エルゼリオン

『10周年記念大型アップデート』にて登場した古龍種のモンスター。別名:灼零龍(しゃくれいりゅう)
火と氷を同時に扱う能力を持ち、白い体をベースに右が氷、左が火と分かりやすい外見をしている。

ゼナセリスと同様の通常のG級クエスト専用モンスターとなっている(HCモードは無し)
作れる武具については、武器はケオアルボルと同様の一発生産タイプで、
防具はGXから生産… ではなく 従来のG級防具のように「エルゼG」から強化していく形になっている。

武器には火と氷の複属性である「灼零」属性が
防具には攻撃を当てた回数によって段階的に会心率が上がる「幕無」スキルが付与されている。
あと防具は 揺れる。
非課金のモンスター装備としては初。

攻略

古龍種ではあるが見た目からも分かる通りジンオウガと同じ牙竜種骨格で、
氷と火による範囲攻撃だけでなく飛んだり跳ねたり肉弾戦もかなり激しい。
氷に当たると「氷属性やられ」炎に当たると「火属性やられ」になってしまう。
攻撃によってはトア・テスカトラの「氷漬け状態」にもなる。
属性やられは耐性値を20以上にすれば防げるが氷漬けは属性耐性では防げず「状態異常無効【多種】」などが必要。

部位破壊は角が2段階(報酬も2枠出る)、左前足、右前足、尻尾切断が可能。
前足の耐久力が左右別(見た目どおり素材も異なる)にも関わらず辿異種並に高く、
暴れまわって狙いにくいこともあり注意しないと破壊できずに討伐してしまうことも…。
これを見越してか初登場週から左右片方の前足破壊がサブターゲットになっているイベントクエストが2種類配信されている。

ある程度ダメージを与えるとダウンして半身の色が薄くなり対応した能力が一時的に使えなくなる。
また、覚醒時のムービーと同時にダウンすることがあり、ダウンしてもがく様子をムービーで堪能できる不具合(?)が起きることがある。
ダウンから立ち直ると仕切り直しでもう一度ムービーが流れるためかなりシュール。

有効なスキルなど

  • 氷、火(全)属性耐性…辿異種の特大やられ程脅威ではないが付加される攻撃ばかりなので耐性値は20以上にしておきたい。
  • 耐震強化…超振動攻撃はひとつだが発生は早め。鬱陶しければ付けよう。
  • 凍結耐性、状態異常無効【多種】…氷漬けを無効にできる(ぶっ飛ばしになる)が無効にしたから安全、というわけでもないので注意。
  • サポート重視(ホルク)…氷漬け対策に。

モーション

氷炎による攻撃は同時に全身に痛めのぶっ飛ばし判定が発生するものが多く、
自分が狙われていなくてもむやみには切り込めない剣士泣かせなモンスターになっている。
一方で即死攻撃は無く、コンボの総ダメージも割と常識的な範囲に収まっている。
よって防御力が十分なら、元気のみなもとを飲めばそうそう力尽きることはなくなる。

  • ケルビステップ/角振り上げ/尻尾振り…など
シンプルな打撃攻撃。大きく動くものが多い。

  • 氷漬け爆炎
前足を叩きつけて前方を氷漬けにし、球状の炎を叩きつけて爆発させる。
氷漬けの判定は最初の一瞬だけで地面に広がる氷に触れてもなんともない。
氷漬けになってもホルクのサポートがあれば爆炎はギリギリ回避できる。

  • なぎ払い2連ブレス
ややゆっくりとした氷漬けブレスで足止めし、すかさず高速の炎ビームで焼き払う。
こちらは氷漬けにされるとホルクのサポートは間に合わない。
二発目の炎のほうが薙ぎ払い角度が広いので側面に回り込んで避ける際は注意

  • 直線炎ブレス
小ジャンプで軸を合わせつつ正面に炎のビームを吐き出し、爆発させる。
覚醒後はさらに周囲にも爆発が起きる。

  • 回転炎弾・回転氷弾
回転しつつ炎あるいは氷の弾をまき散らす。

  • ジャンプ氷炎弾
大きく前方にジャンプしつつ氷と炎の弾を降らせる。

  • 尻尾叩きつけ→バックジャンプ
叩きつけに当たって打ち上げられたハンターが居るとバックジャンプで追撃する。
誰も当たらなければジャンプしない。

  • 超振動→氷弾
両前足を叩きつけて超振動を起こし、氷弾をばらまく。
氷弾は前方の範囲内にいるハンターを狙い撃ちにしてくる。
予備動作が短いうえに範囲が広く被弾しやすい


体力を減らすとムービーが入り第二形態となる
  • 灼零竜巻
ムービー中に使用する大範囲技。スキップした場合は回避が必要になる。
第二形態移行後にダウンを取り、能力封印した際に時間経過でこの技を使い元の状態に戻る

  • 灼零コンボ
エルゼリオンの攻撃で最も危険な技。
地面に炎→氷を発生させ、氷に当たってよろけたハンターを回転で吸い上げ、口元に出した火球でとどめを刺す。
根性貫通のコンボ技であり、かなり威力が高い。
距離や位置によっては途中で抜けられる場合もあるが、基本的にはどれに当たっても最後までヒットする。
地上にいる限り最後の火球は当たらないので、回転攻撃までを避ければいい。

4ヒットの根性殺しの割には始動が早めだが、左腕を上げて溜めるモーションはこの攻撃しかないため、常に左腕の動きを警戒しておきたい。

  • 灼零球爆破→氷弾降らし
頭を持ち上げて火をまとった氷の結晶を作り出し、ジャンプして砕き広範囲を爆風で攻撃する。
その後エルゼリオンの周囲+ハンターの頭上に氷を落とす。
落ちてくる氷が爆炎で視認しづらい、時間差で二段落ちてくる、落ちて砕けるためか影の見た目以上に判定が広く避けにくい、氷が完全に降り終わる前に本体が動き出す、
とかなり禿げる要素が詰まっている。
エルゼリオンにしては珍しく爆風は通常の吹っ飛びなので食らっても追撃は受けないが、本体に起き攻めをされる場合がある。