ウラガンキン

MHF-G9.1の遷悠種として登場した獣竜種。別名「爆鎚竜」。
2016/3/9に狩猟解禁。
狩猟可能ランクはHR100とGR100。共通で狩猟フィールドは火山になる。

公表前に提示された、運営からのヒントは「暑い」だったので、
G9.1遷悠種はコイツかアグナコトルのどちらかが来るだろうと見られていた。
また、元々遷悠種の候補の中に「アゴ」が特徴のモンスターも居る(MHP2Gのウカムルバスという説もあったが)という発言もあり、
いずれ来るのではと予想されていた。

特徴的なのは鉱石を塗り固めてコーティングされた、その顎によるスタンプの一撃と、
上体に付着させた火薬岩を利用した遠距離攻撃。
顎は叩きつける毎に「ガギン」という金属音が鳴り響き、その威力も高い。
火薬岩はなぎ払い攻撃で撒き散らし、時間経過の他強顎スタンプで一斉に起爆するといった手法を用いる。
また、ギアオルグが継承した獣竜ローリングの始祖でもあり、MHFでもパワーアップさせつつばっちり利用してくる。

GR800の素材はイビルジョーと同じ「遷悠骨」。
なお、対応する改G級武器は全て歌姫武器(トラグシリーズ)(太刀・双剣・ハンマー・狩猟笛・ガンランス・弓)であり、
今までモンスター武器の流れが続いていた改G級武器の流れに新たな風を呼び起こそうとしている。
ちなみに公式曰くこれはウラガンキンの解禁翌週に襲来する「極み吼えるジンオウガ」対策、らしい。

遷悠防具「ガンキンシリーズ」は 剣士とガンナーで自動発動スキルが異なっている
剣士は「ガード性能+2」、ガンナーは「最大弾数生産」が自動発動する。
耐性は火が+16、水が-10、雷が+5、氷が-5、龍が-7とバンギスシリーズ同様装備のし過ぎや見た目を意識してる人は注意。
防具のデザインはやっぱりというか、金属感にあふれものすごくゴツい。
また、プロジェクトRによるリファインでHR帯の強化素材が鎧玉のみとなっている。

武器は例によって穿龍棍が新たにラインナップされる。
遷悠元では非常に高い攻撃力に反して劣悪な切れ味と会心率、防具並の防御ボーナスが特徴だったが、
こちらではアカムトルム武器と同じような性能を持っている。
会心は微弱なマイナスつきのままであるものの、ゲージは空ゲまでしっかり出るようになっている。
そして近接武器には相変わらずの高い防御ボーナスがつくことで、実用的なラインを保ちつつ差別化が図られている。
属性はこちらでは全て火属性で統一されている。また弓の矢レベルはちゃんと4になっているのでご安心を。
余談だが大剣のグレンウォルは史上初となる「 HR100で生産できる空色ゲージ持ち大剣 」である。空は超短いが。

解禁と同時にイベントでCSではおなじみの極小個体が配信となった。残念ながらMH3であった専用BGMはない。
頭判定が優先されていないため、非常に頭を壊しづらい。
火薬岩ばら撒きがより高密度になっているので、通常サイズよりやりづらい人もいるかも。

素材体系はMH3Gのものをそのまま継承している(落とし物のみ若干違う)。
その為、特定の部位破壊限定で得られる報酬はない。
ただし遷悠元同様に 天殻は剥ぎ取りで入手することができない 。捕獲・顎破壊・尻尾剥ぎでのみ入手することが可能。
レア素材=本体剥ぎ取りのみ、という常識がすっかり染み付いてしまっているMHFのハンターにとって致命的な落とし穴である。
その為討伐のみでは天殻が不足しがち。ウラガンキンも積極的に捕獲した方がいいと言えるだろう。
胴体を攻撃して怯ませると落し物が出るが、非G級でも稀に紅玉が出る場合があるため、
該当ランクでウラガンキンの素材収集をしているなら積極的に拾ってみる価値はある。G級では残念ながら落とし物で天殻は出ない。

火属性やられ

遷悠元同様、炎ガスや火薬岩による攻撃に火属性やられが伴う。
受けると燃え盛る火のエフェクトがハンターにつき、緑・赤ゲージを問わず右端からスリップダメージによって体力を食われてしまう。
時間経過か、爆破やられのように3回コロリン(6回ステップ)で自発的に解除可能。
例によって火耐性10で軽減、20で無効化できる。
紅炎の威光やブラキシリーズなどに恵まれ、他の属性よりも簡単に耐性を上げやすいのは幸い。
真根性で耐える戦法では致命的な存在でもあるので、慣れてない人はしっかり無効化した上で挑むと良い。

遷悠クエスト(HR100~)

G級ほどではないが、この時点でブラキディオス以上に変化が激しい。

G級遷悠クエスト(GR100~)

既存の技も大体が強化されており、原型そのままの技が殆ど無いレベル。
エフェクトも激しいのでローリング時は見失わないよう気をつけたい。
また、初期エリアではガミザミが無限湧きするので事故に注意。

攻略

MH3GのG級個体がベースとなっている。
MHXで追加された背中の部位破壊は存在しない。
火薬岩に触れるだけでも火属性やられにかかってしまうので注意。
火薬岩は晶石結晶のように起爆以外でも時間経過で爆発し、触れるとダメージを受ける。

ジンオウガの虫網やブラキディオスの自爆と同様に採掘及び火薬岩による自爆はオミットされている。

地面隆起のエフェクトが派手なため、攻撃範囲が分かりやすい。
見ての通り顎スタンプの判定が軒並み広くなっているが、逆に言えばフレーム回避を中心にしたFっぽい戦い方も活用しやすい。
なお元からそうだが、他の遷悠獣竜種に比べるとステップなどによる次の攻撃のための位置合わせはあまり使用しない。

戦闘エリアは全ランク全クエスト(イベ含む)共通で「昼の火山」であり、強制BCスタートになる。
初期位置は3なので、BC→4→3と行った方が1・2経由よりも早い。
余談だがエリア移動方法が「特定の位置まで歩行で移動してからローリングで別エリアに行く」という遷悠元の仕様を引き継いでいる。
なので極小個体は…

肉質は遷悠元同様、全体的に堅い。
ただし全系統共通で狙いやすい胴体が弱点で、顎破壊後の頭部も弱点部位となる。
遷悠種の中ではかなり属性に弱く、特に水属性は大半の部位で属性特効が反応するほど。
龍属性も有効部位が多く、氷もそこそこ有効。
顎は非常に堅く、物理オンリーでは破壊に時間がかかるので、頭(や尻尾)を破壊する場合は水・響・奏属性などを用いるとスムーズに破壊できるだろう。
胴体狙いの場合も弱点属性のチョイスで有利に戦闘を進められる。
遷悠元同様、顎を壊すと水の通りが半減するが、それでも20は通る。
穿龍棍の場合、リーチ短で頭を殴ると顎破壊前は胴体と同じぐらいのダメージを通せる。
と言っても35(G級)と劇的に軟くなるわけではないが。

↑でも書いたがG級では捕獲した方が天殻を集めやすい。
2%なので捕獲名人などがあると楽。

【スキル・アイテムなど】
  • 火耐性・・・火属性やられの抑止に。ステータス上で20あればいいので防具で出すかスキルで出すかはランク次第。
    なおNPCはスリップダメージが無いにも関わらずご丁寧に回転回避で解除するため、手数が減るのが嫌なら耐性値を上げておこう。
  • 警戒(G級)・・・ローリング時の落とし穴→プレス・火柱による根性貫通対策として必要なら。
    なお状態異常無効【多種】には含まれないので注意。
  • 回避距離or纒雷(極小個体)・・・詳細はこちらに譲るが、必然的にスタンプ範囲内で戦闘することが多くなるため。あると抜け出しやすい。
  • 耐震+2・・・HR帯の時点でHCモンスター並みの振動がある。

既存の技

既存のもので、G級でも遷悠元と特に変わりのない技は獣竜種タックルやガス攻撃くらい。
その二つも使用頻度がかなり少ない。
  • 噛みつき
ハンターの位置を参照する、獣竜種特有の掬い上げるような噛みつき。
尻尾側から火薬岩が飛び出すようになっている。

  • 尻尾なぎ払い→火薬岩ばら撒き
尻尾を大きく持ち上げてから横回転し、前方に火薬岩を設置する。
こちらでは3個どころではなく、壁が生成されるかのような量が一気に配置される。
ランダムでそのまま起爆スタンプに派生することもある。
尻尾を近くで回避し、そのまま貼り付いた方が動きあぐねにくい。

  • ガス攻撃
お馴染みの攻撃の1つである。
非怒り時は睡眠ガスで、ダメージ判定がない。
怒り時は火炎ガスに変化し、火属性やられを発症する。
頭・尻尾の先には届かないので部位破壊のチャンス。
後述のチャージは状態に関係なく睡眠ガスのままである。

  • 4連スタンプ
ウラガンキンの十八番。
遷悠元にはない追加パターンとして、後退しながら叩きつけるタイプが存在する。
通常と同じように胴体方面へ避けようすると綺麗に引っかかる。鳴き声や挙動が多少違うので観察が大事。
また、スタンプを使用する際必ず接近しようとする。

  • 強顎スタンプ
顎を大きく持ち上げてからの叩きつけ。通常の叩きつけよりも範囲・威力ともに強力。
顎を振り上げるまで軸合わせしているので注意。フレーム回避の方が安定するかもしれない。
G級になると扇状広範囲に火のウェーブが発生する。

  • ローリング攻撃
十八番その2。縦回転でフィールド中を駆け巡る。
直線に走ったり、途中で円を描く軌道のものがあるのは遷悠元と共通。
ただし、専用エリアがないのでピンボールタイプのローリングは行わない。
追加派生行動として、回転終わり際に尻尾のバネを利用してハンター1人にめがけて飛び、バックジャンププレスを仕掛けることがある。
プレス時には広範囲に地割れが発生する。本体とは別判定なので、油断していると絶対防御ごと撃ちぬかれる。
またこの派生があるため、遷悠元での「ローリングで距離を離してしまい、またローリングを選択…」という部分が多少改善されている。

G級では更に強化され、ローリングに落とし穴状態が付与。更にローリングの軌跡に火柱が巻き起こるようになる。
そのため直撃すると落とし穴→火柱のコンボが確定で入ってしまう。
加えて火柱が激しいためにウラガンキンが視認しづらい。バックジャンププレスは常に警戒しよう。

  • ローリング派生顎スタンプ
遷悠元のG級行動。こちらではランク問わず使用してくる。
回転前に顎を横に震わせるのが合図。

追加技

  • 叩きつけ→振りぬき
顎を左右のどちらかへ叩きつけた後、逆方向へ顎を振りぬく。
その際に頭側からは岩を投げ飛ばし、尻尾側からは自身の火薬岩を多数撒き散らす。

  • チャージ
身を固め、睡眠ガスを漏らしつつ溜めを行う。
この時の睡眠ガスの回数によって次の行動が変化する。もちろん睡眠ガスにも判定がある。
怒り時でも睡眠ガスのままなので怒り状態で睡眠ガスが出た場合はこのパターンと見て良い。
通常の睡眠ガスと違って絶防が割るので特攻する際は注意。

【1段階】…強2連顎スタンプ
出が早く範囲も広いため、ステップ回避でもないと2発目に巻き込まれやすい。
とりあえずこれが来るものと思って距離を取った方がいいだろう。

【2段階】…強打ち上げ顎スタンプ+大噴火コンボ
遷悠種お得意のエリアルコンボ。非G級でも極稀に使用する。
2発とも十分にフレーム回避は可能。

【3段階】…超広範囲強打ち上げ顎スタンプ+大噴火コンボ+大量噴火(G級)
こちらは2段階のそれよりも範囲が広いだけでなく、単発の大噴火後にアカムもびっくりな量の噴火がウラガンキンの周囲に起きる。
場所によってはフレーム回避を強いられてしまうので、早めにできるようにしたいところ。
ちなみに小噴火はウラガンキンから見て左前方が安置。

  • 大量火薬岩ばら撒き→起爆(G級)
通常の火薬岩ばら撒きよりも長く構えを取った後、周囲へ隙間がほぼ無いくらいに火薬岩を設置する。
その後顎スタンプへ派生、一斉に起爆する。

  • 削岩ダイソン(G級)
いなないた後、飛び上がって半身を地面に埋めるのが予備動作。
そのまま地面に埋まった状態でローリングを行い、前方を縦回転によって生じた風によって吸い込みながらさらに横回転。
前方は言わずもがな、後方からも回転で削りとれた岩が常に排出されており非常に危険。
吸い込まれて接触したハンターは怯みだけの大ダメージを繰り返し、再燃や札もまとめてゴリゴリと削り取られてしまう。
本体の接触ダメージはお約束のガード完全無効攻撃……だったが、
MHF-Zでガードの見直しがされると同時にこちらも見直され、普通にガードできるようになっている。
ただしヒット数がとんでもなく多いため、ランスやガンランスで通常ガードするといくらZで緩和されたとはいえスタミナ0+削りで死に至る。
また、スラアクFや極大剣のガードで凌ぐ場合はかなりの連打が必要になる。
楽なのは槍2種の強ガード。強走かランナー効果があれば、十分耐え抜くことができる。
飛んでくる岩もガードが可能だが、パリアの石礫もびっくりな超連続ヒットとなっている。
その為絶対防御込みでも被弾するとぶっ飛ばされるほか、
通常のガードでは確実にスタミナが枯渇するため、強走効果か強ガードは必須。
そのヒット数から、反射が付いているならとんでもない量の反射エフェクトが発生する。
中心に引きよせられれば非常に危険だが予備動作が長いので対処は可能であり、
終わった後は威嚇に派生するのでチャンスとなる。
ローリング終了前辺りから判定は消えるが、使用後ローリングを解く瞬間に当たり判定が発生するので一応注意。

構えを取った時点で側面から後方方面に逃げればとりあえず即吸引されて\(^o^)/オワタになることはない。
吸引判定は見た目に反して横範囲は広くないため、距離さえ取れてしまえば横方向に普通の回避をするだけで余裕で振りきれる。
勿論纒雷、巧流巧撃が反応するため、うまく使えば回避しつつこれらのスキル効果を発動させることも可能。
焦ったりしていきなりダイブで対処しようとするとガンキンの思うツボなので注意。

なお極小個体だと体が殆ど埋まるが接触ダメージは発生する。
エフェクトはそのままだがスタンプと違い吸引判定はサイズの影響を受ける結果、狭くなっており余程接近しない限り吸い込まれない。
岩はスタンプ同様なので実質岩に気をつければ安々とミンチにされることはないだろう。