arenaスクール水着まとめ@wiki -ARN-75W/スクール水着/競泳水着
合計

スクール水着や競泳水着などスポーツウェア・スクールウェアを学販・衣装用問わず豊富な品揃えで格安販売。メール便・センター留め可。


洋ロリ 美少女 ロリ

メニュー

リンク集は下です↓

アンケート ARN-75Wと言えば?
選択肢 投票数 投票
RED[赤] 44
ABL[青] 158
GRN[緑] 25
NVY・NNV[紺] 188
BLK[黒] 26
ARN-75Wにあったら良い色は?
順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 イエロー 18 (26%)
2 ホワイト 11 (16%)
3 ピンク 10 (14%)
4 オレンジ 9 (13%)
5 グレー 9 (13%)
6 臙脂色(えんじいろ) 9 (13%)
7 パープル 3 (4%)
その他
投票総数 69

リンク

コスプレ・水着系個人サイト

  • ぶる~・ま~だ~
  • Maniax Suger
  • Aomi World
  • Costume labyrinth
  • @Fetish
  • amateur I

コスプレコミュニティ

撮影スタジオ

競泳水着

コミュニティ
ショップ
価格比較
特注
水着改造

DVD販売

コスプレ衣装販売

グラビアサイト






DVD

デジタル写真集

CURVE(Maiko Vol.5)

CURVE(愛)

CURVE(Mizuho)

CURVE(Ai & Risa)

CURVE(Chisaki)

撮影に役立つ書籍、雑誌

PING送信プラス by SEO対策

カタログ

女子用

ARN-75W

アリーナのスクール水着に限らず、競泳型スクール水着では最も定番の型であり、現行品。
触感はツルツルというわけではないが、光沢があり濡らすとぬめっとした質感になる。
学校体育やスイミングスクールでの使用率が高く、グラビア、AVなどでも頻繁に使用されており、競泳型スクール水着の代名詞と言える存在である。
パイピングは白の場合、経年劣化により黄ばんでいることがある。

廃盤という噂があったが、2010年現在も各色ともカタログに載っており販売されている。
カタログは、アリーナの公式サイトからpdf形式でダウンロードすることが出来る。
紙のカタログの入手はTipsの項参照。

販売開始は1997年で、それ以前は下のARN-175Wが販売されていた。

価格

ARN-75W:定価3780円
ARN-75WJ:定価3255円

ロゴ

腰部と、背面の肩紐の交点にarenaのロゴが入る。

腰部のロゴはプリントなので、劣化すると剥がれやすくなる。
位置の問題で引っ張られやすいので小さいサイズを着用すると剥がれやすい。

透け感

紺や黒は突起部が目立つ程度でほとんど透けないが、赤や緑は水に濡れると透けやすいので注意が必要である。
当然だが、適正より小さいサイズを着用するほど生地が引っ張られるので透けやすくなる。
室内光では透けていなくても、強い太陽光の元では透けることもある。
裏布は股部のクロッチのみなので、胸部パッドの併用が推奨される。

透けやすさは、
赤>緑>青>紺>黒だと思われる。

質感

見た目光沢があるが、柔らかい素材で触感はサラサラとしている。
濡れたときの独特の質感が、パイピング型スクール水着の中でも人気の要因となっている。

裏布

一般的なスクール水着は胸部と股部に裏布があるが、ARN-75Wには胸部の裏布がない。
これはメーカーでも競泳水着の扱いであることによるものと思われる。
代わりにパッドを取り付けるフックが設けられている。
クロッチはベージュ色で、グラビアなどではラインが浮き出てしまうため、切り取られていることが多いようだ。

在庫

競泳水着は春夏モデルと秋冬モデルの年に2回モデルチェンジがあり、スクール水着は基本的に展示会で受注した分のみを製造する。
メーカーは在庫を持たず追加生産はしないため、次期シーズン前は品薄になることが多い。

製造国

ARN-75Wは製造時期によって、中国製と日本製の物が存在する。
また色合いも微妙に異なるようだ。
現在流通している物は中国製になっている物と思われる。

品質表示タグ

品質表示タグも何種類か存在する。

サイズ表

アリーナのスクール水着は全体的に小さめであまり伸びないので、購入の際はワンサイズ上を選ぶことが良いとされている。
実際ネットショップ等では、購入後予想以上に小さいなどで返品交換希望する人も多いようである。

サイズ J-3 J-5 J-7 J-9 J-11
身長 100cm 110cm 120cm 130cm 140cm

サイズ S M L O XO XA XB
バスト 78 82 86 90 94 98 102
ウエスト 58 62 66 70 74 78 82
ヒップ 85 88 91 94 97 100 103

カタログ画像

カラー

ネイビー×ホワイト(NVY)
ネイビー×ネイビー(NNV)
ブラック×ホワイト(BLK)
ブラック×ブラック(BBK)
レッド×ホワイト(RED)
アブル×ホワイト(ABL)
グリーン×ホワイト(GRN)

パイピングカラー
  • NVY・BLK・RED・ABL・GRN:ホワイト
  • NNV・BBK:ネイビー・ブラック

バックスタイル

フリーバックⅡ

素材

ポリエステル80%+ポリウレタン20%(スキンエステルエラスト)

画像


75Wと175Wの比較

○ロゴの違い
○胸のダーツ線の有無
○胸パッド取り付けフックの有無
○素材
○素材の違いによりわずかに発色が違う


ARN-175W


75Wの先代モデル。
75Wとは、前項で解説したような違いがある。
古いモデルだが、今でもデッドストックを抱える店があるようで、オークションなどで稀に新品が出まわることがある。

ナイロンの特性から新品でも生地が劣化していることがあるので、その点注意が必要である。

ロゴ

75Wと同じく肩紐の付け根と腰部の二カ所。
腰部のロゴは75Wとは素材や付け方が異なる(写真参照)。
劣化すると剥がれより先に割れが起こりやすい。

透け感

75Wより素材が薄いためか、赤や緑はより透けやすい。

質感

触感はさほど変わらないが、75Wよりも光沢がある。
この光沢を好み、75Wよりも評価するマニアも多い。

裏布

75Wと同じく股布のクロッチのみ。
パッド取り付けフックはない。

素材

ナイロン80%+ポリウレタン20%

サイズ表

サイズ J-5 J-7 J-9 J-11
身長 115cm 125cm 135cm 145cm

サイズ S M L O
バスト 78 82 86 90
ウエスト 58 62 66 70
ヒップ 85 88 91 94

バックスタイル

フリーバックⅡ

画像



ARN-176W

ARN-175Wと同じ素材だが、側面にアリーナのロゴが縦に並んでいる。
この型番に限らず元のモデル+1の型番はそのようになっているようだ。


ARN-170W


競泳水着に良く見られるOバック(フライバック)を採用したスクール水着。
フライバック自体は競泳水着で現在も存在するものだが、ARN-170Wはフライバックの最初期の形態を受け継いでいる。

かつては普通に販売されていたが、その独特のバックスタイルから廃盤後プレミアが付き、オークションでは状態や色によるが1万円以上、サイズの大きい新品になると3万円以上になることもある。
80年代終盤から90年代前半ぐらいの写真集では良く見かける。

ロゴ

肩紐の付け根にロゴはなく、腰部にのみある。

バックスタイル

フライバック

素材

ナイロン80%+ポリウレタン20%

画像



ARN-195W


175Wと同型の、ポリエステル100%使用の廉価版モデル。
ポリウレタンを含まないため伸縮性が低く、175Wには着心地で劣るが、耐久性には優れる。
光沢がある生地だが、175Wほどではない。
生地は硬めで、触感はさらさらと言った感じである。

画像


素材

ポリエステル100%

ARN-85W


195Wの後継モデルであり、75Wと同型のポリエステル100%使用の廉価版モデル。
175Wから75Wへのモデルチェンジに伴い、195Wも75Wに準じた作りの85Wにモデルチェンジされた。
生地が厚く、伸縮性も低いので75Wに比べて着心地は劣るが、ポリウレタンを含まないので耐久性には優れる。
75Wほどは光沢も無く、手触りも多少ざらついているため、75Wには人気面でも劣っている。
色はネイビー、ブラックのみとなっており、パイピングが白いモデルは存在しない。
ARN-75Wと間違えて買わないように注意が必要である。
質実剛健な作りは、ある意味でスクール水着らしいとも言える。

ARN-85Wは2010年の春夏モデルから廃盤になった。ARN-75Wは引き続き製造されている。

価格

ARN-85W:定価3150円
ARN-85WJ:定価2730円

ロゴ

その他のモデルが白なのに対し、シルバーのロゴとなっている。

質感

ざらざらとしておりあまり触感はよくない。

素材

ポリエステル100%

カラー

ネイビー×ネイビー(NNV)
ブラック×ブラック(BBK)


ARN-254W



ARN-258W


175Wと同型の、ナイロン100%使用の廉価版モデル。
ナイロン100%なので肌触りはざらざらしておりあまり良くない。
伸縮性も低い。

画像


素材

ナイロン100%



ARN-259W




ARN-191W


スクール水着ながら、胸の部分がキャミソールのようなカットになっている珍しいモデル。
胸にはパッドが内蔵されている。
背中はXバックになっており、どちらかというとファッション水着のような意匠であり、実際同型のファッション水着も販売されていた。

画像



ARN-79W


ARN-75Wを上下セパレート型にしたような作りの製品。
ボトムはスパッツ型である。
トップカラーは75Wと同様の5色、ボトムカラーは紺と黒の2色のみ。
パイピングは全て白である。

カラー

ネイビー×ホワイト×ネイビー(NVY)
ブラック×ホワイト×ブラック(BLK)
レッド×ホワイト×ネイビー(RED)
アブル×ホワイト×ネイビー(ABL)
グリーン×ホワイト×ブラック(GRN)

素材

ポリエステル80%+ポリウレタン20%(スキンエステルエラスト)



ARN-1460W

175Wと同型の製品だが素材の混紡率が違う。

素材

ナイロン85%+ポリウレタン15%



ARN-1461W


ARN-570W


スーパーフリーバックという、スーパーフライバックの背中の開口部を塞いだような背面形状をしている。
ARN-170WやARN-670Wほど高価ではないが、オークションではプレミアが付いている場合が多い。

バックスタイル

スーパーフリーバック

素材

ナイロン80%+ポリウレタン20%

画像


ARN-670W


スーパーフライバックという、背中が大きく開いた形状をしている。
ARN-170Wと同じようにオークションではプレミアが付いている。
スーパーフライバック自体は水着として健在で、現在でもこの形状を使用した製品が販売されている。

バックスタイル

スーパーフライバック

素材

ナイロン80%+ポリウレタン20%

画像


ARN-8670W


ARN-670Wの改良品。
670Wと殆ど同じだが一部縫製が違う。
こちらもオークションではプレミアが付いている。
パイピングカラーにも何色かバリエーショがある。

バックスタイル

スーパーフライバック

素材

ナイロン80%+ポリウレタン20%

画像



ARN-8671W



ARN-9671W



男子用

ARN-70

男子用のビキニタイプ
ARN-75Wと同一の素材

価格

ARN-70:定価1890円 ARN-70J:定価1680円

ロゴ

腰部にarenaのロゴ。

透け感

75Wと同じく赤や緑は透けやすい。

質感

75Wと同一

裏布

ベージュの股布がある。

サイズ表


カラー

ネイビー(NNV)
ブラック(BBK)
レッド(RED)
アブル(ABL)
グリーン(GRN)

素材

ポリエステル80%+ポリウレタン20%(スキンエステルエラスト)

画像

ARN-73

男子用のスパッツタイプ
他メーカーよりかなり丈が短い。

画像

ARN-77

ARN-80

ARN-83

ARN-120


  • そこは・・・だめです~・・・しゅれりあ・・・さまのそう・・・いうところが・・・すき●´Д`●★ http://hemn.me/ver/twitter/ -- 姉さん (2011-10-26 14:48:33)
  • An unnamed Guangdong sports officials told reporters that although the state is required by competitive sports and mass sports simultaneously, but the " gold medal assessment" is real quantitative assessment , and evaluation of mass sports but because of vague indicators , operational strong, often a mere formality , and ultimately the entire focus should return to the gold medal on .
    wholesale nhl jerseys http://www.michaelringer.com/site/menu.html -- wholesale nhl jerseys (2014-08-12 14:20:25)
名前:
コメント:

  • 申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。

  • SEO
  • loading
  • arn-75w

競泳水着セール品



合計: -
今日: -
昨日: -

取得中です。