SHを歌おう@wiki 忘れな月夜

忘れな月夜




《雫》 → あめ

《追憶》 → かこ
《幻想》 → ひかり
《否定する》 → こばむ

What really was the moonlight for her?
The unknown lady who lived outside the pages of "Marchen",
she is the "Nein".

《婚姻》 → うたげ
《一夜の幻想》 → ゆめ
《権力争い》 → ゆうぎ
《生涯》 → せい

《役に立たない欠陥品》 → ガラクタ

03:18~
"die Opferung(ディー オプフェルンク) Opferung AhAh AhAhAh Opferung AhAhAh Opferung AhAh…"

03:19~
「これより裁判を開く、被告人???」
「裁判長、あなたはこれから???」
「???」
「子供が生まれないっていうのは、やはり魔女なんじゃないんですかねぇ?」
「???」
「よって婚姻は無効である!」

《ライン宮中伯》 → おっと

〔第九の現実〕 → せかい

04:08~
「許さぬ!許さんぞElisabeth(エリーザベト)、私の顔に泥を塗りおって!
 いつまでも飯事を引き摺る行き遅れが、急に素直に嫁いだと思ったら、その結果がこれだ!
 こんな失態を晒しておいて安穏と戻る家があると思うな…!
 何処へなりと勝手に行け!
 お前を掘り返した母上と、自らの運命を呪いながら、野垂れ死ぬがいい!」
「お嬢様ああぁ!」

《出産適齢期》 → きせつ
《一瞬の季節》 → なつ
《価値観》 → きじゅん
《然れど本質的な同調圧力》 → とりかご
《生涯》 → せい

《女性にとって自由な時》 → じだい

06:00~
「おはよう!」
「うっさい!」

《大好き♪》 → Ich liebe dich♪(イッヒ リーベ ディッヒ)

06:24~
「ウザいんだけど!」

06:32~
「誰が?」
「あはは…」
「何笑ってんの!」

06:47~
「知らないわよ!」

06:55~
「はあ?」

06:59~
「捨て子のくせに…」

《腰掛け見習い修道女》 → むすめ

07:10~
「はぁ?」

07:33~
「私ね、マリア様ってMutti(ムッティ)みたいな人だったのかもって思うの!」
「おもうの!」

《特別に慕われるような聖女》 → die Heilige(ディー ハイリゲ)
《格別に憎まれるような魔女》 → die Hexe(ディー ヘクセ)
【一人の女】 → Elisabeth(エリーザベト)
【同じ生の哀しみを抱いた隣人を愛する一人の人間】 → Elisabeth(エリーザベト)

《雫》 → あめ

08:40~
「アッハハハハハハハハ……」


コメント

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • 「子供が生まれないっていうのは、やはり魔女なんじゃないんですかねぇ?」
    「???」
    「よって婚姻は無効である!」
    の「???」の部分が「夜な夜な森へと出かけていくという娘か?」と聞こえます。 -- (もも) 2015-06-07 00:36:04
  • 07:45~ 「嗚呼これが」の直後に右側から
    『エリーザベト…これが君の…選んだ…真実なのか?』と、男性の声で聞こえます。
    コンサートでは終盤にメルとエリーゼが窓際に立っていたみたいなので、おそらくメルの声でないかと… -- (名無しさん) 2015-05-30 22:32:28
  • コンサートでは、「母親きどり」になってました。 -- (名無しさん) 2015-05-22 10:52:11
  • 07:10~
    「はぁ?」

    「母親気取り?」
    ではないでしょうか? -- (名無しさん) 2015-05-16 00:42:41