キャラバン

HR2より広場のガイド右手からいけるようになるエリアが「パローネ=キャラバン」。
歴史は古く、通常のクエストとは異なる独自要素も多い。
ちなみにエクストラコースの特典が多いのは、元々プレミアムコース内にあったキャラバン特典がエクストラ内に内包されたため。

キャラバンで出来ること

ハンターナビの案内にもある通り、HR2直後からカシラより「狩人珠」の受取ができる。
以後ずっと使えるものなので、必ず受け取っておこう。強化についてはリンク先参照。
カウンターより受けれるクエストについては下記参照。

「調合屋のあるじ」からはキャラバンクエスト・大討伐で入手できるCP(キャラバンポイント)を用いる
CP調合」が出来る。(リンク先は情報が古く未機能)。
主な利用目的は進化武器で使用できるアイテムの入手なので、当分は頭の片隅にでもいれておけばいいが、
古龍素材や凄腕汎用素材の入手で少し楽できることがあるかもしれない。

「カシラ(キエルさん)」からは大討伐(ラヴィエンテ)の開催ができる。
HR帯なら知り合いを集めてぜひゆっくり見てみるといいだろう。
G級大討伐は開催直後に全ワールドへ開催・位置情報が発信される
時間帯次第だが多くの人が飛んでくるし、開催者は主催として、その大勢に対して公平で平明な誘導が求められる。
もし全くG級大討伐を体験していないなら、まだ触れない方がいい。

「気球ネコ」(カシラ右後方)では開拓関係の設定・進行が出来る(クエスト受注はカウンターより)。
開拓についてはリンク先参照。
開拓は進めることで公開報酬を受け取れたりUNKNOWNの装備を作れたりするが、
何より大討伐の貢献ポイントボーナスが大きい。ゲーム終盤には触れることもあるだろう。

知名度(HR)が上がるか、エクストラコース中なら迎賓邸に入れるようになる。
「特殊アイテム屋」からはCPを使って自然の粉塵やランダムボールなどの有益なアイテムが購入可能。
「特殊工房の親方」からは狩人珠のお手入れと強化ができる。
お手入れの必要があるか(ステータスから狩人珠スキルを見て灰色になっていないか)、
色がカンストしてないか(強化可能な状態になのに色が無駄になっていないか)は度々確認しておこう。

2階に進めるようになれば、アシエルから薬を買うことでランダムで2時間の間パローネカーニバル(大還元節や大錬珠節など)を自発的に発動できるようになる。

キャラバンクエスト

通常航路、限定航路、超限定航路(通称ランダム航路)、開拓クエストの4つがある
フォワード.5にて再解禁された剛種・天嵐、そして強化先の覇種武器、さらにG級武器を使えばサクサク回せるだろう


HRでの大討伐はこっち
G級大討伐はこっち

概要

「航路」と呼ばれる複数のクエストを順番に巡っていくクエスト。
剥ぎ取りおよび採取はCP(キャラバンポイント)というポイントに変化する。
本家の大連続討伐を連想する人もいるかも知れないが、モンスターごとに別のクエスト扱いであり、
クリアするごとに仕切り直しとなる。制限時間も次のクエストに進むたびにリセットされる。

ただしクエストをクリアしても体力とスタミナ上限はそのまま。武器の斬れ味だけは回復する。
鬼人・硬化薬のような死亡まで持続する効果や、元気のみなもとの効果も維持される。

通常のクエストと異なり、死亡による失敗条件が個人ごとに判定されている。
3乙するとその時点で脱落となるが、他のメンバーがいればクエストは続行される。

クエストに出現するモンスターは体力が大幅に下方修正されている。
ただし攻撃力は高めになっており、★8ランクでは通常の3倍程度の補正がかかる。

航路をクリアすると、クエスト中に入手したCPと、狩猟したモンスターの取引価格に応じたCPを獲得できる。
かつては狩人珠のPP(通称「色」)が手に入ったが、現在はキャラバンクエストでは入手不可。
また知名度ポイントに関してはハンターランク依存になった。

細かい注意点として、マイミッションや歌姫などの「○○を討伐」という課題はキャラバンでは達成できない。
また狩人祭の魂も手に入らず、猟団トレジャーのお宝も出現しない。
一方で歌玉(歌姫狩衛戦)は手に入るので、祈祷の章に進めておくと少しお得。

クエストによっては途中で一時帰還を挟む場合がある。
航路をうち切って報酬を精算するか、さらに先のクエストを目指すかを貼り主が選択する。
いずれにせよ帰還は強制で、この時は元気のみなもと等の効果も切れてしまう。
弁当の効果も切れる上に再出発時に弁当を付けることも出来ない。必要なら秘薬などを用意すること。
なお、帰還中は貼り主以外であれば装備を変更することができる。
貼り主でもエクストラボックスを使ってアイテムの整理や補充だけは可能。

捕獲及び部位破壊の報酬は無い。クエスト報酬は元になったクエストの通常報酬から抽選される。
各クエストはサブターゲットでもクリア可能。剥ぎ取り素材が無いので多少CPが減る以外にデメリットは無い。
PTの場合、サブクリ達成後→帰還までの間に討伐して取引価格を確保しつつ短時間で進行するというテクニックもある。

テンションゲージについて

航路進行状態に差があるメンバーが混じると、クエスト開始時に攻撃力、防御力にボーナスがつく。
基本的にはクリアした航路が多い側にその差の分だけゲージが発生するようだ。
同じ進行状態★8と★8であっても、互いに攻撃しあうことで若干上がる。
要は、最初のクエスト終了して剥ぎ終わったら蹴り合うなり撃ち合うなりしろ。
ミラトリオの場合は黒龍の次の気球で殺り合え(徹甲榴弾だと無意味だが)。
だからといって無言でやるとただの嫌な奴になりかねないので注意。
なお、大航祭においても通常航路の進行度合いによって初期ゲージが決まる。