※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「ちょっと待ってくれ、君たちのお姉さんだぞ!本当に忘れちまったのか?!」
アスカ「だから、キョンさん、あたしたちは二人姉妹なんだってば!大丈夫?」
翠星石「そうですう、「ハルヒ」なんて姉はいないですう、あんたバカぁ?です」
キ「そんなバカな・・・」
ア「さ、そんなことより今日はよろしく頼むわね!せっかくファーストの妹から紹介してもらったんですもの、しっかり荷物持ちよろしくね!」
翠「まったく女二人だと買い物も楽じゃないですう。でもあのメガネ女もいい下僕持ってたもんですう」
キ「違うんだ、あいつはもう眼鏡はもうかけてなくて・・・ていうかあんな笑いかたはしないはずで・・・」

電車案内「次は、○○~○○~光陽園学院にいかれるかたはこちらでお降りください~」

ア「何いってんの?さ、おりましょ」
翠「やっとつきやがったですう。アス姉、どのへんにその狙いのお店あるですか?」
ア「高校の近くらしいわ」
キ「なんだ、俺の住んでる近所じゃないか・・・」

ざわざわ・・・ざわざわ・・・

ア「あ、そうだったっけ?じゃ帰りは歩いて帰られるわね」
キ「それはひd・・・・・!!」
翠「心配しなくても手土産にスコーンやるですから・・・ってなにびっくらこいてるですか?」

女「あ~退屈!高校も中学と大して変わんないわ!」
男「まあそういわずに・・・確かに涼宮さんのレベルでは・・・」

キ「ハルヒ・・・ついでに古泉・・・」
ア「!・・・・・・」
翠「!・・・」

ガタン、プシュー

案内「二番線列車が発車いたします・・・」

キ「お、おい、今のが君たちの姉さんだぞ!本当にわからないのか?!」

ア「あんな人、知らない。けど・・・」
翠「なんか、ずっと前から知ってたような気になるです・・・」

キ「・・・!つながってる!すげえな姉妹って・・・」