※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある大作RPGの10.2作目をプレイする長女、それを見てる下二人

ハ「ねえ、二人とも。ちょっとお願いがあるんだけど…」
ア「え゛」
翠「イヤな予感ですぅ」
ハ「この決めポーズあたしたちでやりましょう!」
ア・翠「予感的中…(ですぅ)」

三人「ハ・ア・ス!」

ハ「なんか語感悪いわね」ア「順番にこだわらなくてもいいんじゃない?」
翠「並び方を少し変えてみるですう」

三人「ア・ハ・ス!」

ハ「なんかバカっぽいわね…」
ア「マヌケな感じだわ…」翠「!二人とも、翠星石が感じのいい並びを閃いたですぅ」
ハ「でかしたわ!翠!」
ア「で、どんなのよ」
翠「最初がアス姉で次が翠星石ですぅ。つまり…ア・ス…」

二人「ストオーップ!!」
翠「んがんぐ!」

ハ「翠~?アンタって人はー!」
ア「うっかり金色の180度反射を思いだしたわ…」
翠「なんだってんですか二人とも…」