤鬼……」
アスカ「誰がよ! むしろ泣きを見るのはアンタの方なんだから……ふふふふふふ」
レイ「……( ´_ゝ`)」
アスカ「!! キーーッ! そこで急にテンション下げないでよ! アタシだけバカみたいじゃない!」
レイ「……?」
アスカ「『え?違うの?』みたいな顔すんな!」

ハルヒ「ったく、聞いちゃいないわね」
ルリ「アスカさん、段々ツッコミキャラになってきてますね」
有希「ルリのお墨付き」
ルリ「いや、そういうのじゃないですから。お墨付きどころかノシつけて返しますから」
ハルヒ「あんたら、あたし達が返って来るまでには仲直りしときなさいよー。じゃないと晩御飯なしだから!」
アスカ「うぐ……わ、わかってるわよ!」
レイ「行ってらっしゃい。1Rで決着つけるから大丈夫」
ハルヒ「……ダメだこりゃ」