魂集め

秘伝防具を作成するのなら避けては通れないのがこの魂集め。
気が遠くなるような魂を集めなければならずかなりの苦行となるが、工夫すれば幾分かは楽になる。
秘伝ススンダー2秘伝進捗調査器等を使って達成率や必要数を見ながらモチベを上げていこう

ちなみにHC武器にもこの武器魂を必要とするものがある。HC防具、覇種武具、G級武具には武器魂を使用しない。
(元々武器魂はHC武器のために存在するものだった)

基本

武器魂は基本的に以下の方法で入手できる。
  • ハードコアクエストのクリア
    • 自プレイヤーが装備している武器の魂を1枚貰える。サブターゲットのみでは入手できない。
      • 秘伝書コースを入れてあると+2枚入手可能。
    • 狩猟対象が日替わりで対象が変わる「ギルド優先依頼」のターゲットモンスターだった場合は、武器魂の入手数が1→3になる。また、一定確率で5枚になる。
      • ギルド優先依頼に関しては該当リンクを参照のこと。ちなみに強制ハードコアモードのクエストでも適用されるが、ターゲットモンスターがサブターゲットだった場合や、覇種モンスターの場合は適用外。
      • 秘伝書コースを入れてあると+5枚入手可能(つまり通常8枚、最大10枚となる)
  • グーク鍋
    • ハードコア素材を煮込むことで一定数入手可能。入手できる数は素材によって違う。
    • 基本的に変換効率が悪すぎるので、余りまくった素材の有効活用レベルで考えておくとよい。

秘伝書コースについてはプレミア・アシストと同様3日で980円なのでご利用は計画的に。
基本的には、毎日変わるギルド優先依頼の対象モンスターを討伐していくのが作成への近道といえるだろう。

HCチケット

秘伝書の項にもあるが、ハードコアクエストの受注にはHCチケットが必要となる。
ノーマルクエで1枚(秘伝書コース中は3枚)入手できるのでそれでコツコツ集める手もあるが、
基本的には秘伝書取得後にHR褒賞でかなりの数を入手できる。
ここで入手したHCチケットを使いながら、クエストクリアで入手できるスタンプを集めて貰える
「ギルドへの推薦状」を、調合屋の「特別調合」でHCチケットに交換していけばチケの枯渇はまず起こらない。

ちなみに、HR499以下のハンターがノーマルクエに同伴するともらえるHCチケットの枚数がさらに8枚追加される
ただしトライアルコースの自演によりチケ量産されるのを防ぐためにHR3以上(HL必須)のクエが対象になる。

知っておくべきこと

魂集めはギルド優先依頼を活用した場合でも、相応の連戦数が必要となる。
なので素早くクエストを回す術も重要となる。
特に優先依頼は毎日対象モンスターが変わるため、モンスごとに異なる「素早くクエを回す術」を知る必要がある。

  • クエストの選択
序(下位)・中(上位)・極(変種)・天(剛種)いずれもクエストの選択肢がある。
個体差や特殊条件の有無(部位破壊など面倒なものがマストオーダーになっていないか)はもちろん、
マップや報酬・季節・時間(昼夜)・キケン大好き発動の有無などによっても集まりや回転効率に大きな違いが現れる。
例えば中ラージャンの場合、MAPは雪山・火山・峡谷の3つがあるが、雪山はHRPシフトクエだと
かなりの量のSRPを取得できるが、その分強個体が出るため狩猟に時間がかかる。
また峡谷では武器種が制限されており集まりに悪影響が出やすい・・・など。
共同部位報酬!飛竜種の剛尾(ディアブロス変種)はBCスタート固定になるといった特殊なものもある。

剛種古龍は、不定期に配信されている「凛然たる古龍」があるなら古龍種の稀玉を入手しやすい上に特殊条件はないので
そちらの方が人集めをしやすいと思われる。配信クエストもチェックしておこう。
こちらも参考に

  • キケン大好き・秘境大好き・迷子玉+グークのお守り
いずれもスタート直後の配置に影響を与えるもの。
詳しくは募集文・指定文の該当項目を参照してほしい。
ちなみにいずれも序集めでは意味がない。また、クエストによっては効果自体が発動しないこともある。

  • 戦闘復帰玉、ホルクの呼び声、迷子玉(お守り無しor秘境無しフィールドBC時限定)
今居るエリアを除外した他のPTメンバーが居るエリアにランダムでワープする。特に雪山、高地クエストでは持っておきたい。
ちなみに復帰玉と呼び声は、モンス発覚マークがついている人のところに優先的に飛ぶ仕組みになっている。
入手手段が非常に限られているので持参を指定するのは過剰指定と見られてしまうことが多いかもしれない。

  • 装備選択
天魂の剛種クエストは天嵐防具の武器強化能力の恩恵を得られる。
秘伝防具効果スキルがそこまで強力でない武器種では無理に秘伝防具を着るより
天嵐覇種武具+対策スキルばっちりの方が火力が高かったり安定度が段違いだったりすることがある。
特に秘伝がFXLv1の段階では防御も低くスキルもそこまで充実できないものが多いので気をつけよう。

  • 気短の護符
G3でソロ時に帰還時間を大幅に減らせる気短の護符が実装された(最大で20秒帰還)。
ソロでも十分狩れるようであればPT募集して連戦するよりこれを持ってソロ狩りした方が効率よく回せる事も多い。
ただし時間が短すぎてノノカムや大型モンスターの場合は剥ぎ取りきれない事もある。
護符はいつでも返還・再交換可能なので必要に応じて30秒や40秒の護符に持ち替えるといい。

それ以外には基本以下のこと守ればいいんじゃね?
  • 序・中魂
    • 剣士
      属性が通る奴が多い&1~2麻痺で終わるので弱点属性をチョイスした方がいい場合が多々。え?弱点忘れた?なら目の前の高性能な機械でいくらでも調べれば良いだろ
    • ガンナー
      状況に応じて麻痺入れて弱点をセンターに入れてスイッチ
  • 極魂
    • 共通
      基本変種は属性が通りにくく肉質ものっぺりだが意外なところに意外な物が通ったりするからちゃんと調べること
  • 天魂
    • 剣士
      属性の通りにかなりの差がある。殆ど通らない奴は高倍率無属性でいいが、ガッツリ通る奴にはちゃんと弱点属性担いでいくんだぞ
      ちなみに剛種HC素材は秘伝防具FXにはとりあえず使わない。手にはいったら天嵐武器などに回すようにすると後々楽かも。
    • ガンナー
      相手によって向き不向きがある。属性はとりあえずオルガロン以外は気にしなくてもいい。

  • 指定・募集
募集文・指定文を参照のこと。
ちなみにMHF-G2現時点では、多くのハンターがG級に移行していることもあり
昔ほど魂集め(秘伝防具FXの作成)は主流となっていない。
なのであまりにあまりな募集だと(例:3・4着目狙いの大秘伝募集、G級武器募集など)何時まで経っても人が集まらない危険がある。
人集めの時間も回転効率に影響を及ぼすので一応頭に入れておくと良い。

戦術・効率の良いクエなど


武器種にもよるしハンター側の火力が上がり効率的は大差なくなってきているが
人気の高い、もしくは特定の戦術がある優先依頼をピックアップする

  • 序魂
    • キリン
      下位の優先依頼中唯一決戦場クエが存在する。(専心珠Gと幻獣【下位】)
      相手はキリンなのでやや相性差はあるが、下位なのでなんとでもなるレベルではある。

  • 中魂
    • オルガロン
      体力が非常に低いため、高属性の水武器+麻痺剣で麻痺入れてぼこれば高速回転が可能。
      ヘビィなら水冷弾4、ライトなら砲術ドラカナ4、ガンスなら【流水】の水属性連撃も威力が下がったとは言え中ガロンぐらいなら早く倒せる。あと地味に ほぼすべての素材価格が高値で秘伝防具の資金の足しにできる
    • エスピナス&エスピナス亜種
      頭ハメでぼこれる。詳しくはこちらを参照。亜種は特に素材価格が高い。
    • イャンクック亜種
      麻痺時間が長いので麻痺剣で集中攻撃。音爆弾による怯み中は怒りに移行せず、非怒り時の方がやわいので音爆怯み中に麻痺できるメンツなら積極的に狙っていくといい。キケン大好きがあると更に速くなる。
    • グラビモス
      体力が非常に低い・キケン大好きが有効・水に弱いなど良条件が揃っている。
      近接でもガンナーでも余裕でいけるが、火事場する場合は事故にだけ注意。
    • アカムトルム
      閃光ハメが可能。基本的には閃光役+ガンナー3名となる(他の構成でも出来なくは無いが)
      閃光役は笛がベストだが素材消耗が激しいという点から他の武器種が買って出てもあまり問題ないとされる。
      ちなみにアカム銀行の名のごとくコイツも素材売価が高い。

  • 極魂
    • エスピナス
      原種と同じ。
    • グラビモス
      水の通りは悪いが体力が滅茶苦茶低いので瞬殺可能。どっちかといえばガンナー向きの相手ではある。
      近接は麻痺を上手く使うと良い。
    • ティガレックス
      後ろ足を集中攻撃してこかしハメ気味に討伐可。
      お守り迷子で最速突入できる砂漠か、シビレを置いて確実にスタートできる雪山かはお好みで(どちらにしてもキケンは発動しないぞ)
      後ろ足には水属性がかなり通るので双や片手は高属性値の水武器を用意したほうがいい(双はリッパーやガーベラ、片手は流水など)。
      後ろ脚を狙いにくい太刀や大剣はやや不向きといえる。ガンスは属性砲の弱体化とHBの超強化の関係上、
      ドドンガあたりを用意してHB前方突きを連発したほうがいい。
      ちなみにガンナー4で蜂の巣にするのもよい。
    • ショウグンギザミ
      ハンターズクエなら水晶ハメが可能。天嵐への導きは火山のため、火薬岩を使ってできなくもないがギザミ移動の手間や秘境スタートで即ギザミエリアに入れることから普通の募集が多い。
    • フルフル・ヒプノック・ババコンガ
      聳え立つ糞がF5の肉質&特異補正改善で大幅に弱体化し最高効率のモンスになった。
      フルフルは怯みor足ダウンループ、ババは麻痺や閃光、ヒプは麻痺や睡眠で動きを止めながらぼこればどの武器種でもそれなりに早回しができる。
      なお、ヒプに関しては秘境スタートで即隣エリアに居る狙えG珠!クエの方が良い。こちらの場合でも開幕投擲でキョロキョロさせることは可能。
    • ディアブロス
      ハンマー御用達の音爆ハメがある。ただし構成等に難があり最近は殆ど用いられない。
    • ヴォルガノス
      どちらかといえばこちらがハンマー御用達か。
      脚に打が通る+ダウン時のビタンビタンが全武器種攻撃機会になりにくいので溜め時間に回せる。
      ということでいたわり+2を発動させJPスタンプを連発することで転ばせ続けて討伐できる。

  • 天魂
    • クシャルダオラ・錆びたクシャルダオラ
      頭を雷・龍属性の斬武器で集中攻撃してダウンさせ続けるのが主流。リーチ長太刀は糞肉質の別部位に吸われるので担いでくんな。
      ガンナーは肉質がアレなので拡散祭りで処理する募集がそこそこ見られる。
      ちなみに錆クシャは入魂祭時にはギルド優先依頼の日だけ出張してくる。
    • テオ・テスカトル
      クシャ同様、頭を水・龍武器でぼこる。こちらは肉質の関係で打撃武器の出番が多い。
      ハンマーならソロでハメれたりもする。
      ガンナーについてはクシャ同様。
    • グレンゼブル・デュラガウア・ドラギュロス
      ハメにくいし面倒な相手ではあるが、特異個体化で動きや体力面がかなり改善されたのでどの武器でも比較的やりやすくはなった。
      一応デュラは峡谷でハメる方法が存在する。
    • オルガロン
      中と基本的には一緒だが、両者を完全拘束して完封する術は無いので慣れてないと死ねる。
      流水片手4、水冷弾ヘビィ4が比較的高速回しができる。
      どっちもW属性強化水大は必須。片手は秘伝も剛力もなくてもいいから麻痺剣は付けよう。(ちなみにゲージ上昇で火力がUPする天嵐防具の方が良い。覇種防具ならいう事なし)
      ヘビィは最低でも紅桜SP、大抵の場合銃仙までセットになる(もっとも銃仙だろうと属性強化なしはNG)
      怒り時の背中は水0なのと、ヘビィの水冷弾は貫通タイプだから横から撃つと火力がガタ落ちするので注意
    • キリン
      基本的に大剣、ガン、笛専用。大剣がそれなりなら全員コックでいいほど楽。
      準備やホスト等の諸々を考えると決戦場以外選択肢はない。
      他にもいたわり散弾ヘビィ4や連射弓4という募集もある。

以下はギルド優先依頼対象外で高速回しができるもの。
貰える魂の枚数から効率では圧倒的に優先依頼に劣るが、優先依頼がまずい時や素材集めの際の参考に。
(古いものも多いので注意)
+ ...

武器綬集め

G級秘伝防具の強化に必要な武器綬は、G級ハードコアクエストのクリアで入手可能。
(通常1つ、秘伝書コースで+2つ)
武器綬は序・中・極の3種類があり、クエスト難易度によって貰える種類が異なっている。
ちなみに武器綬はG級秘伝防具にしか使わない。

序:★1・★2
中:★3・★4
極:★5~7

こちらにはギルド優先依頼に該当するシステムは(G3時点では)ないので注意したい。
また、怯み耐性の累積増加、麻痺耐性の高さなどから怯みハメや麻痺罠連はかなり厳しくなっている。
いずれも属性が原種並みかそれ以上に通るようになっているので武器選択はかなり重要。
また、部位破壊でレア素材が出るサブクエの人気が高いので、その場合は部位破壊も意識して狙う必要がでてくる。

  • 序綬
    G秘伝の派生強化に絡んでくるためそちらをまず優先したほうがいい
    • イャンクック
      潮島か密林+キケン大好きが良い。攻撃力は流石に変種先生ほどではないため真根性も不要。序稼ぎには適しているが、タフなので注意。
    • ダイミョウザザミ
      潮島の洞窟内が移動されず遭遇も楽。どんどん怯みにくくなっていくため後半戦でボクサーモーションにやられないようにしたい。
    • ゲリョス
      HC変種と同レベルの体力なので狩りやすい。沼地・密林どちらもキケン適用なのも高ポイント。
    • ドスガレオス
      ガンナーなら割と楽。近接は超咆哮のぶっ飛ばしとG級技のサマソに注意。
    • ドスランポス
      上位・下位と同じ感覚で狩れるが、怯み値や麻痺耐性が上がっており、かち上げ技も使ってくるので注意。
      とりあえずモドリ玉ブレスは何が何でも喰らってはいけない。
      ちなみにG秘伝に素材が絡まないので、序綬モンスの剥ぎ希少素材&GHC素材を集めきってから利用するのが吉。

  • 中綬
    • ショウグンギザミ
      水晶ハメは手間のかかる火山でしかできない。
      現状主流なのは殻を壊しても移動しない潮島で、シビレ→麻痺(殻破壊)→怯みで討伐というもの(通称殻ハメ)。
      ただしハメというものの実質は少ない攻撃時間で一気に体力を削りきるというものなので、できる武器種は少ないし武器の厳選も相応に必要。
      実質G玄武双龍or刀神専用か。
    • バサルモス
      ガンナー御用達。ガンナー4人でガチってもいいし、笛を入れて閃光で拘束するのも手。
    • フルフル
      原種準拠の属性肉質・変種準拠の物理肉質ということでどの武器種でもかなり戦いやすい。
      ちなみに部位破壊はかなり意識して狙わないと難しい(HCでは胴と頭に合計3825ダメージ必要となる)ので注意。
    • ガノトトス
      どの武器種にも(割と)優しいのでおそらく中魂集めには最も適している。
      ただし秘伝FXやG秘伝Lv1では被ダメが痛すぎるので注意。
      属性武器や属性弾を使う場合は当てる部位に注意。(翼と脚は殆ど通らない)

  • 極綬
    • グラビモス
      上位同様、体力が低い上に水がガッツリ通る。
      部位破壊がかなりしやすくなっており、近接・ガンナーどちらでもいける。サブクエなら最低一人は斬が居るとよい。
      おそらく極綬集めに最も向いた相手だろう。
    • パリアプリア
      体力は大幅に上がったがガンナーなら楽な相手。
      近接は防御力によっては罰ゲームになることも。
    • ティガレックス
      後ろ足狙いはやや難しくなったもののまだ可能。ちなみに特異個体でも閃光玉で動きを封じれるので、ガン3閃光笛1で蜂の巣にもできる。(咆哮の範囲が広く一撃死がありえるので注意)

  • 極綬(★6以降)
    G級秘伝の防御力では対抗が難しい。
    また、比較的安全な戦法だとレア素材を狙えないため募集効率も悪化する。
    • エスピナス
      閃光で動きを止めてガン3で撃ちまくる方法が一応可能。ただしレア素材が尻尾に仕込まれているためサブクエなどでこの戦法は使えない。
      極集め目的でやるならグラビで全く同じことができるのでそちらの方がよい。
      頭ハメは怯み耐性の増加+斬肉質が悪くなったのでほぼ無理。尻尾切れないし。
    • グラビモス亜種
      水冷ヘビィで即殺できる。ターボ化しているので不意打ちでやられないようにしたい。
      ちなみにレア素材は尻尾剥ぎ取りなのでエスピナス同様素材回収は諦めることになる。
    • ラージャン
      火山では体力の低さに目を付けて罠連+麻痺で即殺することができる。
      …できるが、ラーの機嫌や沸いているイーオスの凄まじい強さ(火事場体力の秘伝FXは即死する)、
      更に一人でもミスをすると即失敗に繋がることから回転効率が良いとはいえない。
      そしてサブクエは雪山&尻尾切断なのでこの方法は取れない。武器綬のためだけに通常クエを選択する理由が薄く、極集めに向いたモンスとは言いがたい。
    • イャンガルルガ
      水が良く通るので水冷ヘビィの餌食にできる。峡谷で崖撃ちも可能だが、ガブラスが邪魔なのとキケン+密林の方が早いのもあってあまり行われていない。
      怯みまくるわけではないのである程度ガルルガの攻撃を避ける技術は必要。
      近接は残念ながら属性特化除いて罰ゲーム。やるなら秘伝を脱いで適応撃を発動させるとよい。
    • グレンゼブル
      防具と珠が人気なので募集効率は割と良い。
      ただし角破壊がかなり厄介(全属性糞なのに7000ダメージ必要)なので、これを含めると途端に敷居が上がり構成が難しくなる。
      また、強化中の近接G秘伝は逆鱗がないとほぼ確実に一撃必殺になるので注意。
      ガンナーだと楽な部類だが、事故も多いので注意。