ヤマツカミ


                 ., '~⌒⌒ヽ
                ./ Θ'ハ'Θヽ      
             _, ‐'´ \ |iWi|./ `ヽ、_  
        ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ ↓ ↓ /i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、 ̄ ̄,,..ィ'"´i       ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft

その姿を簡単に言い表すなら「物をわしづかみにする時の手」だろうか、親指を人差し指の後ろに、小指を薬指の後ろに行くようにすれば完璧
なんかエロいイメージがつきまとうのは気のせい
昔はHR40公式狩猟試験の対象モンスターにして第二の関門(必要時間的な意味で)だったのだが、
一部PS3ユーザーのモンスターハンターぶり(クレーマー的な意味で)によりその座を追われることに。
必要HRにして20も上の若い娘に試験官役を譲ったのはPS3民に対する彼なりの警告かもしれない。

ちなみにMH2からの仕様を引き継いでいるため、稀に密林や塔のBCにお邪魔することがある(狩猟・攻撃対象ではない)。
突然でかい影が見えたら上を見てみよう。
ちなみにかつてのHR40試験ではこの時のアップのムービーから始まっていた。

広範囲を粉塵爆破する攻撃が存在するが、見た目に反してフレーム回避が可能。
エフェクト発生から少し遅れて当たり判定が発生するため、練習しておくと役立つ。
というか、剛種は範囲が強化され、さらに各種攻撃に付随して発生させてくるため、
非ガード武器種で挑む場合爆破のフレーム回避が出来ることが必須化する。

穿龍棍の空中戦の相性が状況によって異なるモンスターと言える。
通常、腐敗ガスによって滞空しやすい背中が高度限界の上空に位置しているため空中戦の相性は悪くなる。
しかし迎撃拠点の高台や、古塔の螺旋階段など飛び移れる場所がある場合はそこから飛び移ることができるので相性が良いと言える。

原種

ヒレを出すための部位破壊は、先が二股に分かれている4本の足(先述の手のイメージで言えば中指以外の4本)を攻撃し8回怯ませれば部位破壊報酬で出る
頂上待ちならともかく、基本的に空き枠にラスタ・レスタの類を混ぜるのは厳禁
攻撃が出来る位置に居ようと居まいと一切攻撃せずひたすら上に登り続けるのでヤマさんも共に上昇、ストレスがホッハ
G10のクエスト再編で迎撃拠点クエが全て削除されているが、キャラバンクエスト超限定航路「大集合!」は未だに戦闘街であり、
このクエストに限りヤマツカミを待つ必要がない。CP集めもかねてやってみるのもいい、かも。

口内という明確な弱点があるため、部位破壊しないならガンナーでも立ち回ることは容易。
ただし当時はヒレ破壊が重要だったためこの戦法を取る人は少なく、剛種で極長槍が流行ってからは原種でもガンナーで狩る人は居なくなった。

サブクリ

最初に会う場所でヒレを壊して落として背中を剥いでサブクリ。
螺旋階段の最初の踊り場の中間地点を超えるとヤマさんは上にいこうとするから行き過ぎないよう注意
上述したように迎撃拠点クエストがなくなったため、浮岳龍の体液が死ぬほどほしい(この方法ではヤマツ固有素材の内体液だけが入手できない)という話でもなければ現状はこれ一択。

ヒゲ落とし

黒い先がとがった触覚(先述のイメージで言えば中指の位置にぶら下がっている)のみを攻撃しヤマツカミを地面に落とす。
大集合!で使用できる手段である。ヒレを攻撃するのは厳禁
塔の頂上でも同じ方法でできるが、頻繁に押し潰してくるので拘らなくてもいい。

剛種

塔だが途中討伐が可能になる。
謎のオーラで表皮部分は毒麻痺弾すら跳ね返す意味の分からない装甲になった。
オーラがない時には弾もちゃんと当たる。どう見ても超速射対策です。
また追加技として道中ではヤマコプターを使ってくるようになった。
怒りキャンセルヤマコプターはかつて多くのハンターを空に飛ばした事で有名である。

途中討伐が可能と書いたが、実装当時の体力は3万と高く、HR帯の武器ではソロでは途中で倒すのは至難の技だった。
剛ヤマ:極長槍というハメは存在するものの、剛ヤマツ自体の需要がアレなので現在ではPT集めに苦労する。
そして頂上待ちだと大差ないが20分待ちルートなので苦行。
更に言うとラスタたちはエリアを上るのを優先して一切ヤマツに攻撃しない。
G9.1で体力が18000近くまで弱体化したので楽に倒せるようにはなったが、HR5序盤の装備だとソロはきついかもしれない。

剛種武器は時代の流れに取り残されているものが殆どで、剛種防具が無いため証の使い道に乏しい。
ハンマーとライトが覇種武器としてあるにはあるが、G級覇種武器が直接生産できる今となってはとっても微妙。
剥ぎ取れる古龍種の血はルコ、皮はキリンさんから頂けるので素材目当てでも微妙。
唯一存在する需要はヒレ破壊限定のストッパー素材である古龍種の膜ぐらいか。
しかしながら非常に面倒なので他の救済があるときに集めきったほうがいい
なお属性弱点は変更されており、氷が通らなくなった代わりに雷が通るようになった。龍も通る。

バリアは攻撃時に一瞬消えるがそれ以外は常に展開されている上に弾肉質もごっそり落とされているため、
ガンナーとの相性は最低最悪レベルで悪い。
この剛ヤマツ以降、MHF-G8まで相性差がガンナー>剣士になる新モンスターは登場しなかった(ガンナー=剣士 は何体か居る)
それを覆したのがもう1体のヤマツだったというのは偶然にしては出来すぎている・・・かもしれない。

G級なら槍以外にも極長大剣、穿龍棍、スラッシュアックスF(斧モードか光剣モード)あたりで挑めばソロでも余裕で途中討伐できる。
しかしながらその時点で用事があるのかといわれると・・・

金歯のヤマツ

お口の歯を金歯に入れ替えたブルジョアなヤマツカミ。
しかしてその実態はヤマツカミを超える年寄古龍だった!?
詳しくはココ!に飛んでみたまえ

+ネタバレ注意
実はMHF-G3の時点で、内部データにこのヤマツカミのものと思われし謎のデータがあった。
極限征伐戦のミラボレアスの代わりぶりをみると極限征伐戦に出す予定だったモンスターにも思えるが
運営が「旧予定でのG2(現G3)で新しい覇種を追加したい」といっていたので、覇種の没データという可能性も考えられていた。
その後ヤマツカミと縁のある古塔に至天モンスターが登場してまさか?と一部が考えていたがクエスト名から察せる通りUNKNOWN。
データ内に組み込まれてから1年半以上鳴かず飛ばずであり、没データであると見られていたが…

添付ファイル