倉之木綾と浦井加奈子の関係について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<雨上がり>の解説についての疑問
 
少し上擦ってしまったその言葉に、彼女は満足したようにかすかに頷く。 
今にして考えることであるが、彼女が彼のことをラ・マンチャの男に例えた裏には、あの人の、ドルシネア姫でありながらまたアルドンサでもあるという2面性を暗に物語っている。 このことは、のちに彼の秘密に近づいたときその真の意味を知ることになるのだが、それはまた別の話だ。
・ラマンチャの男ドンキホーテは騎士に憧れる余り自らを騎士と思い込み、村娘アルドンサ・ロレンソを思い姫ドゥルシネーア・デル・トボーソに勝手に仕立て上げた。 
ドンキホーテ=師匠の思い姫と言えば加奈子もしくは倉之木綾だろう。 
つまりこのときの「あのひと」は加奈子もしくは綾ではだろうか。
>解説に従い思い姫=加奈子、村娘=倉之木綾となぞらえるならば、このときの「あの人」は倉之木綾が正しい

 (文脈上、ここでの「あの人」は2面性がかかるので、どうやら他のエピソードより師匠が加奈子の代わり?としているのが倉之木綾らしい)未確定

> が、作者はこの話のなかで「あの人」を京介(山中ちひろ)と設定しているので、京介のドッペルゲンガーの2面性と師匠の加奈子と綾にまつわる話を

  ふたつともに読者に暗喩しようとして表現を失敗しているように見えるのですが?どうでしょうか

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。