セルレギオス

物議をかもしたMH4Gの看板モンスターである飛竜種にして11体目の遷悠種。
解禁はZ2.3アプデ翌週の2018/4/25。
生息地は砂漠と彩の滝。

千刃竜の異名を持ち「刃鱗」と呼ばれる鋭利な鱗を纏う。
自由に空を飛び発達した両脚でキックを繰り出したり刃鱗を飛ばしたりして地上に襲い掛かる。

遷悠にあたっての主な変更点として、
一部の攻撃時に翼が赤く染まりその際にゴゴモアのようなカウンターギミックが搭載されている。
また、裂傷やられは近い効果を持つ出血やられになっており、
HR5の個体があることに伴って止血玉がHR帯でも買えるようになる。

防具はそのままレギオスシリーズ。
自動発動スキルは「見切り+5」となっており、剛撃、一閃を全部位に備え、更にガンナー防具は新スキル「空隙」のSPを備えている。
属性耐性は雷-10<氷-5<0<水<龍<火、とゴアやシャガルの防具のような極端な耐性になっていないため、
遷悠装備のコンセプトである"辿異装備を作るまでの繋ぎ"はもちろんのこと、見切りが出しにくい辿異装備(非不退装備)でも非常に有用となる。
閃転やシジルで会心100%にすることは容易なため、秘伝書効果の会心UPを切って耐性を上げることなどもできる。

武器は既存のもの+穿龍棍であり、無属性。
攻撃力がイビルジョーのものと比較すると若干低いが会心率がいずれも50%、近接武器は匠無しで斬れ味が全て埋まり空ゲージ100を持つ。
遷悠武器では空ゲージが最も長い。
ちなみにCSのセルレギオス武器には巧流スキルに類似するような特殊効果が存在していたが、MHFではオミットされている。

攻略

刃鱗と機動力を生かした多彩な攻撃を持つ。
プレビューサイトでは翼を赤く染めて空中から突進したり、
大量の地面に刺さった刃鱗が爆発したりといった攻撃が紹介されている。

破壊可能部位は頭、翼爪、脚、尻尾(切断)。
翼爪と脚は左右両方破壊しないと成立しないので要注意。
見た目ではわかりやすくなっているので壊れていないほうを狙おう。
脚は打点の高い武器だと狙いにくいので、脚を狙うならば片手剣や双剣等打点の低い武器が良い。
翼爪は破壊すると少し軟化するがHR、G級ともにそれでも硬い。
防具の強化でG級個体の頭と尻尾の部位破壊素材が要求されがちなのできっちり破壊したい。

弱点属性は雷、次いで氷が通り水と龍が僅かに、火が一部位にだけ通る。
このため複属性では風や皇鳴が有効。

Z以降(正確にはGR100~に改定された後に開発されたアマツマガツチ以降)の遷悠種同様、スリップダメージや打ち上げコンボといった強力な攻撃を持たない。
G級では発覚や怒り移行の際に超咆哮を用いるが、万一喰らってもすぐに危険な状況にはならない。
出血やられについてはCSとは違い刃鱗ではなくキックに付与されており、辿異種ティガレックスやヒュジキキに比べ圧倒的に出血やられになりにくい。
この辺りも、辿異種戦の前段階であることを強く意識しているのだろう(勿論止血玉は持っていくべし)。
耐久力はHR、G級ともにやや高めになってはいるが、当該ランクの適正装備であれば十分勝機はある(逆に言うとククボやエントラでは苦戦必至だが)。

同時期から配信されている決意シリーズの武器は、弱点である雷と麻痺の双属性、さらに辿異強化で耳栓強化を持つため非常に相性がいい。

HR5~

フィールドは砂漠でガレオスがいる。
初期位置はエリア2かつBCスタートなのですぐに接敵可能。
暑さ+出血のスリップダメージは馬鹿にならないのでしっかり対策しよう。

弱点は斬が脚>腹、尻尾、打が頭、腹>脚、弾が頭、脚>腹。
また、毒も有効。
体力はアマツマガツチとほぼ同レベル、つまりHRでは最高クラスのタフネスであるが、
厄介な攻撃が殆どないこともあって面倒というほどでもない。

レア素材は反逆鱗。
本体と尻尾の剥ぎ取り、頭の部位破壊報酬、捕獲報酬、落とし物のほか、
G級でもクエスト基本報酬、捕獲報酬、落とし物で出る。
このうち一番確率が高いのはG級の捕獲報酬だが、狩衛戦の交換でも手に入る。

GR100~

フィールドは彩の滝。
初期位置はエリア4、BC→3→4と走ろう。
ガブラスやランポス、ヤオザミなどが居るが、
ガブラスについてはセルレギオスの刃鱗や超咆哮ですぐに無力化される。
砂漠に比べ狭いので位置取りに気をつけたい。

斬が脚>>頭、尻尾、打が頭>腹、脚、弾が脚>頭、腹。
耐久は★2辿異種より少し低い程度で、
毒はHRと比べてダメージ半減、耐性2倍となっているがなおも毒怪奇は有効。
属性は若干効きづらくなっているが吟味して損はない程度の水準はある。

レア素材は鏡玉で、HRでの反逆鱗同様に本体と尻尾の剥ぎ取り、頭の部位破壊報酬、捕獲報酬、落とし物で出る。

遷悠骨が出るが、新規の改G級武器はない。

モーション

  • バックジャンプ刃鱗飛ばし
後に飛びながら放射状に刃鱗を飛ばす。
そのまま滞空し、ゆっくり前方に進んだ場合はすぐ着地、
そうでない場合は滞空からの攻撃に移る。

  • 滞空
ドス古龍達のように滞空したまま刃鱗飛ばし、拘束など複数回攻撃を繰り出し最後にキックで着地する。
怯ませて撃墜すると落し物を落とす。

  • キック
当たると出血やられとなる。
素早く繰り出すもの、飛び上がってから単発のものと数回繰り出してくるものがある。
使用後は隙ができることがある。

  • その場刃鱗飛ばし
ナルガの棘飛ばしのような飛び道具となっている。

  • 尻尾振り
2回振る。切断前は後方に刃鱗が飛んでくる。

  • 拘束→連続ひっかき
滞空から回り込むように突進、当たると拘束されてしまう。
HRクエの支給品にランダムボールがあるので予想していた人も多いだろう。

  • 刃鱗爆破
地面に刃鱗を突き立てた後、着地と同時に周囲を爆発させる大技。
爆発前の刃鱗に当たると怯みダメージが発生するが、ここで焦ってコロリンしてしまうと爆発に見事に引っかかる。
爆発のタイミングはセルレギオスが着地した瞬間。

  • きりもみ突進
特定の攻撃のあと、翼を赤く染めながらきりもみ突進をしてくる。
その時がカウンターのチャンスであり、ゴゴモア同様攻撃を当てるだけで成立。
セルレギオスが着地に失敗し、少しの時間ダウンする。
連続で刃鱗を飛ばす攻撃の後すぐさまきりもみ突進してくるため、狙ってカウンターを行うのは少々難しい。
カウンターによるダメージは要検証だが、ダウン時間が短いので回避斬りなどで成功したらラッキー、くらいに考えた方がよさそうだ。
失敗してきりもみ突進に当たると出血やられになるので注意。

  • 刃鱗飛ばし→きりもみ突進(G級)
片方の翼から刃鱗を飛ばした後突撃。
使用頻度は低め。

  • 連続刃鱗飛ばし→きりもみ突進(G級)
左右の翼から刃鱗を飛ばした後突撃してくる。
刃鱗飛ばしから間髪入れず突撃してくるので刃鱗をガードor回避するとカウンターを狙うのは難しい。

  • 回転刃鱗飛ばし→きりもみ突進(G級)
その場で1回転するとともに刃鱗を飛ばし、その後ターゲットに対してきりもみ突進してくる。
密着してるともれなく吹き飛ばされるので注意。
こちらは突進まで一拍おくのでカウンターを狙い易い。