※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それの始まりは昨日のこと・・・

翠星石「ふんふんふーん♪
     できたですよバカ姉ども、食後のデザートにはやっぱり翠星石印のスコーンですぅ~」
ハルヒ「ハムッ・・・あいかわらず美味いわね!さすが私の妹!ご褒美として一階級昇進よ!」
翠星石「へへ~ん、当たり前ですぅ!」
アスカ「・・・」
ハルヒ「あら、アスカどうしたの?元気ないわね~」
アスカ「え?そ、そんなことないわよ!み、翠!アタシも一個もらうわよ!」
翠星石「どうしたですか?食うならとっとと食いやがれですぅ」
アスカ「ハムッ・・・・・・・
    そうだ・・・これよ!!これだわ!!!」
翠星石「ひゃぁ~!!いきなり大声出すなですぅ~~」
ハルヒ「ど、どうしたのアスカ??」
アスカ「翠、今すぐこれの作り方教えなさい!」
翠星石「きゅ、急になに言い出しやがるですぅ~。頭がおかしくなりやがったですか?」
アスカ「そんなんじゃないわよ!いいから今すぐ準備!大至急よ!!」
翠星石「きゃー!アス姉に拉致られるですぅ~~~」
ハルヒ「ちょ、ちょっとどうしたのよアスカ!
     ・・・って行っちゃった。急にどうしたのかしら?」

翠星石「アス姉!そうじゃないですよ!全くへたくそですねぇ!」
アスカ「う、うるさい!
     ・・・意外と難しいじゃないのよコレ」

アスカ「よっしゃ!やっとできたわ!」
翠星石「ふぅ~、出来の悪い姉を持つと苦労するですぅ」
アスカ「なによ!アンタの教え方が悪いからじゃないの!」
翠星石「ちがいますぅ!アス姉がバカだから教えるのが大変だったですぅ!」
ハルヒ「うるさ~い!こんな時間に騒ぐな~!!」
翠星石「きゃー!アス姉のせいで怒られたですぅ!」
アスカ「あ、ちょうどいいところに来たわ。ハル姉、ちょっと一個食べてみて!」
ハルヒ「何よ?ああ、スコーンできたのね。
     ・・・ハムッ・・・・
アスカ「・・・・・・・」
ハルヒ「・・・アスカ、おいしいわよ!さすが私の妹!」
アスカ「よっしゃーーーーー!!」
翠星石「アス姉、よかったですぅ。でもこれは教えたコーチのおかげですよ!えっへん!」
アスカ「なによエラソーに!でも翠、・・・アリガトね!」
翠星石「ひゃ~、アス姉にお礼言われたですぅ~!明日はきっと雨降るですぅ」
アスカ「ちょっと、翠それどういうことよ!!」
ハルヒ「こら、ケンカはやめなさい!
     それはそうとアスカ、急にスコーン作りなんてどういう風の吹き回し?」
翠星石「そうですぅ。こんなに作ってどうしやがるですか?」
アスカ「ふふ~ん、ヒ・ミ・ツ!」
ハル・翠「「??」」

そして翌日、学校・・・

アスカ「昨日スコーン作り過ぎちゃったのよ~。
     だ・か・ら、配ってあげるからオヤツにでもありがたがって食べなさい!」
トウジ「なんやなんや、朝からケッタイな声出して~。
     お、なんや、お菓子くれんのか!でもオマエが作ったんじゃ毒でも入ってそうやしなあ」
アスカ「そ。じゃアンタは無しね」
トウジ「ちょ、待たんかーーーーーい!」

ヒカリ「もう!鈴原のアホはほっときましょ。碇君ももらった?」
シンジ「うん、さっき・・・(なんか赤い顔してたけど怒らせるようなことしたかなぁ・・・?)
     ほら、コレ」
ヒカリ「・・・あれ?(みんなのとラッピングが違う?)」
シンジ「え?な、なに!?」
ヒカリ「・・・うんうん別に。ねえ碇君、今日なんかのイベントの日?」
シンジ「え?いや、別に・・・」
レイ「碇君、ちょっと・・・」
ヒカリ「え?綾波さん?」
シンジ「綾波?」
レイ「・・・これ・・・」
シンジ「え、ど、どうして?」
レイ「今日、碇君誕生日だからプレゼント」
シンジ「あ・・・そうか、すっかり忘れてたよ。ありがと、綾波(ニコッ)」
アスカ「ちょっとファースト!そこで何やってんの!!」
レイ「・・・それじゃ・・・(クル・・・ポッ)」
ヒカリ「・・・な~るほどね」
シンジ「え?な、何が??」
アスカ「まったく、バカシンジったら・・・ま、いいわ!
    みんな~!!これは帰ってからオヤツで食べなさい!
    学校にお菓子は持ち込み禁止なんだからね!!」
トウジ「ええからワイの分、はよよこさんかーーい!!」
シンジ「???」

・・・その後シンジは帰ってスコーンの袋を開けました

シンジ「ん?なにか入ってる・・・カード?」

Happy Birth Day To SHINJI!!

              FROM ASUKA


シンジ「・・・アスカ、ありがとう・・・」

シンジは三姉妹の家のほうへつぶやきました

                        END