天廊遠征録 > タワースキル

天廊遠征録専用のスキル。
タワーランクの上昇に伴い獲得するTSP(タワースキルポイント)を消費して習得することができる。


基本

TSPはTRが一定数上がる毎に1ポイントもらえるが、このTRの間隔は広がっていく。
イメージとしては以下のようにパートナーのスキルに近いようだ。
  • スキル自体にもLvが設定されており、一定レベルで上位スキルの習得が可能になる
  • スキルにはコストがあり、コスト合計が上限を超えるように装備することはできない。

「再覚之古書」というアイテムを使うことでそれまで習得したタワースキルを取り消し、TSPに戻すことができる。
これは開催毎に2階分の貢献報酬で必ず入手できるので、開催のたびに主目的(踏破重視、番人重視等)に合わせて振り直すのが基本になるだろうか。
他の「再覚之古書」の入手手段はない。サブキャラを持っている人は活用しよう。

また、「天技之古書」を集めることでTSPに変換できる。
レートは天技之古書5個で1TSP。天技之古書は貢献報酬や宝箱報酬で入手できる。

初期のスキルコストは100だが、日替わり報酬で入手可能な「天技指南書・序」でコスト上限を5増やすことができる。
コスト上限はZ1現在、130。
既に130にして余った場合でも、グーク鍋で天技之古書に変換出来るためできるだけ回収したい。

タワースキル一覧

上位スキルの習得には一つ下のレベルのスキル習得が必要。
例)攻撃力LV3習得には2TSP/TR1と攻撃力LV2の習得が必要

体術系

攻撃力

攻撃力(武器倍率)が上昇。
状況を問わず上昇はするが、脅威への奮闘や希望への活力(HR/SR時)に比べると上昇値は小さい。
必要TSPもコストも小さめなので、余裕があれば習得させておくとよい。
奮闘と重複するので番人戦でも有効。

LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5 +10
2 1 1 10 +20
3 2 1 10 +30
4 3 50 15 +50
5 3 50 15 +70

防御力

防御力が上昇。
こちらも、他のスキルと併用しないと効果は薄い。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5 +30
2 1 1 5 +50
3 2 1 5 +80
4 3 50 10 +110
5 5 100 10 +150

希望への活力

HRが低いほど攻撃・防御が大きく上昇。
1Pで取得できるため、HR・SRハンターでも天廊に挑みやすくなる。
その代わり必要コストが最も高い。G級に昇級したり装備やタワースキルが整ってきたら他のものにコストを割いた方がいい。
LV 習得条件 装備コスト HR 効果
TSP TR
1 1 1 70 1~99 武器倍率+80、防御+400
100~199 武器倍率+60、防御+300
~SR999? 武器倍率+50、防御+150
GR1~? 武器倍率+10、防御+50

スタミナ

スタミナの減少速度を抑える。
ランナースキルの代用として使えるほか、スキルと重複するためかなり強力。
Lv2で絶倫と併用すると、鬼人化/闘覇スキル有効時を除き 常時強走状態 となる。
しかしながら必要TSPが非常に高いのが問題点。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 3 1 15
2 7 25 25

回復力

体力ゲージの赤部分の回復速度が上昇。
赤ゲージを素早く回復させるので便利。こちらも回復速度や活力剤と重複する。
必要TSPの高さが難点であることも一緒。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 3 1 15
2 7 25 25

火炎保護

火炎系罠に対する耐性が上昇。
火炎系罠は一部除き怯まない罠なのでごり押し突破が比較的容易になる。
G8でLv4とLv5が追加され、Lv3以下のコストが緩和された。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5
2 2 20 10
3 4 50 15
4 5 100 15
5 7 200 20

電撃保護

電撃系罠に対する耐性が上昇。
電撃系は一区では種類が少なく、ごり押しにはあまり関わらないので活用しづらいかも。
こちらもG8でLv4・Lv5が追加され、Lv3以下のコスト緩和。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5
2 2 20 10
3 4 50 15
4 5 100 15
5 7 200 20

打撃保護

打撃系罠に対する耐性が上昇。
第一区では該当するのが岩しかないので微妙。二区では柱のトラップに効く。
こちらもG8でLv4・Lv5が追加され(ry
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5
2 2 20 10
3 4 50 15
4 5 100 15
5 7 200 20

斬撃保護

斬撃系罠に対する耐性が上昇。
ごり押しは無理だが槍や回転刃、矢のダメージを軽減できる。
いずれこれに頼らないで突破できるようにはなりたいが、慣れないうちはオススメ。
こちらもG8で(ry
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5
2 2 20 10
3 4 50 15
4 5 100 15
5 7 200 20

技能系

技巧術

一部のレバーやスイッチが起動可能になる。
これによってショートカットできる部屋が多く、階層進め・番人戦狙い問わず優先して発動させてもよい。
第一区ではLv1まででOK。第二区ではLv2が要求される。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 10
2 3 15 15

交渉術

BC・天廊内で購入できるアイテムの価格が安くなる。
こちらも番人戦、階層進め問わず使えるが、Gmの入手手段が充実してきた現在ではやや微妙か?
ちなみにエクストラコースの割引と重複する。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5 1割引き
2 3 50 10 2割引き
3 5 100 20

砲撃手

天廊内の大砲の威力が上昇。
スキルなしでは2発当てないと壊せない瓦礫(ただし現在宝箱の入手に関わるもののみ)が一部あるので便利。
G8でLv4とLv5が追加された。第二区にあるバリスタの威力UP効果も追加されている。
元々LV3以降はモンスターを転倒させる効果がついており、トラップのハメが崩れる可能性があったが、
G8で怯みに変更されたためLv3以降の習得価値も上がった。
バリスタで延々と怯み続けるモンスターの姿はある意味必見。

LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5
2 2 20 10
3 5 50 15 モンスターを怯ませることができるようになる。
4 6 100 15
5 8 150 15 モンスターを怯ませることができるようになり、大砲・バリスタ使用中にハイパーアーマー付与

破壊王

破壊可能物に対する攻撃力が上昇し、弾かれなくなる。
無しでも壊せるが時間と斬れ味の消費がマッハなので…
なお突破するのに破壊可能物を壊す必要がある部屋では、一区でも二区でも必ず武器攻撃以外の選択肢があるようにはなっている。
一区ではこれを用いてショートカットできる部屋が2パターンしか存在しないので、一区の番人戦メインならあまり重視しなくていい。
もちろん宝箱の回収を含めるならこの限りではない。
二区では武器攻撃によって破壊できる壁・柱が多くの部屋で出現し、これがあればショートカット出来る場面も多い。
二区のトラップ自体が複雑なこともあり、番人戦メインでも習得しておいたほうがいい。

大砲・バリスタでのみ壊せる瓦礫はこれを付けていても破壊不可能。
ちなみにレベル2と3では破壊効率に2倍以上もの差が出る。

LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5
2 3 10 15
3 5 50 25

気つけ術

蘇生速度・蘇生時の体力回復量が上昇。
気つけ薬の蘇生速度が上がるため、番人戦での迅速な蘇生が期待できる。
というか番人戦で気つけ薬を使うことを前提に置いている場合、Lv3が無いと気つけ薬を使っている暇がない。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 2 1 10
2 5 50 20
3 10 100 30

薬剤師

気つけ薬・気つけ玉の最大所持数が増える。
こちらは特に番人戦の復帰回数(=制限時間)を増やすという観点で強力なスキル。
Lv1はともかく、Lv2以降のコスト・TSPが重い。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 1 1 5 +1
2 3 20 10 +2
3 5 50 15 +4

トレジャー

宝箱報酬で得られる宝玉の数が一定確率で増加する。
また宝玉以外の素材については増えない模様。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 2 1 10
2 4 30 15
3 7 100 25

激遭

天廊の番人に遭遇する確率が上昇する。
このスキルが適用された場合、 BC気球を降りた直後に番人フロアになる
G7よりハンターライフコースが有効であれば天廊ネコから全種類のアイテムが交換できるようになっているが、
道中モンスター討伐によるGm入手が出来ないため、やりくりには注意が必要。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 3 1 10
2 5 10 20
3 8 100 25

罠回避

G8で追加。天廊内のシビレ罠や落とし穴にかからなくなる。落とし穴は1区にはなく2区にて登場。
存在する部屋数は多くはないものの、引っかかった際のタイムロスは大きいので余裕があれば。
罠自体を潰さずに素通りできるのでモンスターを誘導しやすくなる。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 5 50 10

特殊系

耐壊毒

壊毒とは番人が覚醒後に使う専用の状態異常。
発動させるとスリップダメージ速度低下に加え、ダメージが入りだすまでの猶予時間の伸びが期待できる。
また、壊毒で低下する防御力も抑制できる?
Lv1だけでも「被弾して真根性発動→壊毒で粉塵を受ける間もなく即死」という事態が起こりにくくなる。
ただしLv3でも無効化はできない。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 2 10 5
2 5 100 10
3 10 200 20
薬剤師LV3

耐絶凍

G8で追加。「強力な凍結に対する耐性が上昇する」。
絶凍は第二区の番人が第三段階になった後に使用する、冷気を帯びた攻撃につく状態異常。
発動すると凍結時間を短縮でき、更にLVに関係なく解除後の強制即死を回避できるようになる。
第一区の番人はこれに該当する攻撃を用いてこないので必要ない。
Lv3の習得には耐壊毒Lv3の習得が必要。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 2 100 5
2 5 200 10
3 10 250 20
耐壊毒LV3

脅威への奮闘

天廊の番人に対する攻撃力が大幅に上昇。
通常の攻撃力タワースキルと重複し、各種乗算効果も乗る。
高レベルのものは前提条件が厳しいが、Lv1からでも討伐時間短縮=失敗可能性を減らすのに役立つ。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 2 10 5 武器倍率+50
2 3 10 10 +75
3 4 10 10 +100
4 5 100 15 +150
攻撃力LV5 15
5 8 200 15 +200

脅威への抵抗

天廊の番人に対する防御力が大幅に上昇。
こちらはLv1では劇的な効果が見込めない。Lv2以上は発動させたいところ。
最大まで上げると、第一区の番人の突進コンボを耐えることもできるようになる。
第二区の番人は更に攻撃力・タフネスが上昇しているため、さすがに攻撃・奮闘に回して短期決戦に臨みたいところだが。
LV 習得条件 装備コスト 効果
TSP TR
1 2 10 5
2 3 10 10
3 4 10 10
4 5 100 15
防御力LV5 15
5 8 200 15
}

タワースキルの組み合わせ

もらえるTSPは決して多くはないので、いずれかの目的に特化してスキルを組むことになる。

共通

  • 希望への活力
    • HR・SR・低GRハンターに有効なスキル。高GRでもない限り、迷ったらまずはこれを習得するとよい。
  • 技巧術
    • 多くのショートカットが利用できるようになるため階層突破が容易になり、宝箱も入手しやすくなる。
    • 番人戦でもそこに辿りつくまでの過程が楽になる(激遭で遭った場合を除く)ので、状況問わず優先して付けたい。
    • 上でも書いたが、第一区ではLv2にする必要はない。二区ではLv2が必要になる。
  • 火炎保護
    • 何気に重要なスキル。火炎系罠の中でも戦い続けたり、ごり押し突破できるようになる。
    • こちらも階層突破に大きな影響があるため、番人戦メインでも装備する価値はある。
    • ダメージを大幅に軽減できるレベル3以上推奨。
  • スタミナ
    • 天廊内は走り続けるため効果は大きい。上にもあるがLv2にして絶倫(ランナーでも可?)と重複させると常時強走状態となる。
      闘覇や鬼人化では強走は無効化されるが、スタミナ消費速度が更に減る。
    • 番人戦でも闘覇の運用や、慣れないうちの凍傷対策として使える。
  • 破壊王(二区)
    • これを付けることでショートカットできるタイプの部屋が増えた二区では非常に有効なスキル。
    • 番人戦メインでも複雑なギミックを回避しやすくなるので付けておきたい。
    • 一区では番人戦メインなら基本不要。

階層稼ぎ・報酬狙い用

  • トレジャー
    • 増えるのは宝箱で出る宝玉だけなので、天廊武具の強化がメインの場合に。
      あくまで宝箱が出ないと意味がないので、TSPが余っていたらつける感じで。
  • 斬撃保護
    • 槍や回転刃で死ぬ可能性が下がるのであれば便利ではある。
    • ただしごり押し突破には向かないので、慣れてない人向け。
    • 2区の回転刃の中には一撃必殺の威力を持つものもあるので、つけておいたほうが安心感は増す。

番人用

  • 脅威への奮闘・攻撃力
    • 討伐時間を減らす=時間切れ失敗のリスク軽減という観点で非常に重要。
    • もちろん死にまくるようなら意味が無いので、その場合は抵抗と耐壊毒を優先して早いこと番人の動きを覚えよう。
    • 攻撃力と脅威への奮闘は重複する(効果としては脅威への奮闘の方が大きい)ので、コストが許すなら両方発動させると更によい。
  • 脅威への抵抗
    • 慣れていない人向け。最低でもレベル2以上必須。
    • コストが重いが、LV5にするとみなもとを使っているような感覚で戦える。
  • 耐壊毒・耐絶凍
    • こちらも慣れていない人向け。慣れている人でも事故防止には役立つ。
    • 特に耐絶凍はLV1からでも凍結後の強制即死を回避できる。多く被弾するうちはかなり有効。
  • 薬剤師
    • 死ぬ人が多いなら絶対につけよう。
  • 気つけ術
    • 気つけ薬はスキが大きいので、TSPが余っていたらつけておきたい。
  • 激遭
    • 40F置きとはいわず更に戦闘回数を増やしたい人向け。
    • 贅沢な使い道だが発動すれば1Fで即帰還できるため、平常時でも基本報酬分に寄与してくれる。

パートナーのタワースキル

G7よりパートナーを天廊に連れて行くことが可能になったのだが、
パートナーもタワースキルを習得することができる。
とは言っても通常スキルのように習得→セットという流れではなく、ハンターのTRに応じて自動習得していくようだ。