プレイング戦略

プレイングについて

全般的なこと

常に確認すべきこと


   お互いの墓地・除外ゾーン(確認というより気にするという方が語弊がないか)
   お互いの手札の枚数
   ドローフェイズとエンドフェイズの相手の表情、相手のプレイ速度
   そして、自分の表情


エンドサイク


   相手ターンのエンドフェイズに《サイクロン》を発動する戦術。
       相手のそのターンに伏せたカードを発動させずに確実に葬り去ることができる有効な戦術である。(《ツインツイスター》でも同様のことが可能)


スタンバイフェイズに必ずすべきこと


   必ず「スタンバイフェイズに何か発動しますか?」と聞く。
   凶悪(かつ悪質)な《マインドクラッシュ》での巻き戻しを防ぐためのプレイングである。またいきなりメインフェイズ1に移行したら相手がスタンバイフェイズに行いたかったプレイングもできないので、公式大会などでは最低限のマナーに属する。
       詳しく知りたければ、遊戯王カードWikiの巻き戻しを参照すること。



ブラフ


   ブラフとは、いわゆるハッタリである。
   例えばモンスターを出さずに適当な魔法・罠カードを伏せておけば、相手は(初心者でなければ)「あの伏せカードは《聖なるバリア -ミラーフォース-》か《奈落の落とし穴》か?」と疑い、主力モンスターの召喚や大量展開からの総攻撃をためらうだろう。これを狙うのがブラフという戦術である。
   また《神の警告》といった強力な罠と一緒に適当な魔法・罠を伏せることでエンドサイクをかわしたり、相手に罠が2枚あるかもしれないプレッシャーを与えることができる。
   ただし《ハーピィの羽根帚》を使われるとアドバンテージを大幅に奪われるので伏せすぎには注意。

上級者同士のデュエルであるほど、ブラフが勝敗に影響する場合も多くなる。遊戯王OCGのみならずカードゲーム全般において重要な戦術である。

初手があまり良くない or 特に行動する事がない


   あえて場に何も出さず、迷いなくターン終了宣言する。
   先攻の場合、相手のデッキを確かめるために行動は控えるが、無闇に展開すると相手の思う壺である場合も多い。
       《H・C 強襲のハルベルト》の特殊召喚のような相手の場にだけモンスターがいる時に効果が有効なカードを許したり、高攻撃力のモンスターを伏せカードもないまま棒立ちさせたら相手のカード効果で破壊されたり、最悪《強制転移》で奪われてしまったら手札が良くない状況では致命傷となりうる。こういう場合はあえて場に何も出さずに《冥府の使者ゴーズ》の存在を匂わせよう。そうなると相手も何かしらの対策方法がない限り、積極的な攻撃は控えるはず。
   ただし相手のデッキが1ターンキル特化型だと分かっている場合、このプレイングは厳禁。とりあえずは壁モンスターやブラフの伏せカードをセットしておこう。


相手がチューナーを出してシンクロ召喚をしようとしている

まずはシンクロ召喚自体をさせないことから始める。妨害ポイントを順に追って説明する。

   シンクロ召喚前

召喚・特殊召喚されたチューナーを《月の書》などで裏側守備表示にする。この時召喚・特殊召喚されたターンでないモンスターを裏守備にしても意味がないので注意すること。
素材のモンスターが強力でシンクロ召喚しなくとも十分戦える場合は勿論そちらを優先に裏守備にする。

   シンクロ召喚時

《ブラック・ローズ・ドラゴン》や《氷結界の龍 トリシューラ》のようなシンクロ召喚成功時に効果を発動するシンクロモンスターでこちらに甚大な損害を与えるカードの場合、《神の宣告》《神の警告》《昇天の黒角笛》などでシンクロ召喚自体を無効にする(破壊するのではない。注意)必要がある。
大抵このようなカードが出てきた場合、相手はそのままゲームエンドに持って行こうとしている。これを潰せばマストカウンターとなる。
《エフェクト・ヴェーラー》でも対処は可能であるが、モンスターは残るのである程度のダメージは覚悟しなければならない。

   シンクロ召喚後

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》、《A・O・J カタストル》のような起動効果、または戦闘を介して効果が発動するようなカードは、《奈落の落とし穴》等で即座に除去したい。《黒光りするG》の発動タイミングもこことなる。ただし《スターダスト・ドラゴン》のシンクロ召喚か既に場にいる時に使っても、そのターンだけの嫌がらせにしかならないので注意。
《強制脱出装置》がある場合はギリギリまで引きつけてバウンスしてやると効果が高い。
相手の破壊効果などにチェーンしてやればアドバンテージが狙える。

相手が同じレベルのモンスターを揃えてエクシーズ召喚をしようとしている


   基本的には上記のシンクロ召喚の対処法と同じ。ただし、シンクロ召喚におけるチューナーのような、要となるモンスターがいるわけではないので、《月の書》では若干止めにくい。


相手がペンデュラム(以下P)ゾーンにPカードを2枚出してP召喚をしようとしている


   サイクロンがあればどちらかのPカードを破壊することでP召喚を阻止できる。
   だが相手の手札にそれを補完できるPカードがあればさっき破壊されEXデッキに行ったPモンスターも含めてP召喚を許してしまう。
   Pカードはサーチを介して手札に加えられることが多いので最低限相手がサーチしたカードは覚えておこう。


速攻魔法及びセットしたいモンスターが手札にある


   一部の状況を除いて必ずメインフェイズ2に伏せる。
   罠カード及び速攻魔法は伏せたターンのエンドフェイズ時までは使用できない。つまりバトルフェイズ中にも手札から発動できる《禁じられた聖槍》や《月の書》などの速攻魔法はバトルフェイズを終了したメインフェイズ2まで手札に持っておく必要がある。もちろんバトルに入らないのであればそのまま伏せてエンドフェイズに移っても良い。
   ただし、相手のセットモンスターを《メタモルポット》と予測して、カードを伏せてから攻撃するという場合もある。
   その他、相手のセットモンスターを《ライトロード・ハンター ライコウ》と予測して、囮用のモンスターや伏せカードを伏せてから攻撃し、相手に破壊対象を悩ませるというプレイングもとれる。必要ないカードを身替わりに出来たら儲けものである。
   メインフェイズ2に伏せカードをセットすることは、当たり前だが守れていないプレイヤーも少なくはない。カードをセットしてエンドせずにバトルフェイズに入るプレイヤーはそれなりに経験を積んでいるプレイヤーから見ると初心者として見られる。


《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》と《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の効果を使うタイミング


   2体とも1ターンに1度相手のカードを無効にする、しかも相手ターンにも使えて非常に制圧力があるモンスターである。
   基本的に《鳥銃士カステル》のような自身をどけようとするカードについては容赦なく無効にしてもよい。だが《サイクロン》で伏せ破壊、《成金ゴブリン》でとりあえずドロー、といった関係ない行動については悩む所である。
       無効にする効果を使った後に自身を破壊するカードを使われるかもしれないし、無効にする効果を使わなければそのまま特に動かずターンエンドされ結果的にカードを通してしまうことになる。とりあえず相手の手札や伏せの枚数を見て次の手が打てなさそうだと思ったら無効にしてもよいかもしれない。
       《H・C 強襲のハルベルト》SS→レベル4モンスターNS→《No.39 希望皇ホープ》→《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》あるいは《外神ナイアルラ》→《外神アザトート》というように「チェーンブロックを作らず」突破できるモンスターを立てられることもありえるので使える時に使うのもある(と言って使うと《死者蘇生》始動からの上記のルートもあったり。デュエルって難しいね)
   同じことは《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン/バスター》でも言える。


《ゾンビキャリア》のデッキトップ操作


   《ゾンビキャリア》(《エッジインプ・シザー》でも可)の効果で戻すことが効果的なカードは
       《星見獣ガリス》で捨てるためのモンスター
       《D-HERO ダイヤモンドガイ》の効果で使用したい通常魔法
       《RUM-七皇の剣》のようなドローした時に使えるカード
       《メタモルポット》の効果発動後にも手札に残しておきたいカード
       手札に来てしまった/バスター(手札もしくはフィールドに《バスター・モード》がある場合)や《ライトロード・ビースト ウォルフ》(そのまま墓地へ遅れる場合)

またデッキトップにカードを置くことは1ターンのドローロックと同じことだがデッキをシャッフルする効果があるカードを使えばロックは消える。この時当然いらないカードをデッキトップに置いたほうがいいだろう。
上記のどれにも当てはまらない場合、効果を使う時はそのターン中に一番必要ないとされるカードを考え優先的に戻そう。

《ライトロード・マジシャン ライラ》と《魔導戦士 ブレイカー》の効果


   相手に攻撃できるようなら、攻撃してからメインフェイズ2で破壊起動効果を発動する。
       折角のATK1900及び1700のアタッカーなのだから攻撃しないと損である。もし破壊されても1:1交換は成立されるのでアド損を心配することはまずない。
           ただし、ルール介入する永続魔法や永続罠がある場合や他に自分フィールドにモンスターがいる、またはこれからモンスターを出す場合は《聖なるバリア -ミラーフォース-》と《激流葬》を考慮し、召喚したら優先的に破壊するとよい。


《D.D.クロウ》《転生の予言》の発動タイミング


   相手の墓地を対象にしたカード効果にチェーンする。または、特殊召喚モンスターの条件を妨害する。例えば、
       Ⅰ.《死者蘇生》、《リビングデッドの呼び声》などにチェーンして相手の蘇生を妨害する。
       Ⅱ.《貪欲な壺》で相手が選択した5体のモンスターのうち1体を除外し、不発にさせる。
       Ⅲ.上級インフェルノイドモンスターの墓地蘇生を前もって除外して妨害する。
       Ⅳ.《グローアップ・バルブ》の自己蘇生効果にチェーンして妨害する。
       Ⅴ.相手の顔色・状況を伺い、闇属性、悪魔族、天使族、ライトロードの種類等を減らす。出されてからでは遅いので前もって除外する必要がある。
       Ⅵ.儀式魔人系が墓地に存在する場合、儀式魔法にチェーンして除外して妨害する。
   相手の墓地を対象にしたカード効果にチェーンすれば相手のカード効果は不発となり、結果的に2:1交換またはそれ以上となってとてもおいしい。
   ただし、《ネクロ・ガードナー》を除外対象にしたとき、こちらのターンであればチェーン発動されてしまうのであまり意味がない。
       ただしチェーン発動された場合は、一番最初に攻撃したモンスターのみが攻撃を無効にされるだけなので、自分のフィールド上に攻撃可能なモンスターが2体おり、攻撃を絶対に通したいモンスターがいる場合はこの戦術は有効である。


《オネスト》と優先権


   マスタールール3(14/03/21~)へのルール改訂で仕様が大幅変更。端的に言うと、《オネスト》を打ち合えば後に発動した側が勝つようになり、《オネスト》を先打ちしても攻撃力勝負で負けるようになった。

  1. 逆に、マスタールール2以前は先に《オネスト》を打ったプレイヤーが勝つ仕様だった

《聖なるバリア -ミラーフォース-》に対するプレイング


   このカードは採用率こそ低いが攻撃反応罠の中では代表的なパワーカードである。しかしこのカードは表側攻撃表示モンスターだけを破壊するカードであるので、複数のモンスターで攻撃を仕掛ける場合はこのカードの発動を考慮し、あえてモンスターを何体か守備表示にしておくプレイングも重要である。
       当然のことながら、守備表示にしても全くメリットのないモンスターを守備表示にするのはやめよう。


カウンター罠に対するプレイング


   主に《神の宣告》(制限)《神の警告》(制限)《神の通告》について扱う。
   基本的にカウンター罠はカウンター罠でしか防げない。上の3枚の中では《神の宣告》でしか罠を無効にできないためカウンター罠を使われたら何もできずに自分のカードが無効にされるのはよくあることである。
       もちろん罠が怖いのであれば《ツインツイスター》で破壊する、《ギャクタン》で対抗する、《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》で使用を封じる等の手段がある。
   魔法罠が無効にされれば1:1交換、シンクロエクシーズが無効にされれば1:2or3交換(ただしマストカウンターなら数値以上の損害がある)となるが、P召喚で5体も出したのが無効にされた場合1:5交換と壊滅的な被害を受けてしまう。
       カウンター罠で無効にされても次の手を打てるようにしておく、相手の伏せが無い時に一気に展開してしまう、P召喚なら相手のモンスターを一掃できる程度に展開する等プレイング次第で勝ち負けを左右できる場合もある。


墓地の確認

特にその属性・種族・カテゴリーを考慮すること。

闇属性モンスター

   《ダーク・アームド・ドラゴン》

闇属性モンスターが5枚以上。地縛神、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》、《ダーク・ホルス・ドラゴン》等の闇属性最上級モンスターを墓地に送った

   《ダーク・クリエイター》。《ファントム・オブ・カオス》を使用してくる可能性も。

闇属性のほか、風属性も見られる

   《ダーク・シムルグ》
       魔法罠を伏せられなくなるのでリスクを承知で全ての魔法罠を伏せるのも手

闇属性のほか、光属性も見られる

   《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《混沌帝龍 -終焉の使者-》《カオス・ソーサラー》。
       《霊滅術師 カイクウ》が対策として最適

《H・C サウザンド・ブレード》

   【クラウンブレード】
       《H・C 強襲のハルベルト》と一緒に入ってるだけの場合も
       除外できなければ毎ターン特殊召喚される可能性もある。自分が攻撃する時は最後の攻撃後に特殊召喚されることが多いのであえて途中で攻撃をやめるのも

天使族

   《大天使クリスティア》。
       《堕天使スペルビア》が落ちている場合は特に要注意。《D.D.クロウ》等で妨害したい。

《馬頭鬼》、《ゾンビキャリア》

   【アンデシンクロ】
       《生者の書-禁断の呪術-》の墓地除外は厄介なので、墓地に有用なモンスターを送らないか早々に墓地のカードを利用するかで対策したい。

儀式魔人、《マンジュ・ゴッド》がいる

   【影霊衣】、《サクリファイス》、《終焉の王デミス》など。
       儀式魔法を封じるのが確実。儀式魔人が墓地にいる場合《D.D.クロウ》や《霊滅術師 カイクウ》等も有効。

光属性

   ライトレイモンスター
       最低ラインは《ライトレイ ダイダロス》の4体以上、《オネスト》も警戒したほうがよい

ライトロード

   《裁きの龍》。
       《ライトロード・サモナー ルミナス》の効果の蘇生対象に《D.D.クロウ》で除外したり、《転生の予言》で相手の墓地を工作したい。墓地に《裁きの龍》が3枚落ちることもあるが《光の召集》での回収もありえる。
       《ライトロードの裁き》で《裁きの龍》を手札に加えた場合《マインドクラッシュ》や《手札抹殺》等で墓地に送りたい。

《ヴォルカニック・カウンター》《ヴォルカニック・バレット》がいる

   《ブレイズ・キャノン・マガジン》で《ヴォルカニック・バックショット》を落とされモンスター全破壊の可能性。
       《ヴォルカニック・バックショット》をデッキに戻し再利用するパターンもあるので《ヴォルカニック・バックショット》を1枚でも除外できればgood
   《ヴォルカニック・カウンター》については、できれば相手のモンスターの攻撃力を少しだけ超えるカードでの戦闘ダメージで発動させておく。早めに対処しないと後半でエンドカードとなることが多い。

マイナーなカード対策


これらのデッキの対策は基本的に次元デッキでいくか、《D.D.クロウ》を採用することである。また《神の通告》で止められるカードも非常に多いのでサイドデッキに一枚は採用しておきたい。
現在の遊戯王OCGでは「墓地はすでに墓地ではない」。墓地の公開情報は相手のデッキを知る上でとても有効な場所である。そのことを留意してデュエルを行うことが重要である。

手札枚数の確認


   相手が手札を異常にため込んだりひたすら守ってくる場合、《封印されしエクゾディア》や《終焉のカウントダウン》を採用している可能性がある。
       特に《封印されしエクゾディア》はドローブーストしてくるので分りやすい。
       通常のビートダウンではなかなか攻めきれないので伏せがなくなったタイミングで《外神アザトート》を出し手札誘発モンスターをシャットアウトした状態でワンキルを無理やり決めたりするとよい。


ドローフェイズとエンドフェイズの相手の表情とプレイ速度の確認

   ドローフェイズの表情で相手の戦況が即座に分かる場合がある。エンドフェイズの表情でこちらへの対策がどれほどできているか読み取れることもある。
   プレイ速度がいつもより速いなら、相手はすでに勝つための布石をほとんど整えたと見てよい。一方で極端に遅い場合は、どう戦術を展開するかを考えているか、逆転の道筋を探っていることが多い。


自分の表情の確認


   自分がいまどんな表情をしているか意識する。ポーカーフェイスがもちろん望ましい。
   一番重要なことは、勝てそうだからといって決して早まらない事。


トップデッキのメタ・対策カード


コメント

  • デッキ別戦略が尽く環境から身を引いているものってのがなんとも…今だったら魔導・征竜・炎星・ヴェルズってとこかね -- 名無しさん (2013-03-30 22:13:23)
  • 友人の魔轟神が古くさいくせに強い -- 名無しさん (2013-08-16 08:14:17)
  • 情報古すぎ -- 名無しさん (2013-08-22 11:00:20)
  • 古くても基本中の基本は変わらない -- 名無しさん (2013-09-05 01:39:30)
  • デッキ別戦略、ある程度の環境デッキをいくつか書くか、もしくは消した方がいいんじゃね?中途半端すぎる。 -- 名無しさん (2013-09-05 12:22:56)
  • 消していいかね? -- 名無しさん (2013-09-05 12:23:42)
  • 連投すまないが、コメントしたら右欄の更新履歴に載るのは、コメント欄をいじればいいのかな?今までのコメント全て消してしまいそうだが。 -- 名無しさん (2013-09-05 12:27:32)
  • コメント欄の編集、およびデッキ別戦略の削除をしました。
    不都合があれば戻して下さい。 -- (名無しさん) 2013-09-05 12:55:56
  • 友人とやるときは大体顔を見て あ、こいつ何かたくらんでるなってなる
    表情は意外と大切かもしれない -- (名無しさん) 2014-12-10 18:11:29
  • 俺の友人はゴーズが手札にあるときはち〇ぽ弄るからわかりやすい -- (名無しさん) 2015-01-25 22:18:22
  • 「一番最初」とか「一番最後」って文法的にどうなん。 -- (名無しさん) 2015-01-28 19:33:25
  • ↑分かればよくね? -- (名無しさん) 2015-02-24 16:48:34
  • ゴーズを匂わせるってのが…もう…泣けてくる……何期だよ…… -- (名無しさん) 2015-03-07 02:04:00
  • リビデで蘇生した月華竜で相手の特殊召喚されたモンスターを戻すのが楽しい -- (名無しさん) 2015-03-12 12:13:32
  • いつからそう書かれてるのか知らないが初手が良くないのところのフォトスラは不適当だな。フォトスラは相手にモンスターいなくても展開できるし。 -- (名無しさん) 2015-04-03 13:39:07
  • 昔から基本的な戦術は変わらないね。 -- (名無しさん) 2015-04-11 19:19:42
  • フォトンスラッシャーのところをサイドラに変えておきました -- (名無しさん) 2015-11-02 01:34:11
  • ミラフォがほとんどのデッキに採用されているとか笑えてくる -- (名無しさん) 2015-11-02 07:56:12
  • 基本的なことしか書いてないように思えてしっかりしてるな。読んでて関心してしまった。(初心者並の感想 -- (名無しさん) 2015-11-02 21:28:33
  • まぁ古いけどねw -- (名無しさん) 2015-11-02 21:29:22
  • カード名が一々懐かしくて泣けてくる -- (名無しさん) 2015-11-02 21:37:55
  • ミラフォだけじゃなく召喚反応とフリーチェーンもいるよな -- (名無しさん) 2015-11-02 21:57:04
  • 内容クソ古いのに通告とかの話題あって笑う -- (名無しさん) 2016-01-23 17:31:32
  • クッソ古いけどまあある程度はマトモだよね
    本来こういう具体的なプレイングの前にアドバンテージの考え方を理解できるようにならんといけないけど -- (名無しさん) 2016-01-25 09:09:06
  • 追記してて思ったがアザトートって便利だよな~^^ -- (名無しさん) 2016-01-25 23:17:38
  • 今の環境にアドバンテージも何もないような気が・・・ -- (名無しさん) 2016-06-11 18:36:57
  • 環境だけが遊戯王じゃないですよ -- (名無しさん) 2016-06-11 20:49:32
  • このページって必要かなあ… -- (名無しさん) 2016-08-27 05:40:24
  • 必要 どんなに環境が変わってもこういう基礎のプレイング知識が必要だし。特に初心者 -- (名無しさん) 2016-08-29 08:11:30
  • 懐かしい。遊戯王初心者の友人が、メイン1に魔法罠セットしてからバトルフェイズに入っていたのを思い出したわ。何度か指摘して注意したけど、相手のライコウお父さんを踏んでバック割られるまで、直そうとしなかったな。 -- (名無しさん) 2016-08-29 11:11:13
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る