※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここがこうなって・・・食費が・・・・
「こらっ!翠、まちなさーい!」
んで、来月には・・・・
「きゃあ~♪アス姉がくるですぅ逃げるですぅ~」
お正月だから多少物入りね・・・
「ほらっ捕まえた!こちょこちょこちょこちょ・・・」
「きゃはははっ、やめ、止めるですぅ~」
ばんばん!!ハルヒが大きく机を叩く。
「あんた達、ちょっと静かになさい!!家計簿付けてるんだから!!」


ここは三姉妹だけが住む、小さな小さな一軒屋。
年の瀬を迎えて外は雪。しんしんと降り積もり、寒風が吹きすさんでいる。
けれど、この家の中はいつも通り賑やかだった。

長女、ハルヒは、こたつに入り難しい顔してこの家の財政と睨めっこをしていた。
幸いに僅かながら貯えがあるものの、妹達は成長期。よく食べるし、服も直ぐに駄目になる。
何とか大学まで行かしてあげなければと、毎月末はこうして家計簿を睨むのであった。

当の妹達は、最初は大人しくコタツから仲良く首だけ並べてTVを見ていたのだが、
それにも飽きたのか、いつの間にかハルヒの周りで追いかけっこを始めたのだ。
そして冒頭へ。


机を叩いた姿勢のまま妹達をきっと見つめる。
「ハル姉が怒ったですぅ~」
「ハルヒが怒った♪」
アスカも翠も、まったく堪えた様子も無い。
むしろ、新しい『鬼』の出現を待ちわびてるかのような、期待に満ちた目でハルヒを見つめている。

ハルヒもそれを悟ったのか、「駄目よ」とだけ応えて、アスカに翠をお風呂に入れるようにと言い付けた。
アスカも珍しく素直に「はーい」と返事をすると、翠星石を抱えたままお風呂へと消えていった。

やっと静かになったリビングで、ハルヒは家計簿に戻る。
今月は出費が嵩んで大変だったのだ。
「赤字・・・かしら?」
ぽつりと呟く。来月も、その後に来る新学期も、いろいろと物要りなので頭が痛い。
それでも、今はお風呂場できゃーきゃー騒いでる妹達の為に長女のわたしがしっかりしないとと
気合を入れ直したところで、呼ぶ声がした。

「おねーちゃーん!ねえ、おねえちゃーん!」
この声はアスカだ。
普段は『ハルヒ』と呼ぶアスカが『おねえちゃん』と呼ぶ時はろくな事が無い。
だいたいお小遣いをせびる時か、用事がある時か、よっぽど甘えたい時か。
「シャンプー持って来てー」
今回は2番目だったようだ。
やれやれと腰を浮かせる。確か買い置きのシャンプーがまだあったはずだ。


お風呂場の戸をあけて、ぽいっとシャンプーを投げてやる。
「ハルヒも入る?」「ハル姉も一緒に入るですぅ」
妹達の誘いを断ってまたこたつで家計簿と睨めっこ。

あのこ達が笑ってられるように頑張らないと。また気合を入れる


お風呂場では、二人が湯船でこそこそと言い合っていた。
「良いこと、翠星石?ハルヒの邪魔しちゃ駄目よ?ハルヒも大変なんだから」
「えー!最初に追いかけてのはアス姉ですよ?」
「そ、そうだったかしら?まあ、あれよ、明日は大掃除だから、二人でお手伝いするわよ!」
「わかったですぅ!翠星石に任せておくですぅ!」

これは小さな家に住む、あったかい三姉妹の物語

おわり