※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(ザバーーッ)


ハルヒ「アスカー、背中流してー。」
アスカ「それぐらい自分でやってよねー。」
ハルヒ「いいじゃない。減るモンじゃなし。ほら、とっととやる!」
アスカの目の前に出されたスポンジ
アスカ「まったく……(ゴシゴシ・・)」
翠星石「ふ~……。おおっ!我ながらでっかい泡ができたですぅ!傑作ですぅ!」
アスカ「なーに?泡なんかで遊んでるの?そんな暇があるならアタシの背中でも流してよ。」
翠星石「やなこったですぅ~。翠星石は泡つくりで忙しいのですぅ。ふ~……。」
ハルヒ「えいっ!」
(パチンッ…!)
翠星石「ああーー!今世紀最大のの泡が儚く散ったですぅー!ひどいです~ハル姉…。」
ハルヒ「アスカの言うこと聞かない罰よ。」
翠星石「む~~……、翠星石は浴槽で“アヒルちゃん”を浮かばせて遊んどくですぅ。お先に入らせてもらうですぅ~。」
ハルヒ「さーて、アタシはもうじゅうぶん流してもらったし、今度はアタシがアスカの背中流すわよ。」
アスカ「いいわよ、ハル姉。翠にやらせるわ。」
ハルヒ「いいからいいから!」
アスカ「……?じゃあおコトバに甘えようかしら。」
翠星石「(もしかして…?)」
ハルヒ「(ゴシゴシ・・ニヤリ)そ~れっ!」
アスカ「キャッ!」
翠星石「やっぱりやりやがったですぅ!」
ハルヒ「アンタって中学生のくせになんでこんなに胸あるのよ。今のアタシには及ばないけど。」
アスカ「ン・・し、知らないわよ!ってゆーかハル姉、揉みすぎよ!」
翠星石「やれやれ・・・二人とも甘いですぅ。翠星石くらいの控えめこそが美しさの頂点なのですぅ。」
ハルヒ「あら、ジュンくんはそのくらいが好みなのね?」
翠星石「なっ!?な、なななな何を言うですかハル姉!別にジュンなんか関係ねーですぅー!どうでもいいですぅー。」
アスカ「アタシと同じ中学生だしー。ジュンくん、ひそかにアタシくらいのが好みなのかもよ?」
翠星石「そんなことねーです!翠星石が抱っこさせてやったときに、ジュンは照れてたですぅ!ジュンはこの翠星石の美貌に惚れ惚れなのですぅ!………(∑ ハッ)……あ。」
アスカ「アッハハハー!単純ねー、翠。のろけられちゃったなぁ(ニヤニヤ)」
ハルヒ「しかもなに?“抱っこ”ねぇ。意外とやるときはやるのね。なかなかの【デレ】っぷりじゃない!(ニヤニヤ)」
翠星石「なんなんですぅ…?あーもぅ……知らんですぅ(///)!もう翠星石はあがるですぅ!」


(ガラガラ………ピシャンッ)



アスカ「あーいうトコ、可愛いわよね。」
ハルヒ「そうね…、からかい甲斐もあるし。さっ、湯槽につかるわよ~!」
アスカ「そうね。入りましょ。」


(ガラガラ……)


アスカ「あら、どうしたの?翠。」
翠星石「“アヒルちゃん”忘れてたから取りに来たです…。」
ハルヒ「ちょうど湯槽にあるし、翠、一緒に入りましょ。」
翠星石「もう翠星石は入ったですぅ。……でも冷えてきたから入ってやらんこともないです。」


(カポーーーーン……)


アスカ「あーいいお湯。三人で入るのも悪くないわね~。」
翠星石「狭いったらありゃしねーですぅ。けどなんか、いい気分ですぅ…………。」
ハルヒ「そうね……、こんなありきたりだけど何気ない日常もいいものね。」
アスカ「ハル姉…?」
ハルヒ「あ、気にしないで。独り言よ。」
アスカ「じゃなくてハル姉…。翠、寝ちゃったわよ。」
ハルヒ「え?ガマン大会やろうと思ってたのに……。でも、気持ち良さそうだし、そっと上がりましょう。」
アスカ「そうね…。お先に~翠…。」


(ガラガラガラ……ピシャン…)


翠星石「むにゃむにゃ……、もう~ジュンってばぁ…。“アヒルちゃん”返すですぅ……。あっこら、どさくさに紛れて触るんじゃねーですぅ……。……むにゃ。」