※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒとアスカが学校に行っている間、翠星石は一人留守番をしている

翠星石「はぁ…毎日の事ながら一人で留守番するのはほんと退屈ですぅ
     二人とも寄り道してないで早く帰ってきやがれですぅ…」
(ピンポーン!)
翠星石「やれやれ、また新聞の勧誘ですか。いつも通り居留守使ってやるですぅ」
(ピンポーン、ピンポーン!)
翠星石「あぁ、ハル姉がいたら相手を説き伏せてくれるですのに」
(ピンポピンポピンポーン!)
翠星石「あぁ、アス姉がいたら相手を再起不能にしてくれるですのに」
(ピンポピンポピンポピンポピンポーン!)
翠星石「ふぬぅ~!しつっこい野郎ですぅ!今日という今日はとっちめてやるです!」
シンジ「ごめんくださーい」
翠星石「おやや?この声はシンジじゃないですか。待つです、今開けてやるですぅ」
(ガチャ)
翠星石「まったく、紛らわしいチャイムの鳴らし方はやめるです!
     危うく鞄ごとすてみタックルするところだったですよ!」
シンジ「あ、ごめん…えっと、アスカはもう帰ってる?」
翠星石「あれ?一緒じゃなかったですか?」
シンジ「うん、実は今日一緒に買い物に行く約束してたんだけど…」

マヤ「!?学校方面より正体不明の移動物体接近中!」
マコト「は、早い…」
シゲル「パター(ry」

翠星石「…なんですか今のは?」
シンジ「さぁ…って、え!?」
(ドドドドド!)
アスカ「こらぁぁ!シンジぃぃぃ!」
シンジ「うわっ、アスカ、そんなに慌ててどうしたの?」
アスカ「このバカシンジ!校門で待ち合わせの約束でしょ!」
シンジ「あっ…そうだった、ごめん」
アスカ「ごめんじゃないわよバカ!もういいわ、さっさといくわよ!」
シンジ「え、ちょ、痛っ!み、耳ひっぱらないでよ!」
アスカ「いいから黙って来る!」
シンジ「アッー!」
翠星石「…」
(バタン)
こうしてシンジは連行された…

翠星石「アス姉との約束はしっかり覚えてないと駄目です
     やれやれ、シンジはまだまだ精進が足りんですぅ」
(ピンポーン!)
翠星石「むっ!今度こそ悪徳業者ですか!」
(ガチャ)
キョン「あ、翠星石ちゃんか、ハルヒ帰ってきてないかな?」
翠星石「…」
キョン「ん?どうかした…」
(ドドドドド!)
ハルヒ「こらぁぁ!バカキョン!」
キョン「おぉ、ハルヒか、探したぞ」
ハルヒ「何が「探したぞ」よ、さっきからずっと部室にいたわよ!」
キョン「え、そんな馬鹿な。さっきこっそり覗いた時は朝比奈さ(ry」
ハルヒ「いいからとっとと来る!」
キョン「ぐ、ちょ、く、首が絞ま(ry」
翠星石「…」
(バタン)
こうしてキョンは連行された…

翠星石「ふぅ、これは二人とも帰ってくるの遅そうですね
     しょうがないからジュンの所にでも行ってやるです
     べ、別にさびしいからとかそういうんじゃないですよ!
     暇で暇でしょうがないから仕方なく遊びに行くだけです!
     火の元よし、戸締りよし、完璧です!じゃあ出発ですぅ!」
(ガチャ、バタン)
こうして翠星石は満面の笑みを浮かべながら桜田邸に向かった…

そして誰もいなくなった…
そして時は流れて…

(すとん)
金糸雀「やったのかしら~♪とうとう侵入に成功したのかしら~♪」
     って誰もいないのかしら、しかも何だかお外が暗くなって…」
(ピカッ!ゴロゴロ!)
金糸雀「ふえっ、か、かみなりなのかしら…、で、電気を付ければ…
     と、届かないのかしら~」
(ピチョン…ピチョン…)
金糸雀「な、なんの音なのかしら…、確かめたいけど怖いのかしら…
     というか、なんで誰もいないのかしら~」

翌朝、炬燵の中から発見されるまで金糸雀の恐怖の時間は続いた…