※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『それじゃ次回もよろし~くんくん!』

翠星石「・・はぁー、今日もくんくんは素敵だったですぅ・・・」
アスカ「まさか執事が犯人だったとはねー。」
ハルヒ「だから言ったじゃない、絶対あの執事が怪しいって。」
アスカ「なーに言ってんのよハル姉、最初は被害者の妹で
次は刑事が怪しいとか言ってたじゃない。」
ハルヒ「あ、あれは・・・そ、そう!演技よ演技!敵を欺くにはまず味方からって言うでしょ?」
アスカ「あたしたち欺いてどーすんのよ全く・・・・」
翠星石「ハル姉ハル姉、アイスクリームはないですか?」
ハルヒ「さっきもう食べたでしょ!」
翠星石「にょろーん・・・」
アスカ「わけわかんないこと言ってないでさっさとお風呂入りなさいよ。
今日はあんたが一番でしょ。」
翠星石「わかってるですぅ!ホント、アス姉はイチイチ五月蝿いですぅ。まるで小姑ですぅ!」
アスカ「なんですって!」
翠星石「きゃーアス姉が怒ったですぅ~。怒るとまーた皺が増えるですよ~。」タタタッ・・
アスカ「まったく・・・・あれ?ハル姉どっか行くの?」
ハルヒ「ん?ちょっとアイスクリームでも買ってこようかとね。」
アスカ「へぇ~翠には優しいわね~(ニヤニヤ」
ハルヒ「ちがうわよ。別にただあたしが食べたくなっただけよ。」
アスカ「あ、あたしはハーゲンダッツね。」
ハルヒ「・・・・後でお金払いなさいよ?」
アスカ「ケチ」


・・・アス姉~・・・シャンプーがもうないですぅ~・・・・

アスカ「あそういえば替えを買ってきてあったんだった・・・
はーいはい、今持ってくわよ!」


こんな感じで三姉妹の夜は更けていく・・・