初めてのネカフェ

MHFはサービス開始当初からネットカフェでも遊べる事を強くPRしており、
「公認ネットカフェ」というシステムを設けてそこでプレイすることで様々な特典がプレイヤーにも得られる。
そんなわけでネカフェプレイがしたいけど初めてでよくわかんねぇよって人は以下を参考の事。

【重要】
公認ネットカフェでのネカフェプレイに標準対応しているのはPC版MHFのみ。
PS3/4は一切非対応だが、店舗によってはWifi接続でVita版に対応している場合もある。要確認。

なおPC版については、COGとハンゲームはほぼ確実に対応している。
DMM版は当初対応していなかったが、2015年8月19日以降、DMM版もネカフェでのプレイに対応した。
しかしながら店舗や座席によっては対応していない場合もあるとのことなので(詳しくはココ!
DMMユーザーは来店前に必ずチェック。

2018年4月18日以降、PC版でもNコースの購入が可能になった
Nコースは元々はネカフェ特典を得られないCS版MHFに、ネカフェのような特典を得られるためのサービスである。
さらにNコース特典のNポイントが大幅に上方修正(240P→1000P)されたので、
PC版プレイヤーであっても必ずしもネカフェ店舗に行く必要はなくなっている。
詳しくは後述するが、累積ログインボーナスの関係で週12時間以内なら店舗のほうが得。


公認ネットカフェ特典

時期によって下記以上に増えたりするので公式に目を通しておくといい。
ネカフェ限定クエストや、利用時間に応じて特典がもらえるキャンペーンが用意されることもある。
  • ハンターライフコース&エクストラコース自動付与
  • アシストコース自動付与
    • Nコースの場合はアシストコースが付与されない
  • 取得HRP/GRP/GSRPとゼニー/Gzが通常の3倍
    • プレミアやプレ&秘伝のボーナスと複合できる。プレミアのみでも6倍、プレ&秘伝だと9倍になる。
  • ネカフェ専用毎日プレゼントとアイテム割引
  • 上記の毎日プレゼント受取と同時にブーストタイム120分(GRP/GSRP/z/Gz5倍、剥ぎ取り+1、みなもと効果、激運)が発動。
    • 上記におけるコースやネカフェ自体のボーナスとも重複する。つまりブースト中はGRPなどが最低でも15倍になる。
    • 受け取った時点からの強制発動であることに注意。通常のログインブーストとは別物。
      基本的にネカフェのほうが優先され、発動中のログインブーストの効果が消失してしまう。
      逆に、ネカフェのブーストタイムの効果時間中にログインブーストを発動させることはできない。
    • 激運についてはアシストコースの効果でもある。アシストを含まないNコース向けのボーナスと言える。
    • ここで受け取ったブーストタイムはネカフェ専用で、それ以外では残り時間がグレーアウトして無効になる
      (以前は時間内ならどこでも有効だったが、2016/09/07にて不具合として修正された)。
  • ログイン時間に応じてNポイントが取得可能(普通は150秒ごとに2ポイント)
  • 上記とは別に、累積プレイ時間によるNポイントプレゼント
    • 定期メンテナンスを区切りとする一週間内での累積で、最大12時間分(計2000NP、キャンペーンで増量あり)。
      定期メンテナンスが行われない週はリセットされないものと思われる。
      ちなみにアカウント単位で共有。キャラを切り替えても累積される。
    • 通常もらえるNPは12時間576Pなので累積ボーナスは非常に大きい。よって週12時間以内ならNコースよりお得。
      キャンペーンの場合は更にお得。
  • 猟団ポイントが15分に1ポイントもらえる(普通は30分に1ポイント)
    • 各種ボーナスの影響も受ける。
  • ネカフェ専用武器に必要な素材が入手可能(左記リンクの「その他」の武器)
    • 大型モンスターの狩猟、討伐、捕獲がメインターゲットになっているクエスト(一部例外アリ)で確定入手可能。ただし種類はランダム
    • 現行のゲームバランスでは役に立つ機会はまずないが、今後強化される可能性は0ではないので一応とっておこう。

ハンターライフとエクストラはともかく、アシストコースについては入店前に入れて行っても勝手に付与されているから意味がない上に有効時間は延長されない。
またネカフェのハンターライフコースだけでは狩友紹介コードを登録できない。
HLリワードやHL秘伝珠、たまに行われるHLコース購入キャンペーンなども対象外である。

なお課金のNコースとネカフェ特典は重複しない(ネカフェ優先)ので注意。
この場合購入分は実質的にNP購入となる。

準備・調査

まずはMHFの公認ネットカフェがあるか確認しよう。ココ!で調べると良い。
上記の特典はいずれもこの「公認ネットカフェ」でないと受けることができない
MHFのインストール自体は無料なので、店によっては公認ネカフェでなくてもMHFがプレイできるケースはあるが、どのみち特典は受けられない。
もちろん何らかの理由で店舗が休業していたりオンラインゲームブースが使えなくなっていたりする可能性もあるので、
公式でも注意喚起しているが、店舗HPやSNS、或いは直接問い合わせで稼働や対応状況の有無をチェックしておくとよい。
アイ・カフェや快活CLUBなど、グループ全体でMHFをフォローしているケースもあるが、
それでもやはり店舗によっては公認ネカフェではない場合があるので要確認。
また、DMM、PSVitaの場合は対応店舗もしっかりチェックしておこう。

PCのスペックも可能な限り確認しておきたい。
オンラインゲームと一口に言っても今はブラウザーだけで動くようなものからPCスペックが激烈に要求されるものまで様々。
MHFに関して言えば、2018年現在のミドルクラスPCでも(HGE設定でなければ)余裕で動くようになっているが、
それでも古いビジネス用PCなどではきつい場合が往々にしてある。
PCスペックは非公開となっている店舗が殆どだろうけど、もし直接確認するのであれば、
後でも触れるが、「PCオンラインゲーム」というかMHFがプレイできるPCがあるかどうか確認したい。
一応、「五ツ星店舗」はHGE推奨スペックPCが5台、オリジナル版含め推奨スペック以上PCが10台ある事になっているが、
故障などで数が減っている可能性もあるので不安なら直接確認することをお勧めする。
なおPCスペックに問題がある(HGEが動かないのにHGEフル設定になっているなど)場合、
店舗や運営に問い合わせれば改善される場合もあるので、よく行く店で問題があるなら積極的に報告しよう。

なお都道府県条例により、まともなネカフェでPCブースを利用する場合は会員登録が必須となっている。
会員登録は本人確認ができる身分証が必要となるので必ず持参しよう。店によっては会員登録後も提示が必要になる場合もある。
運転免許証かマイナンバーカード(マイナンバー通知カードではダメ)があれば間違いない。
写真付きの学生証や保険証でもOKな場合があるがダメな場合もありうるので、不安ならこれまた店に確認するとよい。

あとはウェブやメールでクーポンを配布していたり、会員証を兼ねたアプリが用意されている店もあるので調べると得するかも。
長時間滞在する予定なら食事メニューも調べておくといい。

意外な落とし穴として、席が空いてないということも。
店にもよるが休日や何らかのキャンペーンをやっている日はかなり混むので、近隣の店舗は何軒か見繕っておいたほうが良い。
特に店舗が少ない地方、席数が少なくなりがちな小規模店舗では満席もしょっちゅうなので事前に電話確認したほうが無難。

なお、大型アップデート当日~翌日24:00までは公式補償の対象外でもある。
これは大型アップデートのメンテ延長や、当日発生する不具合に対する緊急メンテなどが起こる可能性が高いため。
どんなに検証・デバッグを重ねても不特定多数のアクセスによってはじめて発覚するというケースがある事から、
従量課金のネカフェプレイでは不利益を被る危険が高まると公式でも言及しており、
大型アップデート当日は回避したほうがいいだろう。特にブーストタイムを空振りさせると凄く損した気分になる。

また、ネカフェに持参した方がいいものを列挙する。
ここに挙げたものが店によっては持ち込みNGになっているものが全くないとは限らないので一応確認の事。

【イヤフォン及びヘッドフォン】
オープン席などの例外を除くと、スピーカーから音を鳴らすのは原則御法度となっている。
なのでどのPCブースにも据え付けのヘッドフォンが設置されているが、
衛生面の懸念(大体の店舗では考慮して掃除などしてくれているが)や、うまくフィットしない、最悪の場合は壊れているなど、
自前の使いなれた物を持ち込んでおいた方がよい場合が多い。
据え付けのものにも言えるが音漏れにはくれぐれも注意。
また、稀にイヤフォンが据付のものから変更できない(物理的に外せない。盗難防止のためか)店舗や、
そもそもオーディオケーブルが接続できない(PC裏にしかジャックがなく繋げないケースなど。)場合もある。

【ゲームパッド】
一応公認ネカフェ、特に五つ星店舗ではゲームパットが用意されておりそれを借りられるが、全部貸し出されていて借りられないことも。
またイヤフォンと同じ理由で、これも自前のものを持ち込んだ方がいい場合がある。
ただ、特殊なドライバが必要なものや、キーアサインを細かく設定しないといけないものでは導入に手間がかかる場合もある。
ロジクールのF310などのような、キーアサインが原則必要ないものなどであれば問題はない。

【充電器】
PCで遊ぶだけなら問題はないが、PSVitaの場合は持って行ったほうがいい。
電源が使えるとは限らないのでUSB推奨。
あとスマホなどを使いつつ長時間滞在するつもりなら、それ用の充電器も持って行った方がいいかも。

【軽食(料)】
長時間のプレイともなると、何か腹に入れたくなることもあるだろう。
ただ、食中毒予防の観点などから飲食物の店外からの持ち込みが禁止されている場合が多い。
そのような店舗の場合、お菓子や軽食を売っている事が殆どなのでそちらを利用すべし。
なおネット「カフェ」なので飲料についてはほぼ全ての店舗で存在していると言ってよく、
昨今の情勢から、大半の店舗には無料のドリンクバーがある。
当たり前だがゴミの始末はちゃんとすること。

【外付けデータ(USB、DVD)】
MHFに関する大半のデータはサーバー管理だが、定型文とオプション設定、キーコンフィグデータだけはPC側にデータがある。
なので必要であれば、自分のPCからコピーして持っていくとよい。
インストールフォルダから「mhf.ini」「keyconfig.cfg」をコピーしておこう。
USBケーブル+スマホで代用しても良い。ついでに充電もできる。
なおスクリーンショット(※共有機能のものを除く)とチャットログもPC側にデータがあるので、
必要ならPCの電源を切る前に回収しておくとよい。

【目薬やマスク】
店にもよるが乾燥していることが多く、通常と異なる環境であるが故に長時間滞在すると目や喉を痛めるかも。

現場での注意点

店のカウンターではMHF対応の席、具体的には「オンラインゲーム席」あるいは「ハイスペック席」などを指定すること。
よくわからなかったり聞き返されたら「モンハンやりたいんですけど」とでも言えば間違いは無い。
(ただし本家のほうのキャンペーンもやっている場合があるので、場合によっては「フロンティア」とはっきり言え)
店員のミスや理解不足で非対応の席に案内されることがあるかも知れないが、事前に説明していれば変更してくれるはず。

料金は多くの店舗で事前に入室時間を決めて、延長時に料金追加というものになっている。
逆に最初に設定した時間より短い時間で退出しても値段が下がらない店も多いので、
分からなければ滞在予定時間を伝えて店員に相談するのも手。
後払いで利用時間から適当な料金を算出してくれる親切な店もある(快活、自遊空間等)ので要確認。
なお利用時間に応じて(大抵3時間or6時間)特典を受け取れるキャンペーンが開催されている場合はここで必ず参加する旨を伝えること。

HighGradeEdition(対応のPC)でやりたければその旨も言ったほうがいい。
対応店舗でもHGE対応PCは数台しかないということは十分考えられる。
また、対象PCでも画質調整を全てONにすると不安定になったという報告もある(その辺りを適切に調整しているPCもあるがそうでないものもある)ので、
HGE画質そのものを楽しむ目的ではなければ適宜OFFにするのが良いだろう。

席についたらPCの電源を入れる。親切な店はシールが貼ってあるが、ない店もある。
迷ったときは本体の上部にあることが多いが、ここでつまづいたらどうしようもないので、焦ったら店員に確認すべし。
なお店によっては入室時に自動的に電源が入るシステムになっている店舗もある。

PCを起動したらデスクトップを確認しよう。
オンラインゲームに対応したネットカフェの場合、概ね以下のパターンでMHFのランチャーが設置されている。
  • デスクトップにランチャーのショートカット(MHFのアイコン)が直張りされている
  • デスクトップに「ゲーム(公認ゲーム、オンラインゲーム)」というボタンやフォルダがあり、そこをクリックして開くとMHFのアイコンがある
COGとハンゲ、DMMは名称の問題で並んでない(こともある)からよく確認すること。
分からなければ店員に(ry

なおiniファイルとkeyconfigファイルはランチャー起動前にMHFのインストールフォルダにコピペする必要がある。
アイコンを右クリックして「ファイルの場所を開く」で元フォルダを出せるので、それで上書きしておけばいい。
ちなみに日本国内に存在するネカフェの大多数は、PCを再起動するとそれまでに行った設定や保存したファイルが全て起動前の状態に戻るようになっている(そういうソフトがネカフェ向けに普及している)。
万が一無い場合は上書きしない方がいい。というか今更そういうのが無い店舗ではMHF自体やらないほうが…
ちなみにHGE対応PCでも設定がOFFになっている場合がある。ログイン前にチェックしておくとよい。

ネットカフェにもよるが、初ログインは自宅PCよりも遅くなる傾向にある。
これは上記のシステムがある関係で、毎週きっちりアップデートログインしていないと差分の取得に時間がかかってしまうため。
店によっては未だに旧型ランチャーが走っているという事も………
暇なら飲み物やブランケットなどを取りに行ったり、トイレの場所を確認しておけばいいだろう。
五つ星店舗は極力アップデートを走らせた状態で保存されている事が前提となっているようだが、これまた店舗や席による。

ログインが完了したらゲームパッドをしっかりチェックしておこう。
keyconfig.cfgを導入していない場合、一発で希望の動作にならない事が圧倒的に多い。
広場に入ったら、HGEなどの調整を行っておくとよい。

ネカフェ特典の内、累積ログインによるNポイントボーナスとアイテムやログインブーストは総合ショップにて受け取ることになる。
アイテムやログインブーストはネットカフェ特典→毎日プレゼントで受け取れる…が、
受け取った瞬間からブーストタイムになるので、予定によってはタイミングを見計らう必要がある。
サブキャラがいれば全員で受け取れる。0時でリセットだから、日を跨いだスケジュールでインする場合は2回分回収したい。

途中で席を外す場合は、貴重品を持っていく(か、貴重品ロッカーがあればそこに預ける)のは当然として、
画面についても何かしらの対策をしておいた方がいい。
店内の治安にもよるが、離席中に装備売り払われてた、なんて可能性はゼロじゃないからである。
短時間であればMHFを最小化しておくかディスプレイの電源を切っておけば(ブース外からMHFが起動しているか分からないので)抑止にはなる。
万全を期すならログアウトするか、PCをロックする「鍵言葉」などのソフトを使うとよい。
これについては店の補償なんかないので、自分の身は自分で守るべし。

PSVita版は店のWifiに繋がないと話にならない。
店によって手順等が異なるので、分からなければ店の人に聞こう。
定期的にWifiが切断されてしまう店舗もあったりするが、これについてはもう割り切るしかないだろう。
なおVita対応店なら例外なくPC版も対応しているはずなので、たとえPS専門でもこれを機にPC版のキャラを作るのもおすすめ。

テクニック

  • 予備アカウントの育成
    • 上記のように常時ハンターライフコースなどが適用されているので、普段使っているアカウント以外でもプレイできる。
    • トライアルでもHR4(旧99)まで上がるようになったので猟団維持用のアカウントをわざわざネカフェで作る必要は無くなったが、
      とりあえず放置しておけばRPを稼げる。Vita対応店なら合計3垢も放置可能。
    • 捨てアド作るのが面倒?同じメアドでもCOGとハンゲでそれぞれ作れますよお客様。
    • 本アカウントと同時起動もできるし(詳細は後述)、長時間プレイの気分転換にも○。復帰区にのりこねー^^
    • なおアカウント作成自体はあらかじめ自宅で行っておいたほうが効率が良い。
  • 二重起動で再起動を時短
    • 上記で作ったアカウント等があるなら先に起動させてから2窓目を起動すると、アップデートがカットされるので素早く起動できる。
      再起動を繰り返してサブキャラ全員に特典を受け取らせるような場合は、スペック次第だが分単位の短縮になる。
    • 注意点として、コントローラは2個接続しないと2窓目では認識しない。
      また1窓目を終了させた場合、2窓目も終了させないと再起動できなくなる(だから1窓目は基本付けっぱなしにする)。
      多重起動の詳しい挙動はココ!参照。ネカフェに行く前に自宅で試しておくと良い。
    • 2窓目については「mhf2.ini」「keyconfig2.cfg」のファイルが対応するので予め自宅で設定しておきたい(2が付かない方をコピーして名前変更すればOK)。
    • 負荷軽減のため、少なくとも1窓目だけでもランチャーの環境設定からHGEのチェックを外すのが望ましい。
    • 場合によってはきちんと終了できず、「既に2つ目が起動しています」と出て2窓目の再起動がうまくいかないことがある。
      その場合、タスクマネージャの「プロセス」に残っているMHFを強制終了すれば解決する(使用メモリの多いほうは1窓目なので、少ないほうを消す)。
    • 店によっては客に対して多重起動を禁止している所もあるらしい。
      (アカウント単位で接続時間に応じてネカフェからカプコンに一定金額を支払う仕組みなので、店の儲けが減る)
      ただしMHF公認カフェ一般の規約としては何らお咎めは無いはずなので、あくまで店次第である。

やっちゃいけないこと

【声を上げる、壁やテーブルを叩く、ゲームパッドを投げる】
ネカフェは自分の部屋じゃないので、静かにプレイしましょう。
壁やテーブルを叩いたりゲームパッドを投げるなんてのはもってのほか。
酷い場合はブラックリストに乗る(業界で情報共有されていると他店舗でも入店できなくなる可能性も……)だろうし、
ネカフェの備品を壊したら弁償、最悪は警察に通報されてリアルBAN待ったなし。

なお、ネカフェによっては喋る前提、もしくは多少喋っても問題ないブースが存在している
(グループ席やカップル席、防音個室席など)。そういう場所では話は別だが、周りの迷惑にならない程度に。

【部屋を汚す】
基本的にネカフェのブースにはゴミ箱があるので、ゴミはそこに入れよう。無い場合は別の場所にゴミ箱があるはずなのでそちらへ。
飲食をした場合も食器はちゃんと片付けるべし。来た時よりも美しくとはよく言ったもの。

【ファイル共有ソフト、ネット上での迷惑行為や犯罪行為】
ネットカフェは一時期犯罪の温床とか散々叩かれた事もあり、近年では通信履歴などを極めて厳しく監視している所が殆ど。
基本的にどの店でも禁止行為になっており、後者については警察に通報される可能性すらある。
また、ネカフェの会員登録には身分証明書が必要なので、身元バレしないやろと思っても100%バレます。
ブラックリスト入りどころかリアルでYOU BANされるとか笑えないです。

帰還

時間が迫ったら、延長か終了か選択。終了の場合は、PCシャットダウンする。
↑で書いたように、PCをシャットダウンすることでローカルに保存されたファイルやら設定が全部クリアされる所が殆どなので、
シャットダウンしておけば問題ない。気になるなら再起動して状態を確認しておくと吉。

なお間違っても付けっぱなしで放置してNPを稼ぐなんて真似はしないように。
というか大抵の場合ブース開放直後の店員チェック時にシャットダウンされるのでやるだけ無駄。

シャットダウンしたら部屋の簡単な後片付け(礼儀もあるが忘れ物チェックでもある)をして店員にカードを返却。
料金を支払い(パック料金の場合は先払いなことも多い)退店。

最後に、ネカフェを利用したら累積ログイン特典をもらっておくのを忘れずに。
アネットに話しかけ、Nコース特典>累積ログイン特典>累積報酬の受取でおk。
受取自体はネカフェ以外からのログイン時でも可能だが、帰り際に済ませておいた方が良いだろう。
忘れたまま1ヶ月過ぎてしまうと最大2000NPがおじゃんだ。

ちなみに最近のネカフェは概ね問題ないと思われる(というか問題があったら店の存続に関わる)が、
気になるなら家に帰ってからログオンパスワードを変更しておくとよいだろう。

小ネタ

ネカフェのMHFは大抵の場合フルスクリーンモードで起動するようになっている。
ウィンドウモードで動作させたければALT+ENTER。複数アカウントを切り替える場合はランチャーの環境設定から変更しておくとよい。

ネットカフェでは(店舗が対応していれば)PayNetCafeというシステムを利用してネカフェで課金アイテムなどを買えた。
昔はこの方法でしか入手できない課金防具があったり、Nブーストコースにおためし小判Gが付いてくるパックを現金購入できたりもしたが、
現在は全て終了している模様(リンク)。
ただし対応タイトルとしてページは残っているので、今後何らかの商品が販売される可能性はある。
なおDMM.com版はこれを利用できないので注意。

ネカフェに限らないが、既に起動しているアカウントでログインを試みると、先にログインしていたほうは強制終了される。
自宅のPCでつけっぱなしのままネカフェに来店しても、これによって改めてネカフェからログインすることが可能。
敢えてやることはあまりないだろうが、(ログイン中は常時溜まる)猟団ポイントが1ポイントでも惜しい場合には役立つかも知れない。

Xbox 360版やWii U版は本来非対応だったが、サービス終了を控えたPC版への移行期間には、COG ID連携によりPCからログインするという形で対応していた(連携されていればPC本来のサーバー1の他に360版のサーバー4やWii U用のサーバーW1にも接続でき、接続したサーバーの本来のプラットホームで使っているキャラを操作する形)。Wii U版は元々連携されているが、360版は後付けなので手続きが必要(と言っても360版のゲーマータグで使っているMSアカウントでログインして連携先のCOG IDとリンクさせるだけでありPCのみで可能)。

MHF公認ネカフェは、同じカプコンが運営する『ドラゴンズドグマオンライン(DDON)』の公認店舗も兼ねている場合が多い。MHFと同じようなネカフェ特典(経験値増加コースの自動発動など)が用意されている。かつてはカプトロフィーで連動したり、期間限定で連動キャンペーン(それぞれのゲームを一定段階まで進めることで特典配布)が行われたりしていた。今後も連動する可能性がないわけではないので参考情報として。ちなみに同じPCでMHFとの同時起動はできないことだけは注意。