※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「ファーストのところは最近賑やかね。」
ハルヒ「ルリちゃんのお宝映像が見つかったとかで随分盛り上がってたわよ。
   あたしも見に行ったけどさすがに可愛かったわ。やっぱり時代は萌えよ、萌え。」
アスカ「萌えねぇ…。」

ハ・ア「「…じーっ。」」

翠星石「そ、その目はなんです?」
ハルヒ「(ニヤリ)すーいー。ちょっとこれ着てみようかー。」
翠星石「! きゃー、そんな恥ずかしい格好は嫌ですぅ!」
ハルヒ「ふっふーん。いいから、大人しく、脱げーっ。」


 

翠星石「ふええ、何ですかこのピチピチで紺の布きれはぁぁ!」
アスカ「アンタそんなのも知らないのぉ?コレはスクール水着っていうのよ」
ハルヒ「キョンの妹のお古もらってきたのよ!ピッタリで良かったわ」
翠星石「う~、恥ずかしいですぅ、とっととドレス返しやがれですぅ・・・」
アスカ「しかしアンタけっこう似合ってるわねぇ。」
ハルヒ「そうね、さすがアタシたちの妹だけあるわ!」
翠星石「そ、そりゃ当たり前ですよ!このドールNo.1の美人、
    翠星石にかかればどんな衣装だって宝石のように輝くに決まってるですぅ!えっへん!」
ハルヒ「うん、これならいけるわね、ニヤニヤ」
アスカ「そうね、ニヤニヤ」
翠星石「な、なんですか二人とも、その怪しい笑みは・・・」
ハルヒ「翠!ルリちゃんに対抗して翠のプロモビデオ撮影するわよ!」
アスカ「これでアタシたちの知名度アップ!それに大もうけできるわ!」
翠星石「ひえええ~、こんな格好撮るつもりですかぁ!?」
ハルヒ「さあ、おとなしく撮られなさい!」
翠星石「ちょ、ちょっと待ちやがれですぅ!って、きゃ~!」
アスカ「待てー、逃げるなーー!!」

オチは誰かつけてくれ