コード名の表記

_S ゲームID
_G ゲームタイトル
_C0 コード名 自動実行しない
_C1 コード名 自動実行する


Constant Write(連続書き込み)

8bit 0x0aaaaaaa 0x000000bb アドレスaaaaaaaに値bbを書き込み続ける
16bit 0x1aaaaaaa 0x0000bbbb アドレスaaaaaaaに値bbbbを書き込み続ける
32bit 0x2aaaaaaa 0xbbbbbbbb アドレスaaaaaaaに値bbbbbbbbを書き込み続ける


In/Decrement(加減算コード)

8bit 0x301000nn 0x0aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値にnnを加算し続ける
0x302000nn 0x0aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値からnnを減算し続ける
16bit 0x3030nnnn 0x0aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値にnnnnを加算し続ける
0x3040nnnn 0x0aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値からnnnnを減算し続ける
32bit 0x30500000 0x0aaaaaaa
0xnnnnnnnn 0x00000000
アドレスaaaaaaaの値にnnnnnnnnを加算し続ける
0x30600000 0x0aaaaaaa
0xnnnnnnnn 0x00000000
アドレスaaaaaaaの値からnnnnnnnnを減算し続ける

Test Code(条件判定コード)

8bit(ver0.1.4以降) 0xDaaaaaaa 0x200000dd アドレスaaaaaaaの値がddと等しければ下のコード実行
0xDaaaaaaa 0x201000dd アドレスaaaaaaaの値がddと等しくなければ下のコード実行
0xDaaaaaaa 0x202000dd アドレスaaaaaaaの値がddより小さければ下のコード実行
0xDaaaaaaa 0x203000dd アドレスaaaaaaaの値がddより大きければ下のコード実行
16bit 0xDaaaaaaa 0x0000dddd アドレスaaaaaaaの値がddddと等しければ下のコード実行
0xDaaaaaaa 0x0010dddd アドレスaaaaaaaの値がddddと等しくなければ下のコード実行
0xDaaaaaaa 0x0020dddd アドレスaaaaaaaの値がddddより小さければ下のコード実行
0xDaaaaaaa 0x0030dddd アドレスaaaaaaaの値がddddより大きければ下のコード実行

Multiple Skip

16bit 0xE0nndddd 0x0aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddddと一致するとき下のnn行分のコード実行
0xE0nndddd 0x1aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddddと一致しないとき下のnn行分のコード実行
0xE0nndddd 0x2aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddddより少ないとき下のnn行分のコード実行
0xE0nndddd 0x3aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddddより大きいとき下のnn行分のコード実行
8bit(ver0.1.9 REV.I 以降) 0xE1nn00dd 0x0aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddと一致するとき下のnn行分のコード実行
0xE1nn00dd 0x1aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddと一致しないとき下のnn行分のコード実行
0xE1nn00dd 0x2aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddより少ないとき下のnn行分のコード実行
0xE1nn00dd 0x3aaaaaaa アドレスaaaaaaaの値がddより大きいとき下のnn行分のコード実行

Adress Compare+Multiple Skip(ver0.2.1A以降)

Adress Equal 0xDaaaaaaa 0x4bbbbbbb
0x000000nn 0x0000000Y
アドレスaaaaaaaにある値とアドレスbbbbbbbの値が一致するとき
下のnn行分のコード実行 Y =0(8bit), 1(16bit), 2(32bit)
Adress Not Equal 0xDaaaaaaa 0x5bbbbbbb
0x000000nn 0x0000000Y
アドレスaaaaaaaにある値とアドレスbbbbbbbの値が一致しないとき
下のnn行分のコード実行 Y =0(8bit), 1(16bit), 2(32bit)
Adress Less Than 0xDaaaaaaa 0x6bbbbbbb
0x000000nn 0x0000000Y
アドレスaaaaaaaにある値よりアドレスbbbbbbbの値が多いとき
下のnn行分のコード実行 Y =0(8bit), 1(16bit), 2(32bit)
Adress Greater Than 0xDaaaaaaa 0x7bbbbbbb
0x000000nn 0x0000000Y
アドレスaaaaaaaにある値よりアドレスbbbbbbbの値が少ないとき
下のnn行分のコード実行 Y =0(8bit), 1(16bit), 2(32bit)

Multi Address Writes(シリアルコード)

8bit(ver0.1.6以降) 0x8aaaaaaa 0xbbbbyyyy
0x000000dd 0x000000ee
アドレスaaaaaaaからbbbb個のアドレスになるように
yyyyアドレスずつずらしながら値ddを書き込み続ける
このときddもee分ずつ増加して書き込む
16bit(ver0.1.6以降) 0x8aaaaaaa 0xbbbbyyyy
0x1000dddd 0x0000eeee
アドレスaaaaaaaからbbbb個のアドレスになるように
yyyy*2アドレスずつずらしながら値ddddを書き込み続ける
このときddddもeeee分ずつ増加して書き込む
32bit 0x4aaaaaaa 0xbbbbyyyy
0xdddddddd 0xeeeeeeee
アドレスaaaaaaaからbbbb個のアドレスになるように
yyyy*4アドレスずつずらしながら値ddddddddを書き込み続ける
このときddddddddもeeeeeeee分ずつ増加して書き込む

Boolean Commands(論理演算コード)

8bit OR 0x7aaaaaaa 0x000000vv アドレスaaaaaaaの値とvvの論理和を書き込む
AND 0x7aaaaaaa 0x000200vv アドレスaaaaaaaの値とvvの論理積を書き込む
XOR 0x7aaaaaaa 0x000400vv アドレスaaaaaaaの値とvvの排他的論理和を書き込む
16bit OR 0x7aaaaaaa 0x0001vvvv アドレスaaaaaaaの値とvvvvの論理和を書き込む
AND 0x7aaaaaaa 0x0003vvvv アドレスaaaaaaaの値とvvvvの論理積を書き込む
XOR 0x7aaaaaaa 0x0005vvvv アドレスaaaaaaaの値とvvvvの排他的論理和を書き込む

Pointer Commands(ポインタコード)

8bit 0x6aaaaaaa 0x000000vv
0x00000001 0xiiiiiiii
アドレスaaaaaaaの値を基準アドレスとし
値vvを基準アドレス-0x8800000+iiiiiiiiに書き込む
16bit 0x6aaaaaaa 0x0000vvvv
0x00010001 0xiiiiiiii
アドレスaaaaaaaの値を基準アドレスとし
値vvvvを基準アドレス-0x8800000+iiiiiiiiに書き込む
32bit 0x6aaaaaaa 0xvvvvvvvv
0x00020001 0xiiiiiiii
アドレスaaaaaaaの値を基準アドレスとし
値vvvvvvvvを基準アドレス-0x8800000+iiiiiiiiに書き込む

Reverse Pointer(逆ポインタコード ver0.1.8 REV. C以降)

8bit 0x6aaaaaaa 0x000000vv
0x00030001 0xiiiiiiii
アドレスaaaaaaaの値を基準アドレスとし
値vvを基準アドレス-0x8800000-iiiiiiiiに書き込む
16bit 0x6aaaaaaa 0x0000vvvv
0x00040001 0xiiiiiiii
アドレスaaaaaaの値を基準アドレスとし
値vvvvを基準アドレス-0x8800000-iiiiiiiiに書き込む
32bit 0x6aaaaaaa 0xvvvvvvvv
0x00050001 0xiiiiiiii
アドレスaaaaaaaの値を基準アドレスとし
値vvvvvvvvを基準アドレス-0x8800000-iiiiiiiiに書き込む

Extra Pointer(追加オプション,Ver0.2.1以降,nnnn>1の場合)

type null 0x6aaaaaaa 0xvvvvvvvv
0xqqq2nnnn 0xiiiiiiii
0x00000000 0x00000000
nnnn>1のときqqqを使いたい場合入れる必要となる?
アドレスaaaaaaa+qqq*4(nnnn-1)の値を基準アドレスNとする
multi adress write 0x6aaaaaaa 0x000000vv
0xqqq0nnnn 0xiiiiiiii
0x9sssssss 0x000000ww
nnnn>1のときオフセットiiiiiiiiをssssssずつずらしながら書き込む
vvもww分ずつ増加して書き込まれる。
0x6aaaaaaa 0x0000vvvv
0xqqq1nnnn 0xiiiiiiii
0x9sssssss 0x0000wwww
nnnn>1のときオフセットiiiiiiiiをssssss*2ずつずらしながら書き込む
vvvvもwwww分ずつ増加して書き込む
0x6aaaaaaa 0xvvvvvvvv
0xqqq2nnnn 0xiiiiiiii
0x9sssssss 0xwwwwwwww
nnnn>1のときオフセットiiiiiiiiをssssss*4ずつずらしながら書き込む
vvvvvvvvもwwwwwwww分ずつ増加して書き込む
copy byte 0x6aaaaaaa 0xvvvvvvvv
0xqqq00002 0xiiiiiiii
0x1sssssss 0x00000000
基準アドレス-0x8800000+iiiiiiiiの値を基準アドレス2-0x8800000+ssssssssにvvvvvvvv分コピー
multi pointer(0.2.2REVA以降) 0x6aaaaaaa 0xvvvvvvvv
0xqqqt00nn 0x0000zzzz
0xS000iiii 0x00000000
0xS000jjjj ...
0xS000yyyy ...
aaaaaaa=第1ベースアドレスがあるポインタアドレス、vvvvvvvv=最終到達アドレスに書き込む値
t=最終到達アドレスに書き込むbit数とzzzzの加減方向 0~2が加算の0=8bit, 1=16bit, 2=32bit、3~5が減算の8bit,16bit,32bit
nn=追跡回数、zzzz=最後に足す/引くオフセット値(最終書込アドレス=第nnベースアドレス-0x8800000+/-zzzzになる)
S=オフセットの加減 S=2でプラス, S=3でマイナス、iiii=第1ベースから足す/引くオフセット値
これより下の行は3回以上の追跡をする場合追跡回数に応じて追加
jjjj=第2ベースから足す/引くオフセット値
yyyy=第(nn-1)ベースから足す/引くオフセット値

Joker Code(パッドコード)

0xD00000dd 0x1000nnnn ボタンを押している間dd+1行分下のコード実行 nnnnはパッドの合計値

Inverse Joker Code

0xD00000dd 0x3000nnnn ボタンを押している間dd+1行分下のコード無効 nnnnはパッドの合計値

ボタン パッド値(=nnnn)
セレクト 0x0001
スタート 0x0008
0x0010
0x0020
0x0040
0x0080
L 0x0100
R 0x0200
0x1000
0x2000
× 0x4000
0x8000
HOME 0x10000
HOLD 0x20000
NOTE 0x800000
SCREEN 0x400000
VOLUME UP 0x100000
VOLUME DOWN 0x200000
WLAN UP 0x40000
REMOTE HOLD 0x80000

Copy bytes(コピー)

0x5aaaaaaa 0xnnnnnnnn
0xbbbbbbbb 0x00000000
アドレスaaaaaaaからbbbbbbbbbにnnnnnnnnバイト分コピー

Code stopper(停止コード)

0xCaaaaaaa 0xvvvvvvvv アドレスaaaaaaaの値がvvvvvvvvでないときコードを停止

Time command(遅延コード)

0xB0000000 0xnnnnnnnn nnnnnnnn分だけ遅らせる,0x10で1秒



FREECHEAT Special Format

MULTI(HIGH LV) POINTER(080323 later version)

Multi Pointer+Option 0x6aaaaaaa 0x00000000
0x000u0000 0x0000iiii
0x60000000 0x00000000
0x000u0000 0x0000jjjj
0x60000000 0x00000000
0x000u0000 0x0000kkkk ....
0x60000000 0xvvvvvvvv
0x000t0001 0x0000zzzz
0x90000000 0x00000000
aaaaaaa is pointer address,the first baseaddress position
t = write bit, see CWC
vvvvvvvv=write value
u=add/substract offset.6 is adding,7 is substracting

iiii=add/substract offset to 1st baseaddress

jjjj=add/substract offset to 2nd baseaddress

kkkk=add/substract offset to 3rd baseaddress

....
zzzz=add/substract offset to last baseaddress

write a final address=last baseaddress-0x8800000+/-zzzz
# Multi address write and Copy bytes can be used with multi pointer.

CheatMasterFusion Special Format

CODE Encryption(R19D~)

Encrypted codes 0xF0XXXXnn 0xYYYYYYzz next nn lines asm subrutine code is executed.zz=00 raw asm code,other is encripted.

Restore Value(R20~)

Restore codes 0xCaaaaaaa 0xbbbbbbbb this code is same "type 0x2" 32bit write,difference is restoring original value when you unlock code.

添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー