18_197-396


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

197 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:14:36 ID:???
ラクス「ハァ、アスランの家出騒動も一段落しましたし、ここらで新しい刺激が欲しいですわねぇ。」
虎(俺は毎日嫌な刺激だらけだがね…)
ラクス「ところでバルトフェルドさん、今日のスケジュールは?」
虎「ああ、今日は18:00から〈Musicステーショナリー〉の収録だな。ミーアと共演になる。」
ラクス「あら、ミーアさん新曲出しましたのね。最近お寿司屋の仕事に専念していたようでしたので知りませんでしたわ。」
虎「彼女は器用だからな、音楽活動と寿司屋を上手く両立してるのさ。スケジュール管理は付き人のアニューがきっちりやってるし。」
ラクス「まあ…頑張ってますのね。」
虎(ミーアの謙虚さの4割でもいいからラクスに分けて欲しいもんだなぁ…ふぅ。)


198 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:21:45 ID:???
>>197
ロックオン「お、Musicステーショナリーか。って刹那が見てるのは珍しいな。」
アレルヤ「そうだね。いつもはガンダム曲が出ないと見ないのに。」
刹那「…(TVの前で正座)」

ミーア(TV)『皆~!今日はおもいっきり歌うからね~!』

ティエリア「フッ、なるほど。」
マリー「同じお姉ちゃんズとしてミーアさんと付き人のアニューさんを応援しなきゃ。(正座して視聴)」

刹那「…やはり」
ライル「お、何だい刹那。」
刹那「いや、やはりミーア姉さんは綺麗だと思った。見た目だけじゃなく、歌っている姿も含めて全てが。」

全員(((あなどれない子だ…)))


199 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:26:11 ID:???
刹那…同じ見た目のラクス嬢に聞かれたらどうするんだ…
そしてロックオン、お前さん自分の愛弟を狙い撃たなきゃならない可能性が…


200 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:28:56 ID:???
ロックオンはせっちゃん以外なら状況次第で容赦なく撃ちそうだw
ライルの場合は家族以外って枠になりそうだけどw


201 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:29:15 ID:???
せっちゃんの女性の認識… 

綺麗な人→真・お姉ちゃんズのメンバー達(ネオ、ミーア、ソーマリー、アニュー)

可愛い人→ネーナはじめ学園組の女子陣(ルナ、ステラ、メイリン、ルイス、フェルト、ミレイナ)

カッコいい人→カガリ

何だか活力に溢れてる人→ラクス 

お母さん的な人→マリナ、タリア、

妹みたいな人→マユ


こんな所だろうかwww


202 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:31:28 ID:???
>>201
カッコいい人と何だか活力が溢れてる人に吹いたわwww


203 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:33:36 ID:???
お母さん的な人の中にシンが入ってないぞ!

え、シンは男だって?ハハハナニヲイッテ(ry


204 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:33:38 ID:???
ちょいと8レスほど投下するよ


205 :※彼らはみんな裸です 1/8:2009/02/16(月) 23:35:29 ID:???
5兄弟+ソレスタ+トリニティで銭湯に来ました

カガリ「いやー、やっぱり銭湯はさっぱりするなぁ!」
マリー「そうですね、家のお風呂は小さいから…」
ルナ「そういえばマリーさんって、お風呂はどうしてるんですか?刹那たちの家のお風呂に入ってるの?」
ステラ「アレルヤと一緒に入ってる…?」
マリー「そんな…(///)ちゃんと家に帰って入ってます!」
フェルト「そうだよね、さすがに男4人が入ってるお風呂には…」
ミレイナ「そうですか?ミレイナは大丈夫ですぅ。
     でもこの前アーデさんに一緒に入るですぅ!って言ったら怒られたですぅ…」
フェルト「当たり前よ!」
ネーナ「ネーナも別に大丈夫だけどなー。せっちゃんとなら是非一緒に入りたいし!
    …あ、でもネーナの後には絶対にミハにぃが入らないようにしてるや…」
ルナ「ああ、あの人はね…」
カガリ「…ん?どうしたラクス?そんな隅の方にいて。もっとこっちに来いよ」
ラクス「…嫌ですわ。今そちらはミレイナさん以外は敵ですわ!」
ステラ「?」
ミレイナ「ですぅ?」
他『ああ……』

ミハエル「…というわけでよ、銭湯といったらやっぱり覗きだろ!」
キラ「君はネーナちゃんにしか興味がないんだろ…まぁ、僕も乗るけどね」
ミハエル「お、わかってんじゃねーの」
アスラン「キラ!お前は二次元にしか興味がないんじゃなかったのか!」
キラ「やめてよね、アスラン。…おっぱいに関しては、三次元に勝る二次元はない!」
アスラン「そ、それは確かに…というか、何故俺まで」
キラ「むっつりの癖に真面目ぶっちゃって。別に興味がないなら、ここに残ってもいいよ」
アスラン「…なら、見るしかないじゃないかー!」
二人「「言うと思ったよ!」」
キラ「よし、それじゃあこのままこっそりと女湯へ…」
「…おい、何やってんだよ、あんた達」


206 :※彼らはみんな裸です 2/8:2009/02/16(月) 23:37:00 ID:???
キラ「…チッ!もう気付いてたのか」
シン「あんたの姿が見れない時点で、こんなことだろうと思ってたよ!」
刹那「キラ…いやフリーダム!お前を駆逐する!」
キラ「君にはまだわからないんだ!おっぱいの素晴らしさが!」
刹那「黙れ!」
アレルヤ「アスランさん、貴方までこんなことを…」
アスラン「こうなったらもうやぶれかぶれだ。お前にはわかるまい…彼女のいない男の辛さを!」
ロックオン「おうおう、モテない男のひがみはみっともないぜ?」
ヨハン「…まだ懲りないのか、ミハエル」
ミハエル「いつもの風呂はヨハンの兄貴がこっそりガードしてるから、こんなときしかねーと思ってたが…
     眼鏡!お前までそっちとは意外だな!」
ティエリア「うるさい…やはり貴様とは歩く道が違っていたようだ…私が貴様を処断する!」
ミハエル「やってみろ!」

キラ「とりあえず…みんな散るよ!」
アスミハ「「応ッ!」」
『!』
シン「くそっ、バラバラに…!」
キラ「一人でも女湯に辿りつけば僕たちの勝利だよ!」
ロックオン「お前ら、あいつらを追いかけるぞ!」
刹那「刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!」


207 :※彼らはみんな裸です 3/8:2009/02/16(月) 23:38:32 ID:???
Aルート
刹那「待て!スローネツヴァイ!」
ミハエル「やっぱりお前か…お前とは一度決着をつけようと思ってんだよ、ネーナのことでな!」
刹那「何!?」
ミハエル「ネーナはお前に渡さねぇ!ネーナはお嫁に出さずにずっと家にいるんだよ!」ビュン!
刹那「くっ!貴様…!」
ミハエル「ほら、動揺してっぞ!」ビュン!
ギン…!
ヨハン「…ネーナの未来はネーナが決まることだ。お前はいつまでも妹に甘えすぎだ…!」
ミハエル「おっと。やっぱり来たかぁ、兄貴ー!」

ルナ「…ねぇ、なんだかあっちバタバタしてない?」
マリー「そういえばそうですね…」
ネーナ「またミハにぃが迷惑かけてなきゃいいんだけど…」
ルナ「さすがにそう何度もないでしょw」
ネーナ「うーん、でもミハにぃだからなー…」

ミハエル「さっさとそこどいてネーナの裸見せろや、ゴルァー!」ビュン!
ヨハン「欲望はここまで人を強くするのか…!」
刹那「俺にはわからない…」
ヨハン「私もだよ、刹那くん」
ミハエル「すましてんじゃねーぞ!ゴラ!」
ヨハン「とにかく…」
刹那「今は…」
ヨハ刹「「あいつを倒す!」」
刹那「トランザム!!」
ミハエル「何ぃ!!ガキが消えやがって…ぐあ!いつの間に後ろに…!」
刹那「今だ!」
ヨハン「ああ…ギガドリルブレイク!!(股間に)」
ミハエル「う…うおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」


208 :※彼らはみんな裸です 4/8:2009/02/16(月) 23:39:54 ID:???
Bルート
アスラン「アレルヤ…お前、一人だけか!」
アレルヤ「認めたくないけど、この中で僕が一番強いからね…アスランさん、貴方を止めます!」
アスラン「…お前が、俺を?」
シュン!!
アレルヤ「ハッ…ぐあっ!」
アスラン「…もう一度聞くが、お前が、俺を、止めるだと?」
アレルヤ「…!」

(カガリ「本気のアスランはなー、私と同じくらい強いんだぞ!
     昔、私やシンがいじめられたときはいつもアスランが助けてくれたんだ!」)

アレルヤ(…この人、今、本気なのか…こんなことで…)
アレルヤ(いや…)
アレルヤ(こんなことじゃない!)
アレルヤ「マリー!!」

マリー「…あら?今、アレルヤの声が聞こえたような気が…」
ルナ「あれぇ?こんなところでノロケですか?」
マリー「ち、違うわ…!(///)」
フェルト「仲が良くて羨ましいです」
ミレイナ「お二人はお似合いですぅ!」
マリー「からかわないでください…!」
カガリ(気のせいか?『昔』のアスランの気配が…)


209 :※彼らはみんな裸です 5/8:2009/02/16(月) 23:41:58 ID:???
Cルート
ロックオン「おい、コラ!待て、キラ!」
シン「あんたって人は…なんでいつもいつもこんなことになるんだ!」
キラ「ちょwなんで僕だけこんなに…!」
ロックシン「「それはお前が(あんたが)要注意人物だからだ!」」
キラ「それはどうも…!」
ティエリア「キラ!」
キラ「ティエリア!…二次元大好き人間の君が最初から誘いに乗るとは思ってなかったけど、
   まさか妨害までしてくるなんて…理由はミレイナはちゃんなの?」
ティエリア「答える義務はない…ただ僕には守るものができた…理由はそれで十分だ!」ビュン!
キラ「危ない!…いい答えだね。でも安心してよ、僕はミレイナちゃんには興味ないから」
ティエリア「何…?」
キラ「僕が見たいのはルナマリアちゃんやステラちゃんやフェルトちゃんみたいな大きなおっぱいだけだよ」

「!」
「!」

キラ「だから、そこをどいて…ぐおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!」
ロックシン「「うちの『娘』に手を出すんじゃねえええええぇぇぇぇ!!!!!」」
ドォォォォン!!!

ルナ「…さっきから壁の向こう側がうるさいわね」
ステラ「シン達、遊んでるの?」
ルナ「ガキじゃないんだから…」
フェルト「…なんでだろう、さっき誰かに嬉しいような嬉しくないような呼び方をされた気がする…」
ルナ「それ、私も」
ステラ「ステラも」
三人『?』

キラ「…会得していたのか…おかんの力…しかもダブル…!
   見事だよ…シン…ロックオン…!がはっ!」


210 :※彼らはみんな裸です 6/8:2009/02/16(月) 23:43:54 ID:???
再びBルート
アスラン「…お前はもう立てない。そこでずっと寝ていろ」
アレルヤ「…待って…くれないかな…?」
アスラン「アレルヤ!…まだ立てるのか」
アレルヤ「確かに僕は貴方より弱い…でも!僕は貴方より強くなれる理由を持っている!」
シュン!!
アスラン「それはマリーのことかーッ!!」
アレルヤ「それだけじゃない!!」
アスラン(ガードしただと!俺のスピードについてきた…!?)
アレルヤ「…カガリさんに、みんなに、僕は教わってきた!僕は貴方に勝つ!」
アスラン「ッ!この馬鹿野郎!!」
ハレルヤ「馬鹿はてめえだろうが!!」
アスラン「何!?」
ハレルヤ「おいおい、俺様のことを忘れてんじゃねーよ…そうだろ?なぁ、アレルヤー!」
アレルヤ(そうだね、ハレルヤ…!)
アレルヤ「石破…!!」
アスラン「あ…


アスラン「…石破天驚拳もどき…いや、さしずめ石破天驚クローといったところか…」
アレルヤ「今の僕にはこれが限界です。これだって、ハレルヤが、カガリさんが、マリーがいたから…」
アスラン「なるほどな、カガリが目をかけていた理由がわかったよ。お前の勝ちだ、アレルヤ…ぐはっ!」
アレルヤ「アスランさん…!」

カガリ「やったぞアレルヤ!…と突然叫びたくなったんだがなんでだ?」
マリー(アレルヤ、頑張ったわね…)


211 :※彼らはみんな裸です 7/8:2009/02/16(月) 23:45:36 ID:???
再びAルート
ミハエル「…おい、ガキ」
刹那「俺の名は刹那だ。刹那・F・セイエイだ」
ミハエル「俺はミハエル・トリニティだ、スローネツヴァイじゃねえ…お前、ネーナが好きか?」
刹那「友達という意味ならそうだ。お前のいう意味なら…俺にはわからない」
ミハエル「はっ?じゃあお前、なんでネーナをかばったんだよ?」
刹那「あいつには借り(>>45)がある。それを返しておきたかった」
ミハエル「…そーかい。まー、別にどっちでもいいけどよ。いや良くねーよ」
刹那「どっちだ」
ミハエル「…あいつのこと、泣かすんじゃねーぞ」
刹那「…約束する」

フェルト「ネーナは結局、ミハエルさんのことは嫌いなの…?」
ネーナ「ううん、好きだよ!だってネーナの大好きなにぃにぃだもん!
    …でもね、ミハにぃはやりすぎなんだよ…だから嫌いじゃなくてキモイ!」

ミハエル「ごはぁ!」
刹那「どうした!」
ミハエル「…へっ、ネーナが俺の噂をしてたみたいだぜ…」
刹那「それで何故吐血する」
ミハエル「がくっ」
刹那「おい!」

ヨハン(刹那くんは次々とうちの兄弟を籠絡していくな…)


212 :8/8:2009/02/16(月) 23:47:10 ID:???
ルナ「…なんかあんた達、入ったときより疲れてない?」
シン「あ?ああ…ほら、キラ兄、しっかりしろよ!」
キラ「僕もう動けない…シン、家までおんぶして」
シン「しょうがないなぁ…ほら、しっかりつかまっとけよ」
ロックオン「…こいつ、その辺に捨てても構わないんじゃないか?」

アレルヤ「アスランさんは僕がおんぶしますから」
アスラン「アレルヤ…すまない…」
マリー「大丈夫ですか、アスランさん」
ステラ「アスラン、平気?」
アスラン「やめてくれ…そんな純朴そうな目で俺を見ないでくれ…俺は…俺は…!」
フェルト「どうしたんだろう…」
アレルヤ「……」

ティエリア「…銭湯はどうだった?」
ミレイナ「はい、とっても楽しかったですぅ!またみんなで行きたいです!」
ティエリア「そうか…僕が戦った意味はあったか」

ネーナ「せっちゃん、お風呂に入ってツヤツヤになったネーナはどう?」
刹那「(汚れが落ちて)キレイになった」
ネーナ「きゃあー♪」
ミハエル「刹那!あんまりネーナに近づいてんじゃねーよ!」
刹那「こいつからくっついてくるんだ、ミハエル」
ヨハン(ふふ…)

ラクス「…どうしてでしょう?私だけ蚊帳の外だったような気が…気のせいですわよね、気のせい…」


213 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:48:25 ID:???
連投乙かれ様!めちゃ吹いたぜwwwwwww


214 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:49:28 ID:???
覗きを働くもの滅ぶ運命に有り、か…いいもん見せてもらったぜGJ!!!!


215 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:50:02 ID:???
なんでたかが銭湯へ行こうって話でこんなにドタバタするんだwww

誤変換したから一言
銭湯で戦闘


216 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:50:07 ID:???
乙、長編もいいもんだな…気合い入れやがってw
あと、アスラン株の僅かな上昇に泣いた


217 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:51:31 ID:???
石破天驚クローってwwちょ、アレハレwwwwwしかもオカンの力てwwwwともかく乙っしたー!♪


218 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:52:14 ID:GJaEDbsV
なんという銭湯ww
だが、良くぞ我慢したなラク姉。
俺はてっきりシンの裸を除きに行くかと思ってた。

ふと思ったんだ。
シンの入浴シーンを後ろから撮ったらやばいんじゃね?
なんというか。

濡れた黒髪が細い首に絡みつき、白磁の肌はうっすらと朱を帯びている。
もれる息は熱く、体の火照りをあらわすようにも聞こえた。
時折響く水音と、周囲を囲む湯気はあたかも静謐を隠す天蓋のように。
神秘に近づくものを妨げる壁のように・・・

ラク姉が黙ってはいませんね。


219 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:52:53 ID:???
しまった、さげ忘れてた・・・
半年ROMってくる・・・


220 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:53:17 ID:???
ネーナのキモいに夜食吹いたじゃねーかwwwwお疲れさまo(^-^)o


221 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:56:51 ID:???
ラク姉がナチュラルに忘却されとるWWWW


222 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/16(月) 23:58:45 ID:???
アレルヤ単独では超兵ゴッドスラッシュ、 
ハレルヤ単独では超兵ゴッドフィンガーですか?www


223 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 00:01:00 ID:???
妹を守る兄なティエリアに感動した…


224 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 00:01:39 ID:???
娘かいシンに録音WWWwww


225 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 01:28:33 ID:???
シン「体洗わなくちゃ」
ティエリア「ふぅ、石鹸もあと少しか」

ミハエル「…おい、あいつらの後ろ姿って」
キラ「やめてよね、意識しちゃうじゃない」
刹那「ガ、ガンダム?」
ロックオン「無駄に色気がありやがるからなぁ(特にうなじ)」
アレルヤ「修学旅行とか大変だったらしいな」

ラッセ「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」


226 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 01:41:35 ID:???
色白つーたらシンが真っ先に来るが、考えてみりゃ兄貴も大概だよな。


227 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 02:08:46 ID:???
>>212 乙!股間にギガドリルブレイクwwwヨハンパネエッスwww

>>225ガードが甘いぞシン
脱衣場
ピンクハロ「ミトメタクナァイ」ジィーーー
ロックハロ「トウサツ ダメ ダメ」
ピンクハロ「テヤンデェ」ゲシッ
ロックハロ「ァアアアアアアアア…」

帰宅後
ラクス「でかしましたわピンクちゃん!ムッハー!」


228 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 02:09:30 ID:???
実はラク姉はオートマトンで盗撮済みだったりして
ハブられてたのではなく、意図的に隠れていたと考えればつじつまは・・・

ん? 何だこのメール・・・お前は知りすぎた?


229 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 02:12:20 ID:???
>>228
それだとロックオンでなくヨハンにいに……


230 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 11:42:39 ID:???
ラクス「うっへっへ、シンの入浴姿たまりませんわぁ…(恍惚)、ああ、あの線の細さといいうなじの色気といい濡れ羽のような髪の毛といい淡く桃色に染まった肌が(以下略!!!!!」
ルナマリア「うはwww鼻血キタこれwwww(興奮」
ステラ「シン綺麗なの。」
キラ「ねえ君達、僕らはダメで彼女達はいいの…?(ジト目」
ロックオン、ヨハン、アレハレ、刹那「「「触らぬ神(桃園)に祟り無し。」」」


231 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 11:53:45 ID:???
ルナマリア「そういやさ、刹那って身体細いけど、やっぱりひょろひょろだった?」
シン+キラ+アスラン『『『…』』』


~回想

シン「あ~、風呂が大きいと気分がいいな!な、刹那!……せつ…な…」
キラ「足が延ばせるっていいよ……ね……」
アスラン「最高……だ…?」
刹那「どうした?三人共俺がどうかしたか?」
シン「あ、いや。」

シン+キラ+アスラン(((腹筋すげぇぇぇぇっ!!!?)))



シン「…見た目と中身は一致しないって…良い例だよな。」
キラ「うん…」
アスラン「…ああ」
ルナマリア「?」


232 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 11:59:05 ID:???
>>231
そんなせっちゃんの日課 
朝昼晩…腹筋、腕立て伏せ、ヒンズースクワット60回すつ

公式だと腹筋の鬼だがw


233 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 12:26:42 ID:???
カガリ「アレルヤ~、石破天驚拳アレンジ技を使ったそうだな?」←ニヤニヤ 
マユ「これはもうマユ達へのアピールだよねー」←ニヤニヤ 
ユウナ「嬉しいなぁ、漸くやる気になってくれんだね!」←ニヤニヤ 
ミナ「フフフ…」←ニヤッ 
マリナ「歓迎するわ、アレルヤさん。」←ニコニコ
アレルヤ「大事なものを守りぬいた代償かな、ハレルヤ…」←涙 
ハレルヤ(まぁ…諦めろや)


234 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 12:30:09 ID:???
>>233
会社員兼国防軍隊員ここに誕生か・・・・・合掌。


235 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 12:41:12 ID:???
マリーを守る代償に人外に堕ちたアレルヤって書くと、なんか中二漫画っぽいよね

アレルヤ「まだ人外に堕ちてません!というか今後も堕ちる気はないですから!」
シン「そういえば、人外予備軍(失礼)のアレルヤさんと互角に戦ったアス兄は人外ズには入ってないのか?」
カガリ「あ~アスランは・・・」
マユ「振れ幅が大きいんだよね~・・・素養は十分なんだけど」
カガリ「なにより、アスランだしな!人外って感じじゃないだろ」
シン「あ、なんか納得・・・」
アスラン「嬉しいような悲しいようなすっごい微妙な感情・・・orz」


236 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 12:57:40 ID:???
>>235
シンなにげにひでぇw


237 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:03:00 ID:???
アレルヤ「僕は人類だ!人外魔境は嫌なんだー!」←ハイパーロケットダッシュ 
カガリ「覚悟を決めろアレルヤー!」←スーパーダッシュ 
マユ「アレルヤお兄ちゃん速い!?」←スーパーダッシュ
ミナ「ぬうっ…流石はアーチャーアリオス、機動力が凄まじい!」←スーパーダッシュ 
ユウナ「待ってよアレルヤくーん!」←スーパーダッシュ 


シン「アーチャーアリオスと同じ速さで走ってるだけでもう充分人外魔境です、アレルヤさん…(遠すぎる眼差し)」


238 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:13:06 ID:???
シンも家計に支障が起きそうな場合は人外魔境になりそうだけどな


239 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:21:38 ID:???
>>238
シン「げっ…今月ヤバイかも――よし!」


サトー寿司、スーパーマーケット暁、近所の食堂で掛け持ちバイト 


シン「フーッ、何とか乗り切れるぞ!」
キラ「……違う意味で人外魔境だね(ガクブル)」
アスラン「何が恐ろしいって、家事を全て30分で終えてからバイト行って…しかも一人で10人分の仕事を短時間で…(ガタガタ)」


240 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:22:52 ID:???
シンはママチャリに乗って初めて真価を発揮します


241 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:24:49 ID:???
>>240
シン「前後に籠は当たり前だろ。」


242 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:26:52 ID:???
刹那が乗ってるママチャリの荷台に匙のっけてダブルオーライザーとか言ってるに決まってる


243 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:31:42 ID:???
シン「キラ兄がずっとエロゲしてるから電気代が馬鹿にならないんだよな…ブツブツ」
ラク「シン?何か私に出来ることはありますか?」
シン「いっそ太陽光とかの発電システムでも…」(ラクススルー)
ラク「私の声も聞こえないなんて…こうなったら!」

数日後

シン「なんだ…これ…!」
ラク「今は自然エネルギーの時代ですわ!少しでも家計を楽にするための投資なら致し方ありませんわ!」
シン「ラク姉…ありがとう…ッ!」(涙ぐみつついい笑顔)
ラク「(キュンッ)うふふふふ!シンのために頑張りますわぁ!!!」(←超高速で自転車発電機漕いでる)
シン「すげぇ…すげぇよラク姉!!!」

アス「あれは人間の脚が動く速度じゃないぞ…」
キラ「結局みんな人外みたいなもんだよねw」


244 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:34:40 ID:???
>>242
沙慈「あ、やっぱり判る?(苦笑)」
刹那「00ライザー、出る!」



245 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:34:45 ID:???
正しい自家発電の姿を見たw


246 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 18:39:37 ID:???
主婦1「あらシン君じゃない。今日も大変そうねえ」
シン「そうなんですよ。それより聞いてくださいよー。昨日うちの兄が云々」
主婦2「個性的な兄弟ですもねえ。うちの息子も昨日…」
主婦3「あ、兄弟と言えば聞きました?鈴木(仮)さんちの息子さん、なんだか最近命を狙われてるって」
シン「またですか?あのお宅、妄想癖凄いらしいですからねぇ」
主婦2「ほんとにねぇ。この前も大変だったみたいよ?ピンク色の悪魔がどうのって」
主婦1「大丈夫なのかしら、あの家」
シン「そういえば鈴木(仮)、最近学校来てないんですよね。またなんかあったのかな」

アスラン「道端で立ち話……」
キラ「まごうことなき主夫だね……」


247 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:18:05 ID:???
スーパーマーケット暁・店内 

シン「えっと、白菜とネギと鶏肉。それから・・・」
沙慈「あれ?シンも来てたんだね。」
シン「沙慈じゃん、お前も晩ご飯の買い物?」
沙慈「うん、僕は魚を買いにね。今晩は白身魚の煮付けでもやろうかなって。」
シン「へ~、煮付けかぁ。あれって難しいんだよな、少し調子狂うとひたすら甘くなるし」
沙慈「始めは失敗したけど、今は僕の得意料理だよ。シンは今晩何?」
シン「ウチは鍋にでもしようかなってさ。ホラ、今日は久々寒くなったから。」
沙慈「いいね、暖まって。鍋ならシンの家はもってこいじゃない?人数多いしさ。」
シン「キラ兄アス兄ラク姉カガ姉、ルナにステラ・・・・多いな確かに。」
沙慈「そんなに人が集まるのはやっぱりシンの料理が美味しいからだと思うよ。僕も習いたいぐらいだもの」
シン「いやぁ、逆にオレが沙慈に和食習いってば!」


マリュー「(たまたまカップ麺買いに来てた)・・・・わ、私よりもしっかりしてるわね・・・(愕然+料理下手)」



248 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:19:15 ID:???
>>246
マジで違和感ねぇ…(汗汗汗汗)


249 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:20:27 ID:???
>>247

お前らそれ絶対16歳の会話じゃねえwwwwww 
そこでダメージ受けてるマリュー先生見習いなさいwww


250 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:23:15 ID:???
>>247
確かにマリュー先生って美人だし優しいしまともだけど、料理できないイメージありw


251 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:28:04 ID:???
マリュー「もうカップ麺の種類は全制覇しちゃったわ…(ため息)ああもう、お料理出来るようになりたいけど」


つ※鍋空焚きしてダメにする事ン十回 

 ※天ぷら揚げようとしてボヤ出した事4回 

 ※包丁で指切った事数知れず 

 ※漸く出来た料理をムゥに食べてもらい、ムゥ救急車行き5回 


マリュー「…あ、泣きたくなってきたわ…グスン」


252 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:29:37 ID:???
>>251
大丈夫ですマリュー先生、他の奴ならいざ知らず、貴女ならばそれはいわゆる 
「萌え要素」です!←力の限り力説


253 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:32:40 ID:???
ムゥ「マリューの手料理かい?ああ、あれはなぁ…………………あれは……………あー、なんだ、アレだアレ…………まぁ、そういうこった。」


254 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:40:49 ID:???
そうそう、欠点があった方が可愛いもんだよ、先生


255 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:45:29 ID:???
ムウが一緒に作ればいいんじゃね?w


256 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:54:58 ID:???
>>255

いつか前の事。 


ムゥ「さぁ、豪快な男の料理だ、よぉく味わってくれよな!」

つ野菜と肉の具沢山カレー、大切りだけど味が濃くてジューシーなピラフ等 

マリュー「…」



マリュー「あれ以来、私のプライドが崩壊して…恥ずかしくてムゥの前じゃ絶対料理なんてできないのよ(だだ泣き)」


257 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 19:58:08 ID:???
>>251

このスレのキャラならもっと被害が凄まじいが、どれもこれも日常でよくある事なのがマリュー先生らしくて良いww


258 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 20:09:16 ID:???
マリュー(そうだわ、研究者だったセレーネ先生なら仲間かも。あまり時間無くて料理できなさそうだし…失礼な事だけど…)
マリュー「あ、あのぅセレーネ先生、ぶしつけで申し訳ありませんけど、その…お料理ってできます?」
セレーネ「料理ですか?ええ、一応洋食なら。まああまり人様にお出し出来るものじゃないんですけれどね(照れ)」
マリュー「え…!!?」


マリュー「あ、あああの貴方達、ちょっと聞いていいかしら。お料理って…できる?」
ルナマリア「やらないだけで、一通りできますけど。」
メイリン「カレーと辛いもの全般なら。」
ネーナ「師匠のおかげでバッチリよ!」
フェルト「できます。ロックオンに教わってるから…ポッ」
ステラ「ステラね、卵焼き作れるの。」
ミレイナ「お菓子なら作れますぅ。」
マリュー「そ…そ、そそそそそそ…そうなの…」
ルナマリア「マリュー先生~?行っちゃった。」



259 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 21:08:36 ID:???
>>258
スメラギ「マリュー先生。あなた、料理が出来ないのね?」
マリュー「ええ…皆出来るんですよ?私の教え子まで…もう自信がなくなってしまいました」
スメラギ「大丈夫よ!私も出来ないわ!」
マリュー「スメラギさん…あなたも…?」
スメラギ「ええ。私は作戦を立てる人だから、料理できなくても仕方ないのよ!きっと!
      あなたも先生だから忙しいし、料理できなくても仕方ないのよ!多分!」
マリュー「そ…そうでしょうか…」
スメラギ「ええそうよ、きっとそう!あ、カナード!お客様が来たからビールちょうだい」
カナード「…いいのかそれで…」


260 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 21:36:29 ID:???
でもスメラギさんなら

スメラギ「カナード右から攻めて。マユちゃんは正面から蹴散らつつシンくんの足止め。マリナさんは野菜をお願い。ミーアはマリナさんのアシスト。」
カナード「了解!!」
マユ「マユ突撃します!!」
マリナ「ミーア行くわよ。」
ミーア「了解!!」
スメラギ「セールミッションスタート・・・」




261 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 21:56:17 ID:???
シン「なんてこった、売り場に取り付くことすら出来ないッ!」
刹「このままではセールの制限時間が・・・」
沙「白身魚が、銀ダラが(買って帰らないとルイスに・・・・)」
シン「こうなったら一か八かだ!刹那、沙慈、俺がオトリになるから、その間に俺の分までゲットしてくれ!」
沙「え?!そんなことをしたら、シン、君は・・」
シン「頼んだぜ!」ダッ
沙「シーン!」
刹「いくぞ沙慈、シンの覚悟を無駄にするな」
沙「わかったよ、僕も戦おう!」
刹・沙「ト ラ ン ザ ム!」
  
 


262 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 21:57:51 ID:???
せっちゃんおつかいか、偉いなぁ

と思ってしまったんだがどうすればいいwww


263 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:03:44 ID:???
>>262
祈れ、さすれば救われるw


264 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:05:12 ID:???
スメラギ「カナード!シン君が行ったわ、迎撃をお願い!」
カナード「任せろよ!」
バキュン!
カナード「何!?」
ロックオン「ちっ、かわしたか…射撃戦は久々だが、骨のありそうな奴じゃないの。だが!」
カナード「そこか!!」
ロックオン「狙い撃つぜ!!」

店長「発砲はナシでお願いします、お客様」
カナ・録「すいません…」

スメラギ「くっ、カナードが脱落ですって…!」
マリュー(これが…戦い…)


265 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:10:27 ID:???
シン「カナードさん達の指揮官はスメラギさんか!どうりで手強いはずだ…でも!」
シン「ミーアさーん、マリナさーん、刹那も来てるよ~!」
マリナ「刹那!?」
ミーア「せっちゃん!?」
マユ「シン兄ちゃんだ~♪」
スメラギ「あ、ちょっとあなた達!?どこ行くのよ!」
カナード「ぬぅっ、シンめ、味な真似を!!」
シン「この隙に…行け、刹那、沙慈!!」
カナード「何だこの舞散る粒子は…まさかっ!?」
刹那「セールカゴに到着だ!」
沙慈「粒子化成功だね!」
スメラギ「くっ…トランザムライザーなんて…!」
シン「(おばちゃん達にもみくちゃにされつつ)頼んだぞ刹那、沙慈ーっ!」


266 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:10:58 ID:???
スティング「見てらんねぇな、たくよぉ」
シン「オクレ兄さん!!」
匙「よし、ジェットスクリームアタックだ!!」

カナード「なに!!主婦オーラで銃撃が効かないだと…」
スメラギ「あれは…スクリーおかんグニンバス…」


267 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:14:44 ID:???
文字通りの戦場になりつつあるんだがwwww


268 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:16:07 ID:???
>>266

ちょwwwおまいらwwwwwwまてそこの主夫三連星wwwwwwこれでロックオン入ったら主夫四天王じゃねーか!


269 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:17:39 ID:???
>>265
シン頭いいな(笑)なんて効果的な手段だ。


270 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:21:17 ID:???
>>269
たった一言で戦力の半分を無力化できるからなw
あれ?そしたらもうカナードしか残ってなくね?


271 :シンのご飯を三日食べないカガ姉はどうなるか:2009/02/17(火) 22:26:06 ID:???
【カガリがG8でローマに行っているとき】
シン「カガ姉が記者会見する時間だ。世界に向けて会見するカガ姉のカッコイイ姿を見なきゃな」
(テレビを点ける)
(虚ろな目をしたカガリが映る)
記者「今回のG7ではかなり踏み込んだ経済政策について話されたようですが、今後のオーブの経済政策についてお伺いします」
カガリ「けーざいせーさくについては、かっこくときょーちょーしつつ、みぞーゆーのきんゆーききにたぁいおぅしていきたぁいとかぁんがぁぇています・・・シン(カガ姉・・・一体なにがあったんだ)


272 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:27:39 ID:???
>>270
カナード「残っているのは俺だけか・・・・」
オバチャン達「「「うぉぉぉぉぉぉっ!!!!」」」


カナード「・・・うん。無理。」


273 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:28:11 ID:???
>>271
辞任フラグ立てないでwww


274 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 22:28:41 ID:???
>>271

何て世の中にタイムリーなネタwww


275 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:01:36 ID:???
>>271
アメリカ代表「カガリ殿はどうなされたのだ?」
フランス代表「あんなに虚ろで…」
ドイツ代表「ああ、それが『弟の料理』を三日間食べていないそうだ。」
各国代表方『『なぁんだ、そうだったのか。』』


記者会見見てたオーブ国民の感想『『ああ、納得。』』


276 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:06:11 ID:???
ある日のパルス家
カナード「zzz・・・。ん、ぅ・・・もうこんな時間か。そろそろ起きるか・・・」

マユ「あ、カナお兄ちゃんやっと起きた」
スメラギ「いくら休日だからってだらけ過ぎよ?」
カナード「・・・お前には言われたくないな」
マリナ「ご飯食べます?準備しますけど」
カナード「ああ、頼む」
劾「ハハハ!傭兵たる者、時間に厳しk(ジャキッ)OKカナード、まずは落ち着いてくれ」

ミーア「あのさーカナ兄、いい加減そのやり取り止めたら?」
カナード「・・・何故だ?」
マユ「後始末が大変なの!それに劾さんには何度も傭兵業でお世話になってるし・・・」
カナード「それはそうだが・・・。だが、明らかにこいつがココに常駐するのは変だろ!」
劾「そうなのか?」
カナード「お前は当たり前だと思ってたのか!?」
マユ「部屋は余ってるから居候自体は大丈夫でしょ?」
マリナ「よく家事手伝ってくれますしね。何故かたまにメイド服着てますけど」
カナード「・・・お前そんなことしてたのか?」
劾「気付かなかったのか?メイド劾にとって家事手伝いなど容易い事!」
スメラギ「ついでに私のお酒に付き合ってくれたりね♪」
カナード(ダメ大人どもめ・・・このままでは叢雲を居候させる流れになってしまう・・・)

カナード「ハッ、そうだ!叢雲、居候するなら生活費は納めろ!
 ただでさえ大酒飲みと大飯喰らいの居候がいるんだ!
 自分の分はここに来た日まで遡って払って貰うぞ!」
劾「なんだ、そんな事で良いのか?」
カナード「へ?」
劾「別に構わんぞ。なんなら、向こう一年分の俺の生活費も一括で支払ってやる」
カナード(し、しまった!叢雲は仕事の為に当然の如くホテルをフロア毎買い取って改造するような奴だった!)

スメラギ「じゃ、家長の許しも出た事だし、新たな居候追加を祝って乾杯よ!」
ミーア「スメラギさん、そんなこと言っといてただ飲みたいだけでしょ?」
マリナ「フフフ、良いじゃないですか。ご飯もお酒も皆一緒の方が美味しいですし」
劾「フッ、すまないな。では皆、これからよろしく頼む」
スメラギ「それじゃ、カンパーイ♪」キーン

カナード「_ノ乙(、ン、)_もうどうにでもな~れ・・・」


277 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:07:46 ID:???
パルス家が第二の兄弟家になってゆくw


278 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:08:14 ID:???
シン・ザ・インパルス
沙慈・ザ・オーライザー
ロックオン・ザ・デュナメス
スティング・ザ・カオス

とか書くと人間台風を相手にするデタラメ人間ズのようだ。


279 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:10:02 ID:???
GUN-HO-GUNSでなくGUNDAM-HO-GUNDAMS?


280 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:13:00 ID:???
ステラ「♪」←くるくる
ルナ「暇ねぇ…ふあぁぁ~」
ラクス「まぁ、ルナマリアさんたらはしたない。女の子が大口開けて欠伸などするものではありませんわよ?」
ルナ「――と言いつつ義姉さんは何を?」
ラクス「等身大シンワイフで予行練習(なんのだよ…)ですがなにか?」
ステラ「ラクス、シンの人形とプロレスごっこ?」
ラクス「そうですわよステラさん、これは(大人の)プロレスごっこですの…うへへ、ぐひひあへあへげへへへへはぁはぁはぁ…」
ルナ「…義姉さん義姉さん、目が逝っちゃってるわよ~…」


281 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:15:37 ID:???
>>280
何やってんだラク姉wwwwww


282 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:18:00 ID:???
>>280
自分が一番はしたないだろうがwwwwwwwwww


283 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:24:26 ID:???
キラの部屋

キラ「最近は平和でいいねぇ。エロゲに集中できるよ。」
カナード「嗚呼…久々のエロゲ…感無量だっ!」
キラ「カナちゃんここのところエロゲから引き離されてたもんねぇ…可哀想だったよカナちゃんが(しんみり)」
カナード「そうとも!エロゲやろうものならばハード毎マユに破壊され!ミーアとマリナが〔刹那の教育に良くない〕と理不尽に笑顔でプレッシャーかけてくる!飲んだくれのスメラギに絡まれて隠れてプレイも出来ないしな!」
キラ「ハハハ~…御愁傷様。」
カナード「劾も劾で邪魔ばかりするし…まぁいい、ようやくこの至福の時間を過ごせるのだから。そういえば…ティエリアはどうした?」
キラ「ああ、ティエリアなら」



ソレスタ家のティエリアの部屋 

ティエリア「ミレイナ、ヴェーダの性能をもっと良くしたいんだが」
ミレイナ「ああ、それならこの部品を取り替えてぇ、それから…」



カナード「……ティエリアの奴め…リアル妹の魅力にやられたか…!」
キラ「みたいだね…」


284 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:24:34 ID:???
>>276
パルス家、気付いたら家族構成してる人の数一番多いんだな…
マリナ様もいるしうらやましい、さすがカナードうらやましい

>>280
ラク姉ぱねぇwww


285 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:28:50 ID:???
>>283
カナードが復帰してティエリアが離脱しとるww 
兄妹仲良くヴェーダいじりか…うらやましい。


286 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:32:38 ID:???
他の家は遊びに来てる設定なのに、パルス家だけ明らかに居候w

スメラギ(ヒモ)、マリナ(貧乏家なし)、劾(ハウスキーパー)だからなw


287 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:36:31 ID:???
ティエリア「男子からの人気が高い?ミレイナが?」
フェルト「うん。ミレイナは私と違って明るいし、人懐っこいから。」←※言ってる本人も人気高いです(無自覚)
ティエリア「フン…ならば将来の相手は厳選しないとな。」
フェルト「厳選…?」
ティエリア「当然だ。ミレイナがモテる→男子とお付き合い→ゴールイン。お付き合いの時点で僕が相手を品定めさせてもらう!」
フェルト「え、えっと…」
ティエリア「ミレイナと付き合いたいのなら僕の眼鏡に適う者でなければ許さん!「兄」としてな!」←握りこぶし 
フェルト「…(ミレイナの為にそこまで…ありがたいんだけど、な、何か怖い…)」



288 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:38:24 ID:???
一歩間違えりゃミハエルだぞティエリアwww
ついでに言うと「顔」って部分でお前に勝てる奴はそういないw


289 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:40:57 ID:???
>>287

フェルト「ちなみに、どんな人なら許すの?」
眼鏡「簡単さ、ロックオンより人格者でアレルヤハレルヤより逞しく優しく、刹那より愛らしくかつ僕より頭が良くてミレイナを食うに困らせない個人資産を持ち将来性があればいい。」
フェルト(いないと思うそんな人…(汗だく)


290 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:43:20 ID:???
>>288
少なくともミハエルと決定的に違うのは「眼鏡に適えばOK」ってとこだわな。まだミハにぃよか(少し)良い。


291 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:44:50 ID:???
ミハエル「少しは『妹』がわかってきたみたいじゃねーか、お前」
ティエリア「勘違いするな…!僕は貴様のような邪な感情を抱いたりはしない!」
ミハエル「バッカ!あれは愛っていうんだよ、愛!」

キラ(どっちも変わらないと思うけど…)


292 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:44:56 ID:???
>>289
いねーよそんなパーフェクトマンなんてよwwwwwwww


…いやまて、このスレなら誰かいるかも知れないから恐ろしい…。


293 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:46:24 ID:???
眼鏡が幸せにしてやればいいよ。


294 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/17(火) 23:47:24 ID:???
>>286
スメラギ(ヒモ)「ヒモじゃないわ!私働いてるもの!」
劾(ハウスキーパー)「俺も生活費は入れてるな」
マリナ(貧乏家なし)「……ごめんなさい!(ダッ!)」
マユ「お母さん!?」

>>289
第二のミハエルが誕生したか…


295 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 00:01:28 ID:???
キラ「そういえばアウルはどうやってエロゲしてるのかな?彼の家も女の子が出入りしてるよね?」
カナード「ふ~む、確かにそれは気になるな。よし、見に行ってみるか」

メイリン「駄目だって!ここでデートに誘うのは早すぎでしょ!」
クリス「そうかな~、私は積極的な男の子は好きだけどな。ネオさんはどう思う?」
ネオ「私もあんまりがっついてくる子は苦手かな。リードしてくれるなら嬉しいけど」
ステラ「デートって一緒にご飯を食べること?」
アウル「…あぁぁ!もうお前ら、うっせーよ!ここはデートで行けるっつーの!」ピッ
メイリン「あ!」
「…ごめんなさい。今日は無理なの」
アウル「あーーーっ!!」
メイリン「ほら、やっぱり私の言ったとおりじゃない!」
クリス「まだまだ男を磨きなさいってことね」
ネオ「なるほどね、これが好感度が足りないっていうことなのね…」
ステラ「アウルふられた?ふられたの?」
アウル「だからお前ら、黙れって言ってんだろ!」
オクレ「だったら居間でゲームなんかするなよ…」

キラ「…エロゲじゃなくてギャルゲーしてる」
カナード「あいつなりの苦渋の選択だったんだろ…」


296 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 00:08:38 ID:???
アウル…(´;ω;`)


297 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 00:11:08 ID:???
オクレ「なにやってんだお前ら、ほら上がれよ」


298 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 00:13:05 ID:???
キラ「僕はいいけど、カナちゃんやアウルはかわいそうだよねー…ティエちゃんはどうなの?」
ティエリア「僕は心配ない。エロゲの時は部屋を隔離しているし、女性が近づいて来たらダミー画面でごまかしている。(主にいつの間にか入り込んでくるミレイナ対策)」
キラ「じゃあしばらく友の会会合は僕の部屋だね。」
ティエリア「アウルは大丈夫だろうか…」


アウル「汁イベントCG集めたいよぉ~…エクエクエク」


299 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 00:17:04 ID:???
>>292
っマユに鍛えて貰ったシン






ナンダ、コノモモイロノセンk(ry


300 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 00:28:50 ID:???
>>292
俺のヴェーダが該当者アリっつってるぞ

[G*ah** *ke*]
あれ、なんか文字化けてる


301 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 01:48:25 ID:???
>>299
鍛えたシン「じゃあ兄さん、ミレイナはもらっていきますね」
ティエリア「兄さんと呼ぶな!僕は認めない!認めないぞぉ!」
ミレイナ「さよならあーでさん!私、シン君と一緒に幸せになりますぅ♪」
ティエリア「待て!待ってくれミレイナぁぁあぁあああ!!」

ティエリア「は!夢か……」

翌日
刹那「シン、ガンダムをやろう」
シン「お、やるか。ダブルオーには負けないからな」
ティエリア「ちょっと待った」
シン「ティエリアさん?」
ティエリア「その勝負、僕も混ぜてもらう」
刹那(戦士の眼になっている……?)


302 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 01:57:06 ID:???
>>301
ブラコン全開じゃないか、ティエリアwww
お前はミハエルのような、妹に欲情する変態になるなよ。
まあ、”妹分”だから間違いが起こったとしても遺伝的にはいいけどね。


303 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 02:03:20 ID:???
ラウ「ニコル、社長から呼び出しだぞ」
ニコル「はい、行ってきます」

社長「近頃、取引先の会社のデータが盗まれているらしい。ニコル、ちょっと行ってきてくれないか」
ニコル「はい」

(取引先)
ニコル「すいませーん、プラント商事から来た者ですけど」
女上司「何!?そんな連絡うけてないけど!!」
部下「あ、すいません、報告遅れてました」
女上司「ちょっと、何してるのよ!もう、使えないわね!!」
ニコル「(うわ、なんかきついな…)、何かあったんですか?」
部下「いや、何か最近データ荒らしに狙われちゃってるようで…荒れてるんですよ」
ニコル「ふーん、そうなんですか…」
女上司「それで?何?用件は!」
ニコル「いえ…ちょ…っと(キラン)」
女上司「うっ(ドキューン)」
(中略)
女上司「もう、私の腰が使えないーーーー」
ニコル「ふん!ふん!ふん!ふん!」

女上司「…それで、最近そんな事があって」
ニコル「それで…そうかぁ」
女上司「ねぇ、それより…もっと仕事の話しましょ」
ニコル「しょうがないな…」

翌日
アウル「先輩、先日の情報洗ってみたら…どうやらこいつが他の会社と?がっているみたいなんですよ」
ニコル「そうかぁ…あの時の部下が…」←紅茶を啜りながら

(中略)
ビシッ、ドコッ、バシィッ
アウル「へへ、悪いね。強くってさ」
ニコル「いまさら刃物なんかじゃ「こ、この!」(ゴキリ!)驚きませんよ」
女上司「あ、ありがとう…」
ニコル「…今回の事でわかったでしょう…自分ひとりじゃチームは動かない…。
    かといってそれを無理やり通そうとすれば、恨んでこういう事をする人もいる…。
    会社の仕事…なめるんじゃありませんよ、帰りますよ」
アウル「あ、ちょっと待ってくださいよ」

ニコル「というわけで解決しました」
社長「ごくろう、昔も今も…上司のみのワンマンチームはもろいのは変わらない。
   リーダーが強ければいいが、それでもカバーできない、その中から崩そうという
   裏切り者がいると手も脚もでない、うちも気をつけなければいけないか」
ニコル「いや~うちにかぎってはそういうのはないですよ」


304 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 02:09:45 ID:???
特命マダムキラーwww
アウルはこれでエロゲ代稼いでたりしてな


305 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 02:11:48 ID:???
>>303
何打その特命係長ww
いいぞもっとやれww


306 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 03:29:37 ID:???
みんなでホラー映画を見るパルス家

マユ「だ、駄目!そっちには悪霊が!(ビクビク)」
マリナ「い、嫌……!(ガタガタ)」
ミーア「キャー!出たー!!(半泣き)」
スメラギ「みんな怖がりね(とか言って膝ガクガク)」


307 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 03:30:38 ID:???
その夜

マユ「ねぇ、お兄ちゃん……」
カナード「ん、どうした?」
マユ「今日はお兄ちゃんと一緒に寝ていい?///」
カナード「フッ、珍しな。なんか怖い夢でも見たか?」
マユ「う、うん、まあ、そんなとこ……」
カナード「そうか、俺は全然構わないぞ(甘えてくれて嬉しそうな笑顔)」
マユ「わーい、ありがとうお兄ちゃん」
ミーア「しょうがないわねマユは。仕方ないから私も一緒に寝てあげる。か、勘違いしないでよ、カナ兄がマユに変なことしないか監視するためなんだからね///」
カナード「な、待て、何言ってんだミーア!」
ミーア「何よ。同じ妹なのに私は駄目だって言うの!」
カナード「いや、だってお前大人だろ」
ミーア「う、うるさい!妹が一緒に添い寝してあげるんだからありがたく思いなさい!」
マユ「お姉ちゃんツンデレみたいになってるよ」
スメラギ「もう、2人とも怖がりね。いらっしゃい。一緒に寝ましょ」
カナード「おい待て、なんでお前までナチュラルに俺のベッドに寝てんだ!」
スメラギ「だって他の娘の部屋行ったら誰もいなかったんだもん」
カナード「なんだその理由は!大体ミーアとマユはともかく、いくら家族とはいえ血の繋がりのないお前と一緒に寝るのは色々と問題が!」
スメラギ「か、家族……!(感激してる)」
ミーア「いやいや、反応するとこそこじゃないし」
スメラギ「ありがとうカナード。あなたがそこまで思ってくれてるなんて知らなかったわ」
カナード「いや、いいから部屋から……」
マリナ「す、すみません。私も皆さんと一緒に寝ていいですか?」
カナード「…………もうどうでもいいや」
劾「カナード!なんか怖い夢みたんだ!一緒に(ザクッ)」
カナード「出てけ!」


308 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 03:34:17 ID:???
>>300
ハムって個人資産持ってるのか?


309 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 03:57:13 ID:???
カナード「>>307なことがあって眠れなくてだな・・・・」
キラ「うはっwwwそれなんてエロゲ?wwwww」
ティエリア「そこまでされて食わないとは流石だな。」
アビー「ロリ系妹にツンデレ妹、純情年上、お姫様とおまけにメイドとはいいネタ貰いました。」
喪神「カナァァァァァァァァドォォォォォォォォォォォォ!!」



310 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 07:00:44 ID:???
ソレスタ家がホラー映画見たら 


ロックオン「おお…オーブホラー(ジャパニーズホラー)は精神的にくるぜ…」
フェルト「…(カタカタ)」
アレルヤ「背筋に直撃だね(ゾワッ)」
マリー「ドキドキ…(ガン見)」
ティエリア「…ふ、フン。こんなもの、怖くなどない(ブルブル)」
ミレイナ「うぅ、怖いですぅ~…(ガタブル)」
ライル「うぉっ、いきなり背後にいるのは怖いぜ(感心)」
アニュー「うっ…(ビクッ)」
刹那「DG細胞ゾンビ兵。(平然)」
ネーナ「せっちゃんよく平気だね~…(ビクビク)」


ロックオン「――で、だ。お前ら何で揃いも揃って俺の部屋に雑魚寝してんだよ!?」
アレルヤ「いやぁ、なんだか怖くて…」
マリー「同じく。」
ティエリア「ミレイナが一緒に寝てくれと言ってきたが、色々問題があるのでここに来た。」
ミレイナ「皆一緒なら怖くないですぅ!」
フェルト「///」←ちゃっかりロックオンのベッドにin 
ライル「なはは、アニューと二人だと襲いそうでよwww」
アニュー「怖いもの見た後はさすがに…」
刹那「ティエリアと同じ理由だ。」
ネーナ「えーんせっちゃん怖いよー!」
ロックオン「おいおい…」


311 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 07:09:02 ID:???
>>310
ネーナ「せっちゃんはホラー映画平気なの?」
刹那「幽霊はいると思うが…生きている人間の方が余程怖い。」
キラ(悟ってる…)


312 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 07:26:33 ID:???
ラクス「怖いですわシン!震えるわたくしを包み込んで撫でて揉んで舐め回してぐちゅぐちゅでびちょびちょにして下さいな~~~!(ルパンダイブ)」
シン「アンタの方が恐…あ~~~~~~っ!」


313 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 08:11:12 ID:???
>>312
せっちゃん「幽霊やゾンビより一番恐ろしいのはお前の長姉だ・・・(青ざめ)」
シン「やっぱ、そう思う?(顔中キスマークの跡)」


314 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 08:19:08 ID:???
刹那に幽霊より怖いと言わしめるなんて…ラク姉恐ろしいk(ネライウツゼ


315 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 08:19:57 ID:???
>>308
レイじゃダメなのか?パーフェクト超人だが(身内がアレかぁ・・・)


316 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 09:14:46 ID:???
>>308
そりゃあ中身はアレでもハイスペックな商社マンだからな…それ相応の給料は貰っている筈


317 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 10:06:00 ID:???
>>315
あれ?ラウもじゃね?


318 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 11:46:45 ID:???
言動に問題があるハムと外見・嗜好に問題のあるラウ
さぁ、君ならどっちを取る?!


319 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 11:48:39 ID:???
>>318
アスラン「中間はいないのか…?」


320 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:14:03 ID:???
ディアッカ「変態商事にいるからって変態と思われちゃ困るぜ。俺達は至ってマトモだぞ?」
イザーク「キョシヌケー!俺まで一緒にするなぁ!」
ニコル「失礼ですよねぇ全く。」
ディアッカ、イザーク((お前は変態じゃなくて『色情魔』だろ…))


321 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:28:25 ID:???
まてよ、変態商事と言えばビリーはどうだ?

一応人格者だし、一応かなり優秀だから給料も良い。
眼鏡以上の長身でスタイルも良いし顔も韓流風で工学関係の話題もミレイナと出来る…体力さえ鍛えればピッタリじゃないか!!


322 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:29:00 ID:???
でもポニテだし・・・


323 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:29:31 ID:???
まず髪型を変えろwwww

てか、友の会仲間は無条件で却下しそう


324 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:30:44 ID:???
いや、案外「お馬さんのしっぽみたいですぅ」とか言って気に入るかもしれんぞw


325 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:34:26 ID:???
ミレイナ「わぁ、お兄さんの髪型お馬さんの尻尾みたいで可愛いですぅ♪(ぐいぐい)」
ビリー「ハハハ、それは嬉しいねぇ。でも痛いよ痛い。引っ張らないで痛たたたたたぁぁっ!!!」


326 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:34:41 ID:???
喪神が義弟になったら眼鏡発狂すんぞwwww


327 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 12:38:59 ID:???
ティエリア「却下。(きっぱり)」
シン「即答ですか。」
ティエリア「ビリーは見た目もいいし、収入もある。教養も知識もあるし世間慣れもしてるから理想的かもしれないが…彼は『痛い』からな。」
シン「納得…。」
ティエリア「いつかはミレイナも彼氏持ちになるのか…何だか兄として寂しいな。まあ僕の恋人は二次元に存在するから恋愛はわからないが。」


328 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 13:14:34 ID:???
そいやラウも結構ハイスペックなんだよな
中身が落ち着いてればかなりいい線いくかと


329 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 13:33:53 ID:???
レイのためにスーツで固めるが、我慢できなくてクロスアウト!してしまうラウが浮かんだ
もちろん全国中継


330 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 16:14:18 ID:???
ラウ「諸君、喜びたまえ!新規契約を15件取ってきた!フハハハハハ!!!!!」
アスラン「さすがは課長なんだが・・・」
ディアッカ「机の上で腰振りお稲荷ダンス・・・」
イザーク「あれさえ無ければなぁ・・・」


331 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 16:19:28 ID:???
ラウ「私は変態などではない、真実なる肉体美の探求者だ!(お稲荷強調)見たまえこの美し(ドゴムっ!)NOooooooooooうっ!!!!!」
シホ「忙しい時に見苦しいモノ見せないで下さい。(ラウの股間に蹴り)」


332 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 16:21:11 ID:???
>>331
シホ強いwwwww思わず息子押さえたのは俺だけではあるまい(ガタガタブルブル…




333 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 16:40:03 ID:???
ラウ「うぉぉぉ…(ガタガタ)こ、これしきで私の、私の美学は止められんっ!!」
ニコル「立ち上がった!?」←股間押さえてる
アスラン「あのダメージから!?」←同じく 
アレルヤ「なんて鋼の精神力なんだ…!」←同じく
シホ「取り敢えず邪魔です、課長。」←ラウのお稲荷さんにFAX用紙ロールフルスイング殴打 
ラウ「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!…がふっ」
男陣「「「課長ぉぉぉっ!!!!?」」」←全員股間押さえてガタブル


334 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 16:52:27 ID:???
FAXロールは堅くて痛い…ラウ大丈夫か…


335 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 16:59:04 ID:???
家計を悲しませてまで 食わなくても
そう言って弟は 俯いてたんだ 夜に泣いた

冷たく張り付いて 凍えている
冷え切ってく家計簿に 暖房は無い
セール品買うことが 戦いなんだ
そんなに言うだけで スーパーに向かう
my brother he is shopping

人壁のムコウが見えるの 輝いている
小さなカゴには いつもみたいに セール品詰め込む
Ah カガリのせいで 金は掛かるけど
カガリが腹空かせた時 感じる痛み
忘れないように そっとジャー閉じて 炊いた


336 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 17:06:49 ID:???
>>335
吹き出したオレのおやつ(ティラミス)返せーっ!wwww


337 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 17:14:56 ID:???
髪はー伸びないけど 抜け毛ならあるのさー 

慰めながら 意気消沈
泣いても髪は そりゃ生えてはこない 

育毛剤を 買い替えても
無駄な努力と 思い知らされた 

挫けず 夢を見る事は 現実と戦ってる事 

日毎に 増える 10円ハゲ 
自慢してもいいくらいさー(自慢するかぁぁぁっ!)

髪は伸びないけどー 抜け毛ならあるのさー 

それはもう「手遅れだよ」と 

君の努力笑う言葉 

どんなツルツルでも カツラなら生える 

選んだヅラが もし合わないのなら メーカー 

変えれば良ーい…


338 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 18:12:57 ID:???
替え歌を書き込むなら元唄が何かくらい書き込んで欲しいです


339 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 18:45:55 ID:???
ごめん、種運命OP4


340 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 18:47:58 ID:???
アス兄の歌かwwwwwww


341 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 18:51:10 ID:???
カガリ「あっはっは、私が歌になるなんてな~、照れるじゃないか。(照れ)」
アスラン「誰だ!不吉な歌を歌ってる奴はぁっ!?」
シン「カガ姉、そこ照れるとこじゃないって。」


342 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 18:52:24 ID:???
>>333

何て恐ろしいんだシホ(オトコナラダレシモアジワウクツウガ…ブルブル


343 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 20:14:21 ID:???
とある日、学園・中庭にて
ステラ「ステラにお話、何?」
男子A「いやさぁ、ステラって可愛いよね。」
男子B「うんうん、可愛い可愛い。ひまわりみたい。」
ステラ「可愛い?ステラ嬉しい///」
男子C「でさぁ、俺達そんな可愛いステラと遊びに行きたいな~って思うワケ。」
ステラ「遊びに行くの?うん…ステラ行く。シンやルナやそれから」
男子A「ちょいタンマ、俺達とステラだけ。」
ステラ「ステラ…だけ?ならステラ、行かない。」
男子B「行こうぜステラぁ、『イイ場所』連れて行ってあげるからさぁ。」
男子C「な?いいだろ?たまにはあの連中から離れてよぉ。」
ステラ「嫌…ステラ嫌!」
男子C「チッ、やっぱこうなったかよ…おい、丁度誰も見てねぇし…ヤっちまうか(やらしい笑い)」
男子B「先輩、俺は胸がいいッス!」
男子A「へへ、可愛いがってやるよ」
ステラ「嫌…嫌!」
男子C「普段アスカやらバレルやらがいるせいで手が出せないが。お前らグループの女よりどりみどりだからなぁ~、たまんねぇぜ!」
ステラ「来ないで!ステラ恐い…シンっ!」

シン「お前らぁぁぁぁぁぁっ!!(ドカァァッ!)」
男子C「げぶぉっ!?」
男子B「なっ、アスカ!?」
シン「(ステラ引き寄せ)クラスの女子からステラが柄の悪い連中に呼び出されたって聞いて来てみれば…お前ら、覚悟出来てるんだろうなっ!?」
男子A「へっ、3対1じゃてめえでもアイタタタタタァッ!?(腕ねじられ)」
レイ「我々の大事な友人に手を出すとは…大した輩だな。余程恐いもの知らずと見える。」
男子B「バレルまで!?調子ン乗ってんじゃねえぞっ!(右ストレート繰り出す→突然伸びた手に弾かれカウンター食らう)がぶぅぅぅっ!?」
刹那「駆逐目標捕捉。友達に害なす対象と認識し武力介入を実行する。」
男子C「せ…セイエイ!?チッ!ずらかるしか」
シン「(指ぼきぼき)お前ら…許さないからなっ!」
レイ「さぁ、『課外補習』の時間だ。テーマは『因果応報』を身を以て知る、だ。」
刹那「攻撃開始…刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する。」
男子ズ『『『どひぃぃぃぃっ!?』』』


ステラ「ぐすっ…」
シン「ステラ、大丈夫だった?」
ステラ「シン、ステラこわかったの…ひっく」 
シン「よしよし、もう心配ないよ。(撫で撫で)」


344 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 20:48:37 ID:???
戦場にて
闇商人「クッ・・・まだだ、まだ私は・・・」
劾「諦めるんだな。最早お前に戦う術は無い」
闇商人「貴様ァ・・・!叢雲、劾ィ・・・!」ジャキッ
劾「遅い!」ザシュッ
闇商人「グハッ!」

闇商人「何故だ・・・何故貴様ほどの男が傭兵などと・・・」
劾「俺達傭兵は、力無き者の力だ。お前には理解出来ないだろうがな」
闇商人「グゥ・・・」バタッ
イライジャ『劾!無事だったか!?』
劾「ああ、問題無い。ミッション・コンプリートだ」

カナード「・・・・・・」


パルス家にて
劾「クカカカカ!高い所のお掃除などこのメイド劾には容易い事!」
マユ「劾さんありがと!男手少なくて困ってたんだよね」

劾「フハハハハ!晩御飯の下準備の手伝いは任せて貰おう!」
マリナ「毎日ありがとうございます。量が多い分大変で・・・」
ミーア(量が多いのはマリナさんのせいだけどね・・・)

劾「ワハハハハ!これが我がサーペントテール伝統のクルクルシュピーンだ!」酔ってる
スメラギ「アハハハハハ!劾ちゃんおもしろーい!」酔ってる

カナード「・・・・・・」


カナード「・・・・・・さて、エロゲでもするか」


345 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 20:51:31 ID:???
何故だwwwwwwww何故エロゲに現実逃避するカナードが一番まともに見えるwwwwwwww


346 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 20:51:41 ID:???
>>343
美しい友情だな……つかレイ、お前怖すぎww


347 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 20:54:57 ID:???
>>344
劾って二重人格なんじゃねーのwww


348 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 21:17:30 ID:???
ちょっとプリンスの課外授業受けてくる


349 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 21:21:26 ID:???
サトー寿司 


シャニ「休憩~」
クロト「休・息…」
オルガ「あぁぁ…団体客の後はどっと疲れるぜ。」
刹那「チェーンマイン。」
オルガ「おぅ、オメーもそうか。…って、おい刹坊、オメー顔色悪いぞ。」
刹那「ああ、ビームショットライフル。」
クロト「心・配!」
シャニ「やっぱ疲れた~?」
刹那「あんなに沢山の団体客は初めてだったからな…メガ粒子砲だ。」
オルガ「まだなんだかんだで働きだして2ヶ月だからな、あまり無理すんじゃねぇ。」
刹那「心配してくれて感謝する。」
シャニ「べっつに~。(視線外し)」
クロト「弟・分!」
オルガ「けっ、倒れられたら気分が悪いだけだ。(ポリポリ)」


ネオ「素直じゃないわねぇ、オルガにシャニ(ニヤニヤ)」
ミーア「ほーんと、ツンデレなんだから♪」


350 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 22:16:06 ID:???
>>343
ラクス達女性陣に知られたら確実に地獄行き決定
それとロックオンの仕事も増えそう


351 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 22:16:59 ID:???
ニコル「社長からの特命です、これに関係する情報を集めてください」
アウル「わかったぜ」←メールBOXにCDが入ったのを確認して立ち去る

ニコル「さぁって、こっちも調べるとするかな。これ関係だと…仕方ない、あの人を当って見ますか」

エリカ「私の体も調べてーーーーー」
ニコル「ふん!ふん!ふん!ふん!」

エリカ「最近そっち界隈では有名な話よ」
ニコル「そうですか…なんかくさくなってきたな」
エリカ「それより久しぶりなんだから、ね」
ニコル「あ、ちょっ。やれやれ…」

アウル「最近の界隈じゃ割と騒がれてる話しのようだぜ」
ニコル「確定だな…追い込んで見ますか」

(解決後)
ニコル「ふぅ、これで一件落着っと」
マリー「もう、アレルヤのバカ!!」
アレルヤ「おふっ!!」(手掌で飛ばされる)
ニコル「うわー」
アスラン「あのアレルヤを…マリーもあっちサイドの人間だったんだ」
アレルヤ「まさかのオチ要員が俺かよ…がく」


352 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/18(水) 23:58:32 ID:???
なんとステルス迷彩を手に入れたぜ!
これで心おきなく言える……
ラク姉の胸はまな板ー!
さてステルス迷彩を着て…と


353 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 00:25:57 ID:???
スメラギ「さーけーと~なみだだけ~が~とーもだっちさ~♪(←アンパンマンの節で)
      …ひっく…ちくしょーのみたりないわよばかー」
マユ「またスメラギお姉ちゃんが真昼間から飲んだくれてるよ~」
ミーア「出来上がっている上にオーラがすごく澱んでいるわ…今近づいてはいけない気が」
マリナ「あの…スメラギさん、なにか嫌なことでもあったの?」
ミーア「さすがは亡国の姫、見えてる地雷を踏みに行ったわね…」
スメラギ「何よ清純そうな顔しちゃってさーあんたそこにすわりなさいよマリナこのやろー」
マユ「ああ!お母さん捕まっちゃった…」
スメラギ「だいたいカナードはにぶすぎるのよーこのスメラギさんをめのまえにしてー…
      二次元逃避とかもーなんなのよー、ひっく。(自主規制)とか(検閲削除)くらいやってみなさいってーのよー」
マリナ「え…ええ…そ、そうね、うん」
マユ「スメラギお姉ちゃん飛ばしてるね…」
ミーア「マリナさんがリアクションしづらそうにしてるけど気にしたら負けね☆」
マユ(だめだこのミア姉…楽しんでる…)
スメラギ「おーなんだよマリナー赤くなっちゃってよー」
マリナ「だ…だってスメラギさんが…」
マユ「あんまり困らせたらだめだよスメラギお姉ちゃん!お母さんもお母さんで悩んでるんだから!」
ミーア「あ、もうマユったら止めたら面白くないじゃん!」
スメラギ「なんだとー?マリナだから…せつなのことかー!」
マユ「そうだよ!昨日だってすごかったんだよ?お母さんたら寝言で…
    『うふふ…わかってるのよ刹那、ほんとは私の事好きなんでしょ?
    ……え?あ…そうなの?…ううん、いいの…ごめんなさい…』なんて言ってたんだから!」
ミーア「なんか…泣けてきちゃうわ…」
スメラギ「ひどいなーそれー、夢なのにちっとも夢がないなー」
マリナ「……orz」
マユ「あ…しまった…」



354 :ま○板:2009/02/19(木) 00:28:54 ID:???
(夕食の準備中)
シン「ラク姉、まな板とって」
その時、裁きは下った



カキーン(銃弾を弾く音)
俺はその時の光景を一生忘れないだろう。
ラクスの胸が銃弾を弾いたあの光景を。
(アスラン・ザラの回想)


355 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 01:05:51 ID:???
キャー!!ワー!!

タリア「どうしたの一体、教室で騒いで…」
生徒「あ、タリア先生」
タリア「何があったの?」
生徒「それが教室にゴ●ブリが出たんですけど…

ステラ『うぇーい、ステラがやっつける!』
ルナ『あんた、素手でゴキ●リ潰そうとするのはやめなさい!』
ネーナ『きゃあ~♪せっちゃん、ネーナこわ~い♪』
ルイス『沙慈~、私も~♪』
沙慈『君たち、明らかに怖がってないよね…』
刹那『刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!』
シン『刹那!ここでトランザムライザーは…!』
刹那『チッ!逃げられたか…!』
ブシドー『未熟だな少年!害虫の一匹ごときに手を焼くとは!』
刹那『何故お前がここに!?』
ラウ『はっはっは!私もいるぞ!』
レイ『帰ってください…』
ミレイナ『きゃあー!ゴ●ブリがこっちに来たですぅ!』
ティエリア『万死に値する!』
シン『ティエリアさんまでなんで…やめて!セラヴィーはやめて!』
ミハエル『ネーナを怖がらせてんじゃねーよ!行けよ、ファングー!』
シン『ぎゃー!こっちも来たー!』
ブシドー『見るがいい…我が奥義を!』
ハレルヤ『面白そうじゃねえか、俺も混ぜろよ!なぁ、アレルヤー!』
シン『なんかいっぱい来たー!!』

生徒「…その後も『ギガドリルブレイク!』とか『狙い撃つぜー!』とか…」
タリア「もういい、わかったわ…はぁ」


356 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 01:16:26 ID:???
ミーア「ルンルンルン~♪」
カナード「ミーア居るか?」
ミーア「(ビク)ちょっと!勝手に入って来ないでよキモ兄!!」
カナード「酷っ!!」
ミーア「いいから出てけ!!」


スメラギ「お酒~~」
カナード「いい加減飲みすぎだ。肝臓痛めるぞ」
スメラギ「うるさ~い(ガシャーン)」
カナード「ガブッ!」
スメラギ「私は今飲みたいのだ~」


カナード「エロゲのお供にポテチは……」
マリナ「キャー!ゴ○ブリ!!」
カナード「うわ、ちょっと待て落ち着け。家具を投げる………うわぁぁぁ!」


カナード「ん、ここに置いてあったエロゲ(限定版未開封)はどこに行った?」
劾「ビクッ!」
カナード「なんだ。今のビクって……」
劾「す、すまん。掃除してたら間違えて捨ててしまって……」
カナード「………なんだと?」
劾「いや、すまないと思って……マシンガンは止め(ドドドドッ)」
マユ「あ、お兄ちゃんまたいじめてる」
カナード「黙れマユ!今回ばかりは我慢ならん! こいつの首もぎ取って釜茹でにしてもまだ飽き足らなんわ!!」
マユ「ぶ~、そんなこと言って家まで壊して………家事も手伝わないくせに偉そうなこと言わないでよね」
カナード「黙れ!今はそんなこと関係ない!」
マユ「も~う、お兄ちゃんのわからずや!!」
カナード「ま、待てマ…ギャアァァァァ!!(家の外まで吹っ飛ぶ)」


357 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 01:16:52 ID:???
どう見てもオーバーキルです本当にありがとうございました


358 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 01:17:07 ID:???
カナード「何故………俺が……クッ」


ミーア「ああ、それはカナ兄怒るでしょ。私達から教育上良くないものでも数少ないカナ兄の趣味兼生きがいだもん」
スメラギ「(自分もキラ君のエロゲ良く捨ててるクセに……)しかもカナードは稼いだお金のほとんどは経費と家庭に入れてるからね。少ないやりくりでエロゲ買ってるからね」
ミーア「え、カナ兄ってそんなにお小遣い少ないの?」
スメラギ「ええ、ぶっちゃけマユちゃんのお小遣いより少ないわよ」
マユ「うう、それを知らないでマユは……」
劾「すまん。完全に俺のミスだ」
ミーア「何にせよ謝った方がいいわね(私もこの間バックプレゼントしてもらったのに酷いこと言っちゃったし、あとで謝ろ)」
スメラギ「そうね(酔ってたとはいえあれはやりすぎだったわよね)」
マリナ「大変よ!ポストにこんな物が!」

『しばらく家を離れます。仕送りはしますから心配しないでください byカナード』

全員「ちょっ!!!」



359 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 01:38:21 ID:???
>>352
キョウノトコロハアットウサセテモラウゼ


360 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 02:23:08 ID:???
ラクス「うわー、なつかしいですわねー」
ルナ「へー、ラク姉達の昔ってこんなだったのねー」
アスラン「ん?何を…ああ、昔の写真か。懐かしいなぁ」
ステラ「あ、アスランの髪ふさふさだ」
ラクス「そうそう、この次のページに…」
シン「おーい、みんなーおやつがあっー、そのアルバムは!」
ルナ「あれ?何この長髪黒髪の巫女幼女は」
ステラ「眼が赤い…シン?」
キラ「シンの七五三の時の写真だね」
ラクス「あの頃のシンは髪が長いんでしたわよねー」
カガリ「そうそう、服も私達のお下がりだったしな。中々可愛かった」
シン「だからって七五三に巫女服はないだろ!!」


361 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 02:26:24 ID:???
>>360
想像が容易ですww
後ラク姉の行動m


362 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 02:29:45 ID:???
ソレスタ家の面々辺りは七五三なんてやってないんだろうなとかKYな事考えてしまった…


363 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 03:43:33 ID:???
>>360
アスラン「というわけで作っといたぞ巫女服」
シン「どういうわけかは知らないけど着ないからな。絶対着ないからな」
アスラン「カガリ!」
カガリ「すまないシン……」ガシ
シン「え?ちょ、カガ姉、放s」
カガリ「久々に私も見たいんだ……お前の巫女服」
ラクス「ではお着替えしましょうねえ、シン。ハァハァ」
キラ「カツラもあるからこれで昔を再現できるね」
シン「そのカツラはアス兄にやれ!ちょ、脱がすのやめ、アッー!」


364 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 06:50:20 ID:???
>>362
せっちゃん「七五さん?誰だそれは?」
ロックオン「七五三な。オーブの昔からの風習で、七歳五歳三歳の時に着物来て御参りするんだよ。」
アレルヤ「国の文化だね。ウチはやってなかったね、当然。」
ティエリア「まあ、オーブに来たのも最近だしな。しかし七五三か…ん?」
マリー「(ごそごそ)」
アニュー「(ごそごそ)」
ライル「お二人さん、何やってんだい…」
マリー「いえ、これを(袴)」
アニュー「時期は過ぎましたけど、是非とも刹那に(千歳飴)」
せっちゃん「はかまと飴…待て、待ってくれ義姉さん達。何故そんなに笑顔なんだ?」
ロックオン「なるほど…うっし、アレルヤGo。」
アレルヤ「了解。ごめんよ刹那。(ロック)」
ティエリア「さて、カメラは、と。」
せっちゃん「(じたばた)離せアレルヤ!義姉さん達が何だか怖い!ティエリア撮影するな!ガンダム…ガンダァァァァム!!!」


365 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 07:22:57 ID:???
シンもせっちゃんも哀れな…


366 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 08:13:59 ID:???
シンの巫女服強制お着替え→ルナステ参上 

せっちゃん七五三強制お着替え→ネオ、ミーア参上

ですねわかります。


367 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 12:26:12 ID:???
兄弟家
シン「しくしくしくしく(巫女服着せられた)」
ラクス「激プリティー巫女さんわたくしの煩悩を払って下さいなええもうバーニング曼陀羅ーでファイヤーソウルな一撃でぇぇぇぇっ!!!!(ダイブ)」
シン「ネタが古いよラク姉アーーーーッ!!!」
キラ「さぁーてネットに貼ろうっと、有料で♪」
アスラン「うぅむ、さすが俺のプロデュース!」
カガリ「写真写真!」

ソレスタ家 
刹那「…(七五三姿&千歳飴)」
録音、ライル、アレハレ、眼鏡、フェルト、ミレイナ「「似合い過ぎ(ですぅ)…」」
アニュー「あぁもう可愛過ぎますね!」
マリー「はまりすぎです刹那さん…!」


シン、刹那「「もう好きにしてくれ……(涙)」」


368 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 12:29:35 ID:???
レイ「七五三か…懐かしいな、俺も―――」


レイ七歳『ラウ、準備できました。』
ラウ『よし、では行こうかレイ。』←股間に千歳飴



レイ「――さらばだ、あの頃の記憶。」←記憶封印


369 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 12:45:36 ID:???
再びラウ無双がwww


370 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 15:37:33 ID:???
>>358

カナード「と、いうわけなんだが」
キラ「カナちゃん可哀想に(涙)でもうちはミーアが良く来るから泊められないよ」
アウル「うちもミーアと仲良いネオが居るから多分無理だよ」
ティエリア「うちも刹那に会いに(以下略)」
カナード「う~む、そうなると……」


ビリー「断る」
カナード「何故だ。同じエロゲ友達だろ!?」
ビリー「エロゲ仲間ではあるけど僕の個人的なわだかまりがまだ消えてないんだ。だから他を当たってくれ」
カナード「あ……………そうか。俺は家族だけじゃなくて友にも邪険にされていたのか………フッ、寂しい男だ」



アーサー「ヘックシュ!あれ、なんか忘れられているような」


371 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 15:48:39 ID:???
カナードさん
まだ居るだろ、アビーが


372 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 15:57:05 ID:???
カナードさんにアビーの家に泊まるなんて芸当は(ry

カナード「という訳でよろしく頼む。」
ハイネ「困ったときはお互い様ってやつかな。」

アビー「カナード×ハイネ、ハイネ×カナード・・・・・・うーん」


373 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 15:59:45 ID:???
おいカナード、メリオルはどうした?


374 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 16:22:34 ID:???
カナード「しかし凄い部屋だな…大物ミュージシャンのポスターにギターの数々…シンセまで。」
ハイネ「一時期本気で音楽で食って行こうとした頃があってな。その名残さ。」
カナード「今は、どうなんだ?」
ハイネ「…今なら話してもいいかな。少し前、〈ルイ・マリス〉ってバンドがいたろ?」
カナード「ああ、確か2~3年前か。かなり売れていたバンドだったな…それが何だ?」
ハイネ「そのルイ・マリスのボーカルだったのさ、俺は。」
カナード「何!?い、いや…確かにいつか聞いた歌声と声が一緒…そうだったのか…」
ハイネ「まぁな。あの頃はホント、好きなだけ歌って弾いて楽しんだけど――業界の裏ってもんを知れば知る程、プロが嫌になってな。メンバーで相談して解散したんだ。」
カナード「…分かる気がする。世の中の裏側なんて、純粋に楽しむ者達からすれば邪悪な限りだからな。」
ハイネ「ま、そんなこんなで今は趣味で音楽やってれば丁度いいんだ。エロゲもしたいしな~♪」
カナード「フッ、なるほど…」
カナード(抱えたモノは人々、か。ある意味ハイネはキラと似ているが、こいつは自分の出し方楽しみ方を知っている。)


375 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 19:45:18 ID:???
アビー「ハイネとカナードではモチベが湧きませんね…。やっぱり片方は美少年系でないとブツブツ…」
シン「…うちの居間で破廉恥な創作活動するの止めてもらえませんか?」
アビー「何を今更。」
シン「もっと生産的なことしましょうよ。真面目な絵を描いたりとか…。
   アビーさん見た目は綺麗なんだから若い人がするみたいに遊んだり健全な交際したりとかも…」
ラクス「シンの言う事にも一理ありますわね。 アビーさんには好きな人はいませんの?」
アビー「全くいませんね~、そういった願望も薄いですし。」
キラ「でもタマるものはタマるよね、女の子だってさ~ニヤニヤ」
カガリ「ストレスか?」
アビー「そんな時には自家発電って手がありますから。適度に発散してますよ♪」
ラクス「ま゛っ…オゲフィンですわ…」
カガリ「?」
アスラン「!」
シン「(ボッ)な、なんてことを人前で…///」
アビー「(シン君の反応ハアハア…)シン君…女の子はそんなことしないって信じてました?」
シン「だ…だって…///」
アビー「男性だけじゃなく…私たちにも性欲はじゅーぶんにあるんですよ?
    夜寝る前に意味も無く身体がほてったり、狂おしいぐらいの萌に襲われた時には下腹部の…」
シン「あ…あぅ…///」
キラ「アビー、そろそろシンおちょくるのストップ。ラクスが半ギレ状態。」
ラクス「…」ゴゴゴゴゴ…
アビー「シン君、よかったら…私の実演見学しますか?(ニヤニヤ)」
シン「!!」ブーーー!!バタッ…
キラ「鼻血吹いて気絶しちゃった。」
アビー「ホントにウブですよね、からかい甲斐があります♪(&新作のネタGET!)」
ラクス「イライライライラ…」


カガリ「タマる…ストレス…自家発電…!エアロバイクだな!」
アスラン(嘘だ嘘だ嘘だ女の子はそんなことしない…。
    だが…アビーの話が本当ならラクスやカガリだけでなくミーアやシホにマリーにステラにルナマリアにメイリンにネオに…マユちゃんまでも…。
    ハッ、オレはいったい何を期待してるんだ…、でもそういうことを一人でしてるといことが云々…)



376 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 20:44:05 ID:???
>>375
…アス兄って女に幻想抱くタイプか?w
そういやティエリアってあんな嗜好の割には自家発電をしなさそうだ


377 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 20:45:10 ID:???
ミーア「こんにちは!」
シン「あ、ミーアさんにマユちゃん、マリナさんにスメラギさんいらっしゃい」
アスラン「どうしたんだ大勢で?」
ミーア「カナ兄!カナ兄は来てない!」
キラ「カナちゃんなら今日は来てないよ」
ミーア「どこに行ったか知らない!(ぶんぶん)」
キラ「ちょ、まずは落ち着いて!!(ガクガク)」
シン「何かあったんですか?」
スメラギ「実はかくかくしかじかで……」
マユ「ヒック………マユのせいで……お兄ちゃんが………ううわぁぁぁん!」

マリナ「マユちゃん泣かないで(なでなで)」
ミーア「ああ、もう!どこ行ったのよカナ兄!謝るから帰って来て!」
シン「うわわ、とりあえず皆さん落ち着いて」
キラ「………こんな時になんだけど」
アスラン「どうした?」
キラ「何気に仲良いよねあの家」
アスラン「確かに…」
ラクス「私もシンと仲良しですわハァハァ」
シン「ラク姉自重して!」
ミーア「カナ兄~!」
マユ「うわぁぁぁんお兄ちゃん!」



378 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 20:53:36 ID:???
あれ?カナード何気に幸せモン?


379 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 20:56:16 ID:???
>>376
ティエリア「自家発電だと?フン、僕はしないぞ。」
キラ「いやいやティエちゃんそれ男として終わってない?」


380 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:03:23 ID:???
>>375
アスランwww

>マユちゃんまでも…
某スレのマユとは違ってここのマユはそっち方面にはピュアないんじゃないか?


381 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:32:57 ID:???
>>379
ティエリア「そんなはしたない真似、この僕が…」
ミレイナ「(ひょこっ)自家発電ってなんですかぁ?」
ティエリア「!!?い、いやあの、その、だな…(あたふた)」
ミレイナ「あれですかぁ?自転車漕いでぇ?」
ティエリア「そ、そうともそうとも!最近エコロジーが流行っているからな、家庭で出来る自家発電が主流なのさ!」
ミレイナ「そうなんですかぁ。あれ?でもあーでさんは自家発電しないって言ってたですぅ。あーでさんって、体力無いんですかぁ?(悪気無し)」
ティエリア「…へ?」



ティエリア「ぬぉぉぉぉぉぉぉっ!!!み、見ろミレイナ、この速さ!この発電量をぉぉぉっ!!!(死に物狂いで自転車漕ぎ)」
ミレイナ「凄い凄い凄いですぅ!あーでさん凄いですぅ!(感動)」
ロックオン「何やってんだか…」
刹那「GN粒子の生成か。」


382 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:34:00 ID:???
>>380
アスランの脳内だと確定事項かもしれん


383 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:40:39 ID:???
>>475のせいで俺のGNソードがトランザム

ティエリア「そもそも僕は公式に性別ティエリアなわけで。」
キラ「そういえば。」

アビー「つまりどっちでもおkなわけですね分かりますハァハァ・・・・・ん・・・あっ」


384 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:45:14 ID:???
>>475
レイ「ロングパスか・・・ 気にするな。俺は気にするが・・」


385 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:50:25 ID:???
アビー「ンフフ、シン君は非常に美味しい反応でしたから、同じく刹那君の反応も見てみたいですね…あ、刹那君。」
刹那「ん?あんたは…アビー・ウィンザーか。スキュラ。」
アビー「刹那君、女性の性欲ってどんなものだと思いますか?(きっと慌てるんでしょうね、メモの準備を…)」
刹那「性欲は誰にでもあるだろう。それこそ男女変わらずに。むしろ無ければおかしいし、俺にだってある。」
アビー「……(あ、あれ~?)えっと、刹那君も…ですか?」
刹那「当然だ。だから以前媚薬の入ったバームクーヘンを食べて醜態を晒してしまった。ただ、普段はあまり感じないが…俺が育った中東地域はそういう事に関しての戒律が厳しかったからかもしれない。」
アビー「……あ、そう…ですか……(あっれ~?何か私、ひょっとしてさりげなく敗北!?)」


386 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:55:17 ID:???
>>385
アビーよ、からかおうったって、せっちゃんは中身大人だぞ。諦めれwwwwww


387 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 21:56:49 ID:???
>>381
妹「お兄ちゃん、自家発電ってなぁに?」→兄「えっと、その」 
だなコレWWWWW


388 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 22:06:17 ID:???
レイ「刹那が大人っぽい?ああ、それは当然だろう。普段我々学生メンバーがしている会話に耳を傾けてみるといい。理由がよくわかるだろう。」


389 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 22:09:16 ID:???
>>385
数スレ前、授業で官能小説読ませられてシンがギブアップした後、せっちゃんが省略されたのは全文淡々と読んだからなんだなw
きっと読んでたせっちゃん以外は真っ赤になってたろう


390 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 22:13:19 ID:???
>>385を参考に
アビー「レイ君は…しなさそうですね。」
レイ「何をですか?」
アビー「自家発電です。」
レイ「アビーさん…あなたという人は…」
レイ「俺はそんな性向は持っていませんよ。
   直接的な行為に及ばなくても、趣味やスポーツなどで性欲を昇華することは可能ですので。」
アビー「…つまらないです。」
レイ「そういう問題ではないでしょう…」
ラウ「アビー君!話を聞いてみれば君もずいぶんと好奇心旺盛な女性のようだ!
   私もバタイユやサドを愛読していてね…君とはぜひエロス論を戦わせてみたいね。」
ハム「エロス的なものは美であり、かつ真である!私も参加しようぞ!」
ラッセ「5MEO、発展場、トコロテン!ハードプレイなんでも来いだぜ!」
アビー「その意気や良し!受けてたちませう!!」


アビー「ふぅ…」
キラ「アビー、どうしたの?」
アビー「エロって奥が深いんですね。
    まだまだ未熟な小娘であることを自覚させられました。」
キラ「あのさ、その領域には深く入り込まないほうがいいと思うよ。
   本物の変態になっちゃうから…」


391 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 22:34:49 ID:???
アビー、お前はどこへ迷走するんだw


392 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 22:48:27 ID:???
シン「ハァ・・・全くアビーさんは困ったもんだよ。」
刹那「スペリオルドラゴン。」
シン「そうだな、まぁオレ達も男だから、ま、まままるっきり意識しないわけじゃないけどさ///」
刹那「ブラックドラゴン。」
シン「うわっ、刹那お前平気なのかよ///アビーさんのあんな、あんな内容の話///」
刹那「バーサル騎士ガンダム。」
シン「うっ・・・まぁ確かに普段ラク姉がもっとストレートな事してくるけどさ・・・」
刹那「騎士アレックス。」
シン「ハァァ・・・オレ、自分がマヒしてんのか奥手なのか判らなくなってきたorz」
刹那「法術士ν。(肩ぽんぽん)」


393 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 22:53:17 ID:???
>>392
確かにラク姉はいつもスッゴい事してくるもんなww
後せっちゃん、また懐かしいネタをwwwカードダス集めまくってたぜ。


394 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 23:17:40 ID:???
>>388
こんな会話しか思い浮かばない

刹那「沙慈。ロックオンが00(新しい自転車)を買ってくれた」
沙慈「良かったじゃない、刹那」
刹那「ああ、とてもガンダムだ…乗れ沙慈。00ライザーだ」

刹那「流石00ライザーだ。速い」(下り坂)
沙慈「そうだね、坂道はいいね」
刹那「…トランザムしたくなってきた」(※下り坂でさらにペダルをこぐ危険行為)
沙慈「トランザムしちゃうと、エクシア(前の自転車)みたいに壊しちゃうよ?」
刹那「そうか。トランザムはダメだな」
沙慈「うん。トランザムはダメだね」


395 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 23:19:56 ID:???
学生の頃それやって何度か車に横から追突されそうになったよ、懐かしいなぁw


396 :通常の名無しさんの3倍:2009/02/19(木) 23:29:04 ID:???
>>394
おいおいブラザー、それなんて青春の1ページだいww
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。