課金方式

MHFの各種課金体系について。


共通の注意事項

各コースにはそれぞれ異なる有効時間が設定されているが、これはあくまで現実の時間でありログインしていたかどうかは関係ない。
例えばプレミアムコース(3日間)を入れても3日間一切ログインしなかったらコースの効果は消失してしまう。
これは毎週1回(水曜日の10:00~16:00)定期メンテも例外ではない。
なおハンターライフとエクストラコース以外は、予め定期メンテの6時間分を加算した利用時間となっている。
当然ながらメンテに被らせないタイミングで入れた方が得である。

また、各種コースは重複購入が可能(秘伝書コース×3回分まとめ買い、など)、ハンターライフコースの2~3ヶ月分やプレミアム+アシストのセット購入は割引がある。
ストック限界量の設定は以下の通り。2014/12/10より、オプションコースの購入に関してHL必須の設定はなくなった。
  • ハンターライフコース - 180日分まで
  • エクストラコース - 180日分まで
  • プレミアムコース、アシストコース - 180日分まで、360版以外でのセット購入はプレミアム単品購入経験者のみ
  • 秘伝書コース - 180日分まで
  • Nコース(PC版以外) - 10日分まで
  • 狩人応援コース - 60日分まで(ただしアシスト・秘伝書共に180日を超えていないこと)

また希にオプションコースの無料開放イベントが行われることがあるが、その期間中に予め有効になっていた該当コースは無駄になってしまうので重複購入はお勧めできない。ご利用は計画的に。

有効期限ギリギリにクエストに行った場合、期限を過ぎてもそのクエスト中であれば発生している物と、期限を過ぎた後では発生しなくなる物が存在する。
クエスト中常時発生しているタイプの効果は、有効期限が切れてもそのクエスト中は有効?(要検証)

ちなみに2014/4から実施される消費税増税の影響で、4/2メンテ後より一部オプションコースが値上げされた。
ハンターライフコース30日とエクストラコースは変更が無いため、月額料金は基本的に変わらない。それどころかHL60日/90日は割引率UPで値下げである。

基本(必須、および必須とされるコース)

MHFをプレイするに当たって基本となるコース。
MHF-Z以降は(トライアルコース以外は)「ベーシックな定番コース」の枠に入っている。

トライアルコース

このゲームを始める上では必ず登録する必要のある、最も基本となるコース。
ただし一般にこの用語を使う場合はトライアルコースのみが有効である状態、
すなわちアカウントを作ってすぐの状態、もしくはハンターライフコースが切れている状態を指す。
なお個人ステータスの課金情報ではハンターライフコースが切れている場合にのみ表示されるが、
マイページの「有効な利用権」で表示されるリストには(他のコースが有効でも)常に併記されている。

ちなみに、箱民がPC版パッケージのHLクーポン引換券をお守り100個コードに交換するためにPC版用のマイページを作成する際にも、作業用として作るPC版アカウントにはトライアルコースの登録が必要である。
なお自分で登録を行う必要があるのはPC版のみで、360版では(ソフト起動時に?)自動的に登録される模様。
また、PS3/Vita/PS4版とWii U版ではID連携を行った時点で連携したCOG IDに自動的に登録される模様(これらのハード版においても、ID連携後はそのハード用のマイページにPCからもアクセスできる模様?)。
また、ID連携を行っておらずハード側のネットワークアカウントのみで接続している場合もトライアルコースとして扱われるようである。

なお、2014/12/10よりトライアルコースでのHRキャップが99に引き上げられ、G10ではHR51~99がHR4、HR100~299がHR5に換算された。
HR5以上のハンターが出戻ってもHR4以下のクエストは(ノーマルモード限定で)受注できる。ハードコアクエストは受注不可。
パートナーやパートニャーのランクはG10以降も換算されておらず、99までは成長するようだ。

トライアルコースのみの状態では凄腕以降のクエストを受けられない他、
狩人祭やキャラバンクエスト、公式狩猟大会にも参加はできない。
大闘技会やVSクエスト、狩猟技昇段試合といった対人クエストもプレイ不可能。
ただしG6の目玉コンテンツである天廊遠征録(第一区のみ)や、G10.1の目玉コンテンツ「歌姫狩衛戦」は参加可能。
狩人祭については色々と変更があったが、公式に「×」となっており、入魂も報酬受け取りも祭Pとの交換も現在では全て不可能。
ちなみに公式狩猟大会のランキング閲覧はG8で可能になった。

全チャ(ワールド対象のチャット)やメールを発信できなかったりするのは従来どおり。
猟団維持条件のログイン人数にカウントされるのはトライアルコースでのHR上限が99に引き上げられてからも3以上であることは変わっていなかったが、G10でこの制限が廃止された(つまり完全無料で維持要員を作ることができる)。
詳しくはココ!を参照のこと。

一つ注意したいのは、狩友紹介はハンターライフ必須ということ。
G10以降あまり見向きもされていない制度だが、一応紹介を受けるにはHR1の内にコードを入力する必要がある。条件などの詳細はココ!
つまり、HR5到達まで無料で済ませようとすると紹介特典はもらえないということである。
緊急クエストのアビオルグに挑戦する際に入れるかどうかを考えるといい。
ちなみにネカフェ特典によって付与されたハンターライフコースは対象外となっている。

余談だが、PS3/Vita版ではトロフィーの獲得条件がなぜか「ハンターライフコースが有効であること」となっているようだ(Xbox 360版の実績解除条件にはそんな前提条件は存在しない模様)。
これにより、PS3/Vita版ではトロフィーの獲得順や日時に不整合が生じるケースもある。物によっては獲得不可になってしまうケースも!?
現状を考慮するとPS4も同様になる可能性が高い。

ハンターライフコース

いわゆる基本料金。HLとも略される。30日1400円だが、60日分・90日分のまとめ買いは割引がある(ちなみに、2014年4月の消費税率改定の際に割引率が上がり実質値下げとなった)。またクレジットカードから30日ごとに引き落としという形で支払いが行われる継続コースもある(特典として「超激運のお守り」「剥ぎ取りの極意」を毎月各50個入手できる)。
これを入れることで基本的なコンテンツはプレイ可能になる。詳しくはココ!を参照のこと。

直接購入する他にも、パッケージには60日分のクーポンが付属している。
さらにハンターライフを一度も入れていない場合のみ「ハンターライフコースお試しクーポン」を使用できる。
パッケやグッズなどの付録に入っているので余らせているプレイヤーも多く、フレに誘われて始めるのであれば聞いてみると良い(譲渡は認められている)。ついでに狩人紹介のコードも聞いてみるのもあり。
首尾良くもらえた場合、最初にそのクーポンを使うこと。

ハンターライフコースの長期特典には基本的に約2か月ごとに取得できる物1年弱ごとに取得できる物がある。
また、G3より毎日特典のNPが+3となる(基本4NP、エクストラコースも併用していれば5NP)。
地味なところでは、G7より天廊遠征録にパートナーが同行するという物もある。また、クリア時のgm→TRP変換にも特典があるようだ(HLなしだと天廊に入った時点での所持分が上限なのに対し、HLありだとクリア時の所持分が全部反映される?)。

GGからスタンプは自動で押されるようになったが、ログイン中に利用権を更新したあとその場で押せるように手動で押す項目は存続している。
再ログインすれば自動で押されるので基本的にはする必要が無いが、メンテ直前に入れたような場合は注意。

Z1よりハンターライフコースの購入分がそのまま反映される特典「HLリワード」が追加された。詳細はココ!
これは30日分を1口(60日購入は2口、90日購入は3口として計算。継続コースの場合は毎月最初のログイン時に1口として処理される)としてHLリワードのスタンプが押され、そのスタンプの数によって武器や防具の生産券をもらえるという物。
その1には穿龍棍、その2にはスラッシュアックスFが含まれている。特典はキャラごとに付与されるが、宅配ボックスでのやり取りは不可能なので注意。
なお防具の生産券は最終的に20枚(+外装用5枚)もらえる。ラスタ装備用のHS止めと普通に使うZPにするか、それともハンター用とパートナー用にするか……

エクストラコース

詳細はこちらを参照。EXとも略される。
ハンターライフコースと違い、こちらは600円/30日の物しか存在しない。こちらも継続コースあり(先述の2種類のお守りを、HL継続コースの各50個/月とは別に各20個/月もらえる)。
エクストラのみの継続購入も可能。ハンターライフのまとめ買い割引やパッケージ付属クーポンを利用するならその方がお得。

広場のアイテムボックス(エクストラボックス)を使用できたり、大量採取が可能な大採取クエストを受注できたり、店売りのアイテムが増えたりと痒いところに手が届きやすい。
特に エクストラボックスはアイテムセットの呼び出しにも対応したため利便性が大幅に上がっており、このためだけでも使用する価値はある。 特に連戦はこれが前提となることも多い。常用すべし。
MHF-G1での仕様変更により通常の火事場飯では初期値から体力を若干減らす必要があるが(以前は栄養剤グレートで上限値だけを増やすことでも可能だったが、Gより発動ボーダーラインが固定値になったため栄養剤では発動できなくなった)、それに便利な 方薬の購入にも必須 となる。
また、後述するキャラクター追加サービスを利用して作成したキャラクターとのアイテムのやりとりを行う「宅配ボックス」の利用にも必要である。
ちなみに360版はハンターライフコースの1400円を賄うためには2000円分買う必要があり(昔は30日分の930MSPを700MSP単位に切り上げる形で1400MSP=2000円であったが、8月末に課金システムが現地通貨ベースに変更された。ただし新しいチャージ手段であるXboxギフトカードの販売額は2000円/5000円/10000円の3種類となっており(コンビニの場合はこの他に1000円(旧700MSP)がある)、基本料金だけ賄う場合はやはり2000円である)、払った残りでエクストラコースを付けられる(余談だが、昔は双方セットでも70MSP残っていたが今はぴったり2000円である)。

また、G1以降はキャラバン関係の特典の内以下がプレミアムコースより移籍している(半年間は移行期間としてプレミアムコースでも引き続き適用され、G3でエクストラコースに完全移籍となりプレミアムコースから削除された(この「プレミアムコースから削除される時期」からG3アップデート時期を推測できたという説も))。
狩人珠お手入れが移籍した効果は非常に大きいので、マジで常用してください。
  • 大討伐用アイテムの購入CPが1/10+再入荷までの時間短縮
  • 開拓のコスト(CP及びアイテム)半額+劣化防止+加速コスト1000CP固定+公開報酬2倍
  • 狩人珠お手入れが30日有効のCP無料版に、色変更半額+虹色指定可能
  • 上記以外のキャラバン内各施設も各種コスト半額+入場制限解除

MHF-G6からは天廊遠征録のアイテム交換が割引される特典も追加された。

また、ハンターライフコースとは別の長期プレイ特典装備もある他、G3より毎日特典のNPが+1される(HL/EX併用なら5NP/日)。
ところでHL/EXセット(30日2000円)はまだですかね?

ちなみにトライアル中でもEXだけ入れることは可能。
従来はほぼ意味のない行為だったが、トライアルがHR99まで対象になったことで安価かつ円滑(全チャ使用不可という難点はあるが)に序盤を進めるための手段としても使えるようになった。

オプションコース

ここからは有効期間が基本的に3日間(72時間+メンテ想定の6時間)のコース課金。

プレミアムコース

お値段は単体だと1000円(旧価格980円)/78時間、PC版・PS3/Vita版・Wii U版は初回割引アリ(逆に単体の購入経験がないとアシストとのセット購入ができない。360版は初回割引がない替わりに最初からアシストコースとのセット購入も可能)。
プレミアとも略される。詳細はこちらを参照。
特典は以下の通り。

  • (一部クエストを除く)獲得ゼニーや、G級クエストにおける経験値が2倍(後述する秘伝書コースとのW特典はこれを更に1.5倍)
    • G9.1までの仕様においてはG級以前における経験値となるHRPやSRPも増量されていた。G10以降もHRPはパートナーやパートニャーが獲得する経験値の元値として使われている。
    • 余談だが、GRP/GSRP(HRP/旧仕様のSRPも)における死亡回数による減算やデイリーおよびプレミアムのポイントボーナス、各種推薦状による加算は全ての倍率補正が終わった後の結果に対して行われる(これらに各種の倍率補正は適用されない)。
  • 大形狩猟クエストではプレミアムポイントボーナス(デイリーポイントボーナスと同量のPRP/PNRP/GRP/GSRP、回数制限なしの別枠)
    ※デイリーと違って小型や採取クエには適用されない。ちなみにデイリー・プレミアムとも計算式は「GR/GSRそれぞれにおいて、ランク200以下の場合は現ランクから1ランク上がるのに必要な量の1/3(ランク200以上の場合、GRP/GSRPは2500)」である。
  • ホルクの落とし物が学びの書とホルクの呼び声に限定される(羽根を落とさなくなる)
  • 常時狩人珠スキル「剥ぎ取り達人」に似た効果(一番確率の高い素材が出た際に、確定で「元の素材も含めての再抽選」を行う形である。回数制限はない。別判定による入れ替わりという形で出るHC素材には効果なし)
  • キャラバン関係の特典(F3でパローネコースを吸収合併する形で追加、先述した一部はG1以降エクストラコースに移籍しG3よりプレミアムコースからは削除)
    • 大討伐での褒賞の秘撃玉・天撃玉増量(2倍) ※天撃玉はG10.1より標準適用
    • キャラバンクエストの獲得CP3倍+狩人珠ポイント2倍
    • キャラバン節3つが別枠で同時発動
  • (2013/8/7より追加)Gゼニー・GRP・GSRPが2倍に
  • (2014/1/8より)PRP2.5倍(熟練度は変化なし)
  • (GGアプデより)HR31~(G10以降HR3~)で大型狩猟クエの報酬にポルタチケット桜3個が高確率で追加(元々プレイヤーがHR499以上の場合に「難しい書物」が高確率で出ていた枠を、書物が廃止されたG1以降ポルタチケット桜1枚という形で再利用していた物らしい)
  • (G5より)パートニャー同行時のPNRPが3倍
  • (G6より)天廊遠征録のTRP(タワーランクポイント)が2倍に
  • (G10.1より)歌姫狩衛戦「祈祷の章」の個人達成報酬で適用される獲得スコアが2倍 *1
  • (G10.1より)歌姫狩衛戦「戦歌の章」にて、祈歌を聞いていなくても祈歌武器の性能が強化される
  • (G10.1より)狩人珠の色変更が無料になる

元々はHR31~でHRPやゼニーがたっぷりもらえるプレミアムクエストを受けるための物であったが、HRPたっぷりクエストにプレミアム補正を乗せた方がHRPが多い今日ではこっちの需要は昔ほどない。プレミアムクエストには倍率補正が乗らないので、通常のクエストを回すよりHRP当たりのゼニーは多くなるという程度である(この他にネオジムメモ・メルクリメモ確定のクエストが常時存在するが、装備制限の関係上人気は低い)。
HR1から利用は可能だが、G10のリファインによって G級昇級までは「ポイント稼ぎによるランク上げ」という概念自体が無くなった
そのため実質的に真価を発揮するのはG級以降と言える。

[主な使い道]
  • GR、GSRの急上昇。
  • パートナー、パートニャーの育成促進
  • お金稼ぎ
  • 歌姫狩衛戦の到達スコア稼ぎ(ランキング、祈珠選択、累計歌玉数、戦歌期間で入手できるGPには影響しない)
  • キャラバンポイント(CP)及び色(狩人珠ポイント)、進化武器の強化促進
  • 剥ぎ取り難度の高い素材集め時に期待値を上げる(G級希少素材など) ※HC素材には適応されないので注意!!

[注意点]
  • 上でも触れたが、HR帯ではお金稼ぎ、パートナー・パートニャーの育成ぐらいにしか使えない。
  • 低確率=レア素材とは限らないので、モンスターによっては剥ぎ取り結果が逆にしょぼくなる可能性がある。
    下位ダイミョウザザミの本体剥ぎやティガレックス・ディアブロス亜種の尻尾、レビディオラを除くG級モンスの尻尾(アクラ・グレンゼブル・烈種ゼルレウスは特に注意)などで起こりやすい。
  • 歌姫狩衛戦の累計歌玉数(祈歌発動回数に影響)などはプレミアを入れても稼げない

アシストコース

お値段は単体だと1000円(旧価格980円)/78時間、プレミアムコースとのセット販売もある(PC版・PS3/Vita版・Wii U版はプレミアムコース単体の購入経験者限定、360版はプレミアムコースの初回割引がない替わりに最初からセット購入可能)。
詳細はこちらを参照。
HR2(旧HR11)から利用できる。

最大の特典はレジェンドラスタがクエストに同行してくれること。MHF-Zより2名契約可能になった。
詳細は上記リンク参照のこと。
また、以下の特典が得られる。
  • 常時「激運」発動(装備貸与クエ含む)
  • レジェンドラスタ追加報酬(大型狩猟クエストにおける剥ぎ取りor捕獲報酬から3個+別枠1個、クエスト全般における代理採取分)の発生
  • パートナー追加報酬が3枠固定となる
  • クエスト達成時のギルド貢献ポイント獲得4倍
    • 「勝ちネコからの挑戦状」の褒賞による倍率とは適用範囲が違い、ギルド貢献ポイント4倍はプレイヤー自身のみの適用。
    • なお、HC適正武器ボーナスによる1.5倍補正はこの時点では小数点以下切り捨てになっておらず *2 、HC適正武器+アシストコースでは純粋に6倍となる。
      • 表示上は基本値+HC適正武器ボーナスである0.5倍(小数点以下切り捨て)+アシスト特典 *3 である。
  • 天廊遠征録にて以下の効果が発生
    • 踏破階数+1
    • 「踏破報酬」が2枠、「宝箱報酬」が1枠追加(宝箱を空けていなくても最低1枠は出る)
    • レジェンドラスタ報酬枠の追加(内容は換金アイテム+遭遇したモンスターの剥ぎ取り素材)
    • パートニャーが持ち帰る「踏破報酬」が1枠追加

[主な使い道]
  • レジェンドラスタを同行させた強敵の狩猟、装備固定クエスト(通常NPC同行不可)の攻略
  • 追加報酬によるHC素材/G級希少素材入手率のUP
  • 狩人珠パーティポイント集めの補助(同行メンバーの他、プレミアムコースとの併用でパーティーポイントが4倍になる)
  • ギルド貢献ポイントを増量させての素材補充・パートナーのスキル習得
  • 天廊遠征録における報酬集め

[注意点]
  • アシストコースの機能は、HR2以上かつラスタの登録を完了させていないと発動しない。HR1で購入してもお金の無駄なので注意。
  • G級クエストで「難易度を下げた」場合、レジェンドプーギーの持ち帰り報酬枠も減少してしまう。
  • スキルや装備の関係上、レジェンドラスタが常にベストのNPCとは限らない。ラスタやパートナーと上手に使い分けたい。
  • ギルド貢献ポイントは元の入手量が少ないため、歌姫狩衛戦報酬などと比較して極端な恩恵が得られない。
  • ネットカフェではこのコースが標準で付いて来るため、入れる意味がない。

秘伝書コース

お値段は1000円(旧価格980円)/78時間。昔プレミアムコースやアシストコースとのセット販売が行われていたこともあったが、現在は単体のみでの販売(別に効果を内包している狩人応援コースがあるが、秘伝書コース+αのセット販売という形ではない)。
主に秘伝書取得後に便利な特典が付与される。詳細はこちらを参照。
HR1から購入はできるが、主要機能はHR5以降のコンテンツにて有効となる。

なおHCクエストの武器魂とミッション達成証の枚数はG1リファインとG7で上方修正されている。
  • 武器魂 - 通常時1+1枚→1+2枚、ギルド優先依頼適用時3+2枚→3+5枚
  • ミッション達成証 - 20枚→30枚→40枚(G7より)

[主な使い道]
  • 秘伝防具作成の為の武器魂集め
  • パートナー・パートニャーの育成
  • プレミアムコース併用でGRP/GSRP3倍効果によるGR/GSR上げ

[注意点]
  • 秘伝防具の現在の立ち位置及びHC適正ボーナスのシステム変更上、 HR帯で購入するメリットは現段階ではない
    • HC適正ボーナスは秘伝書入手時点でレア7まで対応できるようになり、そもそもゼニーと貢献Pしか増えなくなった。
  • プレゼントは11/13アップデート以降、広場の総合受付で受け取る形に変更されている。
  • ミッション達成証は増量されたが、全てのミッションを賄えるほどの数は得られない。

狩人応援コース(旧称: フォワード応援コース)

アシストコース&秘伝書コースが同時発動した上で(利用権としては双方と独自要素の3種類にそれぞれ3日(78時間)分が加算される)、更に以下の効果が付与される。
値段は 3000円/78時間 (ちなみに消費税率改定後も価格は変更なし)。
詳細はこちらを参照。
一応HR1から買えるが、全機能の適用はGR以降でHR時点では多かれ少なかれ無効な機能が存在する。
G10.1より、値段や時間は据え置きでプレミアムコース効果も発動するようになる。

特典内容は以下の通り。なおアシストコースと秘伝書コース、プレミアムコースの効果は割愛。

  • 常時「元気のみなもと」発動(ブーストタイムと同じ効果で、遷悠クエストでも効果有)
  • 剥ぎ取り回数+1回(同上)
  • HC素材剥ぎ取り確率2倍(2013/8/7よりG級HC素材にも適用拡大)
  • モンスターへの与ダメージ1.25倍(ハンターおよびレジェンドラスタ)
  • レジェンドラスタが離脱しなくなる
  • 歌姫の歌をノーコストで聴くことができる(ストーリー3章クリアは必須)
  • 遷悠クエストで常に報酬10枠ブーストが発生する(ブースト効果が切れない)

ステータス上は構成要素となる各コース及び「狩人応援コース」独自項目の利用権が付与されることになるため、
複数のオプションコースの併用特典も適用されている。
ただし、秘伝書コース特典のアイテムプレゼントはこちらには含まれていない。
また、2016年7月13日以前の狩人応援コースクーポン(ハンターライフコース利用クーポン引換券)についてはプレミアムコース効果は含まれない。

[主な使い道]
  • HC素材集め
  • レジェンドラスタや常時みなもと効果を活かしたキャラ育成・素材集め
  • 遷悠クエストにおける素材集め

[注意点]
  • 上述したようにHR5までは大半の機能の意味がない。
    また、秘伝書コースの現状の立ち位置から真価が発揮されるのはG級以降となる。
  • 非G級のHC素材は入手率が5%に上方修正されており、要求数も大幅緩和されている。
  • G級クエストでは、防御減算式の影響により一定以上の防御力が無いとみなもと効果があっても即死ダメージを受ける。
    また当然ながらスリップダメージ系攻撃には効果がない。
    近年このタイプの攻撃を備えるモンスターが多いので注意。
  • イベントクエスト、至天征伐戦、俗にいう「極み個体」のクエストなど、みなもとや攻撃力1.25倍といった応援コース固有の特殊効果自体が無効になっているクエストがある。
  • 秘伝書コース単品にはあるアイテムプレゼントはない。

Nコース(PC版以外)

2000円/16時間(10時間+メンテ想定の6時間)限定のコース課金(消費税率改定以前は5時間(実質11時間)1500円だった)。
ネットカフェでのプレイが出来ない家庭用ゲーム機版において、ネットカフェ利用時とほぼ同等の特典を提供する(アシストコースが付属しない、本来有効でない物の長期特典スタンプが押せない、等の違いがある)。
詳細はこちらを参照。
GG以降G級クエスト(GRP/GSRP/Gz)でも倍率補正がかかるようになった。

NPは特典アイテムセット(秘伝書コース同様、2013/11/13以降はガイドから受け取る形に変更されている)に含まれる形で一律240P、ただしキャンペーンでの倍率は発生する。
複数キャラ持ちの場合有効期間中にキャラを切り替えてもNPには影響しないが、1回の購入につき誰か1人にしか付与できない(2キャラに120NPずつ配分とかは不可)。
また定期メンテナンス想定の6時間分を考慮すると、 NポイントのレートはPC版と比べると異常と言えるレベルで少ない (PC版が240NP/300分=0.8NP/分 *4 なのに対し、こちらは実質240NP/960分=0.25NP/分である。ちなみに消費税率改定前は240NP/660分で0.363NP/分だった)。
また、特典セットにはPC版では不定期開催であるカップル/グループ利用イベントでの特典である「戦友の絆【真心】」「戦友の絆【誠実】」が各1個含まれている(PC版では1回でイベントに対応した一方が10個なのに対し、こちらは双方各1個なので10回利用する必要がある。 昔は1個だった必要数が10個に増えたのは、360版(当時はPC版の他には360版しかなかった)のNコース特典に持ち込むためのバランスのためだったという噂 )。

ちなみに、G5.2よりPS3/Vita版のプレイヤーはPS Vitaを対応店舗に持ち込むことで、PC版とまったく同内容の特典(Nコースとは「NPが時間制」「アシストコースやHL/EXスタンプが付属」等の相違点がある)が発生するようになっている。
これに伴い、PC版のカップル/グループ利用イベント(こちらの場合イベントに応じた側が10個もらえる)がVita版にも対応することも考えられる(PS3オンリーユーザーのためにNコース特典への双方1個付属はそのまま継続すると思われるが)。

[特典防具の内訳]
  • 真心系(PC版ではカップル利用イベントの特典)
    • ディアリーピアス
    • ラヴァーズピアス
    • アメニケピアス(真心10個→アメニケP生産券と交換した上で生産)
    • アハバーピアス(真心10個→アハバーP生産券と交換した上で生産、GPまで強化可能)
  • 誠実系(PC版ではグループ利用イベントの特典)
    • バディーピアス
    • アミーゴピアス(4色から選択可能)
    • ダンシンピアス(誠実10個→ダンシンP生産券と交換した上で生産、FZ→HSでGPまで強化可能)
    • クローニーピアス(誠実10個→クローニP生産券と交換した上で生産、GSまで強化可能)

[主な使い道]
  • GRP稼ぎ、パートナー/パートニャーの育成
  • Nポイント交換や特典報酬による限定武器防具の生産・強化
  • Nポイントによるレア素材(HC素材など)の補充

[注意点]
  • プレミアムコース同様、HR帯ではメリットが非常に薄い。
  • まとめ買いするとメンテ想定の6時間分も購入口数分積み重なっていく。実際のNPレートはPC版よりも非常に悪いので注意(PC鯖統合の影響により定期メンテナンスの時間が伸び実質的なレートはPC版の半分以下に落ちた上、 2014/4/2以降更に悪化している )。
  • 特典の装備品は10回の利用で2つのカテゴリ(上記の「真心系」「誠実系」)からそれぞれ1つとなる。
  • NPレートも考慮すると、10時間2000円というレートは実際の所高い部類に属する……かもしれない。
  • 1回の購入で16時間と他のコースに比べかなり短いので、その分は通してプレイしないと価格的に損である。
    • なおNP的には16時間通してプレイすると上述したように(PC版に比べると)レートが悪化する一方である。
    • 購入単位が16時間になったことで1回の購入でも日をまたぎやすくなり、毎日プレゼントを2回受け取ることはやりやすくなっている。
  • ネカフェ防具は強化段階ショートカット非対応。 レウスの鱗枯渇に注意
  • Vita版の場合、Nコースが有効な状態で公認カフェから接続した場合も効果が重複することはない。
    基本的にネカフェ特典のほうが上位互換なので、その場合はNコースが無駄になってしまう。
    ただ、採算度外視でNPを稼ぎたい場合には併用する選択肢も一応ある。

Nブーストコース

G8で実装された、1000円/10時間(実質16時間)の新たな時間制課金コース。

  • 有効期間中にNポイントが5分に2ポイント貯まる(ネカフェ特典・Nコースと重複した場合は5NP/5分となる(後述)) ※G10までは5分1ポイントだった
  • 狩人珠の習熟状況に関わらず、全ての狩人珠スキルが選択可能となる(8段階目はGR1~)
  • クエスト達成時に獲得できる超越秘儀の「習得深度」が通常の2倍になる(無料解放時には秘儀ステータスで使用するアイテムの効果も2倍になっていたが不具合であり正式リリース時に修正)
  • クエストクリア時にGRPが固定値で加算される。GRPは25000で各種ブーストの倍付は受けない。

[主な使い道]
  • 自宅でのNP回収(ただしW特典と併用しない場合のレートは極めて悪い。詳しくは後述)
  • ネットカフェなどでレジェンドラスタを3名雇用する(後述)

[注意点]
  • 超越秘儀の習得深度は元が雀の涙程度の上昇値しかなく、各種イベントで入手できる儀書・術書を使ったほうが手っ取り早い。
  • コース導入時に一度狩人珠スキルのセット状況がリセットされる。なお有効期間終了時に元に戻る。
    • 正確には「通常時」と「コース有効時」で切り替わる仕組み。コース有効時に一度スキルを設定しておけば、再び有効になった時にも再現される。
  • NPのレートは0.4NP/分と、実質Nコースと同じ。料金が1000円なので1円辺りのNPはこちらの方がNコースよりも多くなるが、NP以外のネカフェ特典は得られない。

各種W特典

プレミアム・アシスト・秘伝書・Nブースト・Nコースは、同時に有効になっている物の組み合わせによりW特典が発生する。
先述したように狩人応援コースはアシストコースと秘伝書コースが付与されるという形になっているため、
デフォルトでアシスト+秘伝書が発動している。
さらにGGよりプレミアム+狩人応援コースも追加され、プレミアム+応援コースで発動する追加特典は4つになった。
G8からはNブーストコース+Nコース(ネカフェ特典)を初めとした各種コース、という組み合わせも追加される。
G10.1より、応援コース内にプレミアムコース効果も追加されるため、
応援コースではプレ+アシ、プレ+秘伝、プレ+狩コの特典も同時に発動する。

プレミアムコース+アシストコース

キャラバン★ランククエストで得られるパーティーポイントがさらに2倍され4倍となる。
パートナーの武器熟練度ポイントが通常の2倍獲得できるようになる。

アシストコース+秘伝書コース

  • 秘伝書装備時に大型モンス狩猟クエを達成すると「秘伝の証」「秘伝の導き」「武具職人魂」のいずれかを追加で入手(秘伝の証は序破急の3種類、武具職人魂は荒和幸奇の4種類があるため候補は8種類となる)。
  • レジェンドラスタのスキルに暴風圧無効と耐震+2が追加される(G7まではG級武器を装備させないと聴覚保護が高級耳栓止まりだったが、G8では基本スペックにおいて自動発動となる秘伝スキルに内包される超耳との組み合わせで実質的に豪放+3となるようになった)。
  • レジェンドラスタ報酬枠の内、別枠1個における特定のアイテムの確率UP

プレミアムコース+秘伝書コース

PRP/PNRP/ゼニー/GRP/GSRP/GゼニーにW特典で1.5倍補正がかかる。
結果的に通常時は3倍となるが、プレミアムコースの補正倍率がキャンペーンで一時的に変更されている場合はW特典による増量分も影響を受ける(プレミアムコース3倍キャンペーンの場合、W特典込みでは4.5倍になる)。
G6より天廊のTRPも同様に1.5倍補正がかかる(通常時3倍)。

プレミアムコース+狩人応援コース

上記3つの他に独自で、レジェンドラスタとパートナーの持ち帰り枠が+1される。

Nブーストコース+Nコース(ネカフェ特典)

  • NブーストコースによるNP獲得レートが5NP/5分にアップ(基本2NP+W特典3NPの計5NP/5分。PC/Vita版の場合ネカフェ特典の5NP/5分とは別枠)
  • 「魂の再燃」(クエスト中1回機能する根性札G)が発動 秘伝書特殊効果やアイテムとはまた別枠(再燃+根性G+ネカフェNブーストW特典で3回まで即時復活可能)

Nブーストコース+アシストコース(ネカフェ特典・狩人応援コース含む)

  • レジェンドラスタの契約可能枠が更に+1名(G10.1までは併用で2名、Zより3名と契約可能になった)
    • 組合せによって専用の掛け合いなども用意されている
  • 天廊の踏破階数に、アシストコース単体の+1とは別に更に+1のボーナスが入る。

Nブーストコース+プレミアムコース

  • 大型モンスター狩猟クエストにおいて、超越秘儀の習熟深度が3倍になる

回数制サービス

以下は時間制ではなく回数制のサービス。

イメチェンサービス

キャラクター(ハンター・パートナー)の作成時に設定する顔・声・インナーを変更できる。値段は800円/1回と2000円/3回の2種類。
購入口数に応じて付与されるイメチェンポイントを美容室で使用することで1ポイントにつき上記3点の内1カ所を変更できる。なお内容のチェック自体は課金前でも可能。

通常のキャラメイク時に選択できるもののほか、このサービス専用のものも用意されている、というかそちらがメインである。
課金ボイスには植田佳奈や釘宮理恵、若本規夫など人気声優の物も存在する。
公式で名言されることは少ないがコラボ装備と連動したものもあり、例えば男女ともFace 37がヴァンパイアキット用のデミトリ/モリガン顔に、Voice 29がそれぞれの中の人の物(男29がデミトリ担当の檜山修之、女29がモリガン担当の新宮司弥生)になっている。

ちなみに1回限定だが「教官見習いネコの新米ハンターおすすめセット」なら1ポイント480円(+その他特典つき)で購入できる。

[注意点]
  • 声や容姿は、ハンターの戦さには一切影響しないフレーバー要素である。
  • 変更するたびにポイントを消費する。以前設定したものに戻す場合でも再度ポイントは消費する。
  • 女性キャラは初音ミクキットの頭防具に小顔タイプが追加されているが、小顔タイプは肌の色を選択して生産するため顔を変更すると合わなくなることがある。
  • ふくにゃんぼうSPなどにゃーにゃー声に変わる武器を装備した場合、攻撃時の掛け声はあくまで標準のにゃーにゃー声になる。
  • 性別と名前はイメチェンサービスでも変更できない

キャラクター追加サービス

基本1体の無料枠の他に、10体まで追加枠を購入できる。値段は1000円/枠。
いわゆる「サブキャラ」というのはこのサービスで作った追加キャラクターのことを指す。
追加したキャラクターとのアイテムのやりとりには、エクストラコースを購入した上でマイガーデンにある「宅配ボックス」を使う。
ちなみに年間特典武器は受領用クエストで受け取れる生産素材の数が11個(9年目のボウガンのみ77個)なのに対して生産時に必要な数は1つ(9年目のボウガンは7段階あるため1人当たり7枚で全部揃う)。残り10個は宅配ボックス送りで追加キャラに配ることになる。
HLリワード特典は宅配ボックスに入れられないが、各キャラクターごとに受取が可能となっている。

[主な使い道]
  • 性別の違うキャラクターを作成し、バレンタインデー及びホワイトデーイベントにおける最新武器の生産効率アップ
    ちなみに初期のバレンタイン/ホワイトデーイベントにおいては、双方の専用イベントクエストの報酬(片方だけメール添付可能だった)の組み合わせで武器を生産する形であり生産可能な性別が限定されていたが、「追加サービスで性別違いのキャラを作成し宅配ボックスでやりとりすることで本来生産できない側のキャラも生産可能なのは仕様」と言い切っていた。
    • 2015年のジューンブライドイベントは初期のバレンタイン/ホワイトデーイベントに似た方式である(双方の性別限定クエストの報酬がカップル用クエストで納品対象となっている点は2009年のバレンタイン/ホワイトデーイベントと同様)。
  • 同じ猟団に複数キャラを登録し猟団維持(1ヶ月内に2人以上 *5 ログインしていない状態が3ヶ月続くと強制解散)
  • 派遣パートニャーを水増しして猟団トレジャーの効率アップ
  • 複数の猟団にキャラを所属させ、狩人祭での所属組分散による勝ち組クエスト参加保証(俗に「紫組」と呼ばれる)
  • デイリークエストの報酬アイテムや元気のみなもと、乙女の心など1日に入手限度のあるアイテムを宅配ボックスで宅配

[注意点]
  • 同じサーバーへの複数キャラ同時ログインは不可能(PC版も9/18のサーバー統合によりサーバーが1つになったため不可能になった。なお多重起動自体はアカウント2つという形であれば9/18以降も引き続き可能)。
    • メインキャラを同じアカウントで作ったサブキャラのラスタとして使うといったこともできない。
    • ちなみに、同じCOG IDでもPC/PS3の同時ログインは可能である(PC鯖とPS3鯖が合併となったGG以降)。将来的にはWii Uも合わせた同一COG IDの3キャラ同時ログインも可能となる見込み。
  • 追加したキャラを削除し、新たにキャラを作成する場合には再度追加枠を購入する必要がある。
  • 各種素材(年間特典武器(の生産素材)など)を追加キャラに渡すためにはエクストラコースが必要。
  • 宅配ボックスにアイテムを入れるためにはまずアイテムポーチに入れる必要があるため、アイテムによってはボックスに入れるのが非常に面倒(ちなみに取り出す際は個数指定でポーチに入れる他に、枠単位で直接アイテムボックスに送ることもできる)。
  • 装備品を追加キャラに送ることはできない。送れるのはあくまで素材などのアイテムである(ゼニーはシリーズクエスト受付でポルタチケット桜に交換してそのチケットを送るという形で可能)。
  • Gでの仕様変更により、追加キャラがHR100(G10以降HR5)未満で剛種装備(およびそれから派生する天嵐・覇種装備)を生産することが不可能になった。
    ただしアップデート以前に生産した装備の強化は可能なので、チート疑惑で通報する場合は注意しよう。
    生産に制限がかかったのは剛種装備のみであるため、HC装備(狩護防具含む)やSP装備は引き続きHR100未満でも素材を送れば可能である。
  • G級のキャラであれば宅配ボックスにG級素材を入れることもできるが、G級素材の取り出しはG級ハンターのみ可能。イベントなどで非G級のキャラがG級用のアイテムを入手できた場合でも、それをG級ハンターに送ることはできない(宅配ボックスに入れることができない)。
    • 以前は非G級でもG級用アイテム(季節物イベントにおけるG級強化キー素材など)を宅配ボックスに入れることは可能という更に酷い状況であったこともあった。これにより、G級ハンターがいないアカウントではG級用アイテムで宅配ボックスのスペースを圧迫してしまうケースもある。なおクリスマスイベントでのG級強化素材による圧迫は不具合としてGGで修正されたが、他のイベント素材での同様の現象は修正されていない(ちなみに端午の節句イベントと七夕イベントの物はアイテムの設定がG級ではないためこの現象の対象外)。
      • そういった問題への対処のためか、イベクエ武器のG級派生が本格的に実装されてからちょうど1年後より、G級強化キー素材が廃止される事例が確認されている(G級キー素材実装・廃止ともにハロウィンイベントが最初)。
    • 最近ではG級キャラでも入れることができない物もあるらしい(「ギルドシンボル」が2016/03/17のアップデートで対処されたが、他にも同様のアイテムが存在する模様。また、HLリワード特典も宅配ボックスでのやり取りは不可)。
  • 非G級限定の報酬ブーストはMHF-G10より廃止(イベントなど期間限定で実施されることはあるが、非G級限定という事は減るだろう)されるため、
    SRサブを使った素材集めという用途では使う意味がなくなった。
  • いわゆる入魂寄生や、猟団機能のみを利用することへの対策として「サブキャラの加入禁止」を掲げる猟団も多い。


ボックス拡張サービス

アイテムボックス及び装備ボックスを追加する。それぞれ1ページ600円で、最大5ページまで。詳細はココ!
ネトゲ一般における類似サービス比べるとやや高めだが、期間制ではなく買いきりで永続的に使用可能という特徴がある。

[主な使い道]
  • ボックスが手狭になった時の拡張。追加ボックスを使用している場合、そちらを追加マイセットに切り替える余裕もできる。

[注意点]
  • 拡張はキャラクター単位で行われる。受け取るキャラを間違えないように注意。
  • 用途のなくなったイベクエ素材を処分したり、工房の倉庫なども利用すれば必ずしも必要ではないことも多い。買う前に改めてボックスの整理を推奨する。

アイテム販売

以下は装備品などのアイテムの販売サービス。受け取りは広場入口のガイドのメニューから。

プレミアムキット

武器・防具一式の販売。防具は工房で生産する際に色を選ぶケースが多いので、この際に同じタイプの物を2つ生産しないよう注意(最近は本人用とパートナー用でペアルックする人もいるようだが)。
剣士とガンナーには同じ券を使うため無理に両方作る必要は無い。また一部キットにはG強化券が5枚付属するが、もちろんそれで剣士ガンナー10部位フル強化+武器もすべてG級武器にするのに必要な分を賄えるわけがない。
詳細はプレミアムキットおよび子ページ群を参照。

2015年春以降新キットが出ておらず、
課金装備系は(一応)イベントなどでも入手の可能性があるハリセンネコのきんぴか小判Gにシフトしたっぽい。
大半がMHF-Zへのアップデート時に販売終了となったが、一部は継続している。

[注意点]
  • 性能が凄まじくピンキリであり、上記の状況から全体的に見ても陳腐化が著しくなってきている。
  • キットによっては武器が付いていなかったり、G強化券が無い場合がある。

G強化券

プレミアムキットなどの装備品をG級装備に強化する際に使うアイテム。販売は10枚単位で、20枚まとめて買うと10枚2口より少し安い。
近接武器および弓はHC武器からGR1武器に強化する際に、防具はHS→GSの際に使う。
ちなみに消費税率改定後、2880円(旧価格2400円)のプレミアムキットには5枚付くようになっている。
……ところで最近プレミアムキットがあまり売れてなかったのは、これがストッパーになってG級で気軽に使えなくなったからなんじゃ…… 真っ先に販売終了にすべきだったのはこいつだと思う

[注意点]
  • G級装備への強化ではG級で入手できる素材を併用するため、G級に昇級しないと意味がない。
  • ボウガンの場合はGR1版とGR5版のそれぞれに必要。至玉を入手できるなら(デイリーに救済クエあり)GR1版を生産する必要はない。
    • ただしパッケージやプレミアムキットの場合、生産券はGR1とGR5で別のものが用意されているのでGR5版のみを生産するとGR1版が余る。
      パートナーの場合GR1版とGR5版で攻撃力が違わないことを逆手に取り、GR1版をパートナーに持たせるという使い方もある。
  • 特殊武器制限があるクエストで担げなくなる、ラスタ装備が不可能になる、などG強化することのデメリットも存在する。
  • これに限らずアイテム系全てに言えるが、不慮の売却、廃棄、パートナーへの譲渡を行ってしまうと二度と元には戻せない。
    生産券でアイテムボックスが圧迫される場合はガーデンの宅配BOXや追加倉庫などを利用して保管しておくことを薦める。
    産廃と馬鹿にしていた装備に派生先が追加されて化けるというのは珍しくない。

マイトレプーギー服

文字通りマイトレプーギーに装備させる服。1着につき500円。
課金の服を使うことで、後述するスキルカフPセットで生産した物などアイテム名にPを含むカフを装備させられるようになる。
1キャラに1個あれば十分である(1キャラにつき3頭まで飼えるが、3頭とも同じ物を装備させることは可能)。そういったことから、基本の月2000円と別に1回限りの500円を必須経費として計上するプレイヤーも多い(昔はパッケージに付いていたこともあったのだが)。

[注意点]
  • 購入はすぐからできるが、有効なのはマイトレが使えるHR4から。
  • マイトレプーギーを1頭以上確保し、出発用施設を作らないと意味を持たない(マイトレPが計60P必要)。
  • 後述のスキルカフPセットで作るもの以外でも、ネカフェ関係などで課金服必須のカフが存在する。

スキルカフPセット

スキルカフの生産券。1セット(1000円)につき、Aランク1個+Bランク2個+Cランク5個で計8個生産できる。
生産可能なカフが異なる3種類のパッケージがあるので注意(Pカフ/PカフII/G級Pカフ)。
なおアシストコースが有効な間はマイトレプーギーはクエスト中出現しないが、マイトレプーギーのスキルカフ自体は有効である。
これも昔はパッケージに付いていたのだが……(パッケージ1つにつきPカフが2セット)。

[注意点]
  • 生産したカフを実際に使うには、以下の物が必要。
    • 課金の服を装備させたマイトレプーギー
    • マイトレプーギーをクエストに送り出すための出発用施設
  • G級Pカフは上記の他に、GR50以上かつマイトレプーギーのアップグレード(60マイトレP)が必要。

ガイド娘のお助けパック、ガイド娘のお助けセットG

クエストを補助する各種アイテムのパッケージ。内容の異なる6種類+お助けセットGがあったが、MHF-Zよりお助けパック6種類は販売終了。
MHF-Z以降も販売されているお助けセットGの内容は
  • 差し入れ系のアイテムセット2種
  • SR飯の体力スタミナ側食材
  • マイトレ30P×2
となっている。お値段は1セット2500円。

[注意点]
  • マイトレ30P券はマイトレを解禁していないと使えない(HR4以降必須)。

+ お助けパック(販売終了)について

ハリセンネコのきんぴか小判G

詳細はハリセンネコのきんぴか小判を参照。
いわゆるガチャ。1回(100円)から買えるがまとめ買い割引あり。
がっつり回すなら最大で170回(9800円)を一度に買うこともできる。
アイテムではなく課金情報に取り込まれる形になったので、同一アカウントのサブキャラクターで小判を宅配する必要がなくなった。

工房などにいるハリセンネコに渡すことでくじを引き、ランダムにアイテムを獲得できる。
これでしか入手できない秘伝防具EXがある他、ハリセンネコのくじは定期的に入れ替えとなる。
なお2014/8/6よりガチャとしての販売はこちらに統一され、ブースターパックの武具生産券は定期的に入れ替えられる形になっている。

G7からは総合ショップで小判をデイリークエスト権やスペリアチケットなどに交換できるようになった。
欲しいものがそろった余りをつぎ込むか、それとも新しいくじの登場までキープするかは各自の判断で。

なお2015/6/24よりシステムが変更される以前は、「きんぴか小判」はアイテム扱いで、300円で1枚だった。

[注意点]
  • 何回くじを引いたところで狙い通りのものが手に入る保証は無い。
    一応目玉のもの(防具生産券など)は最終ステップで確定入手できるが、全部位フル強化を賄えるものではない。
  • 防具の場合は一式で揃えたければ相当数の生産券を当てる必要がある。
    武器は最大強化が概ねG級武器Lv50と同質だが、60枚の生産券を当てる必要がある。
  • 小判はイベントや補償で配布されるケースが少なくない(特に遷悠種の狩猟解禁イベントでは定番となってきている)。
    購入する前にそうした機会の存在を一通り確認してからの方がよい。
  • PC/PS3(Vita)/Wii Uのアカウントであれば、1回だけ購入できる新米ハンターオススメセットがイメチェンポイントも付いてきて値段も若干安いためお得。
  • 数ヶ月スパンで内容が入れ替わるため、引きたいときに狙った装備が無い可能性がある
  • ステップを上げてもアイテムの入手率は変動しない*6
    そのためステップアップするメリットは特典(FPやアイテム)のみと言ってもいい。

その他

期間限定で販売されるアイテムパックがある。
いわゆる福袋や、最近では特別シジル生産券が記憶に新しい。
また、奇跡と絶望のグリーフシードのように期間限定のコラボ装備ガチャが登場することもある。

[注意点]
  • 期間限定を煽るだけあってその時点では豪華な内容だが、すぐに陳腐化する可能性もある
    • 2013年始における福袋の撃玉(進化武器の強化用)のバラマキが最たる例である
  • 他のアイテムと比較しても内容に対して値段がかなり高めに設定されているため、お財布に注意。

また、常設のコースやアイテムであっても期間限定で購入特典などが追加される場合がある。
この手の特典はアップデート時や週末、年末年始、2~3月に発表される事が多いので、課金の前にちょっと様子見をするのも手である。