※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花火

 

土手で花火をすることになった一同
ハルヒ「さあ!花火はジャンジャンあるからどんどんやりなさい!」
一同「わーい!」

 

キョン「はぁ~。やれやれ・・・・・」
ハルヒ「キョン!何でそんなにテンション低いのよ!みんな盛り下がるじゃない!」
キョン「あのなぁ、昼間のやたら蒸し暑い中花火をどっさり買いに行かせといて何ではないだろう」
ハルヒ「それくらい団員として当然じゃない!さ、やったやった(ズイ」
キョン「お、おい・・・・・まったく、立つ気力のないやつにどうやってみんなと花火やれっつうんだよ」
ハルヒ「しょうがないわね~・・・・・じ、じゃあ私が並んでやってあげるわよ」
キョン「・・・・・ま、一人で寂しくやるよりはましか」
ハルヒ「な、なによ!私じゃ不服なわけ?」
キョン「んなことねぇよ。あんがとな」
ハルヒ「わかったなんら・・・いいのよ・・・・・///」
キョン「さーて、何からやろうか。どんなの持ってきたんだ?(ピト」
ハルヒ「!!!かかかか肩をくくくくくっつけんじゃないわよ!」
キョン「何どもってんだ?とりあえず謝るが」
ハルヒ「うるさいわね!私のに火を点けなさい!」
キョン「へいへい」

 

ジジジ・・・シャー

 

キョン「うん。きれいだ」
ハルヒ「あ、当たり前じゃない。私が選んだんだから」

 


アスカ「バカシンジ!どうよこれ!」
シンジ「あ、あすか。随分迷ってたけどようやく決め・・・ってうわー!?」
アスカ「どうしたのよ?ビビッちゃって」
シンジ「ア、アスカ!それ、手に持っちゃマズイやつだよ!」
アスカ「え?」

 

シュポン!シュポン!シュポン!

 

アスカ「キャー!!!な、何よこれ!」
シンジ「アスカ!は、早く川の中に!」
アスカ「そ、そんなの無理よ!!!離したらこっちに飛んできそうなんだもん!」
シンジ「だからってこっちに向けないでよ!・・・くそっ!じっとしてて!(ダダダ」
アスカ「は、早くっ・・・・・!」
シンジ「パッ)よし!・・・えい!(ブン」
アスカ「はぁ~・・・・・危なかったぁ~(ヘナヘナ」
シンジ「ふぅ。でも珍しかったね。アスカが怖がるなんて」
アスカ「なによ!あざけ笑うつもり!?」
シンジ「い、いや、そんなつもりじゃ・・・・・ただ新鮮でかわいいな、って」
アスカ「っ!!!・・・・・///ああもう!他のやるわよ!」
シンジ「待ってよアスカ!どんな花火かわかるの!?」

 


ジュン「よし・・・・・離れろ!」
真紅「ふぅん・・・・・これから何が起きるの?」
ジュン「バカ!離れろって!」

 

シャー!

 

真紅「きゃっ!」
ジュン「わっと!(ヒシッ)・・・・・だから離れろって行ったじゃないか!」
翠星石「(真紅、なかなかやるですぅ~!でも同じ手を使うわけには・・・・・)」
ジュン「あ!おい、ねずみ花火!」
翠星石「へ?」

シュンシュンシュン!

翠星石「ぎゃー!クルクルお化けですぅー!!!」
ジュン「危ない!(バッ」
翠星石「わ!」

 

パン!

 

ジュン「いてて・・・・・今日は何かやたらと疲れるな・・・・・」
翠星石「はっ・・・・///さ、さっさと離しやがれですぅ!」
ジュン「なんだよ!助けてやっただろ!?」
翠星石「・・・と、とりあえず礼を言うですぅ(ボソ」
ジュン「え?」
翠星石「な、何でもないですぅ~!」

 

ハルヒ「さ~てクライマックス!5×5の特製の台から放つ笛付きロケット花火よ!」
キョン「夜にロケット花火はいかがなもんだろうか?」
ハルヒ「やかましい!点火!(シュボッ」

 

ガッ←走り去るときにかかとが当たった
パタン

 

全員「あ・・・・・・・・・・」
キョン「に、逃げろ~!!!」

 

ヒュヒュヒュヒュン!

 

谷口・トウジ「ギャ───!!!!!」
シンジ「と、トウジー!!!」
キョン「谷口・・・・・お前という別に尊くはない命は無駄にしないぞ」
ハ・ア・翠「み、見なかったことにしましょう」