ログ9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

【僕】 師匠シリーズを語るスレ 第九夜 【俺】

 

・「すまきの話」考察

 

7本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 20:23:36 ID:t/K6Dp7ZO

1オッパイ

てか昨日の「すまき」でら面白くなかった?

展開全く読めなかったし、歩くさんの能力が実は現実を巻き戻すものだったっていう、まさかのファンタジーも含めw

俺は歩くさんは念能力が使えるとみた。

てか今回のもだけど、今までの伏線回収したらどうなんだろうなあ。

俺にはほとんど読めんわ。

誰かないかい?

 

毎度長文スマソ。

 

8本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 20:51:17 ID:sOvHSOtq0

>>7

オレは、歩くの能力はあくまで予知夢であって、「現実を巻き戻す」

ってのは言葉のあやというか、少なくともそのままの意味ではないと思ってる。

 

明晰な予知夢を見ることが出来る人間がいて、

その夢を周りの人間も見ることが出来て、

さらに夢を見た人間が、その夢で起こった出来事を

覚醒後も記憶していて悪い未来を避けることができるなら、

それはあたかも、「現実を巻き戻した」のと同じような現象に

見えるんじゃないだろうか。

少なくとも、夢を見た当事者にとっては。

 

うはww我ながら長文きめえw

 

10本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 21:15:07 ID:jcAkLfoKO

>>7

そんなに都合のいい能力とは読めなかった。

ただそれが出来てしまった(かもしれないと感じる)ことが恐ろしいと言う、

ファンタジーと言うよりはもっと曖昧な怖さのある話だと思った。

>>8の言うことも一理あるし。

 

 

どちらとも違う読み方なら例えば、

危険度の高い予知ほど過去に行われて忘れてしまうから、

危険度MAXである事を伏せて、但しただごとでない様子で夢であると告げることで、

より近い過去に、古い予知を思い出そうと考えるきっかけになる夢を見るよう仕向けた、

ギリギリの賭けだったって読み方も出来るかなと思う。

 

モノが夢だし、卵とニワトリを語る人物もいた気がするし、解釈は色々じゃないかな。

まあ彼女の能力は今後の伏線にもなるんだろうし、単なる考えすぎかも知れんが。

 

てか自分も長文キメェから消えますw

 

11本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 21:38:27 ID:t/K6Dp7ZO

>>9>>10

なるほどねぇ。

そう聞くとたしかに「現実を引き戻す」ってのは比喩に思えてきた。

んじゃあ、歩くさんがつくった「巻き戻しをとめるなんちゃら(読めんかった)」ってのは、おこってしまった現実を夢と捉えるために必要な条件が揃う場って考えてたけど違うんかなあ。

てっきり俺は、歩くさんが無意識にすまきにするだけじゃ師匠を助けられないと感じてそういう場を作っておいたと思ってた。

どう思う?

 

12本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 22:12:05 ID:dx1kzRJPO

批判とかマンセー

 

13本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 22:14:36 ID:dx1kzRJPO

↑思いっきりミスったスマンorz

批判やらマンセーやら偉そうに言ってるより、内容いろいろ言ってる今の方が好き

 

14本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 22:23:18 ID:sOvHSOtq0

>>11

「巻き戻りを止める、楔。

そのタイミングをなんらかの予感で彼女は知り、こうして俺たち三人をこの部屋に揃えたのだ。」

 

このくだりか。

歩くの能力が、「現実とほぼ等しいリアリティをもった予知夢を

自分および他者に見せる」ってものだと仮定すると、

「巻き戻りを止める、楔(くさび)」というのは、

「危険性の高い事実を含む予知夢を自己以外の第三者に体験させることにより、

その予知夢が現実化するのを回避するために必要な条件・状況

を用意すること、またはこれによって用意された場」

って程度の意味になるかな。

 

歩くは、危険度の高い事柄ほど事前に見る、ということで、

そのような危険度の高い夢については、基本的に

小説として書き残しておくことで危険を回避しようとしてる。

そして今回、もう一つの危険回避手段として、

危険が現実化する直前にその予知夢を第三者に体感させる

って方法が提示されたのかなって思った。

(ただ、「怪物」では、歩く自らが京介に忠告してんだよね・・・

忠告したこと自体、歩くは忘れると言っていたが。

その辺の関係性がどうなっているのか、ちょっと興味あるかな)

 

15本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 22:51:08 ID:Y5RzpVRp0

ウニた~ん

田舎の後編執筆おねがいしまつ

 

16本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 22:52:36 ID:t/K6Dp7ZO

>>14

楔か。サンキュ。

けどそれだと巻き戻しを「止める」って表現がしっくりこなくない?

歩くはいざという時は、受動的にだが現実を巻き戻すことができる。だけど、巻き戻しはじめたら停止位置がないと一番最初に戻ってしまう(もちろん確かめてはないと思うけど)。だから、楔となる部分を事前に作ったって考えたらしっくりくるんだけどなあ。

けどそれだと「よく分かったわね」の部分が謎になるし。

読解力がなさすぎるわおれ。

うわー小1時間誰かと話してええええ。

やっぱ師匠おもしれええええええええ。

 

17本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 23:01:11 ID:uojdbr330

     ,.'",ィ   `' 、                 

 .  /_ / __,,,     ',                 

   //..、 ̄.,、、ゝ     .',                 

   i.F‐'゙  `'ー‐',.     l      

   !|       `‐、  ,.',        

   ||,,,,_ ,  _,,,,,,  | |7}. ',      ワラワデヨケレバ、ハナスガヨイ

   ||.,'  ´ ̄  リ!|/  ',    

   !.',  i,_っ     l!|   ヽ      ソノカワリ・・・フフフッ 

 . l ',  _,,_      | l    \  

   | ヽ`゙´     , ヽヽ      

   ヽ. ヽ、    ,.ィ   ヽ,

  /,、ri个`,゙゙゙゙´   //,

 

18本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 23:12:55 ID:t/K6Dp7ZO

>>17

ふぅ・・

 

てかわかったよ諸君。あれほどの危険、綾嬢なら相当前にみてしまっている。

予知夢はこれまでの流れから、危険度に応じてある一点でしか見ることができないのだろう。

だから、内容を思いだそうとしても夢は見れない。

そこで、あの状況の登場というわけだ。

本来であれば、あの危険度の夢を見たら随分前に巻き戻ってしまう。

だが第3者を介入させることにより巻き戻りに楔をうち近々に見れるようにしたということだな!

つまり、>>15の言う通りだな!!

 

19本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 23:15:22 ID:t/K6Dp7ZO

敢えて言おう。下の安価は>>14であると。

20本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 23:23:17 ID:uojdbr330

        ____

      /      \

    /         \

   /      (●)   \ 

   |   (トェェェェェェェェイ)  |  ならば応えよう。判っていると。

   |.    \ェェェェェ/ /  

 

21本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/21() 23:48:09 ID:t/K6Dp7ZO

>>19なんて飾りです。

偉い人にはそれがわからんのですよ!

 

ぼかあ>>18に応えてほしいのにね(Д)

 

22本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 00:53:06 ID:odjhco6IO

主人公が能力者に呼びかけて、起こってしまった悲劇をそいつの見てた夢だった事にさせて無かった事にする

って辺りに何かデジャブを感じるんだが何だったか思い出せん……。

 

2314[sage]2009/06/22() 01:34:41 ID:Php6OvRd0

>>16

>>14のように考えたとすると、今度は師匠の「もう歩くにその言葉は言うな」

って言葉をどう捉えるのか、って問題が出てくる。

(歩くに本当に現実を巻き戻す能力があるのなら、「(いまは)夢ですよね」って

言葉は現実を巻き戻すキーフレーズになっちゃうから、言うなってのは普通に理解できる。

けど歩くの能力がどこまで行っても予知夢でしかないのなら、予知夢の場合には醒めるし、

そうでない場合には醒めないだけの話で、言うことによるデメリットってのがわかんない)

 

以下は、いま思いついたこと。

歩くの予知夢はあまりにもリアリティがありすぎるから、

それを体験した者は、いま現在自分が歩くの夢の中にいるのか、

それとも現実世界にいるのか不明瞭になってしまう。

しかし、そのままでいると精神の均衡を失してしまうから、

一つの対処法として、夢か現実かを疑わずに生きる努力が必要。

そのため、歩くに対して、「夢ですよね」と言うことを禁じ、

極力、「いま自分は歩くの夢の中にいるのでは?」という疑問を生じさせないようにした・・・とか。

 

んー。我ながらイマイチ。もうちょっと詰めて考えたほうがいいな。

 

 

・師匠、歩くさんに殺される

 

30本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 09:48:42 ID:jYvm56e+0

師匠は失踪したんじゃなくて歩くさんにぶっ殺された説をずっと支持してるけど

さすがにないだろうな

拉致されたときの話を考えるとありえなくもないけど

 

31本当にあった怖い名無し[]2009/06/22() 12:29:56 ID:GPrPAjLC0

師匠が失踪した時には歩くさんは別の場所に住んでたはず

 

32本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 12:54:30 ID:CSJxhAkk0

ウニが上級生になった後、ウニには弟子みたいに慕ってくる後輩は出来なかったのかな

 

33本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 13:34:24 ID:uiqchH4O0

>>31

別れてたのか?恋人ならウニが連絡取るだろうし。

と言って別れてても歩くさんか京介さんに相談するような気もする。

 

34本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 15:38:22 ID:QunV5ZEg0

>>30

魅力的な説だ。私も入ろうw

 

あと、先代師匠が登場し「死んだ」と語られた時に

師匠の殺人歴というのはこの人かな、と考えた人は

結構いるんじゃないかと思う。

 

>>32

そのポジションがやっぱり音響なんじゃないかな。

 

35本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 18:59:14 ID:Php6OvRd0

師匠が失踪したとき、歩くさんは実家(たしか九州?)の方で就職済み

別れてたんじゃないかな?

歩くさんの能力は、自分にある程度関係がある範囲でしか発動しないのかもね

 

そいえば、「すまき」の中で出てきた計算、答え違うらしい。

これで、やっぱり夢の中だったって説が一挙に有力になったな

 

36本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/22() 19:01:08 ID:ZzaQ4zrtO

>>34

一言に師匠が加奈子さんを殺したといってもいろいろ読み取れる意味あるよな。

 

明確な意志をもって殺害したとか、

師匠の行動が原因で死なせてしまったとか、

師匠が行動していれば救えたのに行動しなかったから死んだとか…

 

まあどれにせよ師匠がトチ狂い出すのには変わりないわけだが

 

 

 

・伏線いろいろ

 

64本当にあった怖い名無し[]2009/06/23() 18:35:05 ID:y2j7TVy/O

加奈子の死

ラ・マンチャの男の意味

京介を救った夜

京介がいなくなった理由

すまきの「すまきだけでなくもっと痛い目」の理由

 

これが気になる

加奈子は探偵がらみで死んだのだろうか

 

71本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/23() 20:53:01 ID:57dkKUJ50

>>64

京介がいなくなったのは上京したからでは?上京した理由について言ってるのだったらごめん

もういない というウニの語りに一瞬死んだかと思って焦ったのは内緒w

 

田舎後編まだかなーとwktk待機

 

74本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/24() 00:08:12 ID:qXmYNLa50

>>64

> ラ・マンチャの男の意味

「ラ・マンチャの男」が師匠を指している、ってのはわかっていて、

ウニが「師匠の秘密に近付いた時に京介の二面性を知った」という

「また別の話」がどんな話か知りたい、という意味だよね?

 

64にレスアンカーつけておきながら全然関係ない話かもしれないけど、

あそこで京子が師匠を「ドン・キホーテ」じゃなく「ラ・マンチャの男」

と呼んだことがなんか引っかかるんだよなぁ。

 

ウニは「ラ・マンチャの男」=「ドン・キホーテ」=「騎士」と受け止めた。

けど「ラ・マンチャの男」って、ミュージカルの方を指してる気がするんだよね。

「ドン・キホーテ」は自分を騎士だと信じ込んだ気のふれた老人の話だけど、

ミュージカルの方は、ある目的のためにその老人を「演じる」男の話。

 

強大な悪をくじくため、従者を連れて冒険する狂気の老人が師匠に重なる。

(もちろん師匠はドン・キホーテのように「正義」のためには行動してないが)

でも実はその行動が、ある目的達成のための「演技」だったとしたら。

その目的が「殺した人間を埋める場所探し」だったとしたら…。

 

師匠の人殺しはあくまで「噂」で、ウニが確信するだけ(証拠はない)けど、

京子がそれを知っていて「ラ・マンチャの男」と呼んだのなら、真実なのかも。

実は大きな伏線なのかも、とか思うんだよね。考えすぎかもしれないけど。

 

つか既出の話だったらごめん。

 

 

 

・「古い家」元ネタ?

 

66本当にあった怖い名無し[]2009/06/23() 19:06:34 ID:X7fsNdS20

古い家は「山の牧場」のオマージュか。

二階に行く階段がないとか。

 

あと、稲川淳二をバカにしてるウニが

こうして2チャンでバカにされてるけど

本人はどう思うんだろうか。

 

 

 

・ウニの実家

 

79本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/24() 04:26:11 ID:6kvdUk41O

「田舎」を読んでて思ったんだが、南風に乗って移動してる件等からすると

「大学」の地元は岡山或いは中国地方で、「田舎」の舞台は高知かな?

 

80本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/24() 05:06:06 ID:G+UmiXtB0

>>79

既出の推測だね。

可能性としては高いらしいけど。

 

81本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/24() 09:20:22 ID:KQhnJBxJ0

>>79

岡山県民だけど聞いたことある心霊スポットがいくつかあるな

 

82本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/24() 10:18:43 ID:7Sym0ACZO

おおなんかレスでら進んでるね。

岡山は聞いた事あるけど、もう大学も既出かな。

 

88本当にあった怖い名無し[]2009/06/24() 16:01:02 ID:zG5kfdIK0

規制解除されてたー

 

>>79

高知が地元のおれに言わせてもらうと「田舎」の舞台は間違いなく高知

「駅周辺にある椰子の木」とか師匠の「ひどイ駅」発言とか

駅の描写は明らかに高知駅だし

「ボーリング場の前にある電信柱」は高知駅の近くに実際にある心霊スポットだし

そもそも伯父とか地元民がばりばりの土佐弁しゃべってるしね

 

で、ボーリング場前の電柱みたいな

地元の中高生とかの間で囁かれてるようなコアなネタ知ってたり

土佐弁の使いかたが正確なとこからして少なくともウニの田舎が高知なのは事実だとおも

あと師匠たちが逗留する村はいざなぎ流で有名な物部村だと思う。既出だったらスマソ

 

130本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/27() 05:30:04 ID:eSrBEW1R0

久しぶりに来た

ウニの田舎って結局どこだったの?

俺はずっと、物部村(今はもう合併して市の一部だけど)だと思ってたんだけど

 

131本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/27() 05:46:41 ID:wlY0ORuG0

>>130

>>88の地元民さんによるとビンゴらしいよ。

 

師匠シリーズおもしろいよね。

 

 

 

・師匠、加奈子を殺す

 

133本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/27() 11:26:00 ID:k5WvNOS60

加奈子殺したのは師匠。

師匠はその後加奈子の幻影に怯え発狂、そして失踪。

 

134本当にあった怖い名無し[sage]2009/06/27() 11:38:34 ID:Oe+aJVhG0

加奈子は変死。

自宅で首釣って死んだ。

そして加奈子の次の住人は師匠・・・・

 

 

・「ビデオ」考察

 

295本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/01() 23:04:31 ID:ZcRQJpp3O

誰かビデオ(サトウイチロウの話)のラストについての考察を聞かせてくれよ

 

296本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/01() 23:32:05 ID:VynyE5Bn0

俺も聞きたいな。

師匠が書いた手紙の意味がよく分からん。

 

297本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 00:24:35 ID:xecNi+STO

遺品がいつまでもおいてあるから、繰り返すわけで。可能なわけで。

丁寧に書かれた手紙を読んだ駅員が師匠(偽遺族)の意向をくみ遺骨といっしょに遺品を供養した。

師匠がビデオを消したことは偶然で、遺品が供養されて全てが終わったというサインのようなものなんじゃないかな。

 

スタンスは黒谷が除霊で師匠は浄霊と思う。

 

298本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 02:15:57 ID:gvd8jkz2O

心霊写真横流しするみたいに遺品を横流しする人がいたとして

代々のサトウイチロウは師匠みたいに曰く付きの物集めるのが好きな人たちだったんじゃないかなと思った

好奇心からサトウイチロウの遺品を手に入れたものの真相?に気付かず呪われる

→ウニみたいな体験して精神的に参る→遺品持って失踪→駅で飛び込み→サトウイチロウの遺品残る→月日が経ち横流しされる→ループ

 

299本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 06:05:30 ID:bFWPkI7TO

>>291

あんなマイナーな漫画読んでも誰も相手にしてくれないぞ。

山崎なんて

300本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 08:25:57 ID:0xtebeddO

>>297

浄霊?

むしろ、この世に居たくなくなるくらい汚しまくって、無理矢理追っ払ってる印象

 

301本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 16:20:18 ID:xecNi+STO

>>300

無理矢理追っ払うのは、神社や寺がやるお祓いで、それって除霊だよね?

サトウイチロウの事情なんかお構い無しに魂を無に帰す方法。寺生まれが「破ーッ」とやるやつ。

 

ビデオの師匠は、原因を知って根本解決してるから浄霊だと思った。

一番望ましいのは遺族が遺骨と遺品を引き取ることだけど叶わないから、駅員に代役させ、家族の意向により駅側は遺品処理をした。

それで未練の元の遺品がなくなったから成仏したんだと思ったけど、遺品と共に消滅しただけなら除霊になんのかな。

 

302本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 17:10:45 ID:0xtebeddO

>>301

除霊ってのは、その場や物、人に憑いた霊を、とりあえず祓う事(この世には残る)

浄霊ってのは、未練を無くしてあげて成仏させる事(この世に残らない)

 

一見すると、師匠が行なってるのは後者に見えるけど、むしろ180度ベクトルが違うというか

霊に嫌がらせをしまくって、未練があろうが、無理矢理この世からも追っ払ってる感じ

不浄のモノを、遥かに上回る不浄な行為で押さえ付けるというか、叩き潰すというかw

 

きっと、師匠にイジられた霊は「成仏」なんか出来てないと思う

 

307本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 19:52:03 ID:0xtebeddO

>>305

ビデオのもラストも、解釈によっては嫌がらせとしか思えんぞw

 

例の遺品が、行旅死亡人達の怨念が憑いただけの品じゃなくて

サトウイチロウという怪異が、この世に干渉するための媒介だとしたら

それを供養させる事で、この世に干渉できなくしてるんだから

 

309本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/02() 20:52:58 ID:X+UWEKzy0

除霊か浄霊か、師匠のスタンスが霊にとって常に攻撃的か優しいとこもあるか、

みたいなことが話の論点になってるような感じだけど、

「ビデオ」の中でウニが言ってた黒谷と師匠のスタンスの差とは何か?という点に立ち戻ると、

上にあげたような論点はまあ脇に置いといて、

ただ呪いを横流しする黒谷と、やたらちょっかい出したがる師匠との差ということになるな。

黒谷は別に除霊も浄霊もしてない、師匠はどっちか知れないが何かやろうとはしてる、と。

 

 

 

・師匠、ゴキブリを食す

 

373本当にあった怖い名無し[]2009/07/04() 19:48:58 ID:1i3MUchF0

新参者ですまん。

そうめんで師匠が何食ってたかって話しした?

もう出てたらスルーしてくれ

 

374本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/04() 19:52:25 ID:w1RUw14r0

>>373

さぁ・・・何食ってたのかねぇ

いろんな作品にこの描写が出てくるけどいらないだろ、普通に登場できねぇのか

 

376本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/04() 21:10:33 ID:pHJjDQzF0

>>373

ゴキブリでFAっぽい

 

 

 

・「ビデオ」と「降霊実験」

 

451本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/06() 12:36:43 ID:oPLIX4pm0

まあ全体にちらばる要素から何かしらの絵を見つけようとするのも面白いかもしれないけど、

「降霊実験」の伏線を回収したエピソードはどれかと言えば、それはやっぱり「ビデオ」だよ。

あれだけはっきり、これ以上ないくらいに明言されているからには。

 

452本当にあった怖い名無し[>>451]2009/07/06() 17:48:20 ID:Y6xl2fEMO

>>あれだけはっきり、これ以上ないくらいに明言されているからには。

 

どっちの話のどの部分?

オレにはさっぱりわからないんだが

 

453本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/06() 18:20:01 ID:Vvmy7IZWO

玄関のドアから、何者かが入って来ようとするくだりだろ

『降霊実験』の時は京介が助けてくれたけど、その京介は『ビデオ』当時にはいない、と

 

454本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/06() 18:23:43 ID:oPLIX4pm0

>>452

該当箇所を抜き出してみた。

 

「降霊実験」

>>玄関の扉の郵便受けがカタンと開いた。

>>何かが隙間からでてこようとしていた。

 

「ビデオ」

>>頭の中に、記憶が蘇る。いつかの降霊実験の記憶が。俺は見たぞ。これを。

>>この後、郵便受けが開いて、その隙間からなにかがでてこようと……

 

二義的、三義的な関連性を探せば他のエピソードとも繋がるかもしれないけど、

とりあえず「降霊実験」のラストにあった、

>>「なら、いずれそれを見るかもな」

という振りが回収されるのは「ビデオ」においてだろう。

追いつめられたウニが思い出す“助けてくれた誰か”とは、京介さんのこと。

 

 

 

・「すまきの話」の蚊について

 

479本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/07() 01:47:24 ID:HdteWzWrO

蚊の表現があるじゃん?蚊がゴミ箱に入ってから声がして、声が途絶えたら蚊が飛び立っただろ。

まぁこじつけなんだけど、蚊が師匠の魂で、それが肉体と一時的に一緒になってる間は話せると。

そんな非現実的な部分が、リアルでありながらそれが確実に夢だとわからせるヒントなんじゃなかろうか、と無駄に妄想w

 

 

 

・師匠シリーズ実写化妄想

 

706本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/14() 18:03:59 ID:vjhGUDcQO

実年齢設定滅茶苦茶だが

 

 

師匠…オダギリジョー

主人公…瑛太

歩く…蒼井優

京介…氷室京介

京子…栗山千明

カナコ…柴咲コウ

 

普通なら穏やかな話題でも振って場を沈静化するところを、

あえて新たなる別の火種を投入する>>706の男気。

 

709本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/14() 18:39:52 ID:1AEcrzhP0

主人公は伊藤敦史でほぼ決まりだと思うんだ

 

710本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/14() 19:00:48 ID:1+zuZQmKO

>>706

氷室ww

歩くさんは新垣結衣がいい

 

 

 

・「雨上がり」考察

 

733本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 14:01:05 ID:yyPJ5w3hP

>453 雨上がり  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2007/03/07() 23:10:35 ID:OPG460nV0

>「ラ・マンチャの男はあいかわらずかしら」

>美しい旋律のような声が踊る。すぐにその言葉の意味を理解する。ナイトだと

>言いたいのだろう。あの人を守った人物のことを。

>「あいかわらず、法螺を吹いています」

>少し上擦ってしまったその言葉に、彼女は満足したようにかすかに頷く。

ラ・マンチャの男って師匠のことだよね

京介と師匠は、あんなに仲が悪かったのに、いつ守ったの?

それで何から守ったの、怪物?京子?

 

734本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 15:48:42 ID:PTc+wb/s0

>>733

その答えは今のところウニの脳内にしか無い

恐らく、京介+師匠+瑠璃(碧眼の少女)+その他で「怪物」を退けたことを言っているのだと思われるが

解釈次第では、師匠が京子から京介を守ったとも取れる(京子が怪物にどのように関わっているかによる)

 

735本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 15:52:12 ID:2PzQiIlo0

え?あそこには師匠もいたの?どこに?

 

いたのはキャップの女、おばさん、サラリーマン、殺された少女の霊、京介でしょ?

キャップの女が師匠の師匠だというのはわかったけど、サラリーマンが師匠ってのはおかしいでしょ

それにおばさんは誰?

 

736本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 16:00:42 ID:PTc+wb/s0

>>735

>>734で書いたのは、京介が初めて怪物と遭遇したとき(高校時)の話ではなく、

高校卒業後、師匠と出遭った後の話

 

「怪物 幕のあとで」をもう一度読みましょう

倉野木の言葉に注目

 

737本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 16:00:43 ID:il0YCydSO

キャップの女は代が変わると予言されている

 

738本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 16:29:28 ID:yyPJ5w3hP

>>734

ありがとう!

それじゃ師匠が京介を守る話が、いつか読めるんだね

 

739本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 17:16:33 ID:36vDnDaEO

サラリーマンとおばちゃんはどう関わるんだろうな

あと瑠璃(?)もか

 

740本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/15() 17:27:39 ID:RxyZ0Exi0

京介さんが救われた夜に実際何が起こったのか、

これまで出てきた話から想像するに、

復活してきた怪物・悪夢魚・ドッペルゲンガーという

京介憑き物三点セットを、京子にみんなまとめて押し付けて

問題解決したってところかな?

 

京子「京介はどこかしら?目悪くしてよく見えんのだが」

師匠「(三点セットを指さして)あそこっすよ」

京子「じゃあさらってくわね」

 

一同「……解決した!」

 

で、京介は憑き物とれて気分すっきり上京していきました、と。

 

 

 

・師匠シリーズを漫画化しようという人

 

793本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/18() 13:36:57 ID:01qVbsIS0

791>

勉強不足スマンソ

 

つくった

 

http://jbbs.livedoor.jp/movie/9086/

【二次創作】師匠シリーズを漫画化する

 

あ、ここ画像うpできんのか!!

先走った。そして勘違いをした

 

 

・師匠、加奈子を食す

 

905本当にあった怖い名無し[]2009/07/20() 00:39:01 ID:tHIrnxgA0

あ…あれ?

加奈子さんを食ったかどうかは

完全に想像だけれども

師匠が食ってたのは人間だろうな~と

思ったのって自分だけですかねσ(^_^;)

 

906本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/20() 00:39:17 ID:+7K7o+AbP

>>898

私もそう思った。

だから師匠は<壷>であんなに過剰反応したんじゃないかなって。

 

907本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/20() 00:40:15 ID:YphqmjkM0

例の屋敷で眼を潰して監禁してたんじゃないの。っで、食った。

師匠の師匠がいつ死んだかはわからない(記憶違いならスマソ)以上、可能性は捨てきれないな。

そして、いろんなオカルトスポットを回ったのも師匠の遺骨や遺品を埋める

為の・・・・・・・・

 

 

・「ビデオ」元ネタ?

 

925本当にあった怖い名無し[]2009/07/20() 16:08:19 ID:fSKdGvdN0

一時デスノ丸ぱくりの二時創作漫画やろーがいたな。

みんなからふるぼっこだったが。

 

ところでビデオテープの元ネタは、

新耳袋中山の体験談ですね。

なんか、手を変え品を変え、最近は創作丸わかりの作品がおおいですね。

ウニさん。

 

 

・「古い家」と「追跡」の関連

 

987本当にあった怖い名無し[]2009/07/22() 14:51:11 ID:0HYmFZsE0

>>986

古い家は

>やがて醤油『醤』という字のような意匠がかすかに残る家の正面の板張りを懐中

>電灯が照らす。かつては醤油問屋だったのかも知れない。

地下室は、よく分からないけど

>459 追跡  ◆oJUBn2VTGE ウニ New! 2007/09/26() 20:22:21 ID:gAYKdkL30

>  ……公園で遊んでいた女の子を攫ったのはペットの犬を亡くしたからだった。

>  家の地下室で飼いはじめたものの、ちっとも懐かないので目を潰してみた。

>  すると少女はすっかり従順になり、ペットとして相応しい態度をみせはじめたのだった。

>  食事は一日2回。仕事に行く前と帰った後に与えた。

>  出入り口は一つだけ。私が現れそして消える、鍵の掛かったドア。

>  少女に名前はない。私はペットに名前をつけない。  2年が経った。

>  ふと思いついて地下室の壁に羽目殺しの窓を打ちつけた。

>  もちろんただの飾りだ。向こうには何もない。

>  少女にはこういった。「窓の向こうは海だよ」……

って、これはちょっと無理ありすぎかな

 

 

991本当にあった怖い名無し[sage]2009/07/22() 17:46:30 ID:CrkA0qtx0

1階から登る階段のなかった2階に迷い込んでしまって

「揺れる明かりが近づいて来る」は過去の自分達が

この家に近づいて来る所を目撃している。

迷い込んだ別世界で格子戸を壊したが

現実世界に戻ってこれたので、こっちの世界では何も壊れておらず

帰りは整然と格子戸が並んでいた。

もし師匠があの時加奈子さんを止めず、窓をくぐっていたら…

 

と読んでた。

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。