※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日、アタシは久しぶりの感覚に戸惑っていた。
ううん、認めたくないけど、緊張してたのかもしれない。

「アスカ~?どう?大丈夫?」
モニターからミサトが呼びかけてくる。顔、強張ってないかな、映像切っとけばよかった。

「きつかったら止めなさいよ?」
ミサトの横から割り込んでくる顔。ひいき目なしに美人だと思える、アタシの姉の顔。

「そ~です、もう無理してまで乗る必要ないですよ?」
今度はその姉の下から、顔の上半分だけ割り込んでくる妹。紅と翠のオッドアイ。不思議なかわいさのある子。

「アスカ、きついの?」
別のウインドウから呼びかけてくるアイツ。バカ、アタシはきついだなんて一言も言ってないじゃん。

「アンタバカ?ハル姉のいう事真に受けてんじゃないわよ、それにアタシは天才なんだから。ブランクなんてあってないようなもんだわ!」
自分でもわかる。以前にくらべて口調にとけとげしさがなくなってる。

「碇君はアナタを心配している」
また別のウインドウが開く。隣に住むようになった優等生。
でも、近くで見ると案外優等生じゃなかったりして、なんだかホッとした事がある。
この子もきっと、1人じゃなくなってから変わったんだと思う。
今の言葉にも感情を感じる。アタシは少しだけ優越感に浸ってしまう。

「シンジぃ?ファーストが私の事も心配してって言ってるわよ?」
優越感を感じた事に反発して、またこんな事を言ってしまう。もうこの性格は直らないわね、姉妹が姉妹だし。

「え?綾波もキツイの?大丈夫?」
こういう奴なのよ、コイツは。誰にだって

「私は大丈夫。ありがと、碇君」
そしてこの子は素直。前はイライラしてたけど、今は羨ましい。
「え、いやその・・・いいよ」
そう、羨ましいの。イライラなんてしてないわ

「アスカのシンクロ率、急激に落ちました」
オペレーターの声が聞こえた。あ~あ、やっぱりママはお見通しなのね。

「アスカってば、シンちゃん取られて動揺してんのね?」
あーあー聞こえない
「アスカ、そういうのを自爆って言うのよ?」
ハル姉には言われたくないわ。
「自分の蒔いた種で自分の足をとられるなんて、庭師の風上にもおけんですぅ」
別に庭師なんて目指しちゃいないわよ。

「アスカ、ホントに大丈夫?」
アタシはバカのウインドウを強制消去する。
「アスカ、シンジ君との通信を強制カットしました」
「あっちゃー、シンちゃん嫌われちゃったわねん♪」
アンタのせいなのに、この鈍感バカシンジ。

ううん、違う。アタシのせい。・・・こう考えられるようになったのって、やっぱり

「ま、アスカがこういう性格だっていうの、シンジもわかってるわよ。
 もしわかってなかったら、わたしが3日3晩かけて教え込んであげるわ!」
「家事人間も八方美人過ぎです、あれじゃアス姉がヤキモキすんのも、さもありなんですぅ」

この2人がいてくれたから、よね。
ニホンのことわざにあるもんね、情けは人の振り見て我が振り直せって。・・・あれ?まあいいや。

ママ、見て。紹介します。ママは産んだ覚え、ないだろうけど。この人達がアタシの姉妹よ。