SHを歌おう@wiki 争いの系譜
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

争いの系譜




秘石 → いし

00:35~
「西進すること幾星霜...果てしなき流浪の旅路...
 今は聖戦のイベリア...争いの歴史をしっかりと見ておきなさい…」

「サランダ...」[※1]
「畏まりました…」
「トゥリン...」[※1]
「仰せのままに…
「エーニャ...」[※1]
「はい...サァディ先生...」[※2]

01:02~
「ラミレス将軍に続けー!!」

01:03~(合唱部分)
神よ! → Dios
再征服 及び 再征服せよ! → ☆Reconquista(レコンキスタ)
お別れだ… → Adios
嗚呼...神よ! → Ah... Dios

土塊 → つちくれ

【書ハ物語ル】
 (The Old Testament's Story / Double Testaments' Story)

02:05~
「蛇の甘言に楽園を追われ...人は荒野...子を生(な)した...」

02:27~
「神への供物(くもつ)...地の実り...羊の初子(ういご)..
 血の贖罪(しょくざい)...怒り憎しみ...芽生えた殺意...即ち...兄弟殺し…」

『歴史は~
 (The chronicles of history is as rapid as the blink of an eye.)
離散の老預言者と~
 (The diaspora ancient oracle, and Gitanous sisters.)[※3]
父と母を両皿に~
 (The scales of Layla, influenced by Moro and Ibero.)[※3]

《六番目の女神》 → うんめい

時代 → とき

「射てー!!」

昏(くら)き冷雨の牢獄~
 (A cold dank dungeon. A man in the grip of a coma.)
奪われし焔を取り戻し~
 (The lost flame revealed in his soul. He awakened with ruby eyes.)
男は少女に問うた
 (He asked the girl.) --"ما اسمك؟(ma smu-ki?)"[※4]
少女は≪美しき~
 (The reply was 'Layla'.) --"ليل اِسْمِي ('ismii Layla.)"[※4]
少女も男に問うた
 (She returned the question.) --"مَا اسْمُكَ؟ (maa 'ismuka?)"[※4]
答えは馴染みの~
 (His reply was cryptic.)
少女は男を~
 (She called claim to a man 'demon'.) --"Shaytân"??
男は奇妙に嗤った
 (He laughed mysteriously.)
少女は生死を別つ淵に~
 (Perched upon the precipice, she showed no fear...)

06:23~
「...人間(ひと)として死ぬことが赦されないとしても……」
「...それでも...私は──」



※1:
 saránda, trin, enjá: ロマ語で各々数字の40, 3, 9を表す。
 参考: http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/language/number/balkan_romanij.html

※2:
 מ(mem), ג(gimel), ט(tet), צ(tsadi): ヘブライ文字(と、読み)で各々数字の40, 3, 9, 90に対応する。
 通常版ジャケット等のイラスト参照。
 参考: http://arabic.gooside.com/hebrew/numero/alef_bet.html

※3:
 Gitano:スペイン語で「ロマ人」(スペイン語での発音はヒターノに近い)。
 Moro:スペイン語で「ムーア人」。英語ではMoors。
 Ibero:スペイン語で「イベリア人」。英語ではIberian。
 (各語のニュアンスはWikipediaの「ロマ」、「ムーア人」、「イベリア人」の項が参考になる。)

※4:
 "ma smu-ki?":アラビア語で「貴女の名前は?」。"maa 'ismuki?"の省略形。
 "'ismii Layla.":アラビア語で「私の名前はライラ」。laylaはアラビア語で「夜」を表す。
 "maa 'ismuka?":アラビア語で「貴方の名前は?」。


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • His reply was cryptic.
    のshaytanのセリフのところは、諸説あって明言されてないので、書かないままのほうがいいと思いますよ。
    私には「シャルタン・マックロイ」に聞こえますし。 -- (tanaka) 2014-01-02 23:04:53

  • 「The Old Testament's Story」は間違っていないと判断できます。ほかの選択肢は排除してもかまいません。

    diaspora -> diasporic (形容詞を使うべきです)
    Gitanous -> gitana (後者の発音と近いです)

    Moro and Ibero -> Mordell and Ebele?
    まだ確認が要るところです。ここでは突然スペイン語を使う理由がないと思います。また、Iberoの発音はIkeさんがCDで言ったのと違います。
    Mordellは男子名で、Ebeleは女子名です。

    ما اسمكِ -> مسمكِ
    前者は標準アラビア語の書き方ですが、shaytanが言った文の発音と違います。後者はその発音にもっと近い書き方です。
    shaytanが使う言語はセム語族に属することが分かっているけど、まだ何の既知の言語に属すると判断できません。
    だから、語根の意味から判断できますけど、書き方では発音によるほうがいいと思います。
    語根(ma=あなた、(i)smki=名前(女性))から見ると、この文の意味は「あなた(貴女)の名前は?」です。意味は変わっていません。

    His reply was cryptic. ("يِشتملك")
    ここで言ったのはishatmalkです。ishat(proto-semitic語派の「火」)とmalak(proto-semitic語派の「王」)から組み合わせた言葉で、すなわち「火の王」です。

    She called claim to a man -> she proclaimed him
    前者は英文法が正しくないです。
    -- (kryuuri) 2013-03-27 11:55:31