シャガルマガラ

MH4オフラインモードのラスボスを務めた、1つ前の遷悠種ゴア・マガラの成体。別名:天廻龍
体と力が成熟し、古龍種に共通する特徴が確認された *1 ため、古龍種に分類されている。
成熟によって目が視覚として機能するようになったため、閃光玉が有効になるのだが、
自ら眩い光を放つ真・狂竜化状態で有効かどうかは不明。

MHF-Z4月アップデートの目玉の1つとして、生息地である禁足地と共に実装される *2後に辿異種や極み個体の巣窟予定となる場所
禁足地はMHFの環境にあわせ、岩や段差がオミットされている。

ゴア・マガラが会得したように、シャガルマガラも真・狂竜化の力を会得。
その力を開放し、真・狂竜化状態になったシャガルマガラは正に日輪の如き輝きを放ち、
実際に、その姿は4月アップデートのメインビジュアルにも使用されている。
また、翼はメインシリーズG級の素材名である「光虹翼」がそのまま体現したかのような輝きを放っており、
角も変化、王冠の如き形状に変化する。
またシャガルマガラが扱う狂竜ウイルスの爆発は上述の力の影響か、真逆とも言える光の爆発に変化している。
ファミ通では雷爆と呼んでいるが、実際見ると狂竜ウイルスの爆発(メインシリーズで地雷と呼ばれている物)のようだ。

防具は「シャガルシリーズ」。メインシリーズではアーク・フィリアシリーズという名称だが、
MHFでは既にアークの名称が使われているため、シャガルシリーズという名称になった物と見られる。
自動発動スキルは辿異種アクラ・ヴァシム等で需要が見いだせるかもしれない「状態異常無効【多種】」。
武器属性はCSシリーズでは龍だが、真・狂竜化の日輪の如き輝きや、雷爆の眩い光、
そしてゴア・マガラが闇属性武器であったことから予想できた通り、
MHFでは真逆の光属性武器となり、武器名は「THE○○」のままでの登場となった。銘はG級段階で、MH4Gの最終強化に合わせられている。
ちなみにCSシリーズ含んでもこれは異例であって、本来の属性と真逆の属性となる。 *3
シャガルは火属性も雷属性も弱い・・・どうしてこうなった。

防具は剛撃、一閃主体の構成となっており高性能、加えて剣士胴、脚には猛進のSPが確認されている。
武器は白、紫が短い代わりに HR時点で実用レベルの空色ゲージが出現する
無論こんな設定の武器はシャガル武器が初。
最終的な攻撃力も昨今のGLV50クラスに加えて、高い属性値と会心率を持ち合わせており、
辿異スキルも合わされば辿異武器に劣らない活躍が出来る…
と思ったら防具は他GXシリーズより防御力が低く、武器は防御力-400か500というペナルティを提げるという物となっている。
防具なら辿異防具でなんとか、と言った程度だが、
武器は辿異防具5部位でGX防具5部位より一回り高い防御力に落ち着く程の大きなペナルティとなっており、
G級モンスター相手ならまだしも辿異種相手だと決して無視できない物がある。
属性耐性もゴア防具より更に悪化しており、火・水・雷耐性はゴアと同様で、+5だった氷耐性は-5に、-10だった龍耐性は-25まで低下している。
メインシリーズでは一式装備で火耐性-40、龍耐性-30と破滅的な耐性を持っているせいで神性能だけど紙耐久と言う性能となる。
また、ペナルティを考慮されているのか、ガンランスは遷悠武器としては初となるデフォルト砲撃LV8となっているようだ。

攻略

ベースは狂竜状態のゴア・マガラであるが、狂竜ブレスの軌道や大きさが変わっている。
ただしCSにあった悪名高い設置式の時間差3WAYブレスはオミットされた。
また、雷爆(地雷)についてはMHXXに近い仕様になっているようで、
非怒り時では発生せず、発生から爆破までのタイミングは遅く、その代わり一定間隔でハンターの足元にピンポイントで生成される。

部位破壊はゴア・マガラと全く同じだが、角は二段階破壊で報酬が出る(歌玉ボーナスは2回分得られる)。
G級の部位破壊については更に特殊。

HR5~

基本段階。真・狂竜化はこの時点ではしない。
CSのシャガルマガラにMHFのゴア・マガラのモーションを混ぜたような感じになっているが、
全方位狂竜弾がそれぞれ不規則な軌道を描いて漂うなど、微妙な違いもある。

またシャガルマガラもゴア・マガラ同様、逆鱗と「純白の龍鱗」は基本報酬では出ない。
逆鱗は尻尾剥ぎとパートニャーの持ち帰りで、
純白の龍鱗は部位破壊報酬と剥ぎで頑張って集めるべし。

GR100~

実装アップデートと同時にリファインによってG級遷悠種のランクが改定されるため、GR100からの解禁となる。
体力一定に達すると真・狂竜化の力を開放し、以後絶命まで真・狂竜化が解除されることはない。
そして真・狂竜化状態かつ体力50%以下(概ね、真・狂竜化になって少し後)で 初めて部位破壊が可能になる
角は例によって二段破壊しないと報酬が出ないため、動きまくる事も相まって、
計画的かつ精密に狙っていかないと完全破壊が難しくなっている。

咆哮はゴア・マガラ同様超咆哮となっている。
ゴアと違い、頻度は少ないが喰らうと直後の攻撃が避けられないものがあるので注意。

改G素材は遷悠殻。

モーション

ゴア・マガラのものはそちらを参照のこと。
変化したモーションについてはこちらで。

  • 溜め叩き付け
溜め動作の後、翼脚に狂竜ウイルスを収束させて思いっきり叩き付ける攻撃。
狂竜ウィルスの影響、及び叩き付けで発生する地割れのため攻撃範囲は広め。
溜め時間で技の性質が違い、短い場合は単に吹き飛ぶだけで済むが、
長い場合は攻撃そのものに直撃すると拘束されてしまい、そのまま手をこまねいていると投げ飛ばされてしまう。
CSと違い拘束中はもう片方の翼脚による薙ぎ払いしか行わない。
また、真・狂竜化以降は短い方を2連続で繰り出すようになる。


  • 咆哮→ピンポイント雷爆攻撃
咆哮した後、ハンターの足元に地雷を発生させる。
上述した一定間隔のピンポイント地雷とは違い、必ず全ハンターの足元に出現する。
HRなら高耳で防げるので雷爆にだけ注意すればいいが、G級では超咆哮なので、喰らうと雷爆の被弾が確定する。

  • なぎ払い軸合わせ
ドゥレムディラやゼナセリスに近い、なぎ払いつつ180度反転する軸合わせ行動。
180度ターンなので正面や側面では基本使わないが、背後に居る場合は要注意。

  • 真・狂竜化(G級)
体力一定以下(60%?)でこの形態に以降。
狂竜ウィルスを収束させつつ翼を畳むような動作の後、
まるで羽化するように翼を広げると同時に狂竜ウィルスを炸裂させる。
この炸裂は単発ヒットでガードも可能なのだが、万一喰らうと打ち上げ+超高速スリップダメージにより、
体力MAXでも根性札Gなどを貫通して即死してしまう。
MHF-Z以降あまりなかったタイプの技だが、シャガルマガラは真・狂竜化が解除されないため、
1回しか使ってこないという特徴を持っている。
また、処理が通常のスリップと違うのか、体力が0になっても普通のふっとばしに近い速度で落ちてくる。

  • 回転打ち上げコンボ(G級)
真・狂竜化以降に使用する打ち上げコンボ。
これまたゴア・マガラにはなかった種類の攻撃である。
ジンオウガ亜種のように地面を抉りつつ素早く2回転しハンターを打ち上げ、直後に叩き落されるのだが、
2回目の回転には打ち上げ効果が無い。

また、打ち上げられたハンターはカメラワークが上からの見下ろし視点に変わるという演出がある。