ガスラバズラ

MHF-G8の新モンスターで、同アップデートの新フィールド「白湖」に生息する。別名は「怒貌竜」。
アプデ直後から解禁され、剛種、G級、G級特異個体が存在するのは従来どおり。
G2のギアオルグ以来となる獣竜種で、MHFではアビ一族と異なる初の新種獣竜種となった。
当時はジンオウガを初めとした遷悠種の発表、特に獣竜種被りのイビルジョーブラキディオスといった面々のせいで影が薄かった。
過去には怒り狂って初登場のシクレにG級個体で参戦するという暴挙に出たことも。
そしてイビルジョーの登場で存在が霧散する・・・かと思いきやジョーが環境の違いを意識しなかったために、
F産まれの獣竜種と比較、アビやガスラが逆に見直され再評価される運びとなった。
最近ではちょくちょく精錬のススメなどで自分をアピールしている様子。

エスピナスのように二面性のあるモンスターらしく、普段はおとなしいが怒ると凶暴になる。
怒るとヒレの出現、腕の肥大化を初めとしてビジュアル面でも大きな変化があるのが特徴的。

名前やヒレがドンちゃんっぽいが、太古の昔は水棲生物だったらしくヒレはその名残なのだろう。
そういう意味ではドンちゃんとの関連性もあるのかもしれないしないのかもしれない。
紛らわしいがガズラバスラではないしガスラバスラでもない。
なお、公式ですら間違えやすいので「ガッスン」と呼ばれている・・・らしい。

防具は剛種系・G級防具があり、始種防具とGX防具では新スキル「抜納術」が発動する。
抜納術は抜刀時にはスタミナ&回避性能、納刀時には気力回復&回復速度が発動するユニークなスキル。
闘覇スキルと併用することでスタミナ管理がかなりしやすくなる。
始種はグレアドモス素材を使用するため始淵の黎玉が必要になる。

武器は毒属性。
毒属性自体MHFであまり活きない属性であるが、基本スペックが高くヤマクライの希少スキル「状態異常追撃」と相性がいい。
ちなみに烈種段階はディオレックスの素材を用い、武器には怒スキルが付く。変撃専用装備も一考。

剛種

常識的な強さ。
動作は鈍いが攻撃力は高い、そして攻撃を避ければ隙だらけという典型的なパワー系のモンスター。
定点位置からあまり移動しない攻撃が中心なうえ、プレイヤーとの距離を一気に引き離す技も存在しないので獣竜種の中でもかなり狩りやすい部類。
すばやい必殺技の後に大きな隙を作るアビオルグとはまた別の方向性を持つターン制モンスターといえる。
火力についてはG9.1で少し緩和され、より狩りやすくなった。

G10ではHR5のギルド指定クエスト(キークエスト)の一体にエントリー。
強さ的には指定クエストの中では中間と言ったところ。挑みやすい部類だろう。

G級

★7として登場。
攻撃力はハルドメルグなどと比べればかなり控えめ。
しかしながら適正防御力がない場合攻撃+毒や打ち上げからの追撃、落とし穴時の追撃(根性が発動しない)でやられてしまう危険性が高まる。
特異個体はハードコア・ガスラバズラの方を参照。

実装前後のモンスターと比べると、あまりタフ過ぎるというわけでもなく特に部位破壊がし辛いわけでもない。
同じ★7モンスターで言えばバルラガルやイナガミに近い気軽さに仕上がっている。

ちなみにハルドメルグに続き、部位破壊低確率素材が存在しない。
最も入手し辛い準レア素材の「激ビレ」も要求個数が非常に少なく、防具には1個しか使わない。サブクエもあるので活用しよう。
腕破壊限定の「豪腕皮」は入手率が低くもないのに激ビレよりも更に要求数が少なく、ガスラ武具では一切使わない。
ディア亜種のガンランスと祭典防具チェニーシリーズに2個使うだけである。
G9のトリドクレスの尻尾がこれと極めて近いポジションを有している。

攻略

エスピナス以上に2面性の強いモンスターのようで、
非怒り時は毒弾ブレスを多用した攻撃を行うほか、動きも軽快で出の早い行動も多い。
そして怒り状態では肉弾戦を多用する鈍足のパワーファイターになり、
アビ・ギアが使用しない(青い奴ぐらいで獣竜種全般で殆ど見られない)、前足を用いた攻撃を行ってくる。
二面性をコンセプトに作られているためか、他のモンスターと比べてみるとかなり怒りにくくなっている。
上にもあるように(突進や毒弾設置などもあるにはあるが)距離を離す行動が少なく、「やるかやられるか」といったFらしいモンスターになっている。

なおMAPギミックも含めて落とし穴攻撃が非常に多いため、警戒スキルがあると楽。
毒無効スキルがあるとなおよい。

腕には雷属性が非常によく通り、G級でも非怒り状態だと45もとおる。
怒り状態になると若干とおりは悪くなるがそれでも30も入るのは破格。
非怒りの肉質は硬めだがそれでも全系統35通る部位が存在している。
怒り時には物理が全体的に軟化するので、例えばガンナーなら非怒りは電撃弾、怒り後は実弾と使い分けるといいかも。
ついでに言うと怒り状態時は切断属性の肉質が50に軟化するため、部位破壊狙いなら切断武器を担ぐのがいい。

部位破壊は頭、背中、腕、尻尾。
尻尾はグレンゼブルのように破壊してから切断が可能。
HCでよろめき耐性が1.3倍に上がるが、必要怯み回数がすくないためか部位破壊はそこまで難しくはない。

【スキル・アイテムなど】
  • 毒無効・・・あると非怒り時の脅威性が激減する。ラスタの支援スキルでもOK。
    毒守り札やプーギー解毒薬でもいいが、ストック切れに注意。
  • 警戒・・・落とし穴攻撃と流砂を防げる。特に流砂はガスラを落とせるので残しておくと有利になる。
  • 弱点特効・属性特効(雷属性)・・・前者は怒り時、後者は非怒り時に特に有効に機能する。
    また上述したように形態シフトでも有効部位が残るので、どちらを重視するか決めて用いていくとよい。無論両方あるなら尚よし。

【非怒り時モーション】
  • 潜行→突き上げ(開幕モーション)
開幕は毒付き落とし穴の真ん中で潜行状態であり、ハンターが近づくと一拍を置いて出現、突き上げからの尻尾なぎ払いを行う。
「胆力」がないと怯んでしまい出現&尻尾なぎ払いに当たってしまいやすい。
また戦闘時にも毒を溜めるような動作をした後に地面に潜り、これに派生する。
厄介なのは突き上げ前に生成される毒効果付きの落とし穴。はまると確実に突き上げを食らってしまう。
警戒スキルがあれば本体の出現にのみ気を配ればよくなる。

  • 毒ブレス
アビのようになぎ払うタイプのものと、正面方向に噴射するタイプの2種類。
どちらもフレーム回避可能な上ダメージもたいしたことはなく、毒無効があれば更に安心。

  • 毒弾なぎ払い
アビオルグの尻尾棘飛ばしのモーションで毒弾を放つ。

  • 毒弾設置
大きくジャンプしハンターを飛び越えながら反転、三角形の形に毒弾を設置する。
底辺の中点にハンターを置くように設置されるので、下手に動くと引っかかるようになっている。

  • 回転攻撃
その場で膝崩れやられ効果のある回転攻撃をし、被弾したハンターがいるとその地点へ毒ブレスを落下させる。
空振りさせると隙ができるのであまり被弾したくない技。
回転は尻尾部分のみに判定があると理解してれば避けやすい。また、ハルドメルグなどと違い威力は低め。

  • 巨大毒球
顔の前に毒のボールを生成し、自ら叩いて炸裂させる。
飛ばしてくる訳ではないため対近接技と考えていい。
毒球はガード可能で判定も一瞬、威力自体もそこまで高くはなく見かけほど凶悪な技ではない。

  • 溜め突進(G級)
右前脚に毒を溜めてタックルした後回転攻撃と同時に毒砂をばらまく。
突進と回転攻撃はそこまで大したことはないのだが問題は毒砂。
直撃するとSAがあろうがなかろうが多段ヒットの大ダメージ+毒になってしまう。
多段ヒットなので絶対防御態勢もあまり役にたたず、毒無効がないと毒死する危険も。

  • 怒り移行
PVでも披露している怒り動作の移行モーション。
咆哮後地面に尻尾を叩きつけるが、振動+ダメージ判定も発生する。

【怒り時モーション】
怒り状態では毒になる攻撃を用いてこない。


  • 尻尾叩きつけ
アビオルグ、ギアオルグのものと同じ。
ただし規模は両者より小さめ。

  • 突進掬い上げ
非怒りの溜め突進に似た動作で前進するが、こちらはショベルカーよろしく砂を掬いながら移動する。
そして一定距離移動したところで、その砂を後方に思いっきりぶちまける。
突進にはホーミングがないので、ガスラバズラの側面に回りこみつつ付いていく感じで対処可能。

  • 二連掬い上げ
その場で2回砂を掬い上げ左右に砂の波を起こす攻撃。

  • ボディプレス
跳躍してボディプレスを放つ。
例によって振動が発生するので注意。

  • 2連地面殴り&タックル
それぞれの脚で1回ずつ地面を殴り、最後にショートタックルを放つ。
地面殴りを避けてもタックルが待っているので油断しないように。

  • 非怒り状態移行
MAP中央付近に移動して潜りつつ砂山を形成、そこに飛び乗ったあと砂山を破壊しつつボディプレスを仕掛ける。
PVの最後に行った行動で、怒り状態の解除時にはこれを必ず行う模様。
砂山の周囲には砂地獄ができるため下手に近づくとハマって砂山の破壊が直撃してしまう。