※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とりあえずシンジとミサト二人きりなのはダメだと思うんだ、色々な意味で

アスカ「だってほっとけるわけないじゃない。あの二人よ? どうせミサトにこき使われてるに決まってるわ!」


シンジ「アスカが居ても、僕の雑用が増えるだけじゃないか!」
アスカ「うっ・・・。ひ、一人に使われるのも、二人に使われるのも一緒でしょ!」
シンジ「同じじゃないよ!と、言う訳で他に部屋借りたから、僕はここ出てくよ」
アスカ「あっそ。分かったわ、じゃあ準備するわね♪」
シンジ「・・・・?ねえ、なにしてるの?さっきからごそごそと」
アスカ「ん?引越しの準備よ。まあシンジが、どうしても二人で住みたいってんだから仕方なくよ」
シンジ「えーっ!?なに「こらー!そんな事、おねえちゃん許さないわよ!」
シンジ「うわっ!?何か来た!」
ハルヒ「中学生の分際で同棲なんて、わたしでさえまだなのにうらやま・・いや、けしからん!」
アスカ「ハ、ハル姉!どうしてここに?こ、これは仕方なくよ!そう、作戦の準備ってやつで・・・」
ハルヒ「なに言ってのよ!使徒だか神人だが、知らないけどそんなのわたしがちょちょいっと
     やっつけてあげるから、さあ帰るわよ!」
アスカ「あ、待って!イタイイタイ、耳ひっぱらないでよーっ!」
翠星石「ふひひw厨房が色づくなんて10年早いでやがりますぅ」
アスカ「この、翠!帰ったら覚えときなさいよー!」

シンジ。oO(騒がしい姉妹だなぁ・・・。けど良かった。アスカ、あの頃と比べて幸せそうだし・・・)