遷悠武器

MHF-G8で実装(MHF-G7下の2015/6/24に一部先行実装)された新たな武器カテゴリー。
HR5(旧HR100)の「遷悠クエスト」に登場する「遷悠種」の素材から生産・強化できる武器群。
また、ハリセンネコのきんぴか小判Gのステップアップくじにて入手できる「フロンティアポイント」でも入手できる。

基本

固有の特徴として、
「武器スロットが装飾品・シジルのどちらを装着することもできるユニバーサル仕様」であることと、
「早食いスキルが自動的に(スキル枠を消費せず)発動する」ことが挙げられる。

武器スロットは従来の武器同様最大3個で、そこに「装飾品」か「シジル」かを選んで装着できる。
例えば「シジル2個、装飾品1個」「シジルのみ3個」などの組み合わせが可能。
スロットは装飾品の「○」とシジルの「◇」を重ねたような形である。
これによって武器をカスタマイズしつつ、足りないスキルポイントを補うということができるようになる。
なおシジルの生産・装着はG級からになるが、遷悠武器自体は非G級の段階でもシジルに対応している。
そのためG級に昇級してシジルを入手できたらとりあえず焼き、G級武器生産までの繋ぎにするという手もあるだろう。
G級最前線では、始種武器とは異なり 防具により性能が左右されないスロット付き武器である という点が極めて有用である。
始種武器は始種防具なしでは空色ゲージを得られないため、基本的に始種防具を組み込んだ11スキルでの防具構成を余儀なくされるが、
遷悠武器にはこの縛りがないため、武器スロを活用しての全部位G級防具による12スキル構成を組むときに非常に有用。
また、3スロットも要らない場合は残りをシジル枠に回せるのもメリットとして大きい。
後述するが最終性能が一般のG級武器Lv50と大きな差がないため、それをもってG級・始種武器との差別化を図っていると言える。

G級段階における武器の性質はG級武器に準拠しているようで、剛種武器系統ではないためか超速射と排熱はない。
弓の強撃ビン補正はおそらく付与されているものと思われる。
ガンランスの砲撃レベルについては、生産時点ではLv5、最終強化でも素ではLv6までになる。
ボウガンはHR5のものは通常通り加工レベル強化ができるが、G級のものはG級武器同様レベルアップ強化には対応していない。
そのため、HR5とG級では最終的な弾速に違いが出る(後者の方が遅い)

ちなみに遷悠防具同様、凄腕の段階でもラスタに持たせることはできない。
早食い効果が自動でつく特異点や、シジルスロットの処理が厄介になるためだと思われる。
これらの効果が全て無効化されるがパートナーには譲渡可能。

生産・強化

全部で3段階存在しており、HR5で生産し、G級で2回強化する(最終GRはGR8)。
ボウガンはHR5とGR8の2種類のみ。
G級ハンター専用武器種である穿龍棍とスラッシュアックスFはG級段階から生産→1回強化のみになる。
名称は基本的に元シリーズのものが踏襲されている。

遷悠種モンスターの武器は、生産段階で既に天嵐武器どころか覇種武器に近い水準のスペックを備えている。
武器によっては覇種武器レベルのものもある。HR5から作れる武器にしては破格もいいところである。
一応、天嵐(覇種)防具による補正を受けられないので、
SR終盤では天嵐武器や覇種武器ほどの性能を出し切れない状況もある。
ただ変種・奇種・遷悠種そしてG級昇級試験では覇種武器と遜色無い活躍ができるということであり、
極めてコストパフォーマンスに優れた選択肢であると言える。
なおプロジェクトR第二弾で生産難度が緩和されていない数少ない武器群である。
元々そこまで難しくなかったため大きな問題にはならないが、これによって剛種・天嵐武器との差は縮まったといえるか。

G10.1基準での性能は、G級強化直後で「G級武器Lv40」程度、
G級2段階強化時の最終性能が「最新のG級武器Lv50」と同等。
Z以降新たにランク帯も被さってくる辿異種が追加され、2017年4月アップデートからはそれに伴いG級遷悠種の狩猟ランクがGR100~になるので、
順番的にはG級武器・始種武器・天廊武器の次にして辿異武器の前に、最終強化が可能な武器ということになる。
上述の「防具に縛られない武器スロット」は、裏を返せば装飾品の分だけシジル焼き付け枠を失うのと同義でもあるので、
全スロットをシジルによる強化に回せるG級武器、
防具補正を含めるとシジルを一切焼けなくても十分強力な始種武器との差別化はきっちりできている。
また、遷悠武器はGR200時点の辿異武器と互角以上の性能を持っているため、
GR100~に変更される4月アップデート以降は、G級を進めていく上で遷悠武器をフル強化する利点も十二分に生まれることだろう。

強化素材は遷悠モンスターの素材のみ。
武玉やHC素材、汎用素材や他のG級素材は一切使用しない ため、遷悠種の攻略ができれば作りやすい。
生産素材も他の武器群に比べれば個数自体は少なめで、
HR5~の遷悠種は剛種よりやや高い程度の難易度なので、剛種武器と共にこれらの作成を目指すのも十分あり。
極征素材を使わないのでGR500(2017年4月からはGR100)を迎えて以降、いつでも最終強化に持っていける選択肢が生まれるのは大きなメリット。

フロンティアポイントを使う特典武器も同じくHR5で生産可能。
G級では昇級直後よりGR1とGR5強化が可能。
GR1とGR5強化は概ね普通の準G級武器と同じ素材を用いる。
性能的にはコラボガチャの武器や、古いGLv50と同じぐらいで、モンスター素材の遷悠武器ほどの強さはない。
この辺りはLv50G級武器とGR5準G級武器の関係に近いか。

ちなみに特殊リーチ武器は無く、今後も追加されないものと思われる。
複属性武器はゴア・マガラとシャガルマガラの武器で取り入れられている。

ラインナップ

遷悠武器は基本的に 他シリーズの武器の導入品 になっている。
モンスター側はジンオウガイビルジョーブラキディオスベリオロスウラガンキンナルガクルガジンオウガ亜種の武器がそれにあたる。
導入品にはなっているが、スラッシュアックスFのリオレウスリオレイアディアブロスガノトトスは通常のG級武器にあたる。

パッケージ特典や、くじの副産物であるFPと引き替える形で入手可能なものは、
見た目のネタ武器であるアイリューシカやシャークキング、
太古の塊から出土するヴォルガベルやアムニスなど、「MH3以降のみ登場する、モンスター由来でない武器」からチョイスされている。
おおよそ隔月くらいの間隔で、遷悠防具一種とともに数種更新・実装されている。
ちなみに、スラッシュアックスFとして実装されているグリムキャットやディーエッジも上記条件に当てはまる。
また、モンスター武器としては桜剣蒼斧、タイラントアックスなども他シリーズの武器の導入品条件に当てはまるが
モンスター素材、謎クエストの素材によって生産・強化できるという例外になっている。

こちらの従来武器の遷悠武器対応や、
独自の遷悠武器が実装ということは無いと思われる。
ただし、後者に関してはMHFにしかない穿龍棍を除く。

+ モンスター遷悠武器の傾向、特徴